転職エージェントの面談で本音はどこまで話すべき?わがままは許されるのか?

転職アドバイザー
元転職エージェントのヒビキです

先日、知人から「転職エージェントって、どこまでわがまま通してくれるの?」と尋ねられたので、記事にしてまとめたいと思います。

転職エージェントの解説はこちら→転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

スポンサーリンク

わがままは言ってもらってもOKです

まず、結論から言いましょう。

わがままは言ってもらっても構いません。

転職希望者の理想が把握できておくと、こちらとしてもどこまで良い求人を提案できるか、考えやすいからです。

むしろ、気兼ねして「ちょっと控えめにしておこうかな…」「この部分については触れておかない方がいいかな…」と気兼ねされると、相談者の希望がわかりにくくてエージェント側も提案しにくい

ビジネスにおいて「自分の要求を通さない」という人は、話がスムーズに進まなくてめんどくさいんですよね。

関連:自分の意見を言わない人はずるい?聞かないと答えない察してちゃんが嫌われる理由とは?

そういう意味でも、最初から思い切ってワガママを言ってもらった方が、話がスムーズに進みやすいと言えるでしょう。

関連:仕事を辞めることはわがままか?自分勝手と思われずにスマートに退職・転職する方法

ただし「現実を受け入れる覚悟」はしておこう

とはいえ、エージェントは転職サポートのプロで、業界の内情については転職希望者よりも詳しく、何度も転職を成功させた実績もあるわけです。

また、仕事である以上は「100%ではなく80%ぐらいの満足度」を目指し、現実的な判断で求人を提案してきます。

極端な話、経歴も実績もない相談者が「年収1億円の求人しか応募しない」と言えば提案できる求人はゼロです。逆に「今の年収から+50万ぐらい」と相場をしっかり把握した上での要求であれば、しっかり対応してもらいやすいです。

転職活動に関わらず、仕事で最も大事な能力は「現実を受け入れて、前向きに取り組める能力」ですよね。

早い話、転職エージェントに「その条件での紹介は厳しいですね…」と言われたら、素直に受け入れて切り替える方が互いに嫌な思いをせずに済みます。

日本人は「察して…」「ハッキリと断ると相手のプライドが傷つく」など配慮する文化がありますが、転職エージェントは欧米寄りのビジネスなので、むしろ「無理であればハッキリとおっしゃってください」と相手から引き出すぐらいに強気でいきましょう。

わがままを通せるかどうかは担当者次第でもある

基本的に転職エージェントは担当者との相性や、その時の採用状況などの”運”もかなり絡みます。

担当エージェントがやる気があれば、ワンランク上の求人も引き出せますし、紹介先企業への根回しのレベルも変わってきます。

逆に”いかにも”な「仕事だからしょうがなくやってます」という感じのエージェントであれば、あんまりいい求人は引き出せません。

そして、転職エージェントは後者が圧倒的に多いと考えておくべきです。

なぜなら、転職エージェントは一人で何人もの相談者を掛け持ちしており、モチベーションやポテンシャルの低い相談者には、それ相応の対応しかしないからです。

元々、転職エージェントは複数社利用したり、相性の良いエージェントを探し出す使い方がかしこい使い方なので、1人の担当者に固執せず複数利用して信頼できるエージェントを探すことを意識しておくといいでしょう。

関連:転職エージェントは複数併用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!

関連:転職エージェントが使えない?信用できる担当者を見つけ出すコツを伝授。

ただし、社交力のある方であれば、転職エージェントからより良い提案を導き出すことも可能ですので、前向きかつ建設的に「転職エージェントと上手く付き合うこと」を考えておくのお手です。

関連:転職エージェントとの付き合い方|有利な求人を引き出すために知っておきたい根回しの仕方とは?

転職を考えるビジネスパーソンであれば、一人前の大人としてあくまで”自分で決める”という態度は徹底しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました