【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

体育会系の会社辞めたい…合わない人や向いてない人の特徴は?ノリについていけない時はどうする?

「体育会系の会社が合わない…」
「体育会系のノリについていけないで辞めたい…」

このように悩んでいませんか?

体育会系の会社は独特のノリがあり、仕事以外のコミュニケーション面で消耗してしまう人も少なくはありません。

また、体育会系のノリが行き過ぎるとハラスメント行為にまで発展し、うつ病寸前にまで追い込まれて退職してしまう人もいます。

もし、読者の方が体育会系会社のノリについていけずに辛い思いをしているのであれば、それは今の仕事が合っていない証拠かもしれません。

この記事では、体育会系の会社の特徴を抑えた上で、辞めた方がいい理由や次の仕事の見つけ方までご紹介していくので、ぜひ参考にしてみてください。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

体育会系の会社の特徴は?

まずは、体育会系の会社の特徴からご紹介していきます。

上下関係に厳しいタテ割り組織

上下関係の厳しいタテ割り型の組織構造であることは、体育会系の会社の特徴です。

体育会系の人材は、学生時代の部活から先輩・後輩、コーチなど厳しい上下関係の中で育ち「上の言うことは絶対」「年上は立てる」という文化の中で育ってきています。

そのような背景もあって、上の言うことに従うのは絶対だという前提で仕事もこなしているのです。

競争意識が激しくノルマ主義

体育会系の会社が辛いと感じる部分は、ノルマ/成果主義で結果を出さないと評価されにくいところでしょう。とくにバリバリの営業系の会社は、手段を問わずに成果を出す人材が評価されやすい傾向にあります。

▼成果主義傾向の強い体育会系営業の会社/業界の例

  • 情報/広告会社(リクルート、マイナビなど)
  • 広告代理店(電通、博報堂など)
  • 不動産/金融業

ノルマ主義の強い営業職で成果を出すためには、仕事に対する熱量、機転など、行動なスキルと体力を要されるため、辛いと感じる人にはとことん向いてない可能性があります。

解決の具体策が精神論や根性論ばかり

解決の具体策が精神論や根性論ばかりなのも、体育会系の会社の特徴です。

  • 社内の問題解決のために合理的な方法や外部の意見を取り入れない
  • 「努力しろ!」「行動しろ!」など具体的な指示は一切行ってくれない
  • 朝の朝礼など仕事の成果に結びつかない無駄な慣習が多い

上記のような、解決に結びつかない業務内容や、何かの課題に直面した時に具体策を講じないような職場はとくに注意です。

そもそも、上の指示を守ることしか能がない体育会系の企業では「自社に問題がある」「解決できるかどうか?」すら頭になく、言われたことを疑いなく行うだけの人も少なくはありません。

これは、問題解決に高い意欲があったり、知識や理論を駆使して効率化や最適化に取り組むことが得意な人にとっては、苦痛に感じるはずです。

チーム意識が強く個人プレイは嫌われがち

体育会系の会社はチーム意識が強く、個人プレイは嫌われがちという特徴もあります。

このような会社では、社内の評価基準が、

  • 周りに合わせられるかどうか?
  • 空気が読めるかどうか?
  • 周りと同じことができるかどうか?
  • 付き合いの場に積極的に参加してるかどうか?

と、言ってしまえば「周りや企業文化に合わせられる人間=優秀な人間」という評価基準になりがちです。

逆に言えば、周りに合わせられない人材や人付き合いの悪い人材は、どれだけ実務能力が優秀であっても評価されない…なんてことも珍しくありません。

関連:優秀なのに評価されない…優秀な人ほど転職するべき理由とは?

社内イベントによりプライベート時間を拘束される

体育会系の会社の特徴と言えば、プライベートの時間の拘束が多いという特徴があります。

▼体育会系の会社のプライベートの時間の拘束例

  • 飲み会などでのコミュニケーションを重視する
  • 接待ゴルフなどの休日も仕事での交流を押し付けてくる
  • セミナー/交流会などの参加も半ば強要してくる

体育会系の会社では、プライベートの付き合いを断ると社内評価に響くこともあり、また仕事に関する重要な情報を得られないことも少なくありません。

そのため、強制されていない時間外の仕事での付き合いも半ば無理やり付き合わなければならないといけないことに疲れてしまう人もいます。

体育会系の社風で働き続けるデメリットは?

  • 頭空っぽの脳筋バカが多くて相手してて疲れる
  • 競争意識が激しく鬱になりやすい
  • ハラスメント行為が横行しやすい
  • 飲み会・イベント参加でプライベートの時間が奪われやすい
  • 仕事の成果とは直接関係ない慣習・通例が多い
  • 身内ノリがひどい

頭空っぽの脳筋バカが多くて相手してて疲れるから

単純に体育会系の社風の会社の人間って、相手してて疲れるんですよ。バカばっかりで。

たとえば、体育会系の社風の会社は、以下のような頭の悪いことを平然と発言します。

「仕事のために死ね!」
「残業をすればするほど社内評価が高まる」
「仕事はとにかく数をこなせ」
「プライベートを優先するのは甘え」
「鬱や病欠は甘え」

…などなど。

なぜ、このようなことを体育会系の奴らは平然と発言できるのか?

答えはカンタン。

何も考えないで発言しているからです。

そのため、体育会系の奴らは発言しても責任を持たない傾向があり、時に平然とウソをついて他人をだますこともあります。

体育会系の人間は理性が吹っ飛びまくりでモラルがなく、幼稚な人間が多いのです。

もちろん、体育会系の中でもエリートの集う会社は、頭脳労働もしっかりこなせる社員もいます。

しかし、現実には有名大学出身の頭のいい人間でも、体育会系の社風に染まって「頭空っぽのバカ」になることは、現実ではよくあるのです。

そーいう人間と仕事で相手してても疲れるだけですし、何よりバカが伝染りますので、合わないのであれば早いうちに見切りをつけた方がいいですよ。

競争が激しい会社・職種・業種が多く、鬱になりやすい…

体育会系の社風の会社は、競争の激しい業種や職種が多いです。

職種で言えば、

  • 営業職
  • 販売職
  • 接客業

業種で言えば、

  • 不動産業界
  • 保険業界
  • 広告・マスコミ業界
  • 人材業界
  • 飲食業界
  • 小売業界

…などは、バリバリの体育会系の競争意識の高い会社が多めですね。

別に競争するのは勝手ですし、その競争心あふれる社風で業界NO.1になった会社がある事実も認めます。

ですが、

「競争するのは勝手だが、巻き込むのはやめてくれ!!」

…という感じ。

そもそも、社員が競争し合ったって給料が直接上がるわけではないので、必死になる意味がわかりません。

弱小野球部が甲子園目指すドラマじゃないんですから、そういう学生感覚で仕事するのは大人になったらやめていただきたいものです。

ハラスメント行為が横行しやすい

体育会系といえば「ハラスメントの代名詞」にして「ハラスメントの温床」とも言えます。

体育会系人間は、体罰も「愛があれば許される」と思っていますし、罵詈雑言で部下を罵るのも「修行のひとつ」としか思っていません。

それは本人がそう勝手に思い込んでいるだけで、暴力や罵声は紛れもないハラスメント行為です。

しかし、いつの時代もハラスメント行為を行っている本人には自覚がないもの。

2018年はスポーツ業界でも相次いでパワハラが問題になりましたが、体育会系がハラスメント行為の温床として日本においては害悪な存在であることは火を見るよりも明らかです。

また、教育界隈では「部活動による、教員の時間の拘束」なども問題になっていますが、ここからも「体育会系は時代遅れ」という社会状況が見えてきますね。

こういった事態を踏まえれば「体育会系の考え方は時代遅れ」だと、誰でも簡単にわかるはずでしょう。

スポーツなんてガキの遊びが出来る程度で威張っている人間が、日本社会で権力を握っているのですから、日本はいつまで経っても昭和レベルの時代から進歩しないままなのです。

飲み会・イベントでプライベートの時間をとられやすいから

体育会系の社風の会社と言えば、異常なまでに飲み会が多いのが特徴。

場合によっては、余興・出し物などで上司のご機嫌取りを強要されることも。

これが単に「飲み会で騒いでいるだけ」なら参加しなければいいのですが、出世や社内評価に響いたり、あるいは大事な話を飲み会で話すような社風なら、嫌でも付き合わないといけないのが体育会系社風のつらいところ。

また、以下のような仕事上の付き合いもあります。

  • スポーツ大会などの参加の強要
  • セミナー・イベントなどの参加の強要
  • 接待ゴルフの参加の強要

…などなど、挙げだしたらキリがありません。

会社の社風や風土によって、度が過ぎるほどにプライベートにまで干渉してくる会社もあるので、苦痛に感じるのであれば転職を考えておいておくのも手でしょう。

仕事の成果とは関係ない無駄な慣習や社内通例が多い

体育会系の社風の会社では、仕事の成果とは直接関係のない、明らかに無駄な慣習や社内通例が多い傾向にあります。

たとえば、以下の通り。

  • 朝礼で無駄な企業理念を叫ばせる
  • 無茶な目標を叫ばせる
  • 研修でワケのわからん宗教じみた修行をさせる

こういった精神論が有効な場合もありますが、それはあくまで行う側に心構えや覚悟がある場合の話。

社員として覚悟もないまま働いている人間に、企業理念を叫ばせたところでまったく意味がありません。

身内ノリが強く、内向的な文化系人間には居心地が悪いから

体育会系の社風の会社と言えば、とにかく身内ノリが強いです。

しかも、身内ノリが強い割には閉鎖的で、自分の会社が普通だと思っているから始末に負えない。

スポーツ業界のハラスメントを隠す体質からもわかりますが、身内ノリが強すぎると、そのノリについていけない人間は不遇な目にあいやすくなるのです。

そして、誰もがハラスメント行為についての告発が出来るほど、強くはありません。

体育会系の社風の会社へ転職するのを避けるコツは?

以上のように、人によっては絶望的なまでに居心地の悪い体育会系の社風の会社ですが、転職を考えている方は、出来れば次は体育会系の会社に入社するのは避けたいと思っているはずです。

そこで体育会系の社風の会社を避けるコツをご紹介しておきますので、ぜひご参考ください。

既卒・第二新卒向けの就職支援サービスがオススメ

体育会系の社風が合わないで転職を考えている方で、とくに20代の方には「既卒・第二新卒向けの就職支援サービス」がオススメです。

既卒・第二新卒層は、卒業後3年以内であれば就活生並みに内定がもらいやすい時期ですので、まだ軌道修正の利く時期です。

そもそも…で言えば、体育会系の社風に入社してしまった方は「事前のリサーチ不足」で就活に失敗してしまっただけなので、そこをしっかり反省する意味でも転職活動してみる価値はあります。

既卒・第二新卒向けの求人は「経歴よりも人柄・人間性重視」「長く働いてもらうために社風や相性が合う人間」を求めています。

ですので、明確に「体育会系の社風は自分には合わない」とわかっている人であれば、より自分に合った転職先を見つけ出せる可能性が上がります。

外資系・人材派遣会社運営の転職エージェントも使っておこう

体育会系の社風の会社を避けたいのであれば、合理的で融通の利きやすい外資系・ベンチャー系や、ビジネス面のない人材派遣会社運営のエージェントの利用もオススメです。

世界No.1の人材会社アデコの手がける「LHH転職エージェント」は、広告面が一切ない求人情報を提供してくれるので、事前に思い違いのないように慎重に転職先を選ぶことが可能です。

理系卒、エンジニアの方なら「メイテックネクスト」もオススメ。

メイテックネクストも親会社がメイテックという製造業専門の人材派遣会社として40年以上の実績があるので、信頼性はバツグン。

体育会系の社風の会社から転職するなら計画的な転職を

体育会系の社風の会社は業界トップで業績も大きな会社もありますが、その反面で異常なノリや独特の文化を持った会社も非常に多いです。

社風が合う人にとっては、どんどん成長できて仕事にも集中できる環境だと言えますが、逆に合わない人からすれば非常につらい環境だとも言えます。

また、行き過ぎた体育会系の社風の会社から、多くのうつ病患者や過労死者が出ている側面も無視は出来ません。

ですので、もし体育会系の社風の会社が合わないで悩んでいる方は、前向きに転職についてご検討してみてください。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

仕事辞めたい【悩み別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました