仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

転職エージェントのデメリット。こんな人には転職エージェントは向いていないかも?

当サイトでは転職エージェントを全面的にオススメしていますが、それは多くの人にとって自分に合った職場が見つかるチャンスが得られるからです。

しかも、転職エージェントは完全無料で利用できるので、上手く活用すれば間違いなく将来の選択肢が広がります。

しかし、中には「転職エージェントは信用できない」「思ってたのと違う」などと言う方もおり、その多くは「転職エージェントに期待しすぎなこと」が原因であるとしか思えないほど、事前のリサーチが足りていない用に感じます。

…とはいえ、転職エージェントはネット広告で”都合のいい面”だけが押し出され気味な傾向もありますので、この記事ではあえて転職エージェントのデメリットを挙げていき、利用者に思い違いが生まれないように事前情報を提供して参ります。

転職エージェントのデメリット

自分の好きな求人は選べないことが大前提

転職エージェントを利用する際、多くの人が勘違いしているのですが「自分の好きな求人を選べる」のではなく「転職エージェント側が優先して紹介したい求人をオススメする」という、ビジネス上の利害関係に基づいて運営されています。

その大きな理由は、転職エージェントにとって顧客の優先度は「紹介先企業(費用負担側)>転職希望者(無料利用側)」となるからです。

もちろん、紹介先企業側に「すぐ辞める人材」「まったくニーズに合っていない人材」を紹介すれば、エージェント側は信用を失うので、適当な人材は紹介できません。

また、転職エージェントは「企業の代わりに面接や人材選考を行う」という役割もあり、エージェント利用段階で選考過程が行われていると考えておくべきです。

その代わり、エージェント側のニーズに合えば無料で手厚いサポートも受けられるので、利害関係さえあえば効率よくいい転職先が見つかる事実も忘れてはいけません。

転職エージェントを使わず、転職サイトで地道に求人を探す選択肢もありですが、その場合は交渉から営業、求人探しから業界分析まで1人で行わないといけなくなることを考えると、素直にエージェントの提案を受け入れておく方がスマートでしょう。

信用できない担当エージェントもいる

転職エージェントは無料で利用できるサービスである一方、担当者の力量や対応力もピンきりです。

中には、利用者の意向を無視して、自分のノルマのために急かしてくる信用できないエージェントも存在します。

具体的には、

  • 利用者の話を聞かない・理解しようとしない
  • ノルマのために急かしてくる
  • 紹介先企業への連絡など、しっかり対応してくれない
  • 経歴がない利用者には露骨にやる気がない態度を見せる

…など、未熟なエージェントに当たって「信用できない!」と思っている方も少なからずいます。

転職エージェントでは担当者を指名できない以上、ある程度は「担当者との相性や運」が大事になってきます。

ですので、無条件に転職エージェントだからと言って信用するのではなく「本当にこの人に自分の転職について任せてもいいのか?」と疑いの目を持ちながら、効果的に利用するといいでしょう。

転職エージェントの能力と提案力を見極めるのに経験がいる

転職エージェントのデメリットは、担当者の能力や提案力を見極めるのに時間や経験が必要だということです。

仕事上での付き合いが多い方であれば、初対面のビジネスパーソン対応力をある程度見極めることは出来るでしょうが、そうでなければ深く付き合ってみなければわかりません。

ただ、これについては転職エージェントの社風やビジネスモデルを把握しておけば、ある程度は予測可能です。

転職エージェントとの付き合いはめんどくさい

転職エージェントのデメリットは、率直に言って「担当者との付き合いがめんどくさい」というところです。

中にはしつこく電話で求人の案内を催促してくる人もいるので、ハッキリとこちらの要望を事前に通しておくといいでしょう。

ただし「転職エージェント担当者との付き合いがめんどくさい」と思うようなコミュニケーション能力に問題がある人は、転職を成功させるのも難しいので、最低限の付き合い方は抑えておくとスムーズに利用できます。

ハッキリ言って、転職エージェント側から真面目に対応したくない人は「レスポンスが遅い人」「返信を返さない人」「面談に来ない人」「求人に応募もしない・断る理由も言わない人」など、コミュニケーション面に問題がある人です。

なぜなら、相手が転職先に対してどんな要求や要望があるのか、ハッキリしないから。

ですので、前向きに「エージェントと上手く付き合って、出来るだけ有利な求人を引き出そう」と考えを改めたほうが、得する可能性は高いことは知っておくべきでしょう。

どうしても転職エージェントとの付き合いがめんどくさいと思う方は、以下のような形で転職をスムーズに成功させるといいでしょう。

率直に言うと、経歴や実績がある、いわゆる「市場価値の高い人材」であったり、人手不足の業界に優先的に紹介できる人材でなければ、優遇される可能性は高くないので、転職エージェントを利用するのであればコミュニケーション面や意欲などで他と差をつけ、優遇してもらえるような付き合い方を考えておくべきでしょう。

求人を「紹介できない」と対応される恐れあり

これについては、自分のキャリア層に合った「利害関係の一致しやすい転職エージェント」を選ぶことで、ある程度は回避可能です。

2019年段階で、転職市場は「売り手市場」ですので、20代の若手であれば大手の転職エージェントではほぼ求人を紹介してもらえます。

仮に転職エージェントから「紹介できません」とされた場合には、以下のような理由が考えられます。

  • 転職エージェントの登録情報が不十分(職務経歴書未記入、求人検索に引っかかりやすい関連ワードを自由欄に記入していないなど)
  • 転職エージェントの利用対象と自分の経歴が一致していない(ハイクラス系に登録・専門エージェントに登録など)
  • 年齢層とキャリアが著しく平均と一致していない(30代・40代以上にも関わらず、正社員経験が少ないなど)
  • 単純に会社側の保有求人が少ない状態(不況による採用の冷え込み、社内の業務内容変革で一時的に求人数が減っている、担当者が辞めて人員が不足しているなど)

このように理由は様々であり、単に会社側が「求人検索の設定を忘れていた」「対応する業界・職種の求人を扱っていない」などの可能性もあるので、決して深く理由を考えて「自分が否定された…」とくじけないことも重要です。

また、転職エージェントでは「面談に呼ばれるための”裏”条件」は確実に存在する上に、面談に参加しなければ優良な非公開求人を紹介してもらえない可能性も大きいですので、積極的に転職エージェントのサイトを活用しておき、面談に呼ばれる機会を引き寄せましょう。

関連:転職エージェントから面談の案内や返信が来ない原因。担当者から見捨てられないためにしておきたいこととは?

転職エージェントに向いていない人とは?

以上のようなデメリットから、転職エージェントに向いていない人は、以下のような人だと言えるでしょう。

  • 最低限、社会人としてのコミュニケーションが出来ない
  • エージェント側の事情や都合を察した対応が出来ない
  • 無料サービスに過度に期待してしまうような人
  • コミュニケーションを円滑に進め、有利な条件を引き出す考えがない人

ただ、上のような条件を満たしている人はハッキリ言って、自分1人で転職活動して企業側と交渉すればいいだけですので、現実問題としては上記のような受け身な人やコミュニケーション能力が高くない人が転職エージェントを多く活用しているのも確かです。

ですので、事前にデメリットをしっかりと把握した上で、転職エージェントに期待できなそうであればハッキリと「NO」と断るなど、相手にペースを掴まれないように防衛意識を持って活用しておくことも大事でしょう。

少なからず、エージェント側も仕事である以上は「多くの人に転職を成功させたい」という目的があるのですから、必要以上に相手に期待せず、かと言って疑わず、持ちつ持たれつの関係で二人三脚で転職活動を進めていくことを心がけておきましょう。