【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【店長向いてない…】店長候補や副店長になりそうな時の回避法/降りたい時の対処法

「勤務歴が長いので店長候補になってしまった…」
「店長候補や副店長として働いてるけど正直きつい…」
「流れで店長になってしまったけど降りたい…」

このように悩んでいませんか?

「店長」とは、店舗の責任者を指す言葉で、主に「飲食業(居酒屋、レストラン、カフェなど)」や「小売業(ディスカウントストア、スーパー、コンビニなど)」などの責任者が「店長」と呼ばれます。

会社によっては「店舗マネージャー」「店舗オーナー」といった役職がつく場合も。

そんな店長の仕事ですが、アルバイトが行っている「接客対応」「商品の陳列や在庫管理」「調理」に加え、「売上の管理」「従業員の管理(教育含む)」「店舗管理」など、社員相当の責任と役割を背負うことも少なくないです。

アルバイトから軽い気持ちで
受けてみた店長候補の仕事だけど

思っていた以上にハード…
自分は店長に向いてないかも…

このように考えてしまう方も多いのではないでしょうか?

そこで当記事では、店長候補や副店長になってしまって悩んでいたり、店長になったものの降りたいと考えている方に向けて、

  • なぜ、店長になりたくない・向いてないと感じるのか?
  • 本当に店長になりたくない時はどうするべきか?

という2つの視点から、店長になるべきかどうかの判断ポイントを紹介していきます。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

店長になりたくない理由や降りたいと感じる瞬間は?

店長は、一般的には、

  • アルバイトから店長候補として社員として雇用される
  • シフトリーダーから昇格され社員として雇用される
  • 新卒や中途採用から店長候補~店長として雇用される

という形で就任することが多いです。

そんな店長としての仕事ですが、一般の会社で言えば「中間管理職」相当になるぐらい、きつい仕事内容を振られやすく、なりたくないと考える人や辞めたいと思う人が出てきても不思議ではありません。

ここでは、店長候補になりたくない人から店長を降りたい人、また長く店長を続けて辞めたいと悩んでいる人に共通して言える、店長としての辛い部分やしんどい部分を解説していきます。

部下とのコミュニケーションがとれない

店長に致命的に向いていない人は「部下とのコミュニケーションがとれない人」でしょう。

なぜなら、店長職はアルバイト社員を有効に活用しなければ、店舗管理が出来ないからです。

この事実に気づけていない人は、致命的に店長に向いていないと言ってもいいでしょう。

部下とのコミュニケーションがとれていない店長の特徴

  • 部下に任せておけばいい仕事をわざわざ自分で行う
  • 部下を叱ってばかりでフォローをしない
  • アルバイトに社員クラスの仕事を求めすぎている

店長職は「自分の仕事だけこなしておけばいい」という平社員・アルバイトクラスの視野ではなく、管理職としての視点も持たなければいけません。

他店舗との連携や上長とのコミュニケーションがとれない

店長職は店舗を任せる立場でありながらも、社員という難しい立場にあります。

そして、店舗では自分が一番偉いため、部下に相談することは許されません。

そのため、他店舗の店長との情報交換や、上長との密接なコミュニケーションが必要不可欠です。

社員同士での連携が出来ない人は、店長職にはあまり向いていないと言えるでしょう。

自分の業務範囲を把握していない

店長に向いていない人は、自分の業務範囲を把握できていません。

店長の業務範囲

  • 部下のマネジメント(指示・シフト管理・育成など)
  • 本社指示の遂行
  • 店舗売上の改善

このような店長本来の役割を忘れ、アルバイトスタッフと馴れ合っていたり、アルバイトでも出来る仕事を自分でこなしていては、店長失格です。

店長=管理職としての自覚を持って、時に厳しく仕事に臨みましょう。

新しい仕事やわからない仕事に取り組む意欲がない

店長ともなると「わからない仕事」「新しい仕事」にも、無理でも成し遂げないといけません。

間違っても「自分には出来ないからやりたくない」「新しいことを覚えたくない」などと口にしては、店長失格です。

新しい仕事やわからない仕事に挑戦する意欲がないのであれば、それは店長失格の証拠です。

売上に関して当事者意識を持てない

店長は管理職として部下の育成や指導も去ることながら、本社・上長から「売上」についてうるさく言われる立場となります。

シビアな話をしますが、本社からすれば「売上を出せない店長=仕事が出来ない無能」という評価をされます。

それも本社と管理店舗の違う店長職であれば「頑張っているから…」なんて甘えた評価は一切されません。

たとえ店舗でアルバイトスタッフから人望があろうが、お客さんから好かれようが、売上を上げられなければ店長としての評価は下がるのみです。

売上のために嫌われてまで成果にこだわる店長や上長がいますが、あれが「店長に向いている人」です。

部下に嫌われる勇気を持っていない

店長は時として、部下に嫌われる覚悟を持たなければいけません。

だらけている部下には厳しく叱り、逆に都合のいいバイト相手は褒めて伸ばしておき、味方として確保しておく。

部下の能力が平等でない以上、八方美人な態度は許されないのです。

管理職として部下から嫌われてでも仕事を成し遂げる気がないのであれば、潔く店長を降りましょう。

店長に向いてない人や辞めて良かったと思える人の特徴は?

店長というポジションは、責任と権限を持ちながら店舗の経営や運営を担当する重要な役割です。

しかし、店長としての適性や向き不向きは人によって異なります。

この項目では、店長に向いていない人や辞めてよかったと思える人の特徴について探っていきます。

店長としての仕事に向かない人や、無理に続けることで後悔する可能性のある人々の特徴を見ていきましょう。

プレイングマネージャーとしての激務やプレッシャーに耐えられない

店長は管理業務だけでなく、現場での実務も担当します。

忙しい時間帯やイレギュラーな事態に迅速に対応しなければならず、激しいスケジュールやプレッシャーに耐える必要があります。

しかし、プレイングマネージャーとしての激務やプレッシャーに対して精神的に耐えられず、ストレスや疲労感が溜まってしまう人もいます。

その会社で一生働き続けるほどの覚悟がない

店長はその店舗や会社の中心的存在として長期間勤めることが求められることがあります。

しかし、その会社で一生働き続ける覚悟がない場合、店長としての意欲やモチベーションを持ち続けることは難しいかもしれません。

転職やキャリアの変化を望む人にとっては、店長のポジションは長期的なキャリアパスとは合わないかもしれません。

足下見られた雇用条件や給料に不満がある

一般的に、店長は責任のあるポジションであり、その分給料や待遇も高いと期待されます。

しかし、中には足下見られた雇用条件や給料に不満を抱える人もいます。

給料の面だけでなく、労働環境や福利厚生なども自分の価値に見合っているかどうかを考える必要があります。

どうしても店長になりたくない時や店長として続けられる自信がない時の対処法

店長というポジションには、多くの責任とチャレンジが求められます。しかし、どうしても店長になりたくないと感じる時や、店長としての自信が持てない時もあるかもしれません。そんな時には、自身の適性やキャリアの方向性を考え、対処法を見つけることが重要です。

以下では、どうしても店長になりたくない時や店長として続けられる自信がない時の対処法を探っていきます。

他店舗店長と交流を持ったり上長に相談する

店長として続けるかどうか迷っている時には、他店舗の店長とコミュニケーションを取ることが役立ちます。

彼らの経験や意見を聞くことで、自身の適性や選択肢を見極めることができるでしょう。

また、上司や上層部との相談も重要です。自身の悩みや疑問を共有し、アドバイスを受けることで、適切な判断を下すことができます。

自社の経営方針や業界事情全体について知っておく

店長として働く場合には、自社の経営方針や業界のトレンドについて理解しておくことが重要です。

経営方針を把握することで、自身の役割や目標を明確にすることができます。

また、業界の動向を把握することで、自身のキャリアの展望や可能性を見つけることができるでしょう。

店舗管理やマネジメント、流通・販売に関する基礎知識を学んでおく

店舗長として活躍するためには、店舗管理やマネジメント、流通・販売に関する基礎知識を身につけておくことが大切です。効果的なスタッフの指導やスケジュール管理、在庫管理など、店舗運営に必要なスキルや知識を習得しましょう。これにより、自信を持って業務に取り組むことができます。

リーダーとしての自覚を持つ

「店長に向いていない」と感じる人は、まずはリーダーとしての自覚を持ちましょう。

リーダーとしての自覚を持つためには?

  • 部下は全員ボロ雑巾のように使い潰すための駒として見る
  • ただしチームワークを大事にしないと辞められるのでバランスが大事
  • 売上に対してシビアな感覚を持つ(数字出せない店長は本社からすれば「ゴミクズ」同然)
  • わからないことや新しいことにも積極的に取り組み、必ず最後までやり遂げる

本社から信頼されて一店舗を任せているのですから、この程度の心構えは持っていて当然です。

会社から「店舗を預かっている自覚」を持つ

店長職として長く働くためには「店舗を預かっている自覚」をしっかり持ちましょう。

店舗は会社のものであって、自分の私物ではない。

組織人であれば、これぐらいの当事者意識は持ってて当然です。

新しい仕事や出来ない仕事にも前向きに取り組む

店長ともなると、常に本社指示で新しい業務やわからない仕事にも取り組まざるを得ません。

「出来ない」なんて言葉は許されません。

管理職となった以上、逃げ道はないのです。

わからない仕事や新しい仕事に挑戦するのが嫌なら、バイトとしてダラダラ働く道を選びましょう。

細かな売上アップの努力を惜しまない

店長職は店舗の売上を上げるのが重要な役割です。

細かな売り場の改善から施策の実施まで、小さな商機をコツコツ拾える努力家でなければ、店長職として評価を得るのは難しいでしょう。

なぜなら、不況だろうがなんだろうが本社からすれば「売上を出せない店長=仕事が出来ていない、努力していない」と冷徹に評価されるからです。

日々の細かい努力が嫌なら、店長を降りて楽な生き方を選びましょう。

店長を辞めたい時は:降りたい時の伝え方~次の仕事の見つけ方のコツまで

思い切って転職を考える

店長職が向いていないと感じたら、転職を考えるのも手ですよ。

なぜなら、店長職は厳しい割に待遇や給料が良くないからです。

以上のように本社勤めの管理職以上に厳しい資質を求められる割に、待遇も給料もよくありません。

また、店長職の多くなる「小売」「販売」「飲食」業化は離職率が異様に高く、それだけ店長が割に合わないと感じて辞める人が多いのです。

しかも、店長が勤める業界は平均年収も低めで出世チャンスも低く、やり甲斐を感じたり適性がなければ、将来的にモチベーションも保てません。

「店長向いていない…」と感じるのであれば、早めに転職を考えておくといいでしょう。

…でなければ、店長職として他の会社を転々とする人生しか待っていません。

転職サービスでプロのサポートを受けておく

 

以上のように、店長に向いてない人は、向き・不向きそのものというよりは「成り行きで店長になってしまったので、責任や激務に耐えきれない…」ということが、本質的な悩みである可能性が高いです。

そういった人ほど、しっかりと転職活動して納得できる職業を選べば、ストレスなく働けて年収や待遇も向上する可能性は高いです。

そのため、今の仕事を続けるにしても辞めるにしても、まずは転職サービスでプロに相談してみることをオススメします。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました