国内主要転職エージェント9社を徹底比較!企業規模や運営方針などからエージェント傾向を徹底分析!

「転職エージェントって400社以上あるらしいけど、結局どこがいいの?」

そうお悩みの読者も多いと思います。

→「転職エージェントって何?」って方はこちら

結論から言いましょう。

私もわかりません!!!

ハッキリ言って、誰にどのエージェントを紹介すればいいか日夜悩んでいますが、まったくと言っていいほど答えが見つかりません。

「他人に転職エージェントをオススメするサイトの管理人」ですら、どのエージェントがベストかわからないのですから、読者のみなさんはさらに悩まれていることかと思います。

ですが「運営会社の規模や社風」「エージェントの運営方針」「対象の利用者層」などを調べていくと、おおよその傾向が見えてきます。

そして、私が「これなら自信を持って読者に紹介できる!」と厳選したのが、今回紹介する9社の転職エージェント。

管理人オススメ転職エージェント9選簡易まとめ

リクルートエージェント安定性重視…国内No.1。圧倒的求人量と情報力とブランド力。まずはリクルートを使っておけば間違いない。

Spring転職エージェント納得度重視…世界No.1。スイス発の外資系企業「アデコ」が運営。リクルートとは真逆の「量より質」で精度の高い求人を紹介してもらえる。エージェントが両面性なので対応力に期待できる。

ビズリーチ年収・キャリア重視…企業・ヘッドハンターと直接やりとりできるマッチング式の転職サイト。国内の上位レベルの求人が集まる、最高峰の選ばれし者の転職サービス。

doda(デューダ)効率重視…国内No.2のパーソル運営。方針としては「とにかく求人量・情報量で押す」「広く浅くで色んなサービスを用意」という感じ。転職求人サイトとしても使えるので紹介求人量は最多。

マイナビエージェント若手向け…ネットで有名な「マイナビ」のエージェント。20代~30代の若手向けでベンチャー気質がある。IT・営業の案件に強い

パソナキャリア丁寧さ重視

メイテックネクスト理系・エンジニア向け

JACリクルートメントグローバル志向

ランスタッドニッチ求人重視

リクルートエージェント

リクルートエージェント
公式サイト https://www.r-agent.com/
オススメ度 ★★★★☆
拠点
エリア 全国16ヶ所
場所 【北海道・東北】札幌、宮城
【関東】宇都宮、さいたま、丸の内(本社)、千葉、立川、横浜
【東海】静岡、名古屋
【関西】京都、大阪、三宮
【西日本】岡山、広島、福岡
求人数
公開求人 3万1762件(※2018年4月19日時点)
非公開求人 16万8693件(※2018年4月19日時点)
運営
親会社 リクルートHD(東証一部上場)
運営会社 リクルートキャリア
対象者 誰でも利用可能
登録条件 とくになし・完全無料
長所
  • 業界No.1の圧倒的求人数
  • 外資系への転職も強い
短所
  • 効率・利益重視のため事務的な対応が目立つ

人材サービスの最大手「リクルート」の運営する転職エージェント。取り扱い求人数は業界No.1

doda(デューダ)

doda(デューダ)
公式サイト https://doda.jp/
オススメ度 ★★★★★
拠点
エリア 全国10ヶ所→dodaの所在地一覧記事
場所 【北海道・東北】札幌、仙台
【関東】東京(丸の内)、神奈川(横浜)
【東海】名古屋
【関西】大阪、京都、神戸
【西日本】広島、福岡
求人数
公開求人 4万3383件(※2018年4月19日時点)
非公開求人 8万242件(※2018年4月19日時点)
運営
親会社 パーソルグループ(東証一部上場)→関連記事
運営会社 パーソルキャリア(旧インテリジェンス)→関連記事
対象者 誰でも利用可能
登録条件 とくになし・完全無料
長所
  • 業界No.2のリクルートに次ぐ求人量
  • 担当者が分業制で効率+マッチング精度を実現
  • エージェント制以外にも「スカウト制」あり
  • 女性や障害者向けの転職にも力を入れている
  • 「年収査定」「キャリア診断」などの機能も充実
  • 転職ノウハウや年収モデルなど公開情報が多め
短所
  • 外資系が東南アジア圏メイン
  • エージェント以外の転職サービスも統合しているため、以下のデメリットあり
    • スカウトメールなどが頻繁に届く(配信停止可能)
    • 採用担当チームとキャリアアドバイザーでの情報共有が別枠になる
    • doda以外のエージェントからもスカウトが届くためややこしい

業界第2位の「パーソルグループ」が手がける総合転職サービス。2007年からエージェント制+転職サイトとして運営されている実績があり、転職ノウハウや情報量はピカイチ。

効率・情報量・提案力のバランス面でもっとも優れているため、転職エージェント初心者にもっともオススメ。

エージェント制としては「キャリアアドバイザー」と「採用担当者」の分業式でのサポート体制となり、1人につき2人の担当者がつくところが強み。ただし、キャリアアドバイザーと採用担当者間で意思疎通が出来ていない場合もあるため、注意が必要。

キャリアアドバイザーからの提案とdodaサイト内から届く情報は別枠として考えておく必要がある。エージェント制目当ての場合は、キャリアアドバイザーからの情報だけに注目しておこう。

Spring転職エージェント(Adecco)【外資運営】

Spring転職エージェント(Adecco)
公式サイト http://www.springjapan.com/
オススメ度 ★★★★★
拠点
エリア 国内30ヶ所以上・海外60ヶ国にも拠点あり
場所 【北海道】札幌
【東北】盛岡、秋田、仙台、福島
【関東】大宮、川越、成田、千葉、柏、厚木、新横浜、藤沢、溝の口、横浜、つくば、日立、宇都宮、高崎
【都内】霞が関、秋葉原、新宿、赤坂、品川、立川
【甲信越】新潟、松本
【北陸】富山、金沢、福井
【東海】静岡、沼津、浜松、刈谷、名古屋、豊田、豊橋、四日市
【関西】大阪、京都、三宮、姫路
【西日本】岡山、広島、福岡
求人数
公開求人 2万1702件(2018年4月24日時点)
非公開求人 非公開
運営
親会社 Adecco Group AG(本社スイス・世界No.1)
運営会社 アデコ株式会社
対象者 誰でも利用可能
登録条件 とくになし・完全無料・職務経歴書のアップロード任意
長所
  • 世界最大の人材サービス「Adecco」が運営
  • 全国各地に小規模展開のためオフィスが圧倒的に多い(ただし全オフィスで面談を随時行っているわけではないので注意)
  • 国内転職エージェントと違い年収釣り上げ表示が少なめ
  • 転職ノウハウや年収傾向など分析などが詳細に公開されている
  • 外資系運営のため、海外・外資系転職に強い
  • キャリアアドバイザーの裁量幅が広く提案力が高い
  • 「職種」からの転職のため思わぬ業種の提案を受けることが可能
  • 専門性の高い職種・業種にもハイレベルな情報が集まっている
短所
  • 外資系運営のため、国内エージェントとは社風や方針が異なる
  • 求人情報が完全クローズド。適性の高いものしか紹介してもらえない
  • 外資系運営のため、意思決定の速さを求められる
  • 職種からの転職先提案になるため、希望業種以外を勧められる可能性あり

世界最大の人材サービス企業である「Adecco(アデコ)」の手がける外資運営の転職エージェント。事業所の展開数を見れば分かるとおり、外資系らしく合理的な経営方針で運営されている。

よりマッチング精度の高い転職先・キャリアプランの提案に期待できるため、転職意欲の高い方は必ず利用しておきたい転職エージェント。

デメリットは外資系らしく意思決定の迅速さを重視する傾向があるところ。良くも悪くも「YES・NO」で判断できる意志の強さが求められる。

外資系企業はキャリアアドバイザーの裁量幅が広いところが特徴なので、素直に提案を飲める方や交渉力のある人にとっては、心強いパートナーになってくれるだろう。

マイナビエージェント

マイナビエージェント
公式サイト https://mynavi-agent.jp/
オススメ度 ★★★★☆
拠点
エリア 全国7ヶ所
場所 【北海道】札幌
【関東】東京(京橋第一・第二)、横浜
【東海】名古屋
【関西】大阪
【九州】福岡
求人数
公開求人 非公開
非公開求人 非公開(全体の8割)
運営
関連会社 毎日新聞(マイナビは毎日新聞の関連会社として誕生)
運営会社 株式会社マイナビ(旧:毎日コミュニケーションズ・未上場)
対象者 誰でも利用可能(20~30代がメインターゲット)
登録条件 職務経歴書書の入力必須(WEB入力OK)・完全無料
長所
  • 知名度抜群の「マイナビ」のエージェント
  • 人材サービス業としては中堅クラス
  • IT・WEB系に強みを持つ
  • キャリアアドバイザーが若め、人柄・人間性重視の傾向
  • ベンチャー気質を持つため、挑戦心ある人にはオススメ
  • エージェント部門拡大中で勢いがある
短所
  • キャリアアドバイザーが若め傾向、経験不足の可能性に不安が残る
  • 若年層(20~30代)がターゲットのため、ハイキャリア転職志向には向かない
  • 事業規模の割に多くの職種を扱っているため、情報や提案力の精度に不安は残る

国内で知名度抜群のマイナビが運営するエージェント。

マイナビはブランド力の割に業績(売上高)は1000億円台と人材サービスとしては中堅クラス。マイナビは、実はリクルートやパーソルと違って上場していない。ただし毎日新聞の関連会社であるため、広告展開や情報力には非常に強く知名度は高いという事情を持つ。

そんな「知名度はあるが人材サービス業としてはまだまだ未成熟」というマイナビだが、2016年頃からエージェント部門の業務範囲拡大に力を入れており、決してブランド力や知名度頼りではないことが伺える。むしろ、ベンチャー寄りのエージェントだとも言える。

また、マイナビは主な利用者ターゲッティングが20~30代の若年層という特徴もある。

エージェント事業としては発展途上でベンチャー気質が強いため、熱量ややる気のあるキャリアアドバイザーが集結しているところがポイント。キャリアアドバイザーも若年層が多く集結しているため、ブランド名の割に意外と人間性・人柄重視の面もある。その分、経験不足のキャリアアドバイザーがいることも予想されるので、自分との相性を考えて利用したい。

リクルート・dodaは大企業・成熟事業としてビジネスライク、マイナビはベンチャー気質の熱量・人間性重視の運営方針だと考え、使い分けておこう。

また、若年層向けのためIT・WEB系の提案にも強みを持ち「マイナビIT」「マイナビクリエイター」などの専門職特化エージェントも運営している。

解説記事:マイナビエージェントの特徴と強みを徹底解説!20代~30代の若手・IT・WEB系勤務にオススメ!

メイテックネクスト【製造系エンジニア特化】

メイテックネクスト
公式サイト https://www.m-next.jp/
オススメ度 ★★★★★
拠点
エリア 全国3ヶ所
場所 【関東】東京(上野)
【東海】名古屋
【関西】大阪(梅田)
※電話・メール面談可能
求人数
公開求人 2164社
非公開求人 常時1万件以上
運営
親会社 メイテック(東証一部上場)
運営会社 株式会社メイテックネクスト
対象者 誰でも利用可能(製造・エンジニアなどの”理系”向け)
登録条件 とくになし・完全無料・職務経歴書の提出任意
長所
  • 製造業界の人材派遣会社の老舗「メイテック」の運営する転職エージェント
  • 製造・エンジニアなど「理系の専門職全般」に関する求人を扱っている
  • キャリアアドバイザーは業界経験者で専門知識豊富
  • 他のエージェントと違い、文系職の「交渉・利益重視の転職先提案」のリスクが下がる
短所
  • 拠点が少ない※ただし、電話・メール相談可能と明記されている
  • 場合によっては派遣・契約社員の提案も考えられるので、非正規社員に関する知識も必要
  • 業界の特性上スピード転職には向かない

製造業・エンジニアなどの理系出身の専門職の場合は、メイテックネクストが最有力の転職エージェント。理系職の場合は使わない理由がないレベルで専門性が高い

運営グループである「メイテック」は40年以上の歴史を持ち、製造・エンジニア専門の人材派遣会社としての高い実績を持つ。

製造・エンジニア以外にも「開発」「研究」といった分野の求人も取扱いもあり、エンジニアはより自分に合った転職先を見つけられるチャンス。

解説記事:「メイテックネクスト」の特徴とメリット。製造系ものづくりエンジニアの転職希望者なら登録推奨。

Randstad(ランスタッド)【外資運営】

ランスタッド
公式サイト https://www.randstad.co.jp/
オススメ度 ★★★★☆
拠点
エリア 136拠点(内インハウス拠点数72)
場所 【北海道】札幌、千歳、旭川
【東北】米沢、仙台、郡山
【関東】栃木(9ヶ所)、茨城(4ヶ所)、群馬(2ヶ所)、埼玉(4ヶ所)、千葉(4ヶ所)、神奈川(3ヶ所)、
【東京】新宿、西新宿、赤坂、日本橋、秋葉原、立川
【甲信越】新潟(4ヶ所)
【東海】静岡(2ヶ所)、名古屋
【近畿・関西】三重、大阪(3ヶ所)、京都、神戸、
【中国・四国】広島、香川、愛媛
【九州】北九州、天神、熊本、宮崎、鹿児島
求人数
公開求人 非公開
非公開求人 非公開(約80%)
運営
親会社 ランスタッド・ホールディング・エヌ・ヴィー(本社オランダ)
運営会社 ランスタッド株式会社
対象者 誰でも利用可能
登録条件 とくになし・完全無料
長所
  • 全国各地に拠点あり。とくに東北・新潟・四国・九州にも拠点があるのが強み
  • 大手ではフォローしきれないニッチな求人がメイン
  • 転職コンサルタントの対応力がとくに高いと評判
  • 派遣社員の働き方にも前向きに取り組んでいる
短所
  • 大手と比べて知名度の低い紹介先企業が多め
  • 契約・派遣形態の紹介もあり(※ただし正社員と区別)

世界第2位のオランダの企業「ランスタッド」の運営する転職エージェント。

国内では大手志向の強いアデコとは対照に、ランスタッドはスモール展開でニッチな市場をカバーする傾向が目立つ。とくに地方への拠点展開に力を入れており、大手転職エージェントでは対応できない細かいニーズを拾っているところが最大の強み。根本的に大手人材サービスとは取引先や求人情報網が異なるため、意外な天職に出会いやすい。

また、転職コンサルタントの能力の高さに定評があり、リクルート調べのカウンセリング・対応満足度の上位10位からランスタッドの3名が選ばれるほど。

大手転職エージェントの提案に満足できない場合や、意外な転職先を提案してもらいたい方にはオススメ。

パソナキャリア

パソナキャリア
公式サイト http://www.pasonacareer.jp/
オススメ度 ★★★★☆
拠点
エリア 全国
場所 東京、大阪、名古屋
求人数
公開求人 16000社以上
非公開求人 40000件以上
運営
親会社 株式会社パソナグループ(東証一部上場)
運営会社 パソナキャリアカンパニー
対象者 誰でも利用可能
登録条件 とくになし・完全無料
長所
  • 全国各地に拠点あり。
  • 大手ではフォローしきれないニッチな求人がメイン
  • 社風が誠実・古風な傾向があり社会貢献への意識が強め
  • 対応が丁寧で親切との評判
短所
  • 大手と比べて知名度の低い紹介先企業が多め
  • 対応が丁寧な一方で提案力や交渉力には不安が残る

パソナグループは国内第3位の人材サービス。

外資系のランスタッドと同じく、大手ではカバーできない範囲の求人に強い。とくに農業・観光などの地方創生に力を取り入れており、独自の提案力を持つ。UIJターンに関心がある場合は利用しておきたい。

運営方針としては「社会貢献」に関する意識が目立ち「利益(年収)よりも働きがいや社会貢献に仕事の価値を感じる」という方向け。利益重視の商売色の強いリクルートとは真逆の方向性にある。

JACリクルートメント【外資系運営】

JACリクルートメント
公式サイト http://www.jac-recruitment.jp/
オススメ度 ★★★☆☆
拠点
エリア 全国9ヶ所(都市部中心)
場所 【関東】東京、さいたま、横浜
【東海】名古屋、静岡
【関西】大阪、京都、神戸、広島
求人数
公開求人 16000社以上
非公開求人 40000件以上
運営
親会社 JAC Recruitment Co., Ltd.(イギリス本社)
運営会社 株式会社JACリクルートメント
対象者 誰でも利用可能(とくに35歳以上のハイクラス向け)
登録条件 とくになし・完全無料
長所
  • ハイキャリアクラス・ホワイトカラー特化の転職エージェント
  • 海外勤務・外資系の転職先紹介に特化
短所
  • 30代以降がメインターゲットのため若年層には向いていない
  • 海外・外資系の紹介が多いため英語力が要求される
  • ハイキャリアクラスの交渉力のある人材からは「エージェントを通す必要がない」という意見もある点には注意

イギリスの外資系企業が運営する、外資系・ハイキャリア向けの転職エージェント。組織規模は小さいものの、海外・外資系のハイキャリア向けと対象を絞っているところに強みがある。

利用者も30歳以上と年齢層は高く、高年収・ハイキャリア狙いの方にはオススメ。

BIZREACH(ビズリーチ)

BIZREACH(ビズリーチ)
公式サイト https://www.bizreach.jp/
オススメ度 ★★★☆☆
拠点
エリア なし(ヘッドハンターとの直接交渉)
場所 【関東】東京、さいたま、横浜
【東海】名古屋、静岡
【関西】大阪、京都、神戸、広島
求人数
公開求人 90,000件
非公開求人 8,200社以上
運営会社 株式会社ビズリーチ
対象者 誰でも利用可能(ただし高年収を目指す30代以上向け)
登録条件 登録に審査あり・完全無料(一部有料)・要職務経歴書
長所
  • 国内最大級のエグゼクティブクラス専門エージェント
  • 2500人以上の”ヘッドハンター”が職務経歴書を見てスカウトしてくる
短所
  • 30代以降がメインターゲットのため若年層には向いていない
  • 職務経歴書の提出(アップロード)が必須
  • 一部のアドバンス機能は有料

インターネットでのサービス展開が主流の「ビズリーチ」は2007年以来の創業となる、比較的新しい人材サービス。ビズリーチの特徴は「ハイキャリア志向+ベンチャー気質」と言える。

株式会社ビズリーチは資本金41億円と、他の人材サービスと比べると小規模だがネット広告での精力的な展開が目立つ。

企業イメージとしては「高級感」「ハイクラス転職」というイメージが目立ち「年収1000万以上」というキャッチフレーズも頻繁に利用している。…が、実際の年収1000万以上の比率から考えると過剰広告の感も否めないため、利用する前に期待しすぎるのは禁物。

ただし、わずか10年間で転職業者として国内で地位を獲得してきた実績はあるので、ハイキャリア転職を目指す方は登録して見る価値は十分にある。

おまけ:その他の専門転職エージェント

シリコンスタジオエージェント【ゲーム業界】

ゲーム制作会社であり人材派遣会社でもある「シリコンスタジオ」が手がける転職エージェント。強みは「関わりたいゲームタイトル」から転職先を提案してもらえるところ。

有名ゲームタイトルを手がける制作会社とのコネが非常に強く、サイト内でもゲームタイトルをプッシュした企画が掲載されている。

また、業界の特性上「派遣」「契約」からの転職も可能で、未経験からの間口も広い。

マスメディアン【広告・マスコミ・出版特化】

まとめ:自分に合ったエージェントを探し出そう

このように一見違いのないように見える転職エージェントですが、企業の規模や方針などを見比べると、おおよその傾向は見分けがつくことがわかってくるでしょう。

転職エージェントは取引先企業の都合を優先するため、転職希望者にもエージェント側の意図を見抜く必要が出てきます。多くの転職エージェントを利用しておき、自分の考えや希望により近しい転職エージェントを使うことが、間違いのない転職につながる結果になるでしょう。