天文台職員になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

天文台には、国立天文台と都道府県や市町村などの自治体が経営する公共天文台(公開天文台)がある。
そこで働く天文台職員の仕事は研究者、技術職員、事務職員に大別される。
そのうち、研究者は基本的に、天文台で天体観測を行い、その観測データを解析して天体の性質を調べる観測的研究のほか、スーパーコンピューターなどを使って宇宙の成り立ちを理論的に解き明かす研究も行っている。
また、一般公開している天文台において観望会の実施や天文教室・天文学の講演など、教育普及活動も大切な仕事の一つとされている。
ちなみに、国立天文台の研究者のほとんどは、教授や准教授といったスペシャリスト(いわゆる天文学者)だ。
一方、技術系職員は、観測機器を開発・整備するのが主な仕事であり、事務職員の仕事は施設の維持管理や広報となる。
ただし、その職に就くには国立大学法人等職員採用試験に合格する必要がある。
国立天文台で研究者として働くには、大学院で天文学の学位や修士号を取得しておくのが条件。
ただし、公募があっても簡単に就職できるわけではなく、採用されるためには、大学院時代から数多くの優秀な論文を発表しておくのが有利だとされている。
また技術系職員や事務系職員は、公務員試験に合格したからといって、希望通りの国立天文台の職員として選ばれるとは限らないので要注意だ。
一方、その他の公共天文台も、募集定員1名につき、数十名の応募があるほどの人気で、しかも地元出身者が優遇される傾向が強い。
また、公共天文台は天文の教育普及を重視していることから、研究員以外の職員は、天文学研究者より教員免許、学芸員資格を持っている者の方が有利とも言われている。
なお、日本公開天文台協会が開設している「PAO Navi(全国プラネタリウム&公開天文台情報)」、でプラネタリウムを含む全国の公開天文台・観測施設などが紹介されている。
参考にするといいだろう。

タイトルとURLをコピーしました