転職エージェントは複数利用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!

元転職アドバイザーのヒビキです。

転職エージェントは複数利用が鉄則。

これは実際に転職を成功させた方や、転職業界の中でも割と当たり前の常識です。

多くの転職エージェントでは、わざわざQ&Aに「他の転職エージェントと併用しても問題ありません」と書くぐらいで、転職エージェントの利用者を「エージェント複数利用が当たり前」だと思って対応しています。

それはなぜか?

  • 転職サービス毎に方針や社風がある
  • 担当者との相性の問題
  • 自分自身の潜在的な希望や欲求を探るため(自己分析)

以上のような、転職エージェントを複数使っておく合理的な理由があるからです。

ですので、エージェントの担当者も「利用者は他社からも提案を受けている」という前提で、話を進めていくことになります。

もしあなたが「転職エージェントは一つだけ利用しておけばいい」と考えているのであれば、この記事を読んで考えを改めましょう。

転職エージェントは「ベスト」で選んではいけない

転職エージェント選びにかかわらず、就職先・転職先選びで多くの人が犯す過ちが「ベスト」を選んでしまうという過ちです。

ハッキリ申し上げておくとベストな転職エージェントなんて存在しません

なぜなら、あなた自身の経歴や個性によってどのエージェントが向いているかは変わるからです。

当サイトでは多数の転職エージェントをご紹介していますが、多くの方が「どれがいいかわからない」と悩んでいるはずです。そして、読者が意図的に悩むように仕向けています。

なぜなら、悩んで自分自身で転職エージェントを決められない人材が、良い転職先に恵まれるはずがないからです。

悩まない程度に「自分自身の人生や転職先なんてどうでもいい!」と考えているのであれば、大手の「リクルートエージェント」を使っておけば間違いありません。リクルートは業績ぶっちぎりの1位、転職ノウハウや情報も確立しているので、担当者の言いなりに従っておけば間違いなく転職先から内定はもらえます。

しかし、転職を考えるような年齢にもなって「他人の言いなりに従う」なんてことは嫌ですよね。であるからこそ、私はそのような読者には間違いのない転職先を見つけ出してほしいと願っています。

企業が中途採用者に求めている要素も「決して会社の言いなりになるだけでなく、自分自身の意志を持って動ける人材」ですから、結果的にそれが最善の選択肢になるわけです。

転職エージェントを一つに絞るデメリット

そもそも、まともな判断力があれば「転職エージェントを一つだけに絞るリスク」がどれだけ高いことかは、すぐにおわかりいただるはずです。

・転職エージェントを一つだけに絞ることで起こり得るリスク

  • 転職エージェント運営会社の方針や社風と合わない
  • 転職エージェントの”営利上の都合”に流されるリスクがある
  • 担当者と相性が合わない可能性がある(そのため、ほとんどの転職で入れ替えが可能)
  • そもそも”自己分析”が出来ていない段階で他人の提案を飲むのは危険

これだけのリスクがあれば、リスクマネジメントとして「複数の転職エージェントを活用しておく」という考えは当たり前だと気づくはずです。それも転職は失敗すれば経歴に傷がつくことになり、誤った人生を送る結果にもつながります。

まずは、転職エージェントを一つだけに絞ってしまうリスクをしっかりと抑えておきましょう。

転職エージェントの方針や社風と合わないリスクがある

転職エージェントは多くの場合が「人材サービス会社の一部門」として運営されていますので、会社の運営方針や社風が必ず存在します。

これは運営会社の経営方針や社風、あるいは関連会社や主要取引先を見ておけば、おおよその特徴や強みは予測できます。

逆に、エージェント側が発信している広告・セールスポイントについては、どこも似たり寄ったりですのであまり参考になりません。そもそも日本の企業は「右向け右」でビジネスモデルやマーケティング展開を真似るのが基本ですので、どこも似たような訴求方法になるのです。

ですので、私は転職エージェントのセールス文や広告はあまり参考にせず、会社の経営方針や力関係、業績を参考にするようにしています。

日本の企業は「自社のいいところしか外部には公開しない」という風習がありますので、各転職エージェントの欠点や弱点は利用者が「予測する」「実際に使ってみて体験する」ことでしか知ることはできません。

しかも転職エージェントは完全個人制、利用者や担当者で口コミも評判も変わりやすい上に、守秘義務も多くまともな口コミや評判も得られません。

結局のところ、就職・転職と同様に「実際に入社(利用)してみるまでわからない」のです。

転職エージェントの”営利上の都合”に流されるリスクも

転職エージェントはあくまで”ビジネス”ですので、営業上の思惑があります。

転職エージェント側のエゴ」と捉えていくと、わかりやすいかもしれません。

・転職エージェント側のエゴ

  • 取引先(紹介先企業)の要望で優先的に紹介したい【企業間の利害による都合】
  • 紹介先企業の予算設定により、所定の年収内で紹介したい【予算の都合】
  • 自社の時間的コストの都合で効率よく紹介したい【時間面での都合】
  • 内定率の高い紹介先に優先的に紹介したい【業務上の都合】

以上のようなエージェント側の都合がありますので、転職エージェントを選ぶ際は「どこまで自社都合を優先し、どこまで転職者の要望を汲んでくれるか?」を予め予測しておくことが大事です。

また転職者の経歴により対応も変わってきますので「自分の人材価値でどこまで好条件を引き出せるか?」を把握しておくことも大事ですね。

担当者が交渉下手なキャリアアドバイザーであれば、露骨にエージェント側の都合を推してくてくるので注意が必要です。担当者の交渉力を見極める意味でも、転職エージェントは複数利用しておくべきなのです。

担当者との相性の問題

転職エージェントで一番重要になるのが「担当者との相性」です。

私はこれは絶対に妥協するべきでない要素だと思っています。

有り体に言えば、信頼できる担当者と出会えるまで複数エージェントを利用しておくべきとすら思っています。

なぜなら、転職は自分の今後の人生を決める重大なイベントだからです。

安易に「相手がプロだから」「ビジネスだから」という理由だけで相手を信用してしまうようであれば、次の転職先でも「自分で思ったのと違った」「なんか違う」と後悔してしまうことになりかねません。

客観的に見ればそれで「転職は成功した」とは言えるでしょうが、果たして企業側と転職者にとって本当にそうだと言えるでしょうか?

私はそうは思いません。

もちろん、現実はそう上手くは行かないので妥協や折り合いをつけることも必要ですが、かと言って理想や理念がなければ「どこでもいい」という投げやりな態度で転職する結果につながるだけです。

また、人間というのは仕事においても単純なもので「信頼されている」という実感があれば、最大限のパフォーマンスを発揮してくれます。転職エージェントのキャリアアドバイザーは通常多数の相談者を受け持っていますが、信頼されていない相手にはその分の時間や労力しか割きません。

しかし、相性が良く信頼できる”パートナー”となれば、高待遇を受けることも可能となります。「転職エージェントはビジネスだから…」と受け身かつ疑心暗鬼にならず、相手を信用することの合理性も必要です。

そのためには、本当に信頼できる転職エージェントと担当者を選んでもいいわけです。

自己分析不十分でミスマッチ転職につながるおそれも…

転職エージェントを複数利用することは、自己分析にもつながります。

多くの転職希望者は自社の評価や自身の思い込みなどにより、自分を客観的かつ現実的に評価できていません。

私たちは意外なまでに「自分を知らない」のです。

ですので、悲観的になりすぎたり、逆に楽観的になりすぎるなど、仕事や転職で「自分の能力を見誤ってしまう」わけですね。

転職エージェントは第三者であり多くの転職希望者の相談を受けてきているため、客観的かつ統計的に利用者を分析してくれます。

…が、その第三者の評価や意見ですら「偏見」「経験則」が交じるため、自己評価を見誤ってしまうリスクにもつながります。

人間は「第一印象」だけで他人の7割ほどを決めつけてしまいます。そして、転職であれば「経歴・実績」が絶対評価として大きく判断されてしまう性質もあります。

その結果「経歴と実績でのみしか評価されない」という間違った認識が生まれてしまうのです。

普通に仕事していればわかりますが、経歴や実績は仕事をする上では大した基準ではありません。…ですが、外から見れば「経歴や実績」しか評価できる基準がないのも確かです。

転職活動で大事なのは、この「経歴や実績以外の”自分の強み”をどれだけ引き出せるか?」にあります。転職エージェントと面談を重ねていくことで、アドバイザーから自分の強みを引き出してもらうことができるのです。

ただし、自分でも自覚できていない”強み”を引き出せるかどうかは、転職エージェントとの相性や面談内容にかかっています。また、たった数時間の面会で自分自身のすべてを理解してもらえるのは不可能です。

そして、会社の上司や家族が「あなたの意外な一面=強み」を知らないように、たった1人の人間の評価に自分を委ねていては、自己分析はできません。

ですので、転職エージェントを利用する際もできるだけ多くのアドバイザーから意見を聞き、自身の強みを引き出してもらうことが大切なのです。

転職エージェントは必ず複数社利用しておこう

転職エージェントは決して「相談するだけで理想の転職先が簡単に見つかるサービス」ではありません。もちろん、そういった使い方をしても転職先を紹介してもらえるのは確かですが、より自分に合った転職先を見つけ出すにはその先に行かなければなりません。

そのためには、転職エージェントを複数利用し、冷静にアドバイスや情報を吟味する必要があります。

「三人寄れば文殊の知恵」ということわざもある通り、知恵があればあるほど良い選択肢を見つけ出すことが出来るのです。

これは転職だけに限らず、社会のあらゆる「選択」「判断」の場面で当たり前にされている考え方です。

政治家や経営者など責任ある立場になるほど、多数の意見を聞き取り意思決定します。それも自分自身の判断だけに依存しないように、秘書・官僚(役員)など多数の判断を仰ぎます。

それだけではなく、外部(第三者)の意見を取り入れる”仕組み”の維持も忘れません。政府(行政)であれば「立法・司法」の三権分立で意思決定の一極化を防ぎますし、会社であれば「株主・労組・(顧客、取引先)」の存在によりパワーバランスを保とうとします。

転職エージェントも元を辿れば欧米から生まれた”仕組み”ですが、そこには「転職者1人だけで転職先を見つけてもいい職場を見つけ出すことは困難」という経験則から生まれた、非常に合理的なシステムなのです。

最近の就活生を見ていると思うのですが、最近は「受け身な人」があまりに増えすぎており、人材サービス会社に都合のいいように扱われている人材もかなり増えてきているように感じます。

それもリクナビに登録しておくだけ、あるいは学生窓口のサポートの相談するだけで「行動した気になっている」ような人もかなり多いです。それだけで就職先に困らないほど人材斡旋のシステムが充実しているのは事実です。

…が、それだけで満足してしまうから「自分に合った仕事」が見つけ出せないのです。

転職活動をするのであれば、妥協はすべきではありません。

ありとあらゆる手段を使い、泥の中から宝石の原石を探すような努力が大事なのです。

転職エージェントを利用すれば、転職先の提案をもらってスムーズに転職できるのは確かです。

…が、私は当サイトを訪れた方には「さらに一歩先の転職」を成功させて欲しいと願っています。

そのためにも転職エージェントを複数利用しておくことは、実に合理的でもあるのです。

最後には”直感”が決め手になる

ただし、あまりに転職エージェントを利用しすぎても、今度は「情報量が多すぎて決められない」という状態に陥ります。

ですので、転職先を決めるためには”最後には直感”が大事だと覚えておきましょう。

「じっくり考えろ。しかし行動する時が来たら考えるのやめて、進め」

かのナポレオン・ボナパルトの格言です。

忘れないで頂きたいのが、ナポレオンほどの立場になれば「じっくり考える」の質も、あらゆる専門家の意見や知識・教養を基にしていたでしょうので、非常に高かったということです。

しかし、最後の最後の決断は”直感”であり、行動する時は考えるのをやめて進んだわけですね。

このことからもわかることは「良質な選択は情報量と思考量によりもたらされるが、最後の”決断”は考えにとらわれてはいけない」という事実です。

転職エージェントも複数利用して専門的なアドバイスや多くの求人情報を集めていくことで、自分の進むべき道が見えてくると言えるわけです。

転職エージェント

オススメの転職エージェント

現在、国内では100以上の転職エージェントが乱立しており「どこのエージェントを使えばいいかわからない!」という状態になりつつあります。

当サイトではあらゆる情報網から独自の方法で調査し、選りすぐりの転職エージェントをそれぞれの需要に合わせてご紹介しています。

関連:国内主要転職エージェント9社を徹底比較!企業規模や運営方針などからエージェント傾向を徹底分析!

転職エージェントは完全無料で利用できるので、少しでも転職に興味のある方はこの機会に登録しておきましょう。

「転職エージェントって何?」と疑問の方は、以下の記事に詳しく紹介しています。

関連:転職エージェントのしくみとメリットを徹底解説!誰でも楽に転職成功できる合理的な理由とは?

転職活動初心者は以下の大手3社を併用しておくのが間違いないです。

  • リクルートエージェント→求人数No.1。大手なので効率よく転職先が決まる
  • Spring転職エージェント→世界No.1の外資系企業。担当エージェントの個人裁量幅が広く、直交渉でき話が通しやすい点が魅力。
  • DODA→総合転職情報サイトとしてエージェント制以外のサービスも豊富

転職エージェントは運営会社によって提案力や紹介先にも特徴があるので、いくつか併用しておくのが鉄則です。

関連:転職エージェントは複数利用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!

まずは「広く浅く」の大手エージェントから使っておき、納得の行く転職先が見つからないのであれば他のエージェントを使っていくのがいいでしょう。

リクルートエージェント

初心者であれば、国内人材サービス企業としても最大手の「リクルートエージェント」を使っておくのが定番でしょう。

求人数10万件以上、紹介実績31万人越え、面談場所も全国展開、国内No.1企業として転職ノウハウや紹介先企業とのコネも充実しているので、まず間違いないです。

デメリットを挙げておくと、大企業特有のビジネスライクさ・効率重視の傾向があるので、人によってはサポート不十分に感じる可能性がある点です。

ただし、それを差し引いても国内人材サービス会社No.1の情報力と求人数を得られるメリットが大きすぎるので、まずはリクルートエージェントを使っておくといいでしょう。

Spring転職エージェント(アデコ)

国内では有名ではありませんが、世界No.1の実績を持つ「アデコ」運営の「Spring転職エージェント」もかなりオススメです。

外資系運営と聞くとややハードルが高く感じるかもしれませんが、実際は経歴不問・英語スキルなしでも登録できるぐらい間口が広いです。

管理人もSpring転職エージェントを利用していますが、以下の点がかなりの強みです。

  • 担当者から直接求人案内のメールが届き、そのまま応募・交渉できるので、国内エージェントのように無駄な事務手続きは不要
  • 求人の精度が非常に高く、他の転職エージェントとも提案が被りにくい
  • 自分に合った最新の求人が届くため、レスポンスの早い人ならチャンスも大きい

融通の利かないところのある国内エージェントよりも、かなりチャンスを得やすいエージェントだと感じていますので、登録推奨です。

ただ、デメリットは関東・関西圏の求人が中心で、地方求人の取り扱いには弱いところ。

ビジネスメールでの求人案内もかなり丁寧で精度も高く、個人間でやり取りも出来るので、交渉力があれば自分からアプローチもしやすく、非常に合理的な転職エージェントです。

登録は無料で、求人案内が随時届く形式ですので、興味があればすぐに利用しておきましょう。

DODA(デューダ)

リクルートエージェントと同じぐらいにオススメしたいのが「DODA(デューダ)」という転職エージェントです。関連→DODAがオススメの理由

「リクルート」「マイナビ」に比べてやや知名度は低いですが、実はリクルートに次ぐ国内第2位の業績を誇るパーソルグループの運営する転職エージェントで、長い歴史と実績を持つ転職サービスです。

関連→リクルートとの比較記事
関連→DODAの運営会社に関する記事

DODAの強みは以下の通り。

  • 全国各地に拠点あり
  • どんな学歴や経歴でも登録可能
  • 担当者が2人付くため効率のよい転職活動が実現可能
  • 100社以上のエージェントと提携しているため情報量が圧倒的

転職エージェントとして総合的なバランスが非常に優れているところがDODAをオススメする大きな理由です。

リクルートエージェントと同じく、面談場所も全国展開しているので同時に利用しておき、両者から提案される求人を比較しておくといいでしょう。

関連コンテンツ