職場で頻繁にトイレに行ってしまう下痢便女子の私が、仕事に集中できるようになったある方法

私は学生時代よりお腹が弱く、よく授業中にトイレに行く女の子でした。

小中学校では男子から「ゲリ女」と言われ、深く傷ついていた過去があります。

そんな私ですが、高校以降は、下痢止め薬を飲むことで、なんとかトイレ女の汚名を避けて過ごしていました。

ところが、社会人になって接客業で勤めだすと、どうしても緊張やストレスのせいで、便意を催すことも増えました。

また、生活が忙しくて朝に余裕もなく、通勤中にトイレに行きたくなることもありました。

はしたない話ですが、外出先で少し漏らしちゃったこともあります。

そんな私ですが、今は下痢便女子から脱出して、快便で絶好調なOLとしてバリバリに働いています。

そこで、密かに下痢便女子として悩む方々に、私が下痢という悩みを克服した体験談をお届けします。

お腹の弱い人間に社会人は辛い

私が社会人として勤めだしたことは「お腹の弱い人間にとって、社会人は厳しい」という事実でした。

とくに、私が入社した接客業の会社は、休憩時間1時間の間しか、トイレにいけませんでした。

また、日本は「我慢できる人間が大人」という風潮が強いですよね。

しかしながら、下痢便女からすれば「我慢=漏らす」ということなんですよね。

こんなに生きづらい世の中はない…と、社会人になって思い知らされました。

忙しい社会人にとっては健康管理も難しい

社会人なら健康管理も大事!」なんて言いますけど、毎日通勤に1時間もかけた上で、残業など重なろうものでは、健康管理なんかに気をつかう時間も余裕もありません。

さらに言えば、給料も生活費で飛んでしまうので、健康管理のたまにお金をつかう余裕もないですからね。

体質改善のために、食べ物に関しても、一時期勉強してみたんですけど、時間もかかる上に、効果も実感しにくくて結局途中でやめちゃいました。

そうなると結局「下痢止め常備しておけばいいや」って思っちゃうんですよね。

駅前にドラッグストアが多いことからしても、私みたいな社会人は多いと思います。

職場のトイレを使うのは気まずい

また、女性からすると、職場のトイレを頻繁に使うのって気まずいですよね。

とくに私は小中学校時代に「ゲリ女」といじめられたトラウマがあるので、なおさらです。

どうしても我慢できない場合しか、職場のトイレを使わないようにしていました。

出先で下痢が出そうなOLの対策方法

そんなわけで、私は自分のお腹の弱さと向きあうため、色々と対策していました。

その方法をご紹介します。

下痢止め薬は絶対に常備しておこう

私にとって、下痢止め薬は必需品でしたね。

少しでもお腹の調子が悪いと思ったら、通勤前や休憩時間に必ず飲むようにしていました。

「正露丸」はもはや私の人生の相棒とも言えるお薬ですね。

最近ではAmazonでも購入できるので(Prime会員限定)、まとめ買いしておくといいですよ。

場合によってはオムツも使おう

恥ずかしい話ですが、繁忙期などの持ち場を離れられないほど忙しい時期は、オムツの着用もしてました。

やっぱり、オムツを着用することで「漏らしても大丈夫!」という心理状態があると、仕事に集中できますね。

我慢して辛い思いで仕事している方は、大人用のオムツを着用するといいですよ。

どうせ、オムツ履いてても周りからはバレないですからね。

とくにスポーツ用のオムツは、たって仕事することも多い接客業にはうってつけですよ。

朝食に「いちご」を摂取

一時期、私は「薬膳」と呼ばれる、漢方のような食べ物で体質改善をする勉強にハマっていました。

その時に得た知識なんですが、とくに「いちご」は慢性的な下痢に効果があります。

とはいえ、いちごって季節によって出荷量も変わるので、なかなか手にはいらないんですよね。

私は冬の時期にしか食べていませんでした。

いちごグラノーラは、忙しい朝に手早く食事が済むのでオススメですね。いちごの栄養素もたくさん含んでいるので、食事で体質改善したい方にはおすすめです。

食生活に余裕がなければ、サプリメントを使おう

「食生活に気をつかう余裕がない!」という方には「黒梅日和」という、下痢に悩む方向けのサプリメントが一番おすすめですね。

私も食生活に気をつかう余裕がなかったので、最終的にはサプリメントに頼っちゃいました。

毎日飲むだけなので、いちいち食生活に気をつかう必要もなくなりますね。

これがかなり効果的で、毎日飲んでいると、下痢の多い体質が少しずつよくなってきましたね。

今ではあまり下痢に悩まされずに、快適に仕事出来ています。

是非試してみてください。


下痢の多い体質は落ち着いて仕事の出来る職場探しを

また、私は下痢の多い体質で接客業勤めが辛かったので、最終的には転職することにしました。

やっぱり、私みたいにお腹の調子が悪くなりやすい人には、業務中の時間の融通が利きにくく、ストレスも多い接客業は向いてなかったと思いますね。

今は事務職のデスクワークで、お腹の調子が悪くなったらすぐトイレに行ける職場で働いています。

転職先探しには「転職エージェント」と呼ばれる、担当の方を通じて自分に合った職場を紹介してくれるサービスを使いました。

私は学生時代の就活中、面接中緊張しすぎてトイレに行きたくなることが多かったのですが、転職エージェントでは前もってエージェントの方が企業と交渉して、リラックスした面接ができるので、お腹の弱い方でも安心して利用できると思いましたね。

転職理由としては「体調を壊しやすい」と、事前にエージェントに相談しておけば、色々とカウンセリングした上で自分に合った職場をオススメしてくれました。

職場選びで、下痢便に悩まされないで済む生活スタイルをつくることも大事です。

通勤や仕事が理由で下痢に悩まされている方は、転職エージェントを利用して転職を考えてみるのもいいですよ。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは以下の3つ。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業が多め
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが、すべて無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録の際のポイントですが、以下の点に気をつけておけば、面談で優遇される可能性が上がります。

  • 電話連絡に備えて、事前に都合のいい時間を伝えておく(自由記入欄などを活用)
  • 経歴に合わせて求人が届くので、職務経歴は正確に詳しく記入しておく
  • 面談参加に希望しておく

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、担当者によって対応が変わってきますので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「面談に参加したい」と意欲を見せておく
  • 登録後も、職務経歴書・レジュメを定期的に更新しておく
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたり、メールの求人をクリックして閲覧するだけでも、転職エージェント側に履歴が残り、意欲の高い登録者として扱われる

転職エージェントでは、利用者のログイン履歴や求人閲覧履歴がエージェント側に残るため、行動意欲が高い人ほど優良求人の案内や面談参加される可能性が高くなります。

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

ぜひ、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ