【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

転職して会社の人間関係をリセットするのはあり?なし?仕事の対人関係から逃げたくなる心理とは?

転職を考えているあなた、人間関係の悩みに頭を抱えていませんか?「なぜ私ばかりこんな職場の人間関係に困らなければならないの?」、「転職して人間関係を一度リセットしたい」と感じたことはありませんか?また、「新しい環境での人間関係を築くのが怖い」と不安に思っている方も多いのではないでしょうか。

人間関係は、時には新しい風を取り入れることで、より良い方向へと変わっていくもの。学生時代の席替えや大企業での部署替えのように、人間関係を定期的に入れ替えることは、私たちの成長を促進するために重要な役割を果たします。転職することで、新しい環境との出会いを経て、あなた自身の成長や人間関係の質を向上させることができるのです。

この記事では、転職を通して人間関係をリセットし、新たな人間関係を築くメリットと方法を紹介します。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

転職したくなるような厄介な職場の人間関係とは?

人は仕事内容だけで職場を選ぶわけではありません。人間関係の質が働くモチベーションやストレスの要因となることがよくあります。では、具体的にどのような人間関係の悩みが転職を考えさせるのでしょうか。

上司と合わない

「なぜ上司は私の考えや提案を理解してくれないのだろう?」上司との間に深刻な意見の不一致やコミュニケーションの障壁があると、仕事の進行が滞ったり、自分の成果が認められないと感じることが増えてしまいます。

オフィス内のグループ形成や派閥問題

「またあのグループに入れなかった…」オフィス内でのグループや派閥が形成されると、情報の非対称性や、無意識の中での排他的な態度が生まれ、その影響でチーム全体の効率や働きやすさが損なわれることがあります。

仕事の不公平な割り振り

「なぜいつも私ばかりこんなタスクを…」特定の人に仕事の負担が偏ったり、能力や経験を無視した仕事の割り振りが行われると、モチベーションの低下や過度なストレスが生じることがあります。

社内評価が低い

「私の努力は一体誰のために?」自分の仕事ぶりが正当に評価されないと感じると、仕事に対するやる気や継続的な努力を続けるのが難しくなります。

プライベートにまで影響の及ぶ対人関係のストレス

「家に帰ってもあのことばかり考えてしまう…」職場の人間関係のストレスは、家庭やプライベートの時間にも影響を及ぼすことがあり、メンタルヘルスの問題に繋がる恐れも。

職場のいじめやハラスメント問題

「こんなところ、もう耐えられない!」最も深刻な問題として、いじめやハラスメントが挙げられます。こうした問題は、ただの人間関係の悩みを超え、法的な問題や健康被害をもたらす可能性があるため、早急な対応が求められます。

転職して人間関係をリセットしたくなる心理

「転職するだけで、本当に人間関係はリセットできるのか?」この疑問は、多くの日本人が持つもので、日本の歴史や文化が背景にあることを考慮すると、より理解しやすくなります。

日本の国民性や働き方には、戦後の時代にも、旧来の価値観や思考が色濃く残っています。例えば、終身雇用制度や正社員制度は、安定を求める日本人の性質を反映したものと言えるでしょう。これは、経済の高度成長期には効果的であったものの、現代の変化の激しい環境では、柔軟な思考や新しい取り組みが求められています。

人間関係のリセットや新しい環境を求める欲求を否定し「転職は逃げだ」「1つの会社で長く続けべき!」と凝り固まった考えで人生設計することは、変化の激しい時代、個人の成長や変化を促進する要因となります。しかし、未だに終身雇用時代のような凝り固まった考え方が主張されるその背後には、歴史的、文化的背景が深く影響しているのです。

大企業や先進的な企業は、人材の流動性を高めることで、新しい発想や技術の導入を促進しています。これは、経済や社会の成長にも寄与する要因となります。

「また今日も同じ顔を見る…」と感じてしまう日々、様々な感情や考えが頭の中で渦を巻いているかもしれません。転職という大きな選択を考える際、人間関係が大きな要因として挙がるのは意外と多いもの。それぞれの背景や理由を深掘りしてみましょう。

閉塞的な職場の人間関係からの脱却

「この会社での関係はもう行き詰まったかもしれない」と感じること、ありますよね?閉じこもった環境、同じ人間関係のループは、多くの人が感じるフラストレーションの原因となる。新しい環境で、新しい人間関係を築くことで、息苦しさから解放されるかもしれません。

今の会社や周りの変化に期待できない呆れと失望感

変化を求める声に耳を塞ぐ組織。変革を恐れる同僚たち。そんな中で、変わりたい、成長したいと切実に思っているあなたは、毎日を過ごす中で失望感を募らせているかもしれません。

似たような価値観やレベルの対人関係を望む心の声/自己実現や成長を求める欲求

「私の考えや価値観を共有する仲間と一緒に仕事がしたい」。これは、多くの人が望むこと。自己実現や成長を求める欲求は、人との関係性が一致することで、より高まるものです。

「転職を考える時、人間関係が主な理由だと、本当にそれは逃げなのだろうか?」このような問いに、多くの人が直面することでしょう。しかし、私たちの周囲や情報環境が大きく変わった現代、この問いに対する答えも変わりつつあります。

インターネットの出現は、私たちの情報収集やコミュニケーションの方法を根本的に変化させました。物理的な距離や時間の制約から解放され、さまざまな価値観や情報に触れることが可能になりました。この変化により、私たちは自らの考えや価値観をより深く反省し、それを形成・発展させる機会を手に入れました。

情報は、歴史を通じて人々の意識や行動を形成する強力なツールであり、インターネットはそれをさらに加速させる存在となりました。従来のメディアとは異なり、インターネットは多様な情報を瞬時に取得することができ、これにより私たちは、自らの立場や考え方を再確認することができます。

その結果、今の自分に合った人間関係や環境を求め、それを実現するための方法を探ることが一層容易になりました。この背景から、求人情報やキャリアの選択肢がインターネット上で盛んになってきています。

このような変化の中、転職を考える際の人間関係の価値は、より高まってきています。インターネットを通じて得られる情報や価値観の多様性が、私たちの自己実現や成長を求める欲求を刺激し、それを実現するための転職という選択を後押ししているのです。

支配的/依存的な職場の人間関係から逃れたい一心

上下関係が厳格で、自由な発言や提案ができない職場。支配的な上司や依存的な同僚との関係に疲れてしまったあなたは、この関係からの逃避を切実に望んでいるかもしれません。

プライベートと仕事の切り分け/ワークライフバランス

「仕事終わりには、私の時間を楽しみたい」。しかし、今の職場ではプライベートと仕事の境界が曖昧で、自分の時間が持てない。ワークライフバランスの重要性を感じる今、新しい環境での切り分けを望むのは当然のこと。

人間関係を理由に転職を検討する際のポイント

人間関係のストレスから逃れるための転職は、多くの方が考える選択の一つです。しかし、慎重な検討と計画が必要です。そこで、人間関係を理由に転職を検討する際のポイントを解説します。
人間関係の悩みは、仕事の中での大きなストレスの一つ。しかし、転職を成功させるためには冷静な判断と計画が不可欠です。上記のポイントを参考に、自分にとって最適な選択をしましょう。

転職のタイミングと準備期間の計画を立てる

「こんな職場、もう耐えられない!」と感じること、誰しもがあるでしょう。しかし、短絡的な決断は後悔の元。転職のタイミングを見極めるとともに、適切な準備期間を設けることが大切です。新しい職場にスムーズに移行するための計画をしっかりと立てましょう。

新しい職場での人間関係をイメージする

転職を決意したものの、新しい職場での人間関係が以前と変わらない、あるいは悪化することも考えられます。過去の失敗を繰り返さないためにも、新しい環境でどのような人間関係を築きたいか、しっかりとイメージを持つことが重要です。

既存の職場での問題を反省し改善策を考える

「私のせいじゃない、周りが悪い」と簡単に考えるのは危険です。自分自身の問題点やコミュニケーションの取り方を再評価し、それを改善する方法を考えることで、次の職場での人間関係の構築がスムーズになります。

転職先の企業文化や人間関係をリサーチする

「転職したはいいけれど、これでは元の木阿弥…」とならないためにも、転職先の企業文化や人間関係をしっかりとリサーチすることが必要です。面接の際や、企業の情報収集を通じて、自分に合った環境かどうかを見極めましょう。

人間関係以外の転職理由も考慮に入れる

人間関係だけでなく、給与や福利厚生、職種や業務内容など、転職を考える際の要因は多岐にわたります。転職先を選ぶ際には、これらの要因もしっかりと考慮することで、より満足度の高い転職を実現できます。

心機一転、転職で人間関係をリフレッシュするためのアクションプラン

転職は、新しい風を感じるチャンスですが、それだけで心機一転が保証されるわけではありません。「次の職場ではうまくいくだろう」と甘く考えず、実際にアクションを起こすことが大切です。以下に、人間関係をリフレッシュし、新たな職場での人間関係構築に成功するためのプランを提案します。

必要に応じてスキルアップや資格取得を検討する

「人間関係での悩みばかりで、自分の成長が止まっている」と感じる方は多いかと思います。転職を成功させるためには、自分の専門的なスキルや知識をアップデートすることも大切です。それにより、自分の価値を高め、新しい職場での立場や自信を強化することができます。

転職後の対人関係構築に備えて対人スキルを研鑽しておく

「前の職場の人間関係が上手くいかなかったのは、自分のコミュニケーションの取り方が悪かったのでは?」と不安を抱える方もいるでしょう。転職を機に、対人スキルやコミュニケーション能力を研鑽することで、新しい職場での関係構築がより円滑になります。

転職エージェントを活用して人間関係の合う職場を見つけ出す

「次の職場も、前の職場と同じような人間関係になったらどうしよう」という不安。それを避けるために、転職エージェントを活用し、自分の性格や求める人間関係に合った職場を見つけることが大切です。エージェントは、企業の文化や雰囲気をよく知っており、あなたに合った企業を提案してくれます。

以下に、弊サイトで厳選したオススメの転職エージェントをご紹介していきます。

  • LHH転職エージェントオススメNo.1!
    世界60カ国に展開する外資系企業アデコの運営する転職エージェント。360度式コンサルティングで担当者のレベルが高く本物のプロの転職サポートが受けられる。自分に合った求人だけ紹介してもらうことで無駄のない転職活動を進められる。担当者の交渉力も高く年収アップにも期待できる。
    →LHH転職エージェントの紹介記事はこちら
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス)異業種へ転職したい方必見!
    「適職診断→適職に就くためのキャリアプラン作成→適職に就くためのスキルアップ講座」を行うことで、未経験からでも異業種へ転職して年収アップを実現することを可能とした、次世代型エージェント。キャリア支援・スキルアップ講座ともに空いた時間にできるため、長期間での転職活動確実な年収アップ希望する職種への転職成功を目指したい人向け
    →WorX(ワークス)の紹介記事はこちら

いずれのサービスも登録無料で使え、登録自体もすぐ終わるものが多いので、少しでも転職活動に興味があったり、自分に合った求人が閲覧したい人は登録してみてください。

また、初回面談を済ませることで他では見られない非公開求人も紹介してもらえるため、最初のメール対応や面談対応を確実に行っておくだけで有利に転職活動を進められます。

以下に、より詳しくオススメの転職エージェントについて解説していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

その他、オススメの転職エージェント

ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はこちらも合わせてチェックしてみてください。

 

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました