転職活動の時間がない!忙しい!それでも転職したいあなたへ送る、効率重視の転職方法!

社会人女性
転職したいけど、
ブラック勤務すぎて時間がない
社会人男性
転職には興味あるけど
プライベートの時間は趣味に使いたい
社会人女性
転職したいけど、
調べても情報量多すぎて
何からすればいいかわからない

「転職には興味あるけど現職が忙しすぎる…」
「転職したいけど、今の仕事忙しすぎてマジもぅ無理…」

そんな「忙しすぎて転職活動する時間がない!」という現代人は多いかと思います。

とくに人手不足なブラック業界ほど、抜け出したいのに抜け出すための時間さえ与えられない…という状態に陥っていることでしょう。

まず、予め言っておくと転職活動を一人でゼロから行おうとすると、途方もなく時間がかかります

  • 利用する転職サービス選び(転職サイト、ハローワークなど…)
  • 転職先候補の業界状況、待遇・年収の相場
  • 業界の将来性の分析
  • 履歴書・職務経歴書の作成から送付
  • 面接の日程決め、面接対策

実際に転職活動を始めてみるとわかりますが、一から自分で行うとなると膨大なまでの時間がかかり、途中で心が折れそうになります。

そのため、初めて転職に挑戦する方は、最初から素直にプロの転職アドバイザーから具体的なアドバイスや転職活動の方法を教わっておく方が、確実で間違いなくスムーズに転職を成功させることが出来ます

私自身、転職活動当初は「プロのアドバイザーは信用ならない」「転職活動は自分一人の力で行ってこそ価値のあるもの」だと信じ込んでいて、遠回りした失敗経験があります。

その反省もあって、今は「最初から素直にプロの転職アドバイザーからしっかり話を聞いて、言うとおりにしておくべき」だと確信しております。

そこで今回は、忙しい人ほど転職エージェントを利用して、プロのサポートを得ながら転職活動していくべき理由を紹介していきます。

スポンサーリンク

転職活動のハードルは高い

まず、ひとつ言っておくと転職のハードルはかなり高いです。

実際に行動すればそうでもないのですが、自分1人の力で一から情報収集すると、心理的なハードルがドンドン上がっていきます。

というのも、転職情報は一部の大手求人サービスの情報があふれており、バリバリのキャリアアップ思考・意識の高い情報であったり、あまりに経歴や能力が高すぎて参考にならない成功談ばかりだからです。

そういった、大手の意識の高い情報に触れていくと、

「あぁ…自分には転職なんてやっぱり無理かな」
「職務経歴書に書くほどの立派な経歴や功績なんかねえよ」

…と、かえって自信をなくしていく結果につながるのです。

大手転職サイトの情報は「機械的」「完璧主義」すぎる

また、大手の転職サイトをみるとわかりますが、良くも悪くも「機械的」「完璧主義」傾向が見られ、これが転職者の自信を奪うハメになります。

大手求人サービスの面接対策の記事などを見ればわかりますが、あれを真面目に受け取ると「なんでも出来る、隙のない完璧超人」というのが、全求職者に求められることになります。

社会経験のある方ならわかるでしょうが、隙のない完璧超人なんて存在しません。

履歴書一つにしてみても「細部までしっかり考えて書こう!」「履歴書は手書きで書こう」なんて書いていますが、ぶっちゃけ企業側の人事はそこまでしっかり見てないから…というのが本音です。

「履歴書の品質検査」であれば、それこそ一字一句誤字脱字もなく丁寧かつ完璧に書かなければならないのでしょうが、そこまで神経質に履歴書チェックする人事なんていねえよ…っちゅう話です。

人事が行うのは「履歴書の品質検査」ではなく「求職者を自社に採用するべきか否か」の選考です。

いくら履歴書をキレイに書こうが、それで採用を決定することなんてありませんし、逆に適性や人材価値が高ければ履歴書なんて適当でも採用されることだってあるんです。

しかし、大手求人サイトの情報を真に受けると、そんな当たり前の事実にさえ気づかなくなるわけです。

関連記事:履歴書の手書きがバカバカしい!時代遅れでありえない!←実はみんなそう思っていた!

転職では「志望動機」を考えるのに時間がかかる

転職活動においては、やる気や学歴だけでなんとかゴリ押しできた就職活動とは違い、自己アピールや志望動機などは、高い水準のものが求められます。

大学生みたいに「御社の理念に惹かれて~」「ボランティア活動やサークル活動で高いリーダーシップを発揮して~」という、小手先の技術は通用しません。ぶっちゃけ、その程度の志望動機なんて、バカでも検索して転職サイトに書かれていることをそのまま喋れば出来ちゃいますからね。

たとえば「御社の理念に惹かれて~」という理由一つを取ってみても、

  • 御社の経営理念とその業務内容に惹かれて~(動機)
  • とくに近年力を入れている〇〇の事業での高い功績が~(志望先の分析)
  • とくに〇〇部門では、今まで私が培ってきたスキルが活かせるはずです(自身の人材価値の提案)
  • 現職では〇〇で成果を出し、後進育成でも高い評価を得て~(実績・経歴による自身の能力の証明、積極性のアピール)

…など「自分は口先だけではなくしっかり成果を出していて、考えて実行することも出来る人材だ」とアピールすることで、人事にも「こいつは弊社の理念を理解して、業務に臨める人材だ!」と説得力を与えることが出来ます。

しかし、こういった人事の心に刺さる志望動機を考え出すためには、転職先の求める人物像や事業内容をしっかり調べ出さないといけないため、時間がかかりすぎる欠点があります。

というか、求人情報や企業ホームページだけの情報だけでは、面接官の心に刺さる志望動機を考え出すのはほぼ無理です。

要は、見たこともない異性相手に一発で告白を成功させるレベルの、志望動機を考え出さないと行けないわけですからね。

転職では「自己分析」が一番大切です

転職活動を成功させるには、徹底した自己分析が必要不可欠です。

自己分析さえしっかりしておけば、志望動機なんて適当で、モチベーションも向上心もないように見える人材でも十分採用されます。

考えても見てください。

企業が採用する人材にもっとも求めるのは「現状で何が出来て、何が出来ないのか?」とハッキリしている人物です。

たとえば「ワードやエクセルが出来ます!」という事務希望の人材にしても、

  • 自宅でワードやエクセルをたまに使う程度
  • わからないことはグーグルで検索しながら使う程度
  • 資格を持っているが、数年前のことなので実務レベルではない
  • 前職でバリバリ仕事でワードやエクセルを使っていた

…という経験や具体例によって「ワードやエクセルが使える」の認識に、齟齬が生じるわけです。

エクセルなんかは、それこそプログラマ知識があればゲームも作れるソフトですが、プログラム面だけ詳しくても、実務での表計算処理の経験がなければ、現場からすれば「使えない」と判断されてしまうわけです。

こういった技術面での「出来る・出来ない」の自己分析を徹底していくためには、現場で求められる実務レベルをしっかり把握しておく必要があります。

  • 今の仕事でどれだけの期間、技術を磨き上げたか?
  • 今の仕事でどれだけの実務に関わっているか?
  • 自分の得手・不得手ははっきりしているか?
  • 逆に、自分が全くできない実務能力は何か?

簡単な話が「やれば出来る」という希望的観測・精神論なのではなく「やったことがあるから出来ると断言できる」という、経験則的かつ客観的な自分の能力の証明が「徹底した自己分析」だと言えるわけですね。

ただ、今までなんとなく仕事をこなしてきた人からすれば「自分に何が出来て、何が出来ないのか」という分析は、曖昧な方も多いはずです。

こういった自己分析を徹底していくためには、周りの人間や他の会社の人間と自分を”比較”したり、あるいは上司や同僚からお世辞を差し引いた”評価”をもらったことがなければ、難しいことでしょう。

転職を成功させるには時間がかかります

はい。

ここまでお読みいただいた方で「うわ~転職活動って考える事多すぎてめんどくさそう」と思った方は、やっぱりプロのアドバイザーに相談するのが一番だと思います。

ここまで紹介したような「転職を成功させるための心構えと自己分析」がしっかり出来ていないと、ふわふわした志望動機で延々と応募しては落とされ…という道が待っています。

そうなると「せっかく時間を割いて応募したのに、全然結果が出ない…。転職やめとこ」とやる気を失くすハメになりますからね。私もそうでした。

何時間もかけて書いた書類が容赦なく返され、面接にさえたどり着けない絶望感は、かなり堪えますよ。

そうならないためにも、転職に興味のある方は、まずは転職アドバイザーからしっかり話を聞いて、独りよがりにならない転職活動を行っていくことを強くオススメします。

とくに、転職希望者に担当者がついて、しっかりマンツーマンでアドバイスしてくれる「転職エージェント制」が、忙しい社会人の方にオススメですね。

転職エージェントなら忙しい方でも効率よく転職を進められます

転職エージェントでは、利用者の適性や能力に最適な求人先を見つけて紹介してくれるので、自分でわざわざ転職先を探す必要がありません。

そのため、不当に低い条件の仕事ばかりを見つけるリスクも減り、逆に自分に適性のある年収や待遇のいい優良企業と出会えるチャンスがグッと上がります。

また、履歴書・職務経歴書の作成から面接の受け答えまで、エージェント側でしっかりサポートしてくれるので、自分ひとりで考え込むよりもよっぽど企業受けのいいものが出来ます。

何度も言いますが、自分ひとりで転職活動を行っても、間違いなく見当違いの方向に進んでしまい、時間がかかった上に失敗するリスクも高くなります。

転職を効率よく成功させるためにも、まずは転職エージェントに登録してプロのアドバイスをしっかり聞いておくべきです。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました