仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

働く意味と出会える転職エージェント5選!生きる意味を知って仕事に意義を見出したいなら転職するしかないッ!

自分の生まれた意味と出会いたければ、転職活動に本気で取り組むことです。

なぜなら、仕事は人生の大部分の時間を占めるから。

「はぁ~今日も仕事めんどくせー」
「はぁ~今日も残業しんどかった」

こんな毎日を繰り返すために生まれてきたのであれば、あまりに悲しすぎますよね。

しかし、世の中には「これが私の使命だ!」とでも言いたげなほど、仕事に本気で取り組んでいる人もいます。

その違いは何か?

就職・転職活動で妥協せず、天職と出会うまで行動し続けるかどうかの差です。

幸い、今の日本は人手不足、しかも働き方改革で多様な働き方の選択が可能になっているので、転職が経歴の傷になることも少なくなっています。

そう、今や転職することこそが、己の生まれた意味と出会える方法なんです。

そして、より転職で”自分の生まれてきた意味”と出会いやすくなったのが転職エージェントの登場。

関連:転職エージェントの仕組み・特徴・メリット・デメリットを徹底解説!転職サイトとの違いは?

今や、転職では「プロに診断して自分に合った仕事を決めてもらう」というのが当たり前になっています。

では、なぜプロに相談する必要があるのか?

天職と出会うためにはあまりに勉強・知識が必要だから。

以下、転職活動で求められる要素。

  • 履歴書作成(習字並の字の丁寧さが求められる)
  • 職務経歴書作成(エディター並のキャッチフレーズ力・プレゼン力必須)
  • 自己分析(心理学・統計学を駆使したアセスメントツールの利用が必要)
  • 業界分析(経済誌ライター並の分析力と知識が必要)
  • 営業力(無名フリーランスで企業から仕事とってくる並のコミュ力必須)
  • 交渉力(エリート人材を打ち負かし、自分の企画を通すほどの交渉力必須)
  • コネ・人脈(自業界内はともかく、他業界や他年齢層に顔が利くレベルは必須)

…などなど。

ハッキリ言って、忙しい社会人が独学で身につけるのは、常識的に考えて無理なレベルです。

そして、以上のような能力がない場合、中途採用で入社できる企業は「ぶっちゃけ、働ければ誰でもいい会社」「人材採用のノウハウが未成熟なミスマッチ転職待ったなしの会社」といった、会社に限られてきます。

要は「採用側も判定基準がガバガバ」だからこそ、ラッキー転職できちゃうわけです。

しかし、優良企業ほど、採用基準は厳しくなってきます。

なぜなら、企業側も採用ノウハウや選考基準が成熟していて、どの人材が自社に必要か見抜けるからです。

つまり、本来あなたの天職であろう会社ほど、選考基準が厳しく出会いにくいと言えるわけですね。

能力や人間性の面ではマッチしている会社に、たかだか履歴書・職務経歴書のような紙切れのせいで書類選考で落とされ、コネ・コミュニケーション能力がないことで永遠に知り合えないなんて、お互い不幸だと思いませんか?

もし、あなたが生まれてきた意味と出会えていないのであれば、それはあなたが無価値だからではありません。

あなたに生まれてきた意味を与えてくれる会社に出会えていないだけの話です。

そして、働き方改革が進み、ワーク・ライフ・バランス憲章が提唱された日本においては、誰もが「自分らしく生きる=自分の生まれた意味を知る」権利があります。

…であれば、転職活動を始めてみて、自分の天職に出会えるまで行動してみるしかない。

そのサポートをしてくれるのが、転職エージェントなんです。

そこで今回は、より天職と出会って生まれてきた意味と出会いやすい転職エージェントをご紹介していきます。

生まれてきた意味と出会いやすい転職エージェント5選

転職エージェントは国内でも400社以上ありますが、以下の基準で今回は厳選しています。

  • 求人数が多い
  • アドバイザーの提案力が高い
  • 企業の「果たすべき使命」が明確

とくに最後の「果たすべき使命」とは「企業の生まれてきた意味」であり、重要な要素です。

それでは、生まれてきた意味と出会いやすい転職エージェントをご紹介しましょう。

リクルートエージェント

初心者は素直に大手の「リクルートエージェント」を選ぶことをオススメします。

→リクルートエージェントの詳細はこちら

やはり、求人数業界No.1+転職ノウハウが安定している大手は、安定した転職先の提案に期待できます。

また、リクルート社の手がける「リクナビNEXT」では、自己分析ツール・企業からのスカウトもあるので、こちらも利用しておくといいでしょう。

→リクナビNEXTの詳細はこちら

doda

リクルートエージェント同様、初心者向けなのが「doda」です。

→dodaの詳細はこちら

dodaは国内第二位のパーソルグループの手がけるエージェント。

求人数はリクルートエージェントの半分ほどですが、転職総合情報サイトとの併合型で、とにかく効率がいいです。紹介してもらえる求人数も多いので、とにかく”数”って感じです。

また、注目したいのが「キャリアアドバイザーが分業制」なので、心理面・人柄重視の相談が出来るという点ですね。

ネットではやや悪評も目立ち、求人メール数も多いですが、転職エージェントの老舗としてのノウハウやサポート内容は圧倒的ですので、むしろブランド力と情報量任せのリクルートエージェントよりもdodaの方がオススメです。

パソナキャリア

「生まれてきた意味」と出会いたいなら「パソナキャリア」もオススメ。

→パソナキャリアの解説記事はこちら

この会社は圧倒的に「果たすべき使命」に対する意識が高く「クレド」という、独特の社会方針が公開されている点にも注目。

クレドには、私たちのビジョン、ミッション、そして行動指針が綴られています。

ボトムアップの風土、お客様に対するサービスの向上、働きやすさを高める環境や制度、そして、たたえ合う社員同士の関係など、パソナキャリアのすべてがクレドから生まれています。

また、企業理念や方針もブレがなく、社会事業との関わりや紹介先企業とのコネはバツグンに期待できます。

ただ、ビジネス面・広告面については弱いので、いまいち認知度が低いのが難点。

「自分の生まれてきた意味」と、もっとも出会いやすい転職エージェントだと言えるでしょう。

メイテックネクスト

エンジニア・製造系など、理系職関係の方なら「メイテックネクスト」が一番オススメ。

→メイテックネクストの解説記事

運営会社の親会社「メイテック」が、製造エンジニアの人材派遣会社として40年以上の実績を持つため、信頼性はバツグンです。

理系のオタク気質がある人であれば、自分の知識や才能をフルに活かせる職場が見つけやすいでしょう。

しかも、企業の潤沢な研究施設や開発費を使える転職先も見つかるので、これはもう利用しておく手はありません。

メイテックネクストもパソナキャリア同様、広告色はやや弱めですが、その分実績と質はバツグンです。

JACリクルートメント

外資系・海外志向のミドルクラス・ハイクラスであれば、JACリクルートメントもオススメでしょう。具体的には年収500万クラスの人材です。

→JACリクルートメントの詳細はこちら

JACリクルートメントは清々しいまでに高年収・ハイキャリア向けとハッキリしていますので、年収に高い意欲があるなら絶対に使っておくべきです。

やはり、日本の企業ってレベル低いですし、今やグローバルな活躍が出来る人材こそ、国を担うべき選ばれし人材って奴ですよ。

私は英語が出来ませんので、せめて自サイトから英語のできるスーパー人材が世界に飛び立って欲しいってもんです。

己を高め、より使命感を持って上を目指すのであれば、ぜひ使ってみてくだせえ。

「己の生まれてきた意味=使命」と出会った人材は強い

日本では労働に対して悲観的な風潮が目立ちますが、それは多くの人が「自分の生まれてきた意味=使命=天職」に出会っていないからです。

しかし、仕事で成功している人の多くは「己の生まれてきた意味」「社会的使命」に出会っています。

やはり、己の生まれてきた意味を知るものは強い。

明確な使命感を持って仕事に取り組める人材は、経歴や実績、能力や人柄なんかどうでもいいぐらいに最高のパフォーマンスを発揮します。

なぜなら、最後まで”やり遂げる”から。

逆に経歴や実績がすごくても、最後まで責任を持って使命を果たせなければ、途中で挫折して終わりです。

つまり、己の生まれてきた意味を知りたければ、納得がいくまで自分に合った仕事を選びぬけばいいんですよ。

転職エージェントは複数利用も可能ですので、定期的にプロのアドバイスを受け、自分の天職を探してみることを強くオススメします。

関連:転職エージェントは複数併用が鉄則!その理由と実際の活用の仕方をご紹介!

ぜひ、己の生まれてきた意味と出会い、使命を果たしましょう。