転職活動がめんどくさい理由と対処法について

「転職活動中だけどめんどくさい…」

そうお悩みの方も少なくはないはず。

筆者自身、かなりのめんどくさがりなので、転職活動も仕事も人生もすべてめんどくさいと感じて生きているので、その気持ちはよくわかります。

ですが、めんどくさがってやることをやらずに物事を先延ばししていては、進むものも進みません。

そこで、当記事では転職がめんどくさいと悩んでいる方に向けて、以下の内容をお伝えしていきます。

  • 転職活動がめんどくさいと感じる理由について
  • 転職活動のめんどくささを減らす方法について

めんどくさいと感じるのは、シンプルに「やることをしっかり整理できていない」だけだったりするので、少し考えを整理するだけで解消することもあります。

ぜひ、最後まで読んでみて、転職活動の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

転職活動がめんどくさい理由は?

まずは転職活動がめんどくさいと感じる理由や原因について、整理してお伝えしていきます。

今の仕事を続けたまま活動するのがめんどくさい

転職活動がめんどくさい理由は、今の仕事を続けたまま並行して転職活動しなければならないところでしょう。

ただでさえ、仕事で忙しいと言うのに勤務時間外も仕事について考えなければならないのは、心理的にもストレスだと言えます。

時間を作ろうと思えば作れるかもしれませんが、わざわざプライベートの時間まで割いて転職活動したくない…というのが大半の人の本音でしょう。

そのため、計画的に退職して失業手当を受け取りながら転職活動をする人も少なくはありません。

ただ、以下の記事でも解説している通り、辞めた後に後悔しないためにも出来る限り在職中に転職先を決めておいた方がいいことは、知っておくといいでしょう。

関連:次の仕事決めずにとりあえず辞めるのはあり?転職先が決まらないまま退職した方がいい人とそうでない人の違いは?

色々と考えるのがめんどくさい

転職活動では、色々と考えなければならないことが多くあります。

具体的には、以下の通り。

  • 自己分析(自分の性格や価値観を言語化)
  • キャリアの棚卸し(経歴や実績の整理)
  • 業界分析・企業研究
  • 志望動機
  • 面接でのアピール内容
  • 年収と生活の兼ね合い
  • 勤務地による引っ越しの検討

これらはあくまで一例であって、転職活動ではとにもかくにも考えることがたくさんあります。

とくに、自己分析や志望動機を考えることは、人によってはかなり苦痛に感じる場合もあるでしょう。

筆者自身、自己分析に関して様々な研究をする中で自分のことが見えてきたものの、今でも自分をよく魅せることは苦手ではあります。

自分の良い所や強みが浮かばないというのは、それだけで苦痛なのです。

その他にも、転職求人の年収や勤務地まで考え出すと、いくら時間があっても考える余裕がありません。

求人選びなどの選択や決断がめんどくさい

考えることの中でもストレスとなるのが「選ぶ」「決断する」という行為です。

転職は最終的に今の仕事を辞める決断と、次の転職先でなんとかする決断をしなければならないため、そのストレスは思っている以上のものです。

その他にも細かな決断や選択をしなければならないため、無意識のうちに負荷がかかるため、知らず知らずのうちに疲れてしまって「めんどくさい…」と感じてしまうのです。

エージェントや企業人事とのやりとりがめんどくさい

転職エージェントや企業人事とのやりとりも、転職活動がめんどくさく感じる要因です。

書類応募して受かって面接…という流れでスムーズに進めばいいのですが、エージェントを通すと面接対策・職務経歴書の添削から日程調整からまで、非常に多くの連絡を挟むことになります。

これは「早く内定をもらって楽になりたい…」と考えている人からすれば、非常に面倒で負荷のかかる工程だと言えるでしょう。

転職の「めんどくさい」を減らすためには?

転職活動がめんどくさいことだらけなのは、どうしようもありません。

ですが、めんどくささを和らげることは可能です。

要所さえ抑えて、考え方を整理すれば、転職活動のめんどくささは軽減できるので、これから紹介することを意識してみるといいでしょう。

考える前に動くクセを身につける

転職活動のめんどくささが「考えること」「選択」「決断」から来ることは、先にご紹介した通りです。

ですので、考える前に動くクセをつけてしまうことで、ストレス蓄積によるめんどくささを和らげることができます。

具体的には、以下のように「悩み前に行動」を徹底することが重要です。

  • 少しでも良いと思った求人はすぐエントリーする(面接対策は書類が通った後に考える)
  • 毎日、決まった時間に求人メールチェック(帰宅時、帰宅後)
  • 他者に連絡する際は相手の都合を過剰に考えすぎない(ビジネスメールの細かい文章表現など)

筆者の場合、上記のように「悩む前に行動」を意識して行うことで、習慣レベルにまで落としこんで悩みストレスを軽減するようにしております。

求人エントリーに関しては、受かった後に面接対策や企業研究を行えばいいだけですし、求人メールチェックは夕方の疲れた時間帯に「この求人いいな…」と思ったらとりあえずダメ元で応募とシンプルな判断基準にしておけば、めんどくさいと感じる暇すらなくなってくるはずです。

仮に、応募後に辞退したくなったら断りのメールを入れておけばいいだけですし、不採用が続くなら職務経歴書の内容を見直す機会にもなってきます。

このような「悩む前に行動」という習慣が定着すると、応募したことすら忘れてしまうレベルになってしまうので、仮に放置されて実質不採用になったとしても、いちいち凹む暇すらなくなります。

ですので、転職活動がめんどくさいと思っている方は、応募する前に余計な事で悩み過ぎて行動が遅くなっていないかどうか見直すといいでしょう。

スケジュールをしっかり立てて活動する

転職活動がめんどくさいなら、スケジュールをしっかり立てて計画的に行動することも大事です。

スケジュール立てておくことで、その日程や時間になれば悩む暇なく行動するように動けるので、めんどくさいと思う暇なく、素早く動けるようになってきます。

筆者も過去はプライベートの時間はスケジュールなどなしに気ままに過ごすことが多かったのですが、今はスケジュールをしっかり立てて行動するように改善しております。

転職エージェントを使う場合、担当者がスケジュールを調整してくれることも多くなりますが、それ以外の転職活動に費やす時間は自分でスケジューリングしなければなりません。

  • 毎日、帰宅時または帰宅後に求人票を見る時間
  • 週末までにチェックした求人の応募を済ませる
  • 休みには職務経歴書の添削に30分~1時間ほど時間を取る
  • 月1で転職エージェントとの面談でフィードバックをもらう

以上のように、一定の期間内に何かしらのスケジュールを立てておくことで、めんどくさいという感情に流されることなく着実に転職活動を進めることができます。

大きな進展を得ようとすればするほどめんどくさいと感じてしまうものですが、小さなことを定期的に着実に進めるだけなら、さほど労力はかからないはずです。

最近では「Googleカレンダー」などのスマホアプリでのスケジュール管理も楽になって来ているので、転職活動を機にスケジュールを組む習慣を身につけておくといいでしょう。

転職活動に関するタスクを習慣化する

上の内容と被りますが、転職活動に関するタスクを細分化して管理、習慣化することも大事です。

転職活動に関するタスクは、以下のように細かく細分化できます。

  • 求人票チェック
  • 求人応募
  • 面接のスケジュール調整
  • 面接対策(企業研究)
  • 転職エージェントとの面談
  • 職務経歴書の添削
  • 転職情報チェック

もし「転職活動で具体的に何をすればいいかわからない…」と悩まれているのであれば、転職活動に関する行動をすべてメモに記して、後日、整理してタスク化するといいでしょう。

メモには、

  • 日付と日時
  • かかった時間
  • 行ったこと
  • 他にやらないといけないとわかったこと

など、自分の中でも重要だと思える項目を記しておき、後から見返します。

そうすると、後から意外な発見があり、無駄な時間を削減して効率化したり、見落としていたタスクの漏れ防止にもなるので、結果的にめんどくささが緩和されて転職活動が効率的になっていきます。

また、不採用が続いて気持ち的に落ち込む際も、タスク管理を徹底して可視化しておくことで「頑張ってるのに…」と体感ではなく「今までこれだけ応募してきたんだ!」と多少の自信にはつながるはずです。

転職活動関わらず、タスク管理を行って数値化することは後々新たな気づきや効率化について検討する材料ともなるので、この機会に習慣づけておくといいでしょう。

転職エージェントを利用して負担を減らす

文中で何度か紹介している通り、転職活動の負担を減らしたいなら転職エージェントは使っておくといいでしょう。

転職エージェントは無料で利用でき、求人選びからスケジュール調整まで、転職に関するサポートを行ってくれます。

エージェントとのやりとりが必要な分、めんどくさいと感じる方もいるでしょうが、しっかりと担当者に相談してアドバイスを受けておけば、悩む時間やストレスが大幅に減るはずです。

それでも「転職エージェントで相談するのはめんどくさそう…」と思われる方は、以下の記事も確認しておき、エージェントを使う際の注意点を抑えておくといいでしょう。

関連:転職エージェントがめんどくさいと感じた時の対処法

いずれにしても、一人で悩んで抱え込んで行動に移せないよりは、転職エージェントに相談した方が何倍もスムーズに行動につなげられるはずですので、この機会にご利用を検討してみてください。

とくに当サイトでオススメしている転職エージェントは以下の3つです。

※全業者コロナウイルスに伴いオンライン面談に対応中。

  • リクルートエージェントオススメNo.1…国内第1位のリクルートのエージェント。転職成功者実績40万人。求人数20万件以上。スピーディな対応で3ヶ月の転職も可。経歴・学歴・年齢不問で誰でも利用可能。有名企業・大手企業の求人多数。
  • ウズキャリ面談対応の丁寧さNo.1…面談の丁寧さが売りの20代向け就職支援サービス。社員に退職経験者が多く親身な対応がネット上で好評。
  • ハタラクティブ未経験者にオススメ…急成長中のレバレジーズ社の手がける、20代向けのエージェント。中卒から大学中退者まで受け入れ幅が広く、未経験職に就けるチャンス。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今はコロナウイルスの影響での不況に備えて転職求人が少なくなる前のタイミングだと言えるので行動は早めにしておくべきです。

※多くの転職業者や紹介先企業でオンライン面談が進んでいるので、在宅からでも転職活動が非常に進めやすい状況になっています。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

リクルートエージェント公式サイトへ

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ウズキャリについて詳しく知りたい方はこちら

→ハタラクティブについて詳しく知りたい方はこちら

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました