他人を見下している人の過ち。心に闇を持つ社会人すべてに捧ぐ、あなたが成功できない本当の理由

闇の元転職アドバイザー、カナデと申します。

当サイトでは主に、心に闇を持つ社会人向けの転職コラムを手がけています。

今回のテーマはズバリ”他人を見下している人”

「バカで無能な上司」
「使えない部下」
「足を引っ張ってくる同僚」
「ヒステリー起こしてクソうざいお局」
「自信過剰な新入社員」

このように自分勝手で品性のない社会人を見て、内心見下されているのではないでしょうか?

ククク…。

ようこそ、大人の闇の世界へ。

人間とはおもしろいもので、大人になればなるほど”心の闇”が深まっていきます。

  • 高学歴で負け知らずで大企業に就職したエリートであっても、社会人になって壮絶な敗北感を味わう
  • 「夢が叶った!」と憧れの職業に就いたにも関わらず”理想と現実のギャップ”とやらに悩む
  • 親や先生の言うことを素直に聞いてきたいい子ちゃんでも、社会に出て「使えない子」扱い

かくいう私も、若い頃は周りの勉強の出来ない生徒を見て「愚民どもがッ!」と見下していたり、ホームレスを見て「あんな負け犬にはなりたくねえなァ!」などと思っていた時期がありましたよ。

…それが、今や派遣社員で「あいつ使えねえな」と若者からも見下される体たらく。クラウドソーシングで時給300円にもならない、低俗なライターとして買い叩かれる始末。

常々、私は自分自身にこう言い聞かせています。

「どうしてこうなった?」
「こんなはずじゃ…」
「今頃は結婚して幸せに生きてたはずだったのに…」

考えられる敗因はただひとつ。

慢心。

そう。今のあなたのように「私はあいつよりも仕事が出来る!」という、傲慢な考えがすべての敗因だったのです。

さあ、あなたの深淵たる”心の闇”の正体を解き明かしてみせましょう!

”選ばれた人間”なんてゴミのようにうじゃうじゃいる

心の闇を探るためにもっとも有効な手段は「文学」です。

文学には人間の苦悩や欲望、鬱憤とした欝りが濃縮されています。

たとえば太宰治の「人間失格」などは最たる例でしょう。

「恥の多い生涯を送ってきました」

人間失格/太宰治

中学生の時、太宰治の作品に出会った私は「これの良さがわかるなんて、オレは選ばれた人間の証だな」と感動しましたよ。

有り体に言えば「ゾクゾクしたよ」ってヤツですね。

しかし、私は勘違いしていたのです。

”選ばれた人間”なんて星の数ほどいるという残酷な現実に、40代になるまで気づかなかったのです。

すべての人間は「選ばれた人間」ではない

私は高学歴と呼ばれるであろう大学卒業後、一流企業に入社した経歴を持ちます。

その時、人事からこう呼ばれたことを今でも鮮明に覚えています。

「入社、おめでとう。君は”選ばれた存在”だ。我が社で働く仲間として、共に働こう」

その時の私は、自分が”選ばれた存在”であることに、少しの疑いも抱きませんでした。

受験レースで生き残り、就職活動レースでも生き残り、新入社員でも”選ばれし者”となるほどの存在。

約束された出世の道。

そんな未来が見えていました。

しかし、入社して働くうちに、そんな未来はウソだと気づき始めました。

上司や取引先には「学歴あるくせして使えねえな」「君、ちょっと違うんだよな〜」「仕事舐めてない?」など、散々の言われようでした。

「ふざけやがって!いつか見返してやる!お前らなんて凡愚だ!」

そう息巻いて仕事するも、私の実力は認められることなく、挙句に同僚の策謀により失脚、閑職に追い込まれリストラされるハメとなりました。

退職時、入社時に「選ばれた存在だ」といった人事に言われました。

「残念だ、君は”選ばれた存在”ではなかったようだね」

敗北者は「負けてから」初めて現実を知る

「なぜだ、なぜ成績優秀なオレが…」
「オレは精一杯働いてきたじゃないか…」
「ウソだろ?オレは上司のために必死に尽くしてきたじゃないか」

私は何度も何度も「なぜだ?」と自問し続けてきました。

なぜ、あんな冴えない部下に負けた?
なぜ、あんなヘラヘラ笑っているだけの同僚に突き落とされた?
なぜ、私を”選ばれた者だ”と言った人事は、オレに大きな仕事を振ってくれなかった?

バカにしていた同僚から笑顔で突き落とされ、
年下のヘラヘラした奴らには追い抜かれ、
バカで無能だと思っていた上司はオレを最後まで認めなかった。

なぜだ?なぜなんだ?

…答えはすべて”闇の中”だ。

大人は答えを返してはくれない。

”闇”はすべて己自身から生まれるもの

その後、私は”敗北者”として、再就職するために転職活動することになりました。

そこで出会ったある人物から言われた言葉は今でも忘れません。

「あなたの卑屈な”人物観”は、すべて”あなた自身”なのですよ」

そう言って渡された本を、私は読みふけりました。

深淵を覗く時、深淵もまたお前を覗いているのだ

善悪の彼岸/フリードリヒ・ニーチェ

「哲学書なんて無用の長物だ!」とバカにしていた私は、衝撃を受けました。

時代と国境を越え、1人の哲学家が私の”心の闇”を見抜いていたのです。

他人を見下す=自分を見下す

「他人を見下しているのはですね、つまり自分自身を見下しているのですよ」

彼は”悪魔”であり”天使”でした。

昔は宗教教祖や占い師にハマる人間をバカにしていましたが、当時の私は一歩間違えれば深淵の底に堕ちていたかもしれません。

「あなたはその見下していた相手について、どれだけ知っていたんですか?」

「私ならこう考えますよ」

『お!都合のいいカモ発見~!ガンガン仕事押しつけよう!』

「よくマフィア映画で、都合良く使われて最後に後ろから銃で頭撃ち抜かれる役っていますよね?」

「あなたはそういう役回りだったんですよ」

「でも、気に病むことはないですよ。たまたま”運が悪かった”ってやつですよ」

言うな、やめろ、言うな、言うな、言うな。

それ以上はやめてくれ。

なぜあなたは”光”になれないのか?

その後、私は転職アドバイザーとなり、多くの転職を考える「選ばれなかった者たち」に道を示す存在になりました。

言わば、仕事に悩む皆様に”光”になったのです。

なぜ、私が”光”になれたのか?

答えは簡単です。

己の心の闇を知り尽くしたからです。

あらゆる”闇”を体験してきたからこそ、転職に悩む人々を見れば一発で「その人の心の闇」を見抜くことができます。

あなたも心の闇を払拭して、誰かの”光”になりたいはずです。

残念ながら、あなた自身を輝くスターにすることはできませんが、闇から抜け出すヒントなら教えることはできます。

私の内省もかねています。

ぜひ、参考にしてみてください。

考え方が”闇”に囚われている

何をしても上手く行かない人は、考えが闇に囚われています。

…例えが比喩的過ぎますね。

  • ネガティブな考え方をしている
  • 悲観的な考え方をしている
  • 後ろ向きな考え方をしている

世間一般では、このように表現されています。

まるで心の”なにか”に引きずり込まれるように、無意識に闇に囚われた考えをしてしまうんです。

己の無力さが認められない

私たちは考え方一つで天狗にも鬼にもなれます。

しかし、己の無力さを痛感したことのない人間は、鬼にはなれません。

「あいつより自分のほうがすごい!」
「上司が無能、オレのほうがセンスある」
「オレはいつか成功するんだ…!」

このような天狗になった考え方を周りに吹聴し、いつまで経っても実行に移せません。

それはなぜか?

己の無能さが露呈してしまうのが怖いからです。

「我、生涯において一つの負け知らず。故に一つの勝ちすら得られず」

負けることがなければ、勝つこともできない。

勝負すら挑まなければ、一生勝った気でいられるから。

「そりゃあ、周りがイエスマンばかりで勝ち誇るのは楽だよね。
誰にも負けることも否定されることはないもの。
でもね、それじゃ何一つ成し遂げられないで、死んでいくだけじゃないかな?」

可愛い声で、そう残酷につぶやくアイドルが私の心の中にいる。

内心では他人を恐れているから

あなたは何よりも他人を恐れています。

弱い犬ほどよく吠える」とは言いますが、それと同じことですね。

相手が怖いから、見下して自分のプライドを保つしかないんですよ。

上司が無能なら、イスからひきづり降ろして終わり。
バカな部下どもは口巧みにまとめあげて、ボロ雑巾にように使い潰す。
社長がバカなら、さっさと部下ごとまとめてかっさらって、会社を骨抜き。

そこまでの実行力がないから、ずっと弱いままでプルプル震えるしかないんですよ。

私も昔はそうでしたし、今も本質は変わっていません。

しかし、他人を恐れているだけでは何一つ始まらないのです。

何も恐れることはありません。

人間なんて殴り続ければカンタンに死にます。

「命は大事だ!」なんて言われますが、毎日理不尽に死んでしまう人のニュースが流れています。

最悪、気に食わねえ相手は泣くまでぶん殴ればいいんすよ。

吠えるついでに噛みつきゃあ、いいんスよ。

復讐心に欠ける

心の闇に飲まれてしまう人は、復讐心に欠けています。

”光”になるためには「復讐心」が最大限の動力となります。

なぜなら、古来より人の心を動かしてきたのは”復讐心”だからです。

・復讐心が歴史を変えた例

「臥薪嘗胆」…復讐心を忘れないように、薪で眠り、胆を舐め続けた
「ユダヤ教」…奴隷時代の苦難を忘れないように、断食の厳しい教えを実践しなければならない。
「源頼朝」…親や親族を殺された屈辱と復讐心をおくびにも出さず、宿敵である平家を歴史の闇に葬り去った。
「徳川家康」…信長に息子殺され、秀吉に嫌がらせで関東に左遷させられるも、最後には歴史の勝者になった。
「ヒトラー」…ニート期間あり。画家志望の入試2回失敗。しかし、戦場で悪魔のような才能を覚醒。愚民どもに叡智を与えるべく、カリスマとして君臨。

「勝てば官軍、負ければ賊軍」「歴史は勝者の者」という言葉もありますが、まさにその通りです。

最後の最後に勝ち残ったものだけが、都合よく歴史を塗り替えられるのです。

有名大学卒業・大手企業勤めなどは、大した経歴じゃないわけですね。

また、心に闇を抱えていない楽天家やたまたまラッキーで成功しているボンクラも、光にはなれません。

なぜなら、人間の深い深い闇を味わい尽くしていないから。

人間という名の”闇”を支配できるのは、闇を知り尽くした者のみです。

心の闇は「仕事」から生まれる

人の心の闇は「仕事」から生まれます。

なぜなら、22歳から定年退職までの約40年間、自分の生き方の核となる部分だからです。

これは、家庭生活や学校生活以上の時間を費やすわけであり「人生の核」だと言ってもいいでしょう。

にも関わらず「安定してそうな会社だから」「楽そうな仕事だから」「自分に向いてそうだから」という、生半可な気持ちで選び、心に闇が芽生えるきっかけになるんです。

仕事は遊びじゃねえ、戦いだッ!!!!!!!

中途半端な気持ちで仕事に就けば、それは心に闇が生まれて当然ですよ。

搾取企業に仲介業者、上司と取引先の理不尽な要求、それに加え同僚や部下ですら敵になり得る。

もう一度言います。

仕事は仕事じゃねえ、戦争だッ!!!!!

他人を見下している自分に嫌気が差したら転職しよう!

…と厳しく書いてきましたが、人間そんなに簡単に割り切れれば苦労しませんよね。

よく自己啓発書なんかには「自分を変えよう!」なんて言っていますが、人が生まれ持った性格や考え方はそう簡単に変わるものではありません。

「感謝しよう」
「あいさつをしてみよう」
「前向きに考えてみよう」

この程度のことを試して、人生変わったことなんてありますか?

私はないです。

「感謝」してみても誰にも気づかれない。
あいさつしてみても「何?嫌味?」と思われる。
「前向きに考えよう!」なんてマジもう無理…。

何をやっても上手く行かない人は、ちょっと行動したところで変わらないんです。

であれば、もう思い切って人生を変えちゃうしかないんですよね。

少なからず、今の職場よりもまともな環境で働けば性格も明るくなりますし、周りよりちょっと能力の高い職場に就けば、優越感も感じられますよ。んで、頼られでもすれば承認欲求も満たされます。

私が転職アドバイザーを経験してわかったことがあります。

みんな、実は”誰かに必要とされたい”んですよね。

なので、周りを見下して「自分は優秀だ!」アピールしちゃう。

だけど、なかなか認められない。

んで、職場で冴えない地味ぃ〜なお仕事をしながら「あいつより自分の方が!」なんて思っちゃう。

そして、そのまま鬱憤を溜めたまま一生を終える。

こんなに悲しく惨めな人生はありません。

考えてみてください、10年後の自分を。

今の仕事でキラキラ輝いて活躍できる自分の姿をイメージできますか。

…できないでしょうねえ。

だって”自分の限界”ってやつが、もう見えきっていますから。

でも転職を考えれば、可能性は無限大に広がります。

日本には421万の企業がありますので、単純に421万もの選択肢があるわけです。

一方で、今の会社で働き続ければ、完全に「冴えないどこにでもあるような人生」しか残されていません。

取り戻しましょう、あなたの「輝かしい未来」ってヤツを。

自分らしい生き方を見つけ出し、人間の尊厳を取り戻すことこそが、この世界への”復讐”であり”祝福”です。

転職を考えるならエージェント制を活用しておこう

転職を考えるのであれば、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用することをオススメします。転職エージェントはプロのキャリアアドバイザーがマンツーマンで転職をサポートしてくれ、効率よく自分に合った転職先を見つけられますよ。

転職すれば、以下のような選択肢が広がります。

  • 年収アップ、今の職場よりも収入が上がるチャンス
  • 待遇改善。ワークライフバランス重視でプライベートが充実する働き方を選べる
  • 自分の適性や能力をより発揮できる職場を見つけられる
  • 転職先の人柄や人間関係を事前に教えてもらえるので、対人関係に悩む必要がなくなる

もちろん、すべてが叶うようなことはありませんが、自分の希望に合わせてオススメの転職先を紹介してもらえます。

心の闇の主な原因は「仕事」にありますが、明るくて活発的な人ほど「天職」に出会えています。

それはなぜか?

天職と出会うために行動しているからです。

就活で貪欲に人脈作りや企業研究をしている学生がいましたが、みんな「天職と出会うため」に活動していたわけですよ。

一方で、他人を見下している人はどうでしょうか。

リクルートの転職サイトや、あるいは誰かの推薦で手を抜いて入社しちゃったんじゃないでしょうかね。

あなたの心の闇は、そういった「行動しない」ことが原因で生まれるわけです。

他人を見下してしまうのも「自分は特別だ!」と思うだけで、行動しないから生まれてきてしまう感情なんです。

ですが、安心してください。

転職を考えるだけで、人生は変わります。

しかも今はいい時代で、転職エージェントでプロに相談するだけで、オススメの転職先が紹介してもらえるんです。しかも無料、申込みもスマホひとつでできる。

今まであなたは、自分から「行動」して何かを掴み取ったことはありますか?

もしないのであれば、今すぐに行動しましょう。

転職活動で自分の可能性を知っておけば、もう今までの冴えない毎日とはおさらばできます。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ