転職の志望動機が思いつかない場合の対策と考え方。転職理由が浮かばないなら読んでおこう

「転職したいけど志望動機が思いつかない…」
「転職理由が思いつかない…」

このようにお悩みではありませんか?

筆者も志望動機や自己アピールを考えるのが苦手で、就活・転職活動ともに苦戦した過去を持ちます。

その結論からひとつだけアドバイス出来ることは、

「様々な視点や情報から志望動機を掘り出してみる」

…ということです。

というのも、志望動機は2つの側面があり、

  • 純粋に自分の中から出てきた動機
  • 企業側の理念・事業内容に合わせてアピールする動機

…の2つがあり、どちらも大事になってきます。

この2つの志望動機が、企業人事側の求めている人物像とピッタリ合致すれば、採用される確率は劇的に高まるはずです。

志望動機が中々思いつかないで悩んでいる方は、自分に合った転職先を見つけ出すためにも、ぜひとも当記事を参考にしてみてください。

スポンサーリンク

志望動機は「とくにない」のが当たり前

就職活動・転職活動中の方がつまづくポイントとしては「志望動機がとくにない=やりたいことがない」という悩み。

あらかじめ言っておきますが、仕事に「やりたいこと」「夢や目標」「強い動機」なんて、普通の人にはなくて当然です。

企業側からすれば「強い動機や使命感を持って自社に入社してくる人」が来て欲しいのでしょうが、現実問題、そこまで仕事に強い動機を持って転職してくる人なんて少数派です。

多くの人は「他の会社よりも条件がいいから」「有名な企業だから」「将来性が安定してそうだから」など、その程度の動機しかなくて当たり前です。

何が言いたいのかと言うと、自分の中にどれだけ熱意や夢がないかを把握しておけ…ということが言っておきたいのです。

「面接は嘘つき大会」ではない

よく「面接は嘘つき大会だ」「志望動機は建前並べておけばOK」みたいに言われますが、それは単に勘違いです。

「絶対に受かるための人事受けのいい志望動機」という発想で志望動機を捏造すれば、確かに「面接は嘘つき大会」だという発想に行き着くかもしれません。

ですが、ないものを無理やりひねり出したところで、出てくるわけもないのです。

むしろ、自分の心の中にない志望動機をアピールして、それで採用されてしまった場合、実際に働いてみて温度差を感じ、早期退職につながる可能性だってあります。

企業人事も採用経験があってバカではないので、そういう「どこかで聞いたことのある薄っぺらい志望動機」なんて、すぐに見抜きます。

社会人として本音と建前を使い分ける能力は大事ですが、そもそも志望動機ですら建前ばかり並べないといけないような会社、実際は「大して就きたいと思っている会社ではない」わけですので、応募する必要はないでしょう。

以下の記事などにも書いていますが「面接官受けを狙う」「絶対に受かるための心にもない志望動機を考える」「例文に習ってマニュアル的な志望動機を書く」という方法は、かえって逆効果になりやすいので、考えを改めておくといいでしょう。

転職の志望動機の具体的な作り方は?

以上の説明をまとめて、まずは、

  • 最初の段階で志望動機はなくて当たり前(多くの人に仕事に強い熱意や思いがなくて当然)
  • 志望動機が「ウソ」であってはいけない(それで受かる会社は思い違いが多くなる)

…という前提を意識しておいてください。

熱意や強い動機など、心の中になければどうあがいても生み出せないのですから、無理にこじつけて志望動機を作る必要はありません。

ここから紹介するのは、あくまでそういった「仕事に強い熱意や動機がない人でも出来る、実用的な志望動機の作り方」です。

あらかじめ言っておきますが、志望動機にはこれと言った正解はありませんし、見つけ出すためには色んな情報や考えを参考にする必要があることは知っておいてください。

逆に言えば、志望動機が浮かばない人は事前の情報収集が全く出てきていない証拠だとも言えます。

…とは言っても、志望動機などすぐに思いつくものでもないので、難しく考え過ぎず、以下のような考え方を試してみてください。

自己分析をしっかりしておこう

志望動機を探し出すためには、まずは「自己分析」をしておきましょう。

「自己分析」と聞くと難しく考えがちですが、以下の要素を自分の経験から考えてみると、わかりやすいです。

自己分析のために考えておくこと

  • 自分に何が出来て、何が出来ないか?
  • 自分の性格上、どういう人と仕事したいか?
  • 将来、自分はどのような人材に成長したいか?

これがしっかりと答えられるのであれば自己分析が出来ていると言えますが、逆にしっかりと答えられないのであれば自己分析不十分です。

自己分析の注意点ですが、社会人としてある程度の失敗経験がないとしっかり出来ないものなので、20代の未経験職に就きたい方(新卒・既卒・第二新卒)は、そこまで出来てなくても採用してもらえます。

あくまで「自己分析出来たほうが、人事に自分のことをわかってもらいやすい」という認識でいると、判断を誤らずに済むはずでしょう。

自分の強みがわかる「グッドポイント診断」を使っておこう

自己分析のやり方がわからなかったり、自分の性格的な強みが実感できていない方は、リクナビNEXTが提供している「グッドポイント診断」の利用をオススメします。

リクナビNEXTは転職ツールでもあるので、診断結果を基に求人が届くこともあり、自分の隠れた強みを引き出してくてる会社から面接のオファーが届くチャンスです。

ただ、あくまで診断ツール(アセスメントツール)ですので、志望動機や自己アピールに活かすためには工夫が必要になってくる点には注意。

グッドポイント診断の診断結果だけに頼りすぎないことも大事だと知った上で、参考程度に使っておくといいでしょう。

企業研究・業界分析もしっかりしておこう

志望動機を考える場合「企業研究・業界分析」もしっかりしておくと、志望動機が浮かびやすくなります。

企業研究・業界分析のやり方

  • 企業の関連本などを読み、その会社の社風や考え方を知っておく
  • SNSで情報発信している人がいれば、フォローしておく
  • 取引先との関係や事業内容、その会社の歴史などを知っておく

早い話、その会社ですでに働いている先輩・上司で考え方に共感できる人がいれば、その人と同じ志望動機を使うことも出来るので、

逆にあまりオススメできないのが、

「会社の口コミ・評判を参考にし過ぎる」
「企業ホームページを参考にし過ぎる」
「会社の製品・サービス内容ばかりを調べる」

…などの方法です。

なぜかと言うと、どれも「消費者向け」「取引先となる法人向け」であり、これから入社して働く社員に向けて書かれていないので、情報そのままの意味で受け取ると、判断を誤りやすいからです。

また、求人票に関しては、大して詳しい内容を書いていない企業も多い点にも注意。

いずれにせよ、企業研究や業界分析をしっかりするためには、情報をうのみにせず、

  • 自分に合った情報を精査する
  • 企業側の”意図”を見抜く
  • 限られた情報から想像できる社内状況まで”読む”

…など、受け取り手の判断力や機転が試されるものです。

熱意や思いの強さも大事

冒頭では、志望動機について「熱意や思い入れなんてなくてもいい」とは書いていますが、あるならもちろん志望動機にした方がいいです。

以下のように「なぜ?」と突き詰めて考えてみましょう。

志望動機にしたい熱意や思い

  • なぜ、その会社で働きたいと思ったのか?(他の会社じゃダメな理由は?)
  • その会社が好きな理由は?(逆にその会社の嫌いな部分は?)
  • その会社を知った経緯は?(なぜその会社を以前は知らなかったのか?)

このように「その会社じゃないとダメな理由」と同時に「その会社じゃなくてもOKな理由」も一緒に考えてみると、自分が本当に志望している企業・業界も見えてきて、志望動機も自然と浮かんできます。

現実的な理由も用意しておこう

志望動機と言うと「何か大きなことを言ったほうがいい」「熱意や夢があった方がいい」とも思われがちですが、そうとも限りません。

むしろ、採用の決め手になるための超現実的かる切実な志望動機の方が、多くの企業では採用の決め手になることも十分ありえます。

たとえば、一般的に「NG」と言われているような、

  • 家から近いため
  • 他より給料がいいため
  • 福利厚生が他の会社よりしっかりしているため
  • 出張がないため
  • ワークライフバランスの実現が出来そうなため(育休制度が充実しているなど)

…などの理由も、他の志望動機と合わせると、人事側の判断材料となります。

なぜなら、他の志望動機は口ではなんとでも言えますが、現実的な理由はどうあがいても取り繕えません。

これは、企業・人事側も「現実的な待遇条件の思い違いから早期退職されるのが一番困る」という理由で、もっとも重視している要素でもあります。

逆に言うと、現実的な志望動機を一切口にしないで、安請け合いするように採用されてしまって早期退職してしまうぐらいなら、不採用覚悟で企業側のウケが悪くなりそうな志望動機もハッキリと意思表示しておいた方が、ミスマッチ採用を未然に防げるということです。

とくにそこまでスペシャルな人材を求めていない中小企業クラスであれば、現実的な理由のほうが重視される傾向にあるので、これは必ず志望動機に加えておきたい項目です。

志望動機は複数用意しておこう

志望動機が浮かばない人は、志望動機を1つに絞らずに複数用意しておくのも手でしょう。

企業・人事側が一つの志望動機だけで採用の是非を判断することは、まずありません。

企業側の採用意図や、人材の年齢層やポジションによって、

  • 熱意や人柄などのポテンシャルを見ているのか?
  • 今までの経歴やスキルから、実務能力を見ているのか?
  • 管理職候補として、人間性やコミュニケーション能力を見ているのか?
  • 人手不足のため、即採用するための軽い審査なのか?

…など、企業側がどのような志望動機を求めているかはわからない以上、あらゆる志望動機を用意しておき、人事側の要求に合わせて使わけておく必要があります。

志望動機は難しく考えすぎないことが大事

以上のように、志望動機を考え出すためのコツやアイデアは、色々あります。

どれが正解かは人事が決めるわけですし、人事としても「なんとなく採用」ということも珍しくはないので、あまり難しく考えすぎないことも大切です。

また、考えてもすぐに志望動機が浮かぶものでもないので、行動しながら考えてみることも大事です。

転職エージェントに相談して志望動機を考えておこう

志望動機がどうしても思いつかない方は、転職エージェントに相談して、一緒に志望動機を考えてもらうのもありでしょう。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが転職に関する総合的なサポートを行ってくれるサービスのことで、経歴・年齢問わず、誰でも無料で利用できます。

今回ご紹介したような志望動機を考えるためのテクニックや考え方を、より自分に合った形で教えてもらえますので、志望動機が浮かばないで転職活動で難航している方は、この機会に転職エージェントを活用してみてください。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました