転職する際は2chの意見は参考にするな!2chの意見を真に受ける奴に未来はないと思った話

「うそはうそであると見抜ける人でないと(2chを有効に活用するのは)難しい」

byひろゆき(2ch創生神)

ども。元ねらーのユウジンです。

転職する時に、2chの評判を参考にする人って多いと思います。

ボクもそうでした。

転職するなら、2chの意見は絶対に参考にするな。

転職に成功した今だからこそ、わかる事実です。

ボクがこの結論に達するまでには、長い時間がかかりました。

2chの評判って、いわば「呪い」みたいなもなんです。

ボクが、2chの意見を参考にするべきでないと思った理由を紹介します。

2chの愚痴は「自己正当化」です

2chの愚痴って、大半が自己正当化なんですよ。

まあ、わかりやす言えば「言い訳」ですね。

あと、意外と2chって女性ユーザーも多いんですよね。

女の習性に「他人を批判して、自分を正当化する」という、めんどくさい性質がありますよね。

クラスの人気者やぶりっ子などを叩く、アレですね。

そのため、転職に関する愚痴がすごく巧妙なんですよ。

「転職サービスは〇〇ばかりで使えない!」

…なんて、自分自身の一回だけの経験で全体を決めつけるわけですね。

これは「夫は仕事ばかりで私に構ってくれない!」ぐらいに、因果関係の破綻した言い分です。

集団知が「総意」だと錯覚させる

2chの怖いところって、多数の人間が利用している分、妙な連帯感や集団心理が働くんですよね。

そのため、一度誰かが叩かれだすと、こぞってみんなが叩き出すわけです。

2chでは「マスゴミが~」なんてマスコミ批判もしていますが、正直マスコミに流される大衆と、2chの意見に流されるねらーの本質は変わりありません。

ただ、2chはアンダーグラウンドで表立って出ない意見だからこそ「自分は隠れた真実を知っている!」と、さも知識人ぶった気分が味わえるわけです。

「出る杭は打たれる」

また、2chって本音が言いやすいために忘れやすいですが「出る杭は打たれる」というような、目立つ人間を嫌う傾向もあります。

コテハンが嫌われる傾向を見ていれば、わかりやすいですよね。

そのため、失敗体験の目立つ2chの転職板に「転職を成功させた」なんて書き込みしても、だたいたが言論封殺気味に叩かれるわけですね。

ひどい場合は、わざわざ転職板にまで来て「転職する奴は負け組」だの書き込む人間もいますからね。

2ch利用者の本質は、他人のアラを探して叩いている、マスコミ同然なわけです。

2chは中高年ユーザーしか残っていない

また、2chユーザーって、今はほとんど中高年の独身貴族・暇人レベルの人間しか残っていないんですよ。

ニュー速など見ればわかりますが、社畜を誇りにして、他人を見下している人間ばっかりですからね。

「正社員高年収高学歴以外は負け組」という、狭い価値観が他の生き方をしている人間を叩いてばっかです。

しかも、なまじ頭がいい人が多い分、取ってつけたような理屈も交えているので、他人のやる気や意欲を奪うような書き込みが多いですからね。

転職サービスの悪評なんかも、一見すると「なるほど、一理ある」と思わせる説明もありますが、冷静に読むと「自己正当化=言い訳」でしかなかったりしますからね。

だいたい、いい歳して2chに書き込んでいる中高年正社員なんて、社内ニートや窓際族のような、社内で無能扱いされて給料だけ貪ってる社会害悪ですからね。

転職が活発になって優秀な人材の流動性が高くなると、彼らの地位も危なくなるわけなので、必死に叩いているわけです。

2chの書き込みよりも、行動してみるほうが100倍正しい

2chの書き込みなんか参考にするぐらいなら、さっさと求人に応募するなり、転職エージェントの面談を受けに行ったほうが、100倍生の正しい情報が手に入ります。

ボクも昔は2chの情報を見て、慎重に行動するタイプでしたが、思い切って転職サービスを利用してみたら、あっさり転職先が決まり、年収アップしましたからね。

転職に失敗したやつは「転職なんてクソ」と書き込みますし、そもそも転職する気がない奴や経験もない奴は「転職するなんて負け組」と言うに決まっています。

基本的に、愚痴というものは「自分の立場を正当化する」ために生まれる、言い訳の類です。

他人の行動しない言い訳を参考にしても、何も変わりません。

大事なのは、自分の意志と判断力だけを信じて、行動してみることです。

結局最後は、自分が決めることなんです。正しいかどうかなんて、結局は結果論ですからね。

転職するなら転職エージェントを使おう

ボクが2chの意見に流されずに転職を決めるきっかけとなったのが、転職エージェントと呼ばれる、担当者の方が適性を診断して、自分に合った職場を紹介してくれるサービスです。

担当の方はプロですので、しっかりとした情報で転職先をオススメしてくれます。

また、転職エージェントは何万もの企業が登録しており、コンプライアンスの調査なども生の現場で確認しているため、ブラック企業はありません。社風や人間関係についても、2chよりも正確な情報を提供してくれます。

ここだけの話、評判の悪い会社はこっそり内情を教えてもらうことも可能です。というのも、エージェント側としても、質の悪い企業に人材を送り込んですぐに辞められてしまうと、信用問題に関わるからですね。そんな評判の悪い企業に転職希望者を紹介するぐらいなら、もっと顧客としても優良な企業に紹介したほうが、3者Win-Winのサービスになりますからね。

そういった事情もあるので、2chやネットでちまちま情報を探すぐらいなら、さっさと転職エージェントに登録して面談を受けたほうがマシです。もし、自分で「合わない」「使えない」と感じたら、担当を入れ替えてもらうなり、他の会社の転職エージェントを使えばいいだけですからね。

登録も利用も完全に無料ですので、ノーリスクで利用できますしね。そう考えると、2chでいちいち評判を気にしていた自分はバカだったと反省しています。

うだうだ悩んでネットの評判を漁るよりも、まずは思い切って転職エージェントに登録し、面談を受けてみることをおすすめしますよ。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ