トリマーになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

10月は年末年始に向けて転職活動を始める人が増える時期です。
仕事を辞めようかどうか悩んでいる方にとって、10月は転職を始めるのに最適なタイミングです。

読者の中には「仕事を辞めてもいいかわからない…」「辞めたいけど次が見つかるか不安…」と転職するかどうか迷っている方も少なくないかと思います。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から転職手続きのサポートまで、すべて代わりに行ってくれます。

初めに利用しておきたいオススメの転職エージェントは国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。登録のために必要な経歴や年齢の制限はありません。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でもスマホ一つで手軽に利用可能なので、登録がまだお済みでない方はこの機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

トリマーってどんな仕事?

シャンプーやリンス、毛のカット、爪や皮膚の手入れなど、主に犬の手入れ全般のことをトリミングと言い、その仕事に従事する人のことをトリマーと言いいます。
犬にとっての美容師と言える仕事で、人間相手の美容師と同様、美的センスを問われるため、理容や美容の知識と技術が問われます。
トリマーの9割が女性と言われており、就職先はペットショップやペット専門の美容室や動物病院などになります。
最近は自宅で開業したり個人で出張訪問の仕事をする人も増えているため、長期的には自営業として事業を手がけるための知識も必要になってくることもあります。

トリマーになるには?

犬に対する理容や美容知識が不可欠なため、専門学校に通うなどして基礎的なスキルを身につけた後に就職することが一般的なキャリアだと言えます。
専門学校に通う余裕がない場合や、現場経験を積みながら学びたい場合は、最寄りのトリマー業者に直接採用を頼み込むのも手でしょう。
前述の通り、個人で開業しているトリマーも多く人手はいくらあっても困らないため、助手として実務経験が積める可能性も低くはないはずでしょう。

トリマーに必要な資格やスキル

トリマーになるために絶対不可欠の資格はありませんが、理容や美容の専門的知識技術が必要なのは当然のこと、動物の飼育や栄養管理の知識も習得しておく必要があるため、できるだけ専門の養成学校で学びたいところです。
また、トリマーは直接的には犬を相手する仕事ですが、飼い主に気に入られないとトリマーとしてビジネスを成り立たせることができないため、トリミング技術の他に接客技術も身につけておくと事業が上手く行く可能性が高まります。
同様に将来的にトリマーとして独立開業する場合、最低限の経営や商売の知識や感覚を身につけておく必要もあるため、就職後の勉強も欠かせません。

トリマーに向いてる人は?

  • 動物(犬)が好き
  • 世話好きな性格
  • 手先が器用
  • 最低限の対人スキルがある

大前提として、動物(犬)が好きであることは仕事を長く続ける上では必要不可欠な適性だと言えるでしょう。
トリマーはお世辞にも給料の高い安定性のある仕事だとは言えないため、犬が大好きでトリマーとしての道を極める覚悟がなければ務まらない仕事です。
トリマーとして犬を扱う場合、大型犬などの扱いにくい犬を相手にしないとならないこともあるため、世話好きな性格で我慢強さも必要な場面とも出くわします。
トリマーとしてやっていくためのスキルとして、手先の器用さも大事になってきます。
また、商売としてトリマーをやっていくのであれば、飼い主と信頼関係を気づくために最低限の対人・接客スキルも大事になってくるため、犬だけを相手にしておけばいいというわけではない点にも注意です。

トリマーと関連性の高い仕事は?

トリマーのビジネス的な性質を考えると、ペットや飼い主を相手にするサービス業全般との関連性は高いと言えます。
トリマーとしての接客を行う自信がない場合は、動物の飼育が主な仕事の方に適性があるかもしれません。
スキル面だけで言えば、人間相手の理容師や美容師も共通点の多い仕事ではありますが、ペット相手のトリマーとは必須資格が異なるため、学び直しの必要がある点には注意です。

タイトルとURLをコピーしました