【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

運動神経がいい人に向いてる仕事は?身体能力が求められる職業ランキング

突然ですが、自分、運動神経がいいんです。

自分で言うのも難ですが身体能力は高く、反射神経にも優れ、体を動かすことが大好き。

学生時代はもちろん運動部、トップアスリート目指してた時期もありました。

しかし、そんな「スポーツにすべてを捧げた経歴」だと仕事選びに苦労するんですよね…。

面接でも「スポーツしかできない」「頭を使う仕事が苦手そう」と落とされることも。

これって、めちゃくちゃムカつきませんか?

だって、学生時代では運動部で活躍した人は勉強ができなくても推薦を受けられますし、ガリ勉や文化部の軟弱な連中より、スポーツが得意な人のほうが体力もあって優れてるじゃないですか?

そんな私ですが、ヒョロくて不健康な人ばかりの職場を辞めて、身体能力の高さを評価される職場に転職しちゃいました(笑)

その経験から断言します。

身体能力の高さはどんな仕事でも強みになる。

だってそうでしょ?

どれだけ頭が良くて高学歴でも、長時間労働に耐えられる体力がなかったり、外仕事ですぐバテるようじゃ使い物になりません。

その点、運動神経が高い人はそれだけで有利です。

ただ、面接対策でのアピールの仕方を工夫したり、ちゃんと身体能力を評価してくれる職場を選ぶ必要はあります。

そこでこの記事では、運動神経があればあるほど評価されて活躍できて、年収もガンガン上がる、そんな職業を「運動神経がいい人に向いてる仕事」として紹介していきます。

最後まで読めば、誰でも理想の職業に就けるようになるレベルの超有益情報です。

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

スポーツが好きな人の弱みや短所:求人選びに迷ったり仕事ができないと思われやすいデメリット

向いてる仕事を見極めるためには、自分の欠点を理解しておくことが重要です。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう

ここで紹介する弱みや短所が
今の職場でよく指摘されるなら

今の仕事が合ってない証拠かもしれないぞ!

「スポーツが好きな人」が仕事を選ぶにあたって、あるいは仕事を続けていくにあたって、以下のような欠点について注意する必要があります。

  • 学生時代からスポーツに打ち込みすぎて、スポーツ以外のキャリアの選択肢を用意していない
  • 運動神経は良く体力もあるが、勉強や頭脳労働は得意でない
  • ビジネスとしてのスポーツ産業への理解に乏しく、求人情報を判断できない
  • スポーツ関係の仕事に固執するあまり、他の選択肢を見落としがち

もし、こういった短所が克服できていないのであれば、仕事選びに苦労したり、スポーツに関係ない仕事で適性を発揮できないリスクが上がります。

そうならないためにも、まずは自分の欠点をよく理解しておき、短所がデメリットになりそうな求人への応募は避けたり、向いてない仕事が何かを把握し、自分が本当に向いてると思える仕事を見つけ出す手がかりにしてみましょう。

自分の弱みを理解しておけば
改善策が見えてきたり
新しい仕事の選択肢も見つかりますよ!

スポーツ以外のキャリアの選択肢を用意していない

仕事選びを行うにあたり、スポーツ好きな人には「スポーツ以外の職業選択肢がないため、視野が狭くなりがち」という欠点があります。

たとえば、以下のようなキャリアを歩んでいる人がその例です。

  • 学生時代、部活やスポーツ活動などに打ち込み、勉学や就職活動には力を入れてなかった
  • アスリートやスポーツ選手を目指しており、一般就職の道を考えてなかった
  • プロやセミプロとして活動していたが、引退後、セカンドキャリアでつまづいている

こういったキャリアを歩んだ場合、以下のような形でキャリアに悩むことがあります。

  • スポーツに打ち込みすぎて就職活動を怠っていたため、一般職への就き方がわからない
  • アスリートやプロスポーツ選手などの華やかな職業以外は成功だと思えない
  • スポーツに関係ない仕事に対して熱意や興味が持てない
  • 身体を動かす仕事以外の頭脳労働に興味が持てない
  • 過去のスポーツに関する経験や実績に固執するあまり、関連のない職業に就く意欲がわかない
  • 仕事とスポーツの両立を考えるばかり、プライベートの拘束の多い仕事を避けがち

「自分にはスポーツしかない」と考える
キャリアの選択肢を自ら狭める結果に
なりやすいかもしれません

ビジネスとしてのスポーツ産業についての知識が浅い

スポーツ好きなことや運動神経を仕事で活かそうとしても、会社で働く以上は「どうやってスポーツが利益を生み出しているか?」を知らなければいけません。

たとえば、プロ野球なら試合の開催を行う「イベント業」として会場の入場費で設ける方法や、試合中継を行うスポンサーから出資を募ったり広告を出す「広告業」として利益を上げています。

また、プロとして活躍するトップアスリートは「タレント・芸能業」として広告出演したり、自分で起業する人もいますし、それ以外にもそういったプロスポーツ選手を支える仕事が数多くある点にも注目です。

プロスポーツ選手にスポーツ用品を提供する「スポーツ用品メーカー」から、一般人向けにスポーツ用品を販売する「スポーツ用品販売店」もありますし、スポーツ選手の身体面の管理を行う「スポーツトレーナー」といった職業もあります。

また、スポーツをビジネスとして成り立たせるために、企業と交渉を行う「スポーツエージェント」と呼ばれる職業は、語学力やビジネスセンスが必要とされる仕事で、スポーツ好きなことに加え、高いビジネススキルも要されます。

こういった職業の選択肢について理解を深めるには、スポーツ業界の構造や企業の事業内容を知っておく必要がありますが、今までトレーニングや競技だけに打ち込んできただけの人では中々イメージしにくいかもしれません。

そんなこと言われても
今までスポーツ一筋で生きてきた人は
どうすればいいかわからないよ…

記事後半では読むだけで
スポーツ産業への理解が深まる情報
盛りだくさんなので
最後まで読んでみてくださいね!

スポーツが好きな人に向いてる仕事や業界は?

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

スポーツが好きな人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼スポーツ好きが持つ意外な適性

  • 高いストレス耐性
    健全な心身を持つ、競争にも耐えられる、集団行動が苦にならない、規則正しい生活を維持できる、体調管理ができる、仕事と運動を両立できる、目標達成意識がある
  • スポーツ経験者への理解
    スポーツに関する知識が豊富、保健体育に関する基礎知識がある、スポーツ経験者やファン心理に詳しい

こういった適性は、意外と自分でもわかってないことが多いです。

しかし、アピール次第では転職活動を有利に進めることができ、思いもしなかった天職を引き寄せます。

このような性質を踏まえ、スポーツが好きな人に向いてる仕事を解説していきます。

スポーツが好きな人に向いてる仕事や業界は、大きく分けると以下のような方向性に分かれます。

  • 実業団(社会人スポーツチーム)のある企業に就職して働きながら競技に打ち込む
  • スポーツ好きの熱意や知識を活かしてプロスポーツ業界に関わる
  • プロスポーツ選手や趣味でスポーツを行う人を支える仕事に就く
  • スポーツ経験や知識を活かしてスポーツ用品を企画・開発する仕事や販売する仕事に就く

ここから解説する文章には「業界名」「企業名」「職種名」など数多くのヒントを散りばめているので、ぜひ、読者の皆さんが気になったものを求人検索時にとくに注目して見るようにしたり、転職サービス活用時に希望する業種・職種として参考にしてみてください。

実業団を運営する一般企業で働く

学生時代に部活などでスポーツに打ち込んでおり、社会人になった後も競技を続けることを重視したいなら社会人スポーツ(実業団)に取り組む一般企業に所属して働くのが有力候補です。

実業団(じつぎょうだん)とは、企業や組織が運営するアマチュアスポーツのチームまたは団体を指す言葉です。日本の企業や公共機関、学校、団体などが従業員や部員などからなるスポーツチームを組織して、競技活動を行っています。

実業団の目的は、従業員や部員の健康促進や交流の場を提供すること、スポーツ活動を通じて企業や組織のイメージアップや広報効果を得ること、さらには競技力の向上やスポーツ大会での成績向上を図ることなどです。

実業団は様々なスポーツ競技において活動しており、野球、サッカー、バスケットボール、バレーボール、陸上競技、水泳など多岐にわたる競技があります。一部の実業団は、プロフェッショナルリーグに参加している場合もありますが、一般的にはアマチュアのスポーツ活動を行っています。

毎年、正月にテレビで中継される「全日本実業団対抗駅伝競走大会(駅伝)」によって、陸上競技の実業団は知っている方は多いかもしれません。

有名な陸上競技実業団企業は「旭化成」「ヱスビー食品」「トヨタ自動車」「中国電力」「コニカミノルタ」「天満屋」などです。他にも「ALSOK綜合警備」「しまむら」「第一生命」「大塚製薬」「TOTO」など、名だたる有名企業が陸上競技の実業団を編成しています。

他の競技では、スキーの実業団を持つ「雪印メグミルク」や、ラグビーチームを持つ「パナソニック」「神戸製鋼所」など、意外と多くの大手企業が実業団を編成しているものです。

社会人になってもスポーツ競技を続けて仕事で活かしたいなら、実業団のある企業に就職するのが1つの手でしょう。

スポーツに関する仕事を探すなら【Maenomery(マエノメリ)】[PR]

プロスポーツ業界に関係する仕事で働く

スポーツ好きな人にとっては、プロスポーツに関わる仕事に就くのが夢な方も多いことでしょう。

「プロスポーツ」と言うと真っ先にイメージするのが、実際に競技を行う「プロスポーツ選手」ですが、実際には選手を支える「スポーツチームスタッフ」など、数多くの裏方仕事を担当する人や会社がいて成り立つものです。

例として、国内でも最も盛んなプロスポーツである「プロ野球」の中でも最大の利益を誇る「読売ジャイアンツ」から、プロスポーツのビジネスモデルや関係する会社について見ていきましょう。

プロスポーツチームの代表的な収入源は、スポーツ中継時の「広告収入=スポンサー契約」となりますが、読売ジャイアンツは以下の企業とスポンサー契約をすることで、広告収入を得ています。

画像出典:スポンサー・法人契約 | 読売ジャイアンツ公式サイト ※2023年5月29日のもの

これらのスポンサーと契約を交わすための仕事や、広告表示される東京ドームとの交渉や調整を行う仕事、つまり「プロスポーツをビジネスとして成り立たせ利益を出すための仕事」が、選手やプロスポーツチームとの契約や調整を担当する「スポーツエージェント」であり、競技会場探しから手配、放送先となるテレビ局と交渉するのが「スポーツプロモーター」と呼ばれる職業の役割となります。

人気プロスポーツ選手ともなると、芸能人やタレント業としての側面もあるので、テレビ出演やCM契約などの交渉から海外遠征のためのビザ取得などプレイ以外のあらゆる面でのサポートを行う「スポーツ選手マネージャー」がつくこともあります。

他にも、読売ジャイアンツには「オフィシャルマーチャンダイジングパートナー」として、球団公式のファングッズの企画~制作~販売まで一括して行う「ファナティクス」という会社が関わっていたり、配信事業では「オフィシャルプレミアムスポンサー」として「DAZN」という会社が関わっていることが見えてきます。

また、このような裏仕事やプロスポーツ選手・チームとの細かな交渉や調整を行うプロモーション会社や代理店のような会社も存在し、たとえば「ジャパン・スポーツ・プロモーション」という会社では、サッカー選手のエージェントからイベント企画まで行っていることが見えてきます。

なお、プロスポーツ業界は「興業(こうぎょう)」に含むものと考えられます。興業とは、商業的な目的でエンターテイメントやイベントなどの娯楽活動を企画・制作・提供し、収益を生み出す活動を指します。楽ライブ、スポーツイベント、劇場公演、映画上映、テーマパーク、展覧会、祭り、コンサート、サーカスなど、さまざまな形態のエンターテイメントやイベントが「興業」となります。

読売ジャイアンツの例からもわかる通り、興業としてプロスポーツをビジネスとして成り立たせるために、プロスポーツ選手以外にも数多くの企業や職業の人が関わっていると知ることで、プロスポーツに関われる仕事の多さが見えてくることかと思います。

ただ、プロスポーツに関する仕事や会社は複雑でわかりにくいことも多いため、求人サイトで地道にプロスポーツに関する業務を行っている会社を見つけたり、転職エージェントでスポーツ関係の仕事に詳しい担当者を見つける努力が必要となるでしょう。

スポーツ用品メーカーで働く

スポーツに関する製品を提供する「スポーツ用品メーカー」に勤務するのも、スポーツ好きな人が適性を発揮できる可能性の高い選択肢の1つでしょう。

スポーツ用品メーカーには、海外企業でスポーツ用品全般を取り扱う「Nike(ナイキ)」「adidas(アディダス)」「PUMA(プーマ)」「UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)」、シューズ中心の「new balance(ニューバランス)」などがあります。

国内企業ではランニングシューズの「asics(アシックス)」や「mizuno(ミズノ)」、スポーツウェアの「DECENTE(デサント)」バトミントンやテニス用品の「YONEX(ヨネックス)」、ゴルフ用品の「ダンロップ(現:住友ゴム工業)」「ブリジストンスポーツ」などが有名です。

スポーツ用品メーカーの仕事内容は、理工系の経歴や知識を駆使して製品の研究開発を行う「スポーツ用品開発担当者」から、商品の流通から宣伝などのマーケティング活動に関わる「スポーツマーケティング担当者」などの職種がありますが、会社によって呼称が変わるため求人検索する場合には注意です。たとえば、スポーツ用品のマーケティングに関する仕事でも、単純に「企画職」「広報部」などと呼んでいる企業もあります。

一部のメーカーでは、有名スポーツ選手やチームとスポンサーシップ契約を結び、彼らの意見やフィードバックを取り入れながら製品を開発することもあるため、スポーツファンにとってはやりがいのある仕事だと感じるかもしれません。

また、スポーツ用品メーカーの発注先となる会社や工場などには、プロ野球選手が使用する「バット職人」「グラブ職人」、プロテニスプレーヤーの使うラケットのガットを張る「ガット職人」などの職人もいます。

スポーツ用品メーカーの国内市場規模は1兆1,326億円とそこそこの大きさで、その分、関係する会社や仕事は様々なものがあるので、スポーツ好きな人にとって向いてる仕事を見つけられるチャンスは大きいと言えるでしょう。

スポーツ用品販売店で働く

アルバイトから未経験の店長候補としても就職しやすいのが、スポーツ用品販売店店員として働くという選択肢です。職業名としては「スポーツショップスタッフ」と呼ばれることもあれば、単に「販売員」「小売勤務」となりますが、広い意味でスポーツ業界に関われる職業であることは間違いないでしょう。

スポーツ用品専門店として有名なのは「スポーツオーソリティ(運営会社:メガスポーツ)」「スポーツデポ、(運営会社:アルペン)」「ゼビオスポーツ」「ムラサキスポーツ」「ヒマラヤ」、登山・スキーなどのアウトドア用品に強い「石井スポーツ」、ゴルフ専門の「ゴルフ5」などもあります。

また、前述のスポーツ用品メーカーが直営店として自社ブランドを専門に販売している店舗もあります。例としては「Nike Store(ナイキストア)」「adidas Store(アディダスストア)」などです。

スポーツ好きやスポーツ経験者が販売店で働くメリットとしては、スポーツ用品購入者の気持ちやニーズがわかるので勤務後もモチベーションが保ちやすいことや、取り扱い商品の機能を把握したり、各ブランドを使っている有名な選手を覚えるなど、販売員としての知識の吸収が期待できるといった点です。

メーカーが大卒以上の経歴を求めていることが多く就職難易度が高めなのに対し、販売員はアルバイトからでも就け、店長候補でも未経験からでも採用されることがあるので、現実的な選択肢として知っておいて損はないでしょう。

フィットネスクラブで働く(スポーツトレーナー、インストラクターなど)

町中にある「フィットネスクラブ」で働く「スポーツトレーナー」「スポーツ・インストラクター」と呼ばれる、スポーツや身体づくりに関するトレーニングを指導する職業もスポーツ経験者やスポーツ好きには向いてると言えるでしょう。

一般的に「フィットネスクラブ(スポーツクラブ)」と呼ばれる施設では、その活動内容や利用木は大きく2つに分かれます。

1つ目は、水泳・テニス・ゴルフのようにスポーツの技術の上達やスポーツそのものを楽しむことを目的とした競技別のスポーツクラブとして運営されている場合、2つ目は健康増進・体力の向上・ストレス解消などのためにスポーツや運動を楽しむフィットネスクラブの場合です。

フィットネスクラブで有名なのは「コナミスポーツ」「ライザップグループ」「セントラルスポーツ」「ルネサンス」「ゴールドジム」「エニタイムフィットネス」「ホリデイスポーツクラブ」などで、いずれも民間企業が運営してチェーン店舗を展開しているのが特徴です。

これらのフィットネスクラブは民間企業が運営しているため、必ずしもトレーナー・インストラクターだけでなく一般職となる営業や事務といった仕事も存在するため、運営企業の求人を見てみるとトレーナー以外でもスポーツに関われる職種が見つかるかもしれません。また、運営企業が大きめなため給料・待遇面でも悪くない条件の求人が多いです。

また民間企業以外にも、引退した元プロスポーツ選手が個人で運営するスポーツ教室であったり、自治体が運営するスイミングスクールやスポーツクラブなどもあります。

スポーツ医療に関する現場で働く

スポーツ医療は、スポーツに関連する怪我や疾患の予防や治療、リハビリテーションに特化した医療の分野です。プロスポーツ選手はもちろんのこと、趣味やプライベートでスポーツを行う個人が安全にスポーツに取り組めるようにすることがスポーツ医療の目的です。

予防策としては、適切なトレーニングやストレッチング、栄養管理、適切な装備の使用などが含まれます。また、競技中のけがや疾患の発生時に迅速かつ適切な応急処置が行うため、競技中に待機することもあります。

治療からリハビリ、予防の研究までスポーツ医療全般を行う人を「スポーツドクター」と呼びますが、スポーツドクターは「医師」に含まれるため、医療免許医師免許を取得する必要があり就職難易度は高めです。

また、スポーツ選手の身体づくりや健康面を「食事」でサポートする「スポーツ栄養士」という職業もありますが、こちらも国家資格となる「管理栄養士」「栄養士」が必須なので、就職難易度は高めと言えるでしょう。

一方で、スポーツ選手の筋力・パワー・筋持久力などのコンディション面の管理やサポートを行う「ストレングスコーチ」や、心理学を元にスポーツ選手のメンタル管理や目標達成のための手助けを行う「メンタルトレーナー」と呼ばれる職業は資格が必須ではないため、学生時代にスポーツや体育科に関する教育経験があれば就けるチャンスはあるかもしれません。

スポーツ競技者向け転職支援サービス「Maenomery(マエノメリ)」

本記事を最後までお読みの方に特別に紹介したいサービスが、スポーツ競技者向けの「Maenomery(マエノメリ)」です。

マエノメリでは主に「スポーツを続けながら働きたい人」「スポーツ経験者(プロ選手や体育会系部活に打ち込んでた人)」「競技を継続している人」「スポーツと仕事を両立したい人」を支援対象としているサービスで、就職・転職支援をしてくれるキャリアアドバイザーも元プロアスリートや体育会/部活動経験者が主という特徴があります。

まさに、本記事に訪れたスポーツ好きに向いてる仕事を探している人向けのサービスだと言えます。転職先もIT系ベンチャーから有名企業と幅広く、思わぬ求人の提案やサポートが受けられる可能性大です。ぜひ、この機会に登録して活用してみてください。

Maenomery(マエノメリ)の登録はこちら【完全無料】

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

仕事一覧/ランキング【特性】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました