転職失敗すると人生終わり?死にたいと思い悩んでいる人に知っておいて欲しいこととは?

「転職に失敗したので人生終わり!」
「転職に失敗したから死ぬしかない…」

このように悩んでいませんか?

転職に失敗してしまうと会社に居場所がないと感じ、死にたくなってしまうぐらいにメンタルを病んでしまう人もいます。

なぜ、そのように感じてしまうのでしょうか?
また、転職に失敗して死にたいぐらいに悩んでいるなら、どうするべきなのでしょうか?

当記事では、転職に失敗して死にたいぐらいに悩んでいる読者に向けて、辛い状況を乗り切るための考え方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

転職失敗して死にたいと考えていても自殺する必要はまったくない

まず、転職失敗して死にたいと考えている読者にお伝えしたいことは、転職に失敗した程度で自殺する必要はまったくないということです。

うぅ…そんなこと言われても…
転職に失敗したら人生は終わりだよ…

まあまあ
一度、落ち着くんだ…

もし、転職に失敗して「死にたい…」「自殺したい…」と悩んでいるのであれば、一度自分の心を整理して、不安に感じている要素を把握することが大事です。

▼転職に失敗して死にたくなる不安要因

  • 貯金・収入などの生活に直結する不安
  • 「今の転職先を辞めると次がもう見つからないのでは?」という不安
  • 「転職先をすぐに辞めてしまうことで世間体が悪くなるのでは?」という不安

転職に失敗して死にたくなっている人の不安を見ていると、多くの場合は「先がどうなるかわからない…」という悩みが大きいように感じます。

そのような状態で転職活動を始めてみても、何もかもが上手く行かない気持ちが強くなるので、逆に辛い思いをするだけです。

そして、先がどうなるかわからない不安でいっぱいになると「今の状況を改善するためには何から始めればいいか?」すら考えられなくなり、死にたいと感じるようになるのです。

ですので、転職に失敗して死にたいと考えている方は、まずは「これからどうするべきか?」を考えられる余裕のある精神状態を作ることが大切です。

気持ちの面で不安が消えない方は、国が運営していて全国に電話相談窓口のある「自殺相談センター(こころの健康相談統一ダイヤル)」を利用してみてください。

具体的な解決策を考えるのは、まずは死にたいという気持ちを落ち着けてからでも、遅くはありません。

不安な気持ちを誰かに相談するだけでも
心が整理できて余裕ができるかもしれませんよ!

転職失敗で死にたいと考えるのは「楽になりたい…」と思うから

転職の失敗に関わらず、死にたい・自殺したいと思う人の多くが「楽になりたい…」と考えるあまり、死ぬという解決策にたどり着きがちです。

転職に失敗して死にたいと感じてしまうのも「楽な転職先に就きたい」「転職先で楽な仕事がしたい」と心のどこかで思っているからこそなのです。

う~ん???
つまりどういうことですか…?

要は「今の仕事が楽ではない」から
他に「楽になる選択肢」がなくなってしまい
「自殺する」ことが一番楽な選択肢に思ってしまうわけだ

転職に失敗してしまった場合、思考が行き詰ると以下のような考え方になってしまいがちです。

▼転職に失敗して死にたいと考える人の思考パターン

  • 今の仕事を必死に続けてみる→続けても辛いだけ
  • 今の転職先を辞めて休む→収入が途絶えたり世間体が悪いので不安になる
  • 次の転職先を見つけるため転職活動を始める→辞めたらいい転職先が見つからないしめんどくさい

仕事を辞めるにしても続けるにしても、どちらも「楽になる」という未来がないため、思考ががんじがらめになって「自殺=一番楽になれる選択肢」と考えてしまうわけです。

一方で、健全かつ前向きに物事を考えられる場合、以下のような考え方も出来ます。

▼転職に失敗しても死にたいと考えない人の思考パターン

  • 今の仕事を必死に続けてみる→続ければ仕事も楽に感じるかもしれないし余裕ができるはず
  • 今の転職先を辞めて休む→ゆっくり休むことで考えがまとまりより良い転職先が見つけられるかもしれない
  • 次の転職先を見つけるため転職活動を始める→今より良い転職先や楽な仕事が見つかるかもしれない

「転職に失敗すること=悪いこと」だと考えると、ついつい自分を責めてネガティブな考え方になってしまいます。しかし、転職に失敗したことをフラットに捉えると、続けることも辞めることもポジティブな捉え方もできるはずです。

続けることも辞めることも辛いと感じるのは
「楽になりたい」という気持ちがあるからですね…

いずれにせよ、転職に失敗したと感じているのであれば「失敗を受け入れてどうするべきか?」を考えなければ、次の行動が決められないまま、がんじがらめになって「死にたい…」と考えてしまいます。

ですので、まずは心を落ち着けて「自分はどうするべきか?どうしたいのか?」をしっかりと考えましょう。

転職に失敗した後にどうすればいいのかわからない方は
以下の記事も読んでみて参考にしてください!

なぜ日本人は失敗したら死にたがるのか?

日本人には伝統的に「負けたら死ねばいい」「潔く死んだほうがかっこいい」という武士道精神が、遺伝的に刻み込まれています。

そのため、

「突っ込んで潔く命散らす方がかっこいい!」
「有終の美を飾って死ねば歴史的に評価される!」
「自殺すれば苦しみから逃れられる!」

…などと思われがちです。

しかし、あなたが三島由紀夫クラスの文豪でドラマのある人生を送っている人物でなければ、死んでも「あいつ、人生やめたってよ」で終わりです。

ちなみに、日本の警察の死亡鑑定では遺書がなければ「変死」扱いされることもあり、自殺としてすら扱われない可能性もあります。

このように「死んでもどうにもならん」と知っておけば、すぐに死にたがる悪いクセはなくなるはずでしょう。

「代わりは必要ないわ あなたが先に消えるもの」

死にたがり人間が大好きな台詞が「私が死んでも代わりはいるもの」「私が死んでも誰も悲しまない」などという、本当は構って欲しくて、助けて欲しい時に漏らす類の軟弱な台詞です。

また、失敗して追い込まれた時に「このまま世界が終わればいい…」「隕石が落ちて全人類が滅びればいい」と、破滅願望を抱きがちです。

そういった心理と同じ感じで「転職に失敗した死ぬ…」と思っている方もいるでしょうが、私からすれば「転職に失敗した!!ハメやがってクソがッ!!…全員殺す」という感じで、殺意の波動が目覚めるきっかけとしか思えません。

失敗したら死ぬんじゃなくて「てめえら全員ぶちのめすぞ?」と思えばいいのです。

そんなに死にたきゃ「”愛”でお前を殺してやる」よ

(c)テラフォーマーズ 集英社

転職に失敗してそれでも死にたいと思うのであれば、いいでしょう。

愛でお前を殺してやるよ。

仕事で言うところの「やりがい」や「モチベーション」というのは、突き詰めればすべて「愛」です。

自分の会社のために尽くす忠誠心も、家族のために理不尽に耐え続けられるのも、仕事自体が楽しくてしょうがないのも、すべては愛あってのこと。

つまり、あなたが今やっている仕事、あるいは私生活には「愛」がないんです。

愛がないまま「お金になればなんでもいい」「大企業・有名企業ならどこでもいい」程度の動機しかないから、仕事に愛が持てないのです。

誰にも感謝されない。
期待に応えても「そんなの当たり前」と突き放される。
恩は仇で返され続ける。
誰のために仕事しているのかわからない…。

私がそんなふざけた環境にも耐えられるのは、今はもう「愛」しかないからです。

わかりますか?

どこの誰が読むかもわからない、感謝どころか感想すらもらえない状態で書き続ける孤独と苦悩が?

それでも迷いなく書き続けられるのは、それはもう「愛」しかないからです。

まだ見ぬ私のことを信じてくれる人

当サイトの元ネタは「アイカツシリーズ」ですが、中学生の女の子がアイドル活動と言う名の営業活動からライブまで、仕事をバリバリこなす姿に感銘を受けた当時ニートの管理人が「自分もアイカツしなきゃ…」と愛の波動に目覚めたことが、すべての原点です。

「まだ見ぬ私のことを 信じてくれる人」

誰に届くかもわからない。
誰に認められるかもわからない。
上手くいく保証もない。

暗中模索の中で頑張り続けられるのは、それは「まだ見ぬ自分のことを必要としてくれる人がいる」という確信があるからです。

それがわかっていれば、失敗しようが、周りにボロクソ言われようが、上司や取引先に理不尽に怒鳴られようが、そんなことは些細な問題なのです。

私は今この瞬間だけは、この記事を読むであろう読者ただ1人のことしか考えてませんし、無条件に読者のことを信じています。

本気で救いを求めて読んでくれる奴に、
本気で書かない方が失礼だろ?

だから、読者のあなたももうちょっと本気で読んで、本気で仕事に取り組んでください。

この次元まで考えが至っていないのであれば、それは単純に読者のあなたが周りが見えておらず、世界の慈悲深さと、胸いっぱいの愛に気づいていないだけだからでしょう。

要は「転職に失敗したから死にたい」なんて悩んでいるのは、自分のことしか考えていない証拠でしかないのです。

それでも「失敗した」と思うならまた転職すればいい

それでも「転職に失敗した!死ぬ!」と思っているのであれば、また転職すればいいだけの話です。

一般的に言えば「転職後すぐの転職はマイナス評価」「転職回数が多くなるほど不利」というのは否定できない事実ですが、別に「転職回数10回以上だけどいい会社に就けた」「転職後すぐに会社の経営状況傾いてリストラされた」なんて例も普通にあります。

しかし、人間というのは愚かで、物事の片方の側面しか見ずに「転職後にずっと続けなきゃダメだ…」と判断して、思考ががんじがらめになり「失敗したから死ぬしかない」と思いがちなのです。

人は万策尽きた時に「死ぬしかない…」と思いがちですが、最後の最後まで諦めずに知恵を振り絞れば、活路は開けます。

「転職に失敗して死ぬ…」と悩む暇や余裕があるのであれば、死ぬ気で次の転職先を見つけ出すなり、今の仕事と向き合う方向に考え方を切り替えましょう。

以下の記事では、転職に失敗してしまう人の心理や原因も紹介していますので、こちらもご参考ください。

転職先が合わないと感じる場合の考え方転職に失敗して辛い…。転職先が合わない場合の対処法とは?

転職に失敗したと感じたら転職エージェントに相談しよう

転職に失敗して死ぬと感じているのであれば、転職エージェントに相談してまた転職出来るかどうかの相談してみるといいでしょう。

ぶっちゃけ、転職エージェント側からすれば「利用者が転職成功すれば自社の利益になるから、過去のマイナス経歴とかどうでもいい…」というのが本音です。

ですので、過去の経歴とか関係なく、普通に対応してくれます。

もちろん、経歴的には転職後すぐに辞めるのはマイナス評価になりやすく紹介先企業からはツッコまれるでしょうが、別にそれもしっかり反省・分析さえ出来てさえいれば、次につなげられます。

ただ、そこをしっかりサポートして引き出してくれるかどうかは、読者自身の考え方や、エージェント担当者のカウンセリング力次第なところもあります。

ですので、1人の担当者だけではなく複数のエージェントや担当者と関わってみて、今度は長く働ける失敗しない転職先を見つけ出す考え方も重要です。

「転職に失敗しても、またエージェントを使えばいい!」という考え方を知っておくだけで、精神的余裕が出来ますので、ぜひ転職失敗というトラウマにとらわれずに、使ってみてください。

タイトルとURLをコピーしました