トレーダーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

銀行や証券会社、保険会社などのトレーディング部門に所属し、顧客(投資家)のために使用権を売買するのがトレーダーの仕事である。
金融ディーラーが主に所属会社の資金で投資するのに対して、トレーダーは顧客の注文を受けて投資を仲介する。
常に株価や債権の動きを把握しながら、売り時や買い時の情報を顧客に提供するとともに、顧客から注文を受けて売買を行ったりする。
彼らの中には巨額の資産を動かして、顧客に多くの利益を与えている人もいる。
高収入が期待できる一方、競争の激しい職業で強靭な精神力が求められる。
大学で経済と金融の基礎を学ぶとともに、株式や経済の仕組み、政治・経済情勢について常に熟しておかなくてはならない。
証券会社などに入社し、トレーディング業務の基礎を習い、その後は努力と行動力で結果を出しながら経験を積んでいく。
中途採用などでトレーダーを希望する場合は、過去の実績などが重視される。

[デイトレーダー] 企業におけるトレーダーとは別に、インターネットを使って個人的に証券を売買する人たちもいる。
そうした人の中で、自宅で複数台のパソコンを前にして、国内外の証券市場の動向を観察しながら、極めて短時間のうちに何度も売買を繰り返すことで、利益を上げる人もおり、デイトレーナーなどと呼ばれている。
デイトレーダーは、大きな利益を上げることもあれば、逆にそれ以上の損失を出すこともありうる。
また、多くの自己資金と経験を必要とする。
相手を出して失敗する人も多いだけに、慎重な資金運用が求められるビジネスである。

[FXトレーダー] 日本では1998年に「外国為替及び外国貿易法」が改正され、個人が証拠金(保証金)を業者(証券会社や銀行)に預けることで、外国為替の売買ができるようになった。
それが「外国為替証拠金取引(FX)」であり、前ページで紹介したデイトレードと同様、パソコンやスマホで売買を短時間で繰り返して収益をあげる人も出現、FXトレーダーと呼ばれている。
利益が出ることもあれば、大きな損失を出すこともあるので、最初は少額から始めるのが鉄則。
決して無理をしないことが必要だ。

お金に関する仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました