20代の転職は意外と楽勝!カンタンに効率良く転職を成功させるコツとは?

20代の転職は、かなり楽勝です。

というのも「業界の若手不足」「少子高齢化」「就職・転職の売り手市場」という好条件が重なり、20代にとって転職先は選び放題な社会情勢になっているからです。

20代の転職成功率は8割…つまり、10社受ければ8社からは内定がもらえるレベルで楽勝です。

逆に、30代に近づくにつれて、転職で求められる能力や経歴も徐々に高くなってくるため、転職するなら20代がチャンスです。

この転職の絶好の機会を逃さないためにも、楽勝で良い会社を見つける方法を教えます。

変化する日本の転職市場

まず、転職が楽勝である根拠を「社会情勢」「転職市場」などの”客観的な事実”から紹介します。

基本的に就職・転職というのは、経済状況による運ゲーです。

人材というのは、会社にとって「商品」なのですから、会社の経営状況や経済状況によって、人材採用を控える会社が増えるわけですね。

なので、ぶっちゃけた話が「本人の能力」や「本人の経歴」なんて、飾りでしかないわけです。

経済難で採用の厳しい会社は、どんなに優秀な人材でも採用を見込むこともあります。

逆に、経済状況が良ければ、バブルの頃のように大量採用をすることもあります。

そのため「転職はタイミングが命」なわけですね。

株や投資と一緒で、国の経済状況がいい時にこそ、行動するべきなんです。

「働き方改革」で二極化する雇用情勢

ところが、今の日本では「貧困問題」「二極化」という、社会的な格差が広がっています。

非正規雇用やブラック会社勤めは、大した経歴も積めないまま低賃金で使い潰され、また似たような転職先で同じ目にあいます。

そういった低収入層が「転職してもいいことない!」と言っている一方で、働き方改革の進んでいる企業に転職した人は「ホワイトすぎワロタ」「年収上がった」「テレワークで自宅勤務」と、転職先にも既に格差が生まれているのです。

関連記事:転職するなら売手市場の今!すぐに転職活動すべき理由を社会情勢から徹底分析!

非正規や低収入層はますます辛くなるのみ

こういった日本の経済・政治事情もあり、非正規雇用や低収入層は、転職が楽勝な今のうちに将来性のある会社に転職しなければ、この先暗い人生が待っています

実際、私の20代後半の友人もブラック企業に新卒で入社した後、転職してホワイト企業に入った人と、非正規雇用でダラダラ職を転々している人の二種類で別れています。

よく、非正規雇用で「賃金上げろ!」「非正規の待遇良くしろ!」と言っていますが、それは行動しない弱者の言い訳でしかありません。

転職が楽勝な今の社会情勢で、転職活動していない方が悪いんです。

真面目に転職活動すれば、低学歴やニート・フリーターでもチャンスのある人材市場状況ですからね。

先に行動した人ほど、得をするんです。

転職に必要なのは”行動力”のみです

転職活動で最も大事なのは、行動力です。

今までの経歴がどうとか、今の会社の功績がどうとか、そんなことよりは「まずは行動」です。

よく万全に準備してから転職活動を開始する人がいますが、それでは遅すぎます。

もし準備したり、キャリアや資格を転職に活かすのであれば、セミナーに参加したり、キャリアコンサルタントに相談してから、転職市場で高く評価される人物像を把握しておきましょう。

もしそうでなく、自分の思い込みや理想で転職の準備をしているのであれば、それは確実に転職では有利になりません。

そんなことをするぐらいなら、まずは転職サービスに登録して、キャリアコンサルタントにしっかり相談しておくべきですからね。

転職に成功するための鍵は”良質な生の情報”です。

行動すれば「意外と楽勝だった」と思えます

大手の転職サイトなどでは、門前払いで求人情報の募集要件のハードルをかなり上げています

そのため、行動する前に「大丈夫かな?」「これは今の経歴では受からないだろ…」と諦めて、行動しない人も多いんです。

しかし、実際のところは「行動してみたら意外と楽勝だった」ということも、結構あります。

企業側の出している求人条件はあくまで「目安」でしかなく、条件を満たしてなくても面接まで行き着くことは結構あるんです。

とくに余裕のある企業ほど「とりあえず、会って面接だけでもしておこう!」と思うので、自分で勝手にハードルを上げず、行動してみることが大切です。

「転職エージェント」で転職は楽勝になりました

転職が楽勝になった大きな理由に「転職エージェント」というサービスが登場したことが挙げられますね。

転職エージェントとは、キャリアアドバイザーが担当について、徹底的に転職のサポートをしてくれます。

大手の転職エージェントでは、優良企業とのコネがあるため、転職成功率が圧倒的に高くなります。

そのため、自分1人で転職するよりも、転職が劇的に楽勝になると言えますね。

言ってしまえば、転職エージェントの担当を通して企業とコネが出来るわけですから、これほど心強いものはありません。

担当が転職の面倒な手続きは全部サポートしてくれます

転職エージェントでは、何と言っても履歴書・職務経歴書の作成から、面接の指導まで、しっかりサポートしてくれるため、自己流で行うより転職活動がグッと楽勝になります。

また、一度履歴書や職務経歴書を作成してしまえば、転職先への応募もエージェント側が担当してくれるので、わざわざ落ちる度に書き直す必要もありません。

さらに、担当のエージェントが事前に紹介先企業に推薦状を書いてくれるため、面接でも120%自己アピールできます。

非公開求人は優良求人がかなり多めです

転職エージェントの最大の魅力は、非公開求人が多いことです。

優良企業の求人とは、見込み無しの希望者を門前払いするため、非公開求人として扱うことが多いです。

非公開求人では、超優良企業や、大企業の新規事業の求人など、めったに出会えない優良求人が多数取り扱われているため、転職で年収・待遇アップを狙いやすくなります。

逆にハローワークや無料転職サービスの情報は、人手不足のブラック企業や、求人に広告費を払わないケチな会社、あるいは求人の知識もない情弱企業になるので、いくら時間をかけても良い企業と出会えないリスクが高くなります。

転職を成功させる鍵は、非公開求人にこそあります。

転職エージェントはマッチング精度がかなり高い

転職が厳しくなる理由に「ミスマッチ」という原因があります。

どんなに経歴のある人材でも、相手の人柄や技術力がはっきりわからなければ、人事は辞めるリスクを見越して、不採用にしてしまうわけですね。

そうなると「入社していれば活躍できた人材」の取りこぼしも多くなります。

逆に、経歴や面接でのコミュニケーション力は抜群だったにも関わらず、現場に入るとまったく仕事できない…なんてパターンも考えられますね。

転職に一番重要なのは、マッチング精度…つまり”相性”です。

どんなに企業にとって必要な経歴や技術のある人材でも、致命的に社風や社内の人間関係に合っていなければ、会社からすれば扱いづらい人材ですからね。

逆に、経験や経歴が足りていない人材でも、企業の社風に合っている人物であれば、成長性を見込まれて採用される確率が高くなります。

転職エージェントはそのマッチング精度を高めるべく、担当を通して企業と転職希望者をつなぐ、恋のキューピッドみたいなものですね。

「転職エージェント」を利用して楽に転職しよう!

今回説明したように、

  • 日本の良好な経済状況
  • 働き方改革で余裕のある企業が増えた
  • 転職エージェントで転職活動が変化している

…という状況もあって、転職活動は楽勝になっています。

とくに職務経験のある方であれば、転職エージェントを通して思いもよらない転職先企業が見つかる可能性が高いので、まずは登録して面談で話を聞くだけでも、転職に対するイメージが変わると思います。

私も、転職エージェントとの面談で優良な転職先候補を紹介してもらったことで、転職に対する意識が変わりました。

転職は、みなさんが想像している以上に楽勝で成功します。

売り手市場で優良求人が出回っている今のうちに、行動しましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ