【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【連鎖退職】従業員の一斉退職で組織崩壊は秒読み!芋づる式退職が起こるメカニズムと立て直し方

「連鎖退職で職場が崩壊してしまった…」
「なぜか従業員が芋づる式に辞めていく…」
「退職ラッシュが続いて立て直しが大変…」

運悪く、このような事態に立ち会ってしまい、頭を抱えていませんか?

この世には、人望があり職場崩壊が起こらぬように陰で努めていた者が辞めたことを皮切りに一気に社員が辞めたり、あるいは職場内で見えない不満が溜まっていたため、誰かが辞めたことを契機に他の従業員まで退職を決意するという、言わば「見えない人の流れ」のようなものが存在します。

また、大きな組織の場合ですと、現場を知る従業員の声を無視した一方的な経営方針を打ち出したり、その伝達方法が社内ではなくメディア経由で知らされてしまうなど、従業員への不信感を形成してしまう要素も数多く存在します。

どのような理由にしても、人の心はわからないものですから、こうと断言できる要因はありません。辞めていった人は前々から不満を溜め込んで、何かをきっかけにして決断したのでしょう。ただ、同じ過ちを繰り返さないために要因を分析して改善したり、直面する人手不足の問題を解消する段取りも考えておく必要があります。

そこで本記事では、連鎖退職に出くわしてしまい悩んでいる読者の方に向けて、連鎖退職が起こる原因の事例解説から、その後の対処法、連鎖退職を起こさないための人材マネジメントに関する情報まで、まとめてお伝えしていきたいと思います。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

芋づる式退職の起こる職場に見られる兆候や現象とは?

芋づる式退職は、多くの組織やチームにとって重大な打撃となる可能性があります。この連鎖的な退職が起きる背景には、多くの隠れた問題や環境の変化が関与しています。一度この現象が起きると、その影響は非常に大きいものとなるため、早期に対処することが求められます。

以下は、芋づる式退職が始まる前兆や典型的な現象を示しています。

  • 辞めないと思っていたエース社員やベテラン社員の退職
    企業の柱となるような人材が予期せずに退職を決断することは、組織全体の不安を引き起こす可能性がある。
  • ベテラン社員の退職に連鎖して他従業員も退職を表明
    一人のベテランが去ることで、他の社員も続くように退職の意向を示し始める。
  • 職場の従業員が一斉に退職の意向を表明
    退職する意向が一気に広がり、まるで連鎖反応のように多くの社員が退職を考えるようになる。
  • 中心人物不在により現場が回らなくなる
    重要な役職や業務を担っていた人材が退職することで、業務が滞り、業績の低下や業務の遅延が発生する可能性が高まる。
  • 新入社員や中途採用者も定着せず早期離職
    新たに入社した人材も、職場の環境や雰囲気に影響され、短期間で退職を選ぶことが増える。

これらの現象は、企業の持続的な成長や発展に悪影響を及ぼすことが考えられるため、早期の対応や問題の原因を探ることが重要です。

なぜ退職連鎖は起こる?組織崩壊の原因とは?

次に、退職ラッシュが続く職場の問題点や原因について解説していきます。

エース社員・ベテラン社員への業務負担のしわ寄せや依存レベルの属人化

組織崩壊の予兆となるのが、優秀なエース社員が辞めることにより、業務負担の増加に耐えられないで芋づる式に退職者が出てくることです。

組織においては優秀な働き者ほど割を食うように機能してしまうものです。

また、職場の人間関係が悪かったり、上司が部下を潰すような社風ですと、優秀な社員は出世を恐れる上司に潰されるようなことも、当たり前に行われています。

いずれにせよ、組織においては優秀な社員ほど割を食いやすくなるため、耐えられずに先陣を切って辞めていくものなのです。

これは職場にて「一部の優秀な人材に過剰に業務負担をかけすぎた」という面で、会社側にも責任はあるでしょう。

聞き上手の調整役退職に伴う人間関係の悪化

 

退職理由の中でもとくに多いのが「人間関係・対人関係」だと言われております。

職場の中には、必ずと言っていいほど「聞き上手の人」「職場の人間関係の調整役」ともいうべき人が存在します。

たとえば、ウマが合わない上司と部下の間を掛け持つ人であったり、気難しい社長のことを理解しているベテラン社員など、職場の人間関係のバランスを上手いこと保っている人物がいることで、職場の対人関係が円滑になることはよくあります。

そういった人間は、細かい気配りであったり、職場の人間関係や感情に関する観察力などが優れており、職場で意外と根回ししているものです。

そういった人材が退職してしまうと、途端に職場の人間関係が険悪になることは珍しくありません。

もし、退職連鎖が続いて組織崩壊してしまっている職場で「あの人がいれば…」と感じているのであれば、おそらくその人が職場の対人関係にもたらしていた影響力が、想像以上に大きかったのかもしれません。

一斉に辞めることによる嫌がらせ(謀反)

退職の連鎖が続いて組織崩壊するということは、従業員の嫌がらせの可能性も十分にあります。

それも一斉に退職届けを出してきた場合、裏で結託して辞職している可能性も否定できませんので、ほぼ計画的な行為だと考えていいでしょう。

とくにアルバイト・パートであったり、派遣社員であれば、正社員のように立場も待遇も保証されていませんから、以下のような方法を使わずにいきなり一斉に退職してくることも十分ありえます。

  • 上司に直談判しない
  • 派遣会社に要求を通さないで退職
  • 労働組合を通して賃上げ要求・待遇改善のストを起こさない

正社員の感覚で言えば「上司や仲介会社を通じて要求を通す」「労組を通してストを起こす」などの方法がありますが、そこまで知識のない非正規雇用者は、段階を踏まずにいきなり退職してくることも十分に考えられます。

正社員目線からでは想像しにくいでしょうが、非正規雇用者は正社員との待遇の差に不満を抱えている一方で、いつ辞めても同じような待遇の仕事は見つかる立場です。

職場に不満があるといきなり退職してくるという強硬手段をとってきても、失うものは少ないのです。

もっとも、正社員からも一斉退職されてしまう会社は、おそらく「社長の人格に問題あり」「待遇があまりに酷すぎる」のどちらかでしょうから、それは単に「社長に人の上に立つ器がなかっただけ」とも言えるかもしれません。

企業買収・経営再建に伴う組織崩壊

企業買収・経営再建に伴い、組織が一度崩壊してしまうことも珍しくはない現象でしょう。

  • 企業買収により、経営方針が大きく変わって企業のビジョンについていけなくなった
  • 経営方針の変更による人事の入れ替わりで、割りを食ってしまった
  • 新たな社長・役員とウマが合わず、左遷・閑職される未来が見えた
  • 今までの仕事とまったく違う方向性を要求され、ついていけなくなった

以上のように、企業買収・経営再建では会社が大きく変わることもありえるので、従来のやり方にこだわりや愛着があった社員は、ついていけなくなって一定数脱落するものです。

40代以降からの転職でも「経営者や上司との考え方が合う」という理由が決め手になるぐらい、会社の方針と自身の仕事観が一致することは大事だと思われています。

これは組織改変が行われる以上は、必要とされる犠牲とも言えるので、仕方のないことではあります。

芋づる式退職の起こった職場で働き続けるとどうなる?無理に続けるべき?

芋づる式退職が発生した職場には、多くの難題やリスクが潜んでいます。多くの組織での連鎖的な退職は、組織の機能や業務効率、そして従業員の精神的な健康に大きな影響を与えることが考えられます。このような状況下で働き続けることは、多くのリスクを孕んでいるので注意が必要です。以下、その主なリスクを示します。

  • 業務量の増加
    退職者が増えることで、残った社員にその業務が押し付けられることが増え、過重労働の原因となる。
  • モチベーションの低下
    連鎖的な退職を目の当たりにすることで、自身のモチベーションや仕事への情熱が低下しやすくなる。
  • 研修・育成の不足
    人材の入れ替わりが激しいため、新人の研修や育成が追いつかず、業務のクオリティが低下する可能性がある。
  • 人間関係の複雑化
    人材の流動化により、社内のコミュニケーションが乱れ、人間関係のトラブルが増加する可能性が考えられる。
  • キャリアの停滞
    会社の不安定さにより、自身のキャリアアップの道が見えにくくなり、プロフェッショナルとしての成長が阻害される。

以上のようなリスクが考えられる中で、無理に続けるべきかどうかを判断する際には、自身のキャリアの方向性や、職場環境との適合性、そして身体や心の健康を優先して検討することが重要です。

社員全員が一斉に辞めた場合はどうする?

社員全員が一斉に退職してしまった職場で、運悪く一人だけ取り残されてしまった場合、どうすればよいのでしょうか?

社長に恩があったり、今の会社が立て直すほどの力があると思うのであれば、残り続けるのも一つの手段でしょう。

逆に社長の人格に問題があったり、待遇があまりにひどい場合は、自分も流れに乗って辞めてしまうのが一番でしょう。

以下の記事にも書いてますが、人手不足の会社や人が辞めていく会社は、何かしら問題があります。

また、社員の多くが辞めてしまった場合、おそらく上司や社長は、

「残ってくれてありがとう、これからも任せた」
「過去のことは忘れてこれから頑張ろう」

…など、都合のいいことを言ってくるかと思います。

ですが、そのような都合のいい方便に流されてはいけません。

常識的に考えて、一番割を食うのは残された社員になりますので、社員や上司はまず残された社員を絶対に辞めさせないように根回ししてきます。

ですので、そこは一度しっかりと「なぜ、他の社員が一斉に退職されたのですか?」と問い詰めて、事態を重く受け止めているかどうかを見極めておくことも大事でしょう。

管理職でも部下が一斉に辞めたら転職を考えておくこと

従業員が一斉に辞めてしまった場合、最も割を食うのは中間管理職でもあります。

本人がクラッシャー上司で部下を辞めさせてしまう場合は別として、会社側の人事や労働条件があまりにひどく、自分の権限でどうしようもないと感じているのであれば、管理職でも転職してしまうのも手でしょう。

ただし、転職活動の際に「管理職が部下が一斉に辞めたという理由で転職」というのは、あまりポジティブな動機にはならないので、注意が必要です。

ですが、会社側に責任があって人事面で無茶振りをされていると感じるのであれば、他の会社に移った方がまともに働ける可能性は大きいので、社員が全員辞めていくような会社は自分も辞めてしまう道も考えておくと無難でしょう。

芋づる式退職に巻き込まれたらどうする?自分も辞めるべき?

連鎖的な退職の波が職場で巻き起こる際、どのように対応すべきかは、その人の価値観や状況によって異なります。ただし、一つの選択をする前に、以下の点を検討し、冷静な判断を下すことが求められます。

  • 自身のキャリアビジョンを再確認
    退職を考える前に、自分がキャリアでどこを目指しているのか、その職場での経験やスキルが将来役立つのかを再確認する。
  • 退職の真の理由を分析
    周りの人々が辞めるからというだけでなく、自分自身が退職を考える理由を深く探る。組織の問題、人間関係、キャリアの成長性など、多角的に検討する。
  • 直属の上司やHRとのコミュニケーション
    状況の変化や自身の不安・疑問を率直に伝え、組織としての対応や将来のビジョンを確認する。
  • メンタルのケア
    職場の不安定さや変動は、心に大きなプレッシャーをもたらすことがある。メンタルヘルスのプロフェッショナルやカウンセリングを利用して、感じているストレスや不安を適切にケアする。
  • 外部のネットワークを活用
    職場外のネットワークや業界の人々との交流を通じて、現在の業界の動向や他社の状況を確認し、自身の選択の参考にする。

最終的に、自分も辞めるべきかどうかを判断する際には、今の職場での将来性や自身のキャリア目標、そして心身の健康を優先して、冷静に状況を分析し、最適な選択をすることが大切です。

退職連鎖に巻き込まれたら転職タイミングかも

以上のように、退職の連鎖が続き組織崩壊してしまう会社は、一個人の責任だけでは済まないぐらい、複雑な要因が絡み合ってなし崩し的に壊れてしまうものです。

流れに身を任せて自分も辞めるもよし。
あえて残り続けて、再建に尽力するもよし。

ただ、冷静に見極めておきたいのは「社長や上司に反省の色は見られるか?」ということです。

そもそも、社員が一斉に辞めるというのは、かなりの覚悟がなければ出来ないことですので、事態を甘く見ているようではまた同じことを繰り返します。

今の日本では社員を大事にしない会社も増え、恩を仇で返すクソ経営者も増えていますので、自分も内心で不安や不満を抱えているのであれば、この機会に転職活動のきっかけにしてみるのもいいでしょう。

ただ、いきなり転職しようとしても、経歴が不十分なうちや自己アピールが不十分なうちは自力で転職しようとしても採用されにくいばかりか、下手をすると年収ダウンしてしまったり待遇がさらに悪くなる…なんて失敗にもつながりかねません。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

会社環境
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました