仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

TechAcademy(テックアカデミー)の特徴と強み。IT・WEB業界でも定評のある通信講座の実力と実態は?

就職・転職関連情報として紹介しておきたいIT・WEB系の通信講座が「TechAcademy [テックアカデミー]」。

直接的に就職・転職をサポートしてくれるわけではないのですが、以下のような強みがあるため、キャリアの足しになると判断して、ご紹介しております。

TechAcademyの特徴と強み

  • 最先端のWEB・ITスキルが学べるため、転職に有利になりやすい
  • 通信講座のため、自宅で自分の環境に合わせて受講できるため、
  • 「メンター(講師)」がチャットでサポートしてくれるため、わからないことはすぐに聞ける
  • 無料講座・体験動画なども積極的に配信しているので、試しに利用してみることも可能
  • 超大手のIT・WEB系会社での教育実績もあるため、業界とのコネにも強い
  • その上、受講後の就職・転職サポートまで行ってくれるため、転職を考えている方にもオススメ

以上のように、ただの通信講座だけではなく、業界とのコネを活かした、最先端で実用的な講座を自宅にいながら受けられるのが、テックアカデミーの強み。

元々、IT・WEB業界自体が慢性的に技術者不足ですので、スキルを身につけておけば転職で有利になりやすいのは、まず間違いないと言えます。

また、テックアカデミー自体がIT・WEB業界の人材紹介業としての役割を持っており、一度受講すればキャリアの足しになる点にも注目です。

当記事では、転職・キャリア目線から、テックアカデミーの強みや特徴をお伝えして参りましょう。



テックアカデミーで学べるスキルは?

読者の方が気になるであろうことが「テックアカデミーでは、具体的にどのようなスキルが学べるの?」という点でしょう。

結論から言っておきますと、IT・WEB業界で主要となっているスキルがほとんど学べると言ってもいいぐらい、カリキュラムが充実しております。

最近の技術で言えば、仮想通貨の仕組みとして有名な「ブロックチェーン」も、カリキュラムに取り入れております。

これらのスキルを単独で学ぶことはもちろんのこと、セットでより実用的な講座を学ぶことも可能です。

そのため、利用者の対象としては、

  • IT・WEB業界勤務だが、より実践的で最先端の技術を学びたい
  • 仕事で必要になったので、ピンポイントで特定のスキルを身につけたい
  • IT・WEB業界に転職したいけど、まったくスキルがないので不安…

…という、あらゆる層に対応しているのが、テックアカデミーの強みだと言えるでしょう。

また「自分が何を学べばいいかわからない…」「自分のやりたい仕事にどのスキルが必要かわからない…」という方も、以下のように初心者向けのコースや案内が用意されております。

無料体験を使えば、ビデオチャットなどで講師に相談することも可能なので、興味のある方は試しておくといいでしょう。


WEBコンテンツ制作スキル

スマホアプリ制作スキル

プログラミングスキル

ソフトウェア運用スキル

テックアカデミー受講後の転職サポートは?

テックアカデミーを利用する方で、一番心配なのは「本当にスキルを身につけただけで転職可能なの?」という点でしょう。

ですので、ここからは当サイトのメインテーマである「転職」という視点から、テックアカデミーの強みをお伝えしていきます。

一度受講すればテックアカデミーを通しての就職・転職が可能

テックアカデミーの明確な強みですが、一度登録して受講を完了すれば、それ自体がテックアカデミー内での人材紹介業で即経歴として活かせる点でしょう。

そのため、他の民間の講座や資格取得と違って「勉強やスキルをとったものの、まったく活かせる仕事がなかった…」という、ミスマッチは事前に防げます。

以下の記事にも書いておりますが「資格やスキルはしっかり転職で評価されるものでないと意味がない」事情を知っておくと、これは明確にテックアカデミーの強いメリットだと言えます。

このあたりは、専門学校…というよりも「社会人学校」と似たようなビジネスモデルだと言えるでしょう。

また、IT・WEB業界は転職が盛んな業界であり、フリーランスとして独立する人も多い業界です。

ですので、将来的に独立・転職する場合もテックアカデミーに登録して定期的にスキルを身につけておけば、それだけでキャリアの足しになります。

ビジネスモデル自体が新しいので、イマイチ想像しにくい方もいるかもしれませんが「IT・WEB業界の通信講座+社会人学校+人材紹介会社」としての役割を持っていると考えていただければ、テックアカデミーでスキル習得するメリットがどれだけ大きいかはおわかりいただけるのではないでしょうか。

転職保証コースを利用すれば転職のサポートも受けられる

テックアカデミーのカリキュラムの中には「転職支援特化のコース」も存在しております。

ですので「確実に転職が決まるか不安…」という方でも、安心してテックアカデミーで受講できます。

ただし、転職支援コースは以下の条件があるので、事前に思い違いがないか確認しておきましょう。

保証条件

  • 受講開始時点で30歳以下の方
  • 東京での勤務が可能な方
  • IT企業へエンジニアとして転職の意思がある方
  • 受講期間中に転職活動をする意思のある方
  • 期間中に学習時間を300時間以上確保できる方
    (1〜6週目:160時間、7〜10週目:100時間、11〜12週目:40時間)

保証内容

  • パーソナルメンターがキャリアカウンセリング(1回30分)も行い転職をサポートします
  • 学習プログラム修了後、6ヶ月間内定が出るまで企業面談を実施
  • 面談を実施しても内定が出ない場合、受講料を全額返金

ちなみに似たような条件であれば、同じく東京都内でプログラミング講座を行っている「GEEK JOB」や、社会人学校ウズカレを運営している「ウズキャリ」もありますので、未経験者の場合は合わせて検討しておくと間違いないでしょう。

ですが、テックアカデミーの場合はメインの事業が「講座」であるため、職業訓練・就職支援が本業である他社より、身につくスキルも転職先候補の質も上がることに期待できます。

ただし、受講料が結構かかりますので、専門学校・社会人学校的な役割が強い点はしっかり知っておきたいものです。


人材会社・IT・WEB系会社とのコネにも期待できる

テックアカデミーの強みですが、IT・WEB業界内の企業との強いコネもあるところです。

たとえば、テックアカデミーの講座は以下のような、名だたる有名企業での社員教育の一環として取り入れられた実績があるほど、業界内でも信頼を集めております。

メンター(講師)も現役でIT・WEB業界で働く方から、フリーランスで在宅で働く方など、隙間時間を有効に活用できる人材を集めており、全国どこでも空いた時間に学べるようになっているわけです。

IT・WEB系に強い人材会社とのコネも強く「レバレジーズ株式会社」や「アクシス株式会社」に在籍するコンサルタントが人材採用に関してのサポートも行っております。

ちなみに、テックアカデミーを運営する「キラメックス株式会社」は「有料職業紹介事業許可番号 」を取得しています。

厚生労働省の「職業紹介所の検索」でも、しっかりと確認済みです。

人材紹介業者としても、法手続きを行って運営されている信頼できる会社であることがわかります。

テックアカデミーを使うにはどうすればいい?

以上のように魅力的なテックアカデミーですが、通信講座がメイン事業ですので、受講料がかかる点には注意です。

最低でも8,9000円~と高く、場合によっては数十万円ほどかかることもあります。

(分割払いの場合は月約5,000円ほどで済みます)

専門学校・社会人学校としての側面が強いので、他の転職サポートと同じ感覚では使えません。

ですので、講座を受講する前に、以下のような点に気をつけておき、慎重に利用するべきか検討しましょう。

  • 無料体験をしっかり使って、使えるかどうか試しておく
  • 事前に講師(メンター)に相談して、受講後の方針も考えておく
  • テックアカデミーキャリアに登録しておき、即座に転職活動に取りかかる

とくに通信講座という性質上、自宅でしっかりと講座を受けられるかどうかに関しては自己責任になりますので、無料講座で予め確認しておきたいです。

また、単に講座で勉強してスキルを習得するだけでなく「学んだ後の転職先候補は?」「スキルを実際に活かしている職種・業種の例は?」なども聞いておくと、後々のキャリアにも有利に働くでしょう。

ただ、一度学んでしまえば「テックアカデミーキャリア」というサービスの方で、経歴としてもしっかり評価されますので、先に学んでしまうのもありと言えばありです。

詳しくはテックアカデミー公式サイト内でもしっかり解説してありますので、まずは登録して無料体験でも試しみてるといいでしょう。


関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。