宇宙航空研究開発機構スタッフになるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、宇宙の基礎研究から開発利用にいたるまで1つの組織で一貫して行なっている組織で、アメリカのNASA(米国航空宇宙局)に次いで、欧州宇宙機関(ESA)と並ぶ世界的な宇宙研究開発組織となっている。
宇宙航空研究開発機構スタッフは、ロケットの開発や打ち上げ、人工衛星の開発・運用を行っており、宇宙飛行士だけでなく、様々な分野のスペシャリストが必要とされる。
例えば、ロケットを作る仕事のほか、人工衛星から送られてくるデータを分析する仕事、宇宙探査を行う仕事などはもちろん、それを支える事務系の仕事もある。
そのため、理系・文系を問わず、自分の専門分野を究めていけば、宇宙開発に貢献するチャンスをつかむことができる。
JAXAでは様々な職種で定期的な新卒採用(短大卒以上)を行っている。
職種は理科系や技術系だけでなく、官庁との予算折衝をする経理担当者や広報担当者など文系を求めることも多く、経済や経営をはじめ、法律・会計・外国語などの専門的知識や幅広い能力を持つ人材が常に求められている。
職種や募集人数などの詳細とその応募方法は、JAXAのホームページ上で発表されているので要確認のこと。試験は基本的に書類選考、筆記試験、面接で行われる。
ちなみに、職種によっては新卒採用ではなく、社会での仕事経験が3年以上あるほうが優遇されるものもあるので、自分が働きたい仕事がそれに当てはまるならば、一度社会へ出てその専門の経験を積んでからJAXAの試験を受けるという手段もある。
また各分野の研究者を対象にした採用枠もあるので、大学や大学院などで専門の研究者となってから応募するという方法もある。

タイトルとURLをコピーしました