転職期間の目安はどれぐらい?働きながら焦らない転職活動が一番オススメ!

社会人女性
転職期間はどれぐらいかかるの?
社会人男性
転職は時間がかかりそうで嫌だなあ
社会人女性
転職は急かされそう

転職について「どれぐらいの期間かかるのか?」ということが心配で、なかなか転職活動に踏み切れない人も多いことでしょう。

とくに転職エージェントなどで、キャリアコンサルタントを交えて転職活動する場合には「転職活動がスローペースだとやる気がないと思われるのでは?」と不安の方も多いことでしょう。

しかし、安心してください。

転職活動を成功させるためには、時間をかけて行うことが大事です。

というのも、採用する企業側も転職者側も、ミスマッチ採用…つまり失敗を一番恐れます。

そのため、優良求人であればあるほど、選考にしっかり時間をかけるわけです。

逆に人手不足で「即戦力が欲しい」「誰でもいいからとにかく人が欲しい」という会社ほど、余裕のない採用を決め込むため、転職希望者を急かします。

関連記事:中途採用から即戦力になれない不安は持たなくていい。転職後に即戦力を求めすぎの会社に無理に入社するのは禁物

結論から言えば、転職を成功させるためには3ヶ月~1年ぐらいの転職活動期間を見ておいたほうが間違いありません。

現職で働きながら転職活動する場合は、これぐらいの期間が現実的ですので、企業側や転職サービス側もこれぐらいの期間を目安に転職活動をサポートしてくれます。

スポンサーリンク

転職活動で”短期決戦”は間違い

よく「転職活動はスピードが大事」と言いますが、これは間違いです。

冷静に考えてみてください。

企業側としては、せっかく広告費をかけて求人を出した以上は「どんな募集者でも、しっかり会って判断してみたい」と思うはずです。それは、選考や面接に時間をかけられる、余裕のある企業でなければ出来ません。

逆に「すぐに来てくれ」「即戦力が欲しい」という会社は、現在職がない人向けの求人で、ブラック企業の可能性が高いです。

「採用人数が所定数達したので採用しません」という求人は、人が足りていない・人件費に予算がない企業の募集要項なわけですね。

なので、余裕のある優良企業ほど選考にじっくり時間をかけ、逆に人員的にも予算的のも余裕のない企業ほど時間をかけずにスピード採用を決め込むわけです。

運良く理想の求人・人材が見つかることはレアケースです

また、転職活動における書類選考・面接については、落ちることが前提のシステムです。

恋愛と一緒で、一目惚れ・相思相愛なんてありえません。

たまたま直感的にビビッと来た企業の募集に応募して、運良く採用されるケースはレアケースです。

初めの数社は落ちることを前提に入れておくと、短気で内定をもらえることはまずありえません。

これは新卒時の就職活動と一緒で「とにかく数をこなすこと」が大事になってくるわけです。

転職先求人の検索から、書類作成、面接の日程調整まで考えると、短期間で転職先から内定がもらえることは、まずありえませんからね。

とりあえず今の会社から転職した場合は”3ヶ月”が目安

とりあえず「今の会社を辞めたくて仕方がない」という切羽詰まった理由での転職の場合は、最低でも3ヶ月はかかると考えておくとよいでしょう。

たまに会社を辞めてから転職活動を行う方もいますが「このままでは会社に殺される」「物理的に転職活動の時間がとれない」という状況でもなければ、今の会社を辞めてから転職活動するのはオススメできません

関連記事:次の仕事決めずにとりあえず辞めるのはあり?転職先が決まらないまま退職した方がいい人とそうでない人の違いは?

「一度辞めてから転職」というのは、転職活動においては不利になりやすく、さらに言えば「収入がないことの不安」「貯金で生活できてしまう安心感」は就業意志を薄めてしまうので、よっぽどのことがない限りは在職中に並行して転職活動しておきましょう

とはいえ、在職中の方が自分ひとりだけで転職活動していても求人検索から書類作成まで時間がかかりすぎますので、転職エージェントなどでプロの専門家にサポートしてもらうことをオススメします。

キャリアアップを意識するなら転職に1年かけるのもあり

「キャリアアップ」「年収・経歴アップ」の転職を目指すのであれば、当然ながら短期ではなく中長期的に転職活動を求められることが多めです。

場合によっては、新卒採用のように1年単位の活動期間を見ておく必要もあります。

一度、転職市場をしっかりと意識して、

  • 年収アップのために必要なスキルや経歴は?
  • 今の会社でに将来性はあるのか?
  • 今の会社で出しておくべき成績や成果は?
  • 待遇のいい業界に転職するために必須なスキルは?

…など、一度自分に足りないものを見直し、現職でスキルアップをはかる選択肢も考えておく必要もあります。

逆に、今の職場で自分の能力を持て余し気味の方は、間違いなくキャリアアップ転職が可能ですので、その場合は自信を持ってワンランク上の転職先を目指すべきです。

ただし、その場合は企業側も選考の基準を引き上げてきて、その上で慎重に採用を検討してくるので、焦らずに腰を据えて転職活動に臨むべきです。ここで焦ってしまって「ワンランク下の転職先でいいや」「今と給料も待遇も据え置きでいいや」と妥協してしまうと、転職は失敗してしまいます。

転職を成功させるためには、自分の今の能力よりワンランク上の転職先を選ぶべきですからね。

転職の専門家に相談して、転職活動を少しずつ進めておくべきです

転職活動の期間を長引かせずに着実に進めていくためには、まずはプロの転職の専門家に具体的なアドバイスやプランニングを提案してもらうことを強くオススメします。

新卒時の就職活動と違い、転職活動は孤独な戦いです。

要領を掴めなければ、ミスマッチ求人に応募しまくって書類選考落ちの連発で、心が折れて自信をなくすきっかけにもなりかねません。そして妥協した結果、ワンランク下の転職先に勤めてしまい、転職に失敗していまうハメになるのです。

しかし、プロの転職の専門家に相談しておけば、転職で失敗するリスクは格段と減ります。

転職のプロの専門家は、企業側から人材募集に際してお金をもらって仕事している立場なので、企業と転職者のマッチング精度を何よりも重視します。ミスマッチ採用で離職率が高いと、転職サービス側の信頼が落ちていきますからね。

とくに転職初心者は、求人探しや書類作成に面接対策、内定をもらった場合の退職手続きなど、かなりやるべきことが多いので、最初から素直にプロの力を借りておくべきです。

仮に、最終的にプロの力を借りずに転職を決めるにしても、専門家から具体的なアドバイスや客観的な自分の人材価値を知っておくことで、飛躍的に転職成功率が高まりますからね。

転職サービスではほとんどが、転職希望者の利用は完全無料なので、一度プロと面談を受けておくべきでしょう。

転職エージェントに登録して、計画的に転職活動しよう

とくに転職希望者から評判がいいのが「転職エージェント」という、転職支援サービスです。

転職エージェントでは、転職希望者に担当者がマンツーマンでついてサポートしてくれます。

適性の診断から自己分析までしっかり行ってくれ、オススメの求人探しもエージェント側がすべて行ってくれます。優良な非公開求人も優先的に紹介してもらえるため、思わぬ天職とも出会いやすいです。

また、転職初心者がつまずきやすい「職務経歴書の作成」から、面接での効果的な自己アピール方法や受け答えまで、丁寧に指導してもらえます。履歴書や職務経歴書は一度作成してしまえば、エージェント側で応募してくれるので、いちいち応募する際に書き直す手間も必要ありません。

転職エージェントに一度登録しておけば、自分のペースや希望に合わせて転職活動をサポートしてもらえるので、転職活動期間に不安のある方は一度面談を受けてみましょう。

転職エージェントを利用すれば、最短で3ヶ月のスピード転職もしっかりサポートしてくれます。

タイトルとURLをコピーしました