転職活動がバレたら不味い!転職活動がバレて転職に失敗してしまうケースを紹介

「会社のPCで転職サイトに応募したらバレたったwwwwwwwwww」

…という、間抜けも多いことでしょう。

まあ、ここでは「社内のPCで転職活動するな!」というツッコミは置いておくとして。

「会社や上司に転職活動がバレたらまずい?」という不安は誰もがあるでしょう。

あなたが、会社にとって死んでも手放したくない人材なら問題ないでしょう。

しかし、現実的に会社にとってそんな人材はいません。

なぜなら、たかが1人の社員抜けたぐらいで会社が回らなくなるなら、組織として大問題ですからね。組織とは、たかだか1人抜けたぐらいで機能不全に陥らないように出来ているものです。

また、会社というのは、現実的対応をとるものです。

「辞める可能性がある」と思った社員に対しては、それ相応の態度になって当然です。

戦国時代で言えば、内通が疑われる武将が投獄されたり、監視されるようなものですね。

つまり、動機や本音がどうであれ

転職活動がバレた段階で、社内ではかなり苦しい立場になる

というわけです。

社会人に大事なのは信頼である

社会人にとってもっとも大事なのは信頼です。

信頼を得るために、ビジネスマナーや身だしなみをこなし、勤務期間を重ねるわけですね。

信頼とは「弊社に従い、身を尽くします」という、忠誠心から生まれるわけです。

それが「実はこっそり転職活動していた」とバレれば、一気に信頼は吹き飛び、会社から不信感を抱かれるようになります。

集団において、もっとも嫌われるのは「裏切り者」です。

転職がバレる=裏切り者を意味するわけですからね。

裏切るような社員に、温情を振りまく上司も会社もいるわけがありませんからね。

転職活動の妨害もありえます

日本人とは「協調性」という名の大義名分を盾に、出る杭をとことん打ち続ける陰湿な性質を持っています。

つまり、転職活動の妨害を行ってくることも十分あり得るわけです。

休日出勤の強要、無駄な残業…ひどい場合には急な転勤・出張命令もありえます。

早い話が、辞められる前に転職活動を妨害すれば、強制的に会社に留まらせることができるわけです。

もしそうなった場合は、腹をくくってさっさと退職届を出しましょう。

借金もなく、貯金もそこそこあれば、失業保険の受給で当面は食いつなげます。

転職=逃げだという認識

業界や職場の年齢層にも寄りますが、日本ではまだまだ「転職=逃げ」という意識が強いです。

転職活動をしていることが会社からバレるということは、根性なしに恥さらし、逃げるような軟弱者であるという印象を会社に与えます。

どんなに前向きな理由での転職であっても、相手からすれば「逃亡者」でしかないわけです。

人間というものは身勝手で、他人の立場になって考えることができません。

転職を経験したことがなかったり、そもそも転職すら考えたことすらない人からすれば、転職活動している人間とは理解不能なんです。

我々日本人が、図々しくマナーのない中国人を迷惑に思うように、転職に理解のない職場では、転職活動している人間なんて迷惑そのものでしかありません。

日本人は、ドロップアウト組…ニートやフリーター、中退者にはとことん厳しい性質を持っています。

転職活動がバレたら、傷口に塩を塗るかのような、残酷な仕打ちが待っていることでしょう。

職場内での沈黙という恐怖

さらに、日本人の陰湿な体質を表すのが「不満や不信感があっても、表立って声や口に出さない」という性質ですね。

転職活動が1人の社員にバレて「黙っておくから」と言われても、実は密かに職場内で広まっていたという事は十分にあり得るのです。

そうなると、もはやあなたは職場の誰も信じられない心理状態に陥ります。

「出る杭は打たれる」とは言いますが、表立って杭を打たないところも、日本人独特の性質ですね。

表立って敵対されるよりも、沈黙して敵対される方が何倍も怖いものです。

結論:転職活動はバレないようにしよう

このように、日本の企業体質や日本人の集団心理などを考えると、転職活動がバレると百害あって一利なしと言えます。

転職活動自体はなんら違法行為でもありませんが、こっそり犯罪計画企ているぐらいに慎重さを要するわけですね。

会社内には気をつかいながらも、堂々と自信を持って転職活動するべきです。

もっとも、バレたらバレたで転職活動により切迫感が湧いてくるので、バレたらバレたで割り切りましょう。

バレない転職活動なら転職エージェント

社内にバレないで転職活動するんなら、転職エージェントがおすすめです。

転職エージェントでは相談者のプライバシーを尊重してくれるため、細心の注意を払って転職活動することができます。

また、他の転職サービスと違い、自分の適性に合った求人をおすすめしてもらえるため、わざわざ社内や出先で求人表とにらめっこする必要もありません。

効率的にこっそり転職活動を進めたい場合は、転職エージェントを有効活用しましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ