店長に向いてない!ダメ店長に共通する特徴とは?

「店長に向いていない…」
「店長やりたくない…」
「店長降りたい…」

そう感じて悩んでいませんか?

店長職といえば、実はかなり厳しいお仕事です。

なぜなら、一般職であれば30代前後で行う「管理職」的な立場に、20代中盤から任されることになるからです。

しかも、会社によっては上長や他の社員から助けを得られず、孤立無援状態になってしまうことも、十分ありえます。

また、単純に店長を任される「小売」「飲食」「アパレル」関連の仕事は、単純に人手不足のため、非常につらい立場になることも十分考えられます。

ですので、場合によっては「向いていない」以前に、職場環境が異常な可能性もあり得ます。

もし、あなたが「店長向いていない…」「自分はダメ店長だ…」と思っているのであれば、冷静に読んで、今の職場環境や会社の状況、そして自分の勤務態度を見直すための参考にしてみてください。

スポンサーリンク

店長に向いていない人の特徴

仕事が向いてないで辞めたいと悩んでいる人は
以下の記事も参考に判断してみてくださいね

部下とのコミュニケーションがとれない

店長に致命的に向いていない人は「部下とのコミュニケーションがとれない人」でしょう。

なぜなら、店長職はアルバイト社員を有効に活用しなければ、店舗管理が出来ないからです。

この事実に気づけていない人は、致命的に店長に向いていないと言ってもいいでしょう。

部下とのコミュニケーションがとれていない店長の特徴

  • 部下に任せておけばいい仕事をわざわざ自分で行う
  • 部下を叱ってばかりでフォローをしない
  • アルバイトに社員クラスの仕事を求めすぎている

店長職は「自分の仕事だけこなしておけばいい」という平社員・アルバイトクラスの視野ではなく、管理職としての視点も持たなければいけません。

関連:管理職向いていないと感じたら辞めた方がいい?中間管理職を辞めたいと悩んだ時に考えておくべきこと

他店舗との連携や上長とのコミュニケーションがとれない

店長職は店舗を任せる立場でありながらも、社員という難しい立場にあります。

そして、店舗では自分が一番偉いため、部下に相談することは許されません。

そのため、他店舗の店長との情報交換や、上長との密接なコミュニケーションが必要不可欠です。

社員同士での連携が出来ない人は、店長職にはあまり向いていないと言えるでしょう。

自分の業務範囲を把握していない

店長に向いていない人は、自分の業務範囲を把握できていません。

店長の業務範囲

  • 部下のマネジメント(指示・シフト管理・育成など)
  • 本社指示の遂行
  • 店舗売上の改善

このような店長本来の役割を忘れ、アルバイトスタッフと馴れ合っていたり、アルバイトでも出来る仕事を自分でこなしていては、店長失格です。

店長=管理職としての自覚を持って、時に厳しく仕事に臨みましょう。

新しい仕事やわからない仕事に取り組む意欲がない

店長ともなると「わからない仕事」「新しい仕事」にも、無理でも成し遂げないといけません。

間違っても「自分には出来ないからやりたくない」「新しいことを覚えたくない」などと口にしては、店長失格です。

新しい仕事やわからない仕事に挑戦する意欲がないのであれば、それは店長失格の証拠です。

売上に関して当事者意識を持てない

店長は管理職として部下の育成や指導も去ることながら、本社・上長から「売上」についてうるさく言われる立場となります。

シビアな話をしますが、本社からすれば「売上を出せない店長=仕事が出来ない無能」という評価をされます。

それも本社と管理店舗の違う店長職であれば「頑張っているから…」なんて甘えた評価は一切されません。

たとえ店舗でアルバイトスタッフから人望があろうが、お客さんから好かれようが、売上を上げられなければ店長としての評価は下がるのみです。

売上のために嫌われてまで成果にこだわる店長や上長がいますが、あれが「店長に向いている人」です。

関連:仕事を向いてないと思うのは甘えや逃げ?仕事が辛い・会社を辞めたいと感じた時に知っておくべきこととは?

部下に嫌われる勇気を持っていない

店長は時として、部下に嫌われる覚悟を持たなければいけません。

だらけている部下には厳しく叱り、逆に都合のいいバイト相手は褒めて伸ばしておき、味方として確保しておく。

部下の能力が平等でない以上、八方美人な態度は許されないのです。

管理職として部下から嫌われてでも仕事を成し遂げる気がないのであれば、潔く店長を降りましょう。

店長に向いていない場合の対処法

リーダーとしての自覚を持つ

「店長に向いていない」と感じる人は、まずはリーダーとしての自覚を持ちましょう。

リーダーとしての自覚を持つためには?

  • 部下は全員ボロ雑巾のように使い潰すための駒として見る
  • ただしチームワークを大事にしないと辞められるのでバランスが大事
  • 売上に対してシビアな感覚を持つ(数字出せない店長は本社からすれば「ゴミクズ」同然)
  • わからないことや新しいことにも積極的に取り組み、必ず最後までやり遂げる

本社から信頼されて一店舗を任せているのですから、この程度の心構えは持っていて当然です。

会社から「店舗を預かっている自覚」を持つ

店長職として長く働くためには「店舗を預かっている自覚」をしっかり持ちましょう。

店舗は会社のものであって、自分の私物ではない。

組織人であれば、これぐらいの当事者意識は持ってて当然です。

新しい仕事や出来ない仕事にも前向きに取り組む

店長ともなると、常に本社指示で新しい業務やわからない仕事にも取り組まざるを得ません。

「出来ない」なんて言葉は許されません。

管理職となった以上、逃げ道はないのです。

わからない仕事や新しい仕事に挑戦するのが嫌なら、バイトとしてダラダラ働く道を選びましょう。

細かな売上アップの努力を惜しまない

店長職は店舗の売上を上げるのが重要な役割です。

細かな売り場の改善から施策の実施まで、小さな商機をコツコツ拾える努力家でなければ、店長職として評価を得るのは難しいでしょう。

なぜなら、不況だろうがなんだろうが本社からすれば「売上を出せない店長=仕事が出来ていない、努力していない」と冷徹に評価されるからです。

日々の細かい努力が嫌なら、店長を降りて楽な生き方を選びましょう。

関連:あえて派遣社員を選ぶメリット!正社員が嫌なら派遣という働き方もありという事実

関連:給料安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事を見つけ出すコツ【正社員・派遣社員両対応】

店長が向いていないと感じるなら転職を考えておこう

店長職が向いていないと感じたら、転職を考えるのも手ですよ。

なぜなら、店長職は厳しい割に待遇や給料が良くないからです。

以上のように本社勤めの管理職以上に厳しい資質を求められる割に、待遇も給料もよくありません。

また、店長職の多くなる「小売」「販売」「飲食」業化は離職率が異様に高く、それだけ店長が割に合わないと感じて辞める人が多いのです。

しかも、店長が勤める業界は平均年収も低めで出世チャンスも低く、やり甲斐を感じたり適性がなければ、将来的にモチベーションも保てません。

関連:小売業からの転職を成功させるための全知識|転職先の業種・職種、年齢制限、必須スキル、将来性、年収などの情報を徹底解説!

「店長向いていない…」と感じるのであれば、早めに転職を考えておくといいでしょう。

…でなければ、店長職として他の会社を転々とする人生しか待っていません。

店長からの転職なら転職エージェントを使っておこう

店長に向いていないと感じる方で、転職活動に興味があるなら転職エージェントの利用をオススメしておきますよ。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが本当に自分に向いている転職先を紹介してくれるので、効率よく自分に合った天職を見つけ出すことが可能です。

とくに店長職であれば、若いうちなら未経験職への転職も可能ですし、今の業界に不満があるなら他の業界の店長クラスとしての転職も可能です。

転職エージェントでは書類作成の指導はもちろん、面接の指導もバッチリしてくれるので、ビジネスマナーやスーツ姿での転職活動に不安がある店長の人でも、転職を成功させることが可能です。

しかも、転職エージェントは無料で利用できます。

店長職であれば平日の時間を使って面談にも参加しやすいので、本気で店長に向いていないと感じている方は、転職エージェントを使って転職の可能性を考えておくといいですよ。

タイトルとURLをコピーしました