転職に失敗して辛い…。転職先が合わない場合の対処法とは?

「転職したけど失敗して辛い…」

意外とそう感じている人は多いようです。

せっかく意を決して仕事を辞めて転職したというのに、転職先選びに失敗してしまうのはとても辛いものですよね。

しかも、またすぐに転職すると辞めグセが身についてしまうから、辞めるに辞められない…。

そんな心境に身に覚えのある方は最後まで読んでみてください。

スポンサーリンク

転職に失敗したと感じて辛く感じる理由とは?

転職に失敗して辛いと感じてしまう理由は、主に以下の通り。

  • 思ってた仕事内容や職場環境と違う(事前のリサーチ不足)
  • 人間関係が上手くいかない
  • 給料が転職前より低くて生活がキツイ
  • 転職先から多くを求められすぎている
  • 仕事についていけない

それぞれ、個別に詳しく原因を見ていきましょう。

思ってた仕事内容や職場環境と違う

転職に失敗してしまうと感じる大きな原因は「思ってた仕事内容や職場環境と違う…」ということでしょう。

どんな仕事も「やってみなければわからない」ことも多いので、事前にしっかりと職場環境を知っておかないと思い違いは起こり得るものです。

就活生時代から「業界分析」「企業研究」「自己分析」と言った、事前のリサーチと自己理解は大事だとされていますが、転職に失敗してしまう人はしっかり出来ていないのではないでしょうか?

転職先の仕事内容や職場環境が合わないと感じる原因

  • 事前のリサーチ不足
  • 業界分析・企業研究の不足
  • 自己分析の不足
  • 面接段階で職場環境に関しての聞き込み不足

なんにせよ、転職先から内定をもらう前に、自分が納得できるまで転職先の環境や労働条件を確認していない可能性が高いと言えます。

たとえば「給料が前の職場よりも低いから楽な仕事だろう」「面接官の人柄が良かったからいい会社だろう」と安易に決めつけてしまうと、痛い目を見ることになります。

今の転職先で失敗したと感じている人は、事前のリサーチが足りていたかしっかりと反省してみることも大事でしょう。

人間関係が上手くいかない

転職先で失敗して辛いと感じてしまう理由は、職場の人間関係が上手く行かないこともあるでしょう。

中途採用者は元からいる社員からすれば「部外者」なわけで、有り体に言えば「中途半端に人員を雇うなら、自分たちの給料を上げろ!」と思われても仕方ありません。

また、中途採用者を雇うような企業は人手不足なわけですので、現場の人は忙しくて余裕のない人間が多いこともおおいに考えられます。

「自分は部外者だから一刻も早く馴染まなきゃ…」と、冷静に職場の人間関係に馴染むように心がけておくといいでしょう。

給料が転職前よりも低い

転職に失敗したと感じてしまう人は「給料が予想以上に低い」という理由があります。

転職活動において、給料面は転職者の交渉力にかかっているところもあり、しっかりと事前に確認しておかないと、前の職場よりも給料が下がってしまう事態は十分あり得ることです。

とくに前の職場がそこそこいい待遇だけど仕事がキツかった場合、転職して初めて前の職場の恵まれた条件に気づくことも十分あり得ます。

また、大企業と違い、中小・ベンチャー企業の場合は給与体系がハッキリとしていないこともあり、経営者や人事の判断で昇給ペースがまちまちだったり、ひどい場合はボーナスが出ないことも十分考えられます。

転職先から多くを求められすぎている

転職先に失敗して辛いと感じてしまう大きな理由に「転職先から多くを求められすぎている」という原因も考えられます。

中途採用者というのは得てして「仕事の出来る人」「即戦力」として期待されがちで、とくに面接で自己アピールを盛ってしまうと、そのようなことになりがちです。

とくに前の職場が有名な企業であったり、資格や技術がある場合、過剰な期待を寄せられることも珍しくありません。

簡単に言えば「海外で活躍している人材」「東大卒の人材」と聞くと、相手のことをよく知る前から勝手に「すごい人なんだろうなあ…」と思ってしまうのと同じです。

中途採用者は内定をもらった手前、職場から何かを期待されて採用されている事実は忘れてはいけません。

もちろん転職先の期待に応えるのは大事ですが「あまりに求められすぎていないか?」をしっかりと見極め、程よく手を抜きましょう。

どんなにすごい人材でも、いきなり他の職場に適応できるわけがありませんからね。

仕事のレベルが高すぎてついていけない

転職に失敗して辛いと感じてしまう理由に「転職先の仕事のレベルが高すぎてついていけない」というものがあります。

前述のように「中途採用者に多くを求め過ぎる」に加え、転職先の社員は「いち早く職場に馴染んで欲しい」と考えるため、慣れないうちは仕事についていくのもやっとかもしれません。

ですので、転職当社は新人になった気持ちで新しい環境に適応するように努め、それでも辛いと感じるのであれば「転職先選びを間違えた」と割り切って、新しい転職先を見つけ出すのもひとつの選択肢でしょう。

転職に失敗した場合の対処法とは?

  • とにかく続けてみる
  • 転職先に馴染めるように心がける
  • もう一度転職する

とにかく前向きに続けてみる

転職に失敗して辛いと感じている方で、まだ精神的に余裕があるのであれば、まずは続けてみるべきでしょう。

転職後すぐに転職してしまうと、経歴の傷になりがち。

ですので、まずは「本当に今の職場が合っているかどうか?」を見極める意味でも、新人になった気持ちで今の仕事にがむしゃらに取り組みましょう。

最低3ヶ月、出来れば1年ぐらいは続けた方が得るものも気づくこともあるでしょう。

必死に転職先で頑張った上で、どうしても合わない・辛いと感じるのであれば、転職に失敗した事実を受け止め、次の転職先選びは間違えないようにおおいに反省して次につなげましょう。

転職先の人間関係や社風に馴染めるように心がける

転職先にすぐに馴染めるほど、人は適応力があるものではありません。

なぜなら、人生において職場とは数えるほどしか経験しないものだから。

どんな職場でもまるでベテランのようにすぐに馴染める人は、よっぽど仕事が出来る人か経験豊富な人間であって、すべての人間にそれを求めるのは酷というものです。

いくら前の職場で仕事が出来ても、転職してきた人は「部外者」であることに変わないことは忘れてはいけません。

単純に「半端な中途採用者を入れるぐらいなら、自分らの給料を上げろ」と考える社員も多い以上は、中途採用者の風当たりは強いものであり、それに馴染めるかどうかは本人次第です。

「郷に入っては郷に従え」という言葉がある通り、まずは転職先の社風や空気をしっかりと把握して、馴染めるように心がけるといいでしょう。

どうしてもダメなら、もう一度転職する

転職に失敗して辛いと感じるのであれば、最悪もう一度転職してしまうしかないでしょう。

ただし、ひとつ注意。

転職は回数を重ねれば重ねるほど不利になりやすいです。

短い期間に転職回数が多く重なると、経歴の傷として判断されがちになります。

その結果、次の転職先にも馴染めずに何度も転職してしまい、地に足がつかない状態になるのは避けたいですね。

ですので、今の転職先で出来る限りのことはした上で、それでもダメなら転職するという考えで転職活動しておくのがいいでしょう。

また、今の転職先選びに失敗した原因や理由をしっかりと反省した上で、次こそは絶対に間違いのない転職先が見つかるように、慎重に転職先を選ぶことも大事です。

転職エージェントに相談して自分に合った転職先を見つけ出そう

転職に失敗して辛いと感じている方で、どうしても転職したいという方は「転職エージェント」でプロのアドバイザーに相談しておくことを強く推奨します。

転職エージェントとはプロのアドバイザーが自分に合った転職先を紹介してくれるサービスのことで、転職するべきかどうかの相談もでき、無料で利用可能です。

それも1人のアドバイザーや1社のエージェントだけでなく、複数社のエージェントで数人のプロの意見を聞きながら、冷静に本当に自分に合った転職先を選ぶことが重要となってきます。

一番してはいけないのが「自分で探した求人に応募する」というパターンですね。

なぜかというと、自分流の転職活動で内定を決めると、事前のリサーチ不足はもちろんのこと、転職先自体が採用の仕方が甘く、ミスマッチ転職で自分に合わない転職先に入社してしまうリスクが上がるからです。

それを防ぐ意味でも、転職エージェントでしっかりとプロの意見やアドバイスを聞いておき、自分に合った転職先をピンポイントで絞って応募した方が失敗する確率は下げられるでしょう。

次の転職は絶対に失敗したくないという方は、転職エージェントを有効活用してかしこく転職活動してみてください。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました