転職すれば年収は上がるって本当?給料アップの転職を成功させたい人は読んでおこう

「転職すれば年収は上がるの?」と疑問に思っていませんか?

結論から言っておきますと、今の年収が本来の人材市場価値より低いのであれば、上がる可能性は大きいです。

しかし、年収を決める要素には複雑な理由が上がるので、誰しもが必ず上がるというわけではありません。

また、年収が上がるキャリアアップ転職は、それだけ人材として求められるものや期待される要素も高くなるので、仕事のレベルや専門性も高くなる傾向にあります。

ですので一概に転職すれば必ず年収が上がるとは断言できませんが、条件さえピッタリ当てはまれば年収が上がることは確かではあります。

そこで当記事では、転職して年収が上がるケースとそうでないケースについて、ざっくりとではありますが、ご紹介してまいります。

スポンサーリンク

転職で年収が上がるケースは?

今の仕事の年収が不当に低い場合

転職して年収が上がるケースは、今の仕事の年収が不当に低い場合。

これは「年収が上がる」というよりは、本来の自分に見合った額の年収を受け取れる会社に転職するだけですので、当てはまる方は転職するだけで年収が上がるはずです。

具体的に今の仕事の年収が不当に低い方の例としては、

  • 不況時に妥協して就職した
  • 会社の経営赤字で大幅に年収が下がっている
  • 上司や人事の査定で不当に低く評価されている
  • 大きな仕事が任せられず、活躍の機会が得られない(=評価を得られる機会が少ない)

…など。

個別に解説していきます。

今の会社に妥協して就職してしまった場合

今の年収が低い人の条件としては「今の会社に妥協して就職してしまった場合」でしょう。

  • 不況時に選択肢が少なく、しょうがなく今の会社を選んだ
  • 業界分析・企業研究をしっかりせず”なんとなく”で職場を選び、ブラック寄りな企業に就いた

最近の不況で言えば2008年の「リーマンショック」の後に入社した方であれば、妥協して就職せざるを得なかった方も多いはずです。

また、内定を早くもらって就活・転職活動の苦しみから逃れたくなって、妥協した職場を選んだ人も当てはまります。

以下の記事でも説明していますが「正社員勤めなのに、最低賃金はフリーター以下」という状態の人も、転職すればまず年収は上がります。(※ただし年齢により、若いうち限定)

このパターンの場合、本当に転職するだけで年収アップ・待遇向上が見込めることもあるので、一度転職活動をしっかり行ってみてください。

とくに20代の都内近郊勤務で「正社員なのに年収200万~300以下」という方であれば、平均年収よりも低いこともあって、転職すればまず年収は上がります。

会社の経営赤字で年収が下がっている

会社が経営赤字で年収が下がっている場合も、不当に年収が低い可能性が考えられます。

とくに中小企業・零細企業であれば、年収が著しく下がった場合は倒産リスクもありますので、年収を上げるだけでなく将来に備えて転職を考えておきたいです。

大企業クラスであれば、経費に関しても「従業員削減(リストラ)>年収低下」という優先順位になるため、劇的に年収が下がるようなことは少ないです。

会社の経営が赤字になって年収が下がる場合、おおよそ以下のような経営方針が行われます。

  • ボーナスが一切出なくなった
  • 従業員全体の月給が大幅に下がった
  • 非正規雇用者の解雇が行われている
  • 業務量に大して明らかに人が足りていないのに採用を行っていない

あまり会社の経営や経理に関わっていない立場の方ですと、会社のリアルな経営状況は把握出来ていないでしょうが、上記なような状態が起こっているのであれば、年収が不当に下げられている可能性が高いと言えます。

上司や人事の査定で不当に低く評価されている

上司や人事による過小評価により、査定で不当に年収が低くなっている方も、転職すれば年収が上がる可能性もあります。

とくに、以下のような方。

上司や人事の査定で不当に低く評価されている方の例

  • 上司と相性が悪く、人事の査定に響いている
  • 人事がしっかりとした評価基準を持たず
  • 仕事での大きなミスにより、査定で年収低下

上司が合わないでつらい…。辞めたい…。職場が合わないと感じたら転職すべきか?【教えない上司・信用できない上司】

仕事で大失敗から立ち直れない時のメンタルケアから対処法。辞めたいと悩んだ時に考えるべきことは?

組織でなおかつ人の判断が加わる以上は、本来の能力や功績以下の年収になってしまうことも、十分に考えられます。

大きな仕事が任せられず、活躍の機会が得られない

年収が不当に低く評価されてしまう理由としては、大きな仕事が任せられずに活躍の機会が与えられないケース。

具体的に考えられる例としては、

  • 自分の上の役職のポストが空いてなく、出世するチャンスがない
  • 会社が保守的で新たな仕事に挑戦できない
  • 同期に優秀な人材がいて、仕事の割り振りで割を食っている

…など。

「自分は能力も挑戦心もあるのに、なかなかチャンスに出会えないで評価もされない」と感じているのであれば、年収が中々上がらないことも十分にありえます。

このパターンの場合、40代以降からの転職成功事例もありますので、意外なチャンスと出会えるかもしれません。

ワンランク上の仕事に挑戦するキャリアアップ転職を行う場合

ワンランク上の仕事に挑戦する「キャリアアップ転職」を行う場合、年収が上がる可能性は大きいです。

どういうことかと言うと「今の自分に出来ない仕事へ挑戦する=キャリアアップ転職」ですので「今までの経歴」はもちろんのこと「これからの成長方針・仕事としてやりたいこと」も、転職の評価基準に含まれることになります。

ただし、キャリアアップ転職の場合は「将来性に期待しての採用」となるので、採用時は年収は据え置き、結果を見て年収アップという判断になりがちです。

また、順当に考えて転職後は新しい職場に適応しながら、さらに難しい仕事を任される立場になるので、相応の覚悟も求められる点には注意。

業種を変えれば年収上昇が期待できる場合

今の職種を維持したまま、業種を変えるだけで年収上昇が期待できることもあります。

平均年収の公開されている「会社四季報 業界地図」などを読めばわかりますが、年収は業種毎にムラがあります。

これが何を意味するかと言うと「やっている仕事内容は変わらないのに、業種が違うだけで年収が変わる」ということがありえるのです。

外資系企業に転職した場合

自分の能力に自信がある方であれば、外資系企業に転職すると年収が上がるケースも多いです。

これには以下の理由があります。

外資系企業に転職すると年収が上がりやすい理由

  • 年収テーブルが日系企業と異なり、年功序列型ではない年収アップが期待できる(外資系企業の多くは経団連未加入のため)
  • 個人プレイ中心の会社が多いので、自分の裁量で行える業務範囲が広い→実力主義になりやすい
  • 国外での仕事も担当出来ると、海外勤務でより年収アップに期待できる

必ずしも「外資系企業へ転職=年収が上がる」というわけではありませんが、組織構造的に実力主義になりやすい外資系であれば、封建的な日系企業よりも年収が上がるチャンスは大きいと言えます。

以下の記事にて、外資系転職エージェントのオススメをご紹介しております。

転職で年収が下がるケースは?

一方で、転職には年収が下がる場合も多く、とくに「待遇・労働条件・勤務内容」にこだわると、年収は妥協して下がりやすい傾向にあります。

年収アップをとるか?
待遇や仕事内容をとるか?

どちらを優先するかは人それぞれですので、転職で年収アップを狙っている方は、冷静に「本当に年収を上げるための転職を行う必要があるのか?」を考えてみることも大事です。

今の仕事の年収が高い場合

転職して年収が下がるケースは、単純に今の仕事の年収が高い場合です。

大企業クラスの年収相場は高め

新卒後、大企業クラスに入社した方の場合、基本的には年収相場は高めだと考えておいて間違いないでしょう。

ベンチャー・零細企業だと相場より高いこともある

これは会社によって分かれるでしょうが、ベンチャー・零細企業の場合、大企業務めよりも年収が高いこともありえます。

その理由は単純で、良くも悪くも経営者との距離が近い分、人件費が自由に設定しやすいからです。

逆に言えば、経営者の一存で信じられないぐらい給料が低い+社会保障の負担も少ないという劣悪な待遇の場合もあるので、冷静に見極めましょう。

勤務期間が長いほど年収は相場より高い

日本の企業では、一般的には勤務期間が長ければ長いほど、年収が高くなります。

これには、

  • 日本の企業の多くはまだまだ年功序列なので、勤務期間が長いほど年収が高くなる
  • 転職・キャリアを意識していない場合、他の職場で通用しにくい

…などの理由があります。

ですので、今の経歴がたまたま転職市場で通用する人でもない限りは、転職しても年収が下がることが多めです。

待遇・仕事の楽さを重視して転職する場合

年収の上がる転職は、その分「今まで以上の能力や成果」を求められますので、仕事もキツイものとなりがちです。

ですので、転職理由として、

  • 今の職場に疲れたから
  • 上司や経営者と合わないから
  • 長時間労働から逃れたい

…というマイナス理由の転職の方向性であれば、年収が下がる傾向にあります。

内定前に年収について交渉していない場合

転職して年収が下がるケースは、内定前に年収面について交渉していない場合です。

どういうことかと言うと、

  • 事前に年収条件を確認せず、雇用契約を結んでしまう
  • 年収について聞くのが失礼だと感じ、うやむやにしたまま採用される
  • 求人票の記載をうのみにしたまま、入社して理不尽に年収を下げられても抗議しない

…など、年収面について会社側の都合のいいように扱われてしまい、こちらから一切打診をしていなければ、転職しても会社側に年収を下げられてしまうこともありえます。

正直な話、経営者や人事側は少しでも年収を下げて人材採用したいのが本音ですので、こちらから一切何も要求しないと、低めの年収で採用されることは珍しくありません。

転職で年収が上がるか気になるなら「MIIDAS」の年収査定がオススメ!

転職して年収が上がるかどうか気になる方は「MIIDAS(ミーダス)」で、今の自分の適性年収を査定してみるのもいいかもしれません。

ただし、MIIDASの年収査定は実際に転職出来る年収額よりかなり高めの結果が出るので、あくまで目安に留めておくのが無難でしょう。

また、現実的に自分が転職した後の年収額を知りたいのであれば、登録を済ませてスカウト・オファー求人をチェックする必要もあるので、正確な転職後の年収を知りたいなら必ず登録まで済ませてください。

年収500万円以上ならビズリーチでヘッドハンティング待ちで年収が上がる

現在、年収500万円以上の方なら、国内でも最高峰クラスの求人が集まる「ビズリーチ」を使っておけば、年収が上がる可能性が高まります。

とくにビズリーチは国内でも優れたヘッドハンターが2500人以上在籍しているため、ヘッドハンティングされて年収アップの転職を成功させるチャンスが得られます。

年収500万以上のクラスの方であれば、登録しておくだけで国内のハイクラスの求人が届き、現実的に自分の年収が上がる転職先を知ることが出来ますので、気になった方はぜひ登録してみてください。

転職エージェントで年収が上がるか聞いてみよう

転職して年収が上がるかどうか気になる方は「転職エージェント」と呼ばれるサービスに登録して、相談してみるのが確実ですよ。

転職エージェントとはプロのアドバイザーに無料で相談できるサービスで、登録しておくだけで自分の経歴に合わせた非公開求人も届きます。

今回の記事でも説明している通り、年収が上がるか下がるかは、本人の経歴や転職先に求める希望条件次第ですので、正確に転職すれば年収が上がるかどうか知りたいのであれば、転職エージェントでプロのアドバイザーに相談しておくのが間違いありません。

また、転職エージェントで転職する場合は、年収が上がるようにエージェント側で交渉も担当してもらえるので、自分1人で転職して年収が下がる心配はなくなります。

転職して年収が上がるかどうか気になっている方は、この機会にぜひ転職エージェントを使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました