仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

運命の仕事と出会う人とそうでない人の違い。天職に巡り会うためにみんながこっそり行っていることとは?

スピリチュアル法師
スピリチュアル天職カウンセラーであり
日夜精神レベルを高めている「一通法師」と申します

突然ですが、あなたは”運命の仕事”に出会えていますか?

運命の仕事とは、以下のように感じる仕事のことです。

  • 他人から感謝され、毎日が充実するような仕事
  • やりがいを持って挑戦でき、日々成長できる実感の持てる仕事
  • 上司や周りの友人からも「すごいね」「いいね」とうらやましがられる仕事
  • 自分の生まれてきた意味を実感でき、前向きに集中できる仕事

以上が、私が”運命の仕事”だと感じている、天職の要素です。

どうですか?

あなたはまったく当てはまってないんじゃないでしょうか?

今、文章を書いててあなたの不満そうな顔が見えてきますもの。

私にはわかりますよ。

「こんな仕事に就くために生きているんじゃない…」
「精一杯頑張っているのに、上司にも同僚にも感謝されない」
「仕事が楽しくない…」

あなたの心の声が聞こえてきます。

私にはわかるんです。

そして、見えるんです。

毎日、同じような退屈な仕事を続け、職場の人間関係にうんざりしているあなたが。

「私の人生、こんなはずじゃなかった…」

仕事終わりの帰り道、そんな気持ちでこの文章を読んでいるんではありませんか?

…であれば、あなたは”運命の仕事”に出会えていない証拠です。

しかし、心配することはありません。

今、あなたは”運命の記事”に出会えました。

ですが、この記事はあまりにスピリチュアルレベルが高すぎて、あなたの人生を大きく変えてしまう恐れもあります。

ですので、本気で「”運命の記事”に出会って人生変えたい!」と心の底から願う方だけ、読んでください

そして、もうひとつ。

読んだ後には必ず”行動”してください。

精神レベルを高めて幸運を引き寄せ、運命の記事=天職に出会うためには、何よりも行動が必要です。

………

いいですか?

覚悟は出来ました?

それでは、あなたの運命を変える記事を、とくとご覧ください。

運命の仕事に出会っている人には”ある法則”がある

結論から言いましょう。

運命の仕事に出会っている人には、共通して”ある特徴”があります。

そして、残念ながらあなたにはそれが欠けています。

では、その”ある共通点”とはなんなんでしょうか?

…気になりますよね。

しかし、その”共通点”は以下のステップを踏まなければ理解できません。

ですので焦らず、じっくりと噛みしめるように読んでみてください。

運命の仕事に出会える人は全体の26.6%

”運命の仕事”に出会える人は、実に全体の26.6%…つまり4分の1ほどという結果が出ています。

男性が287人中85人(29.6%)、女性が213人中48人(22.5%)ということで、男性のほうがやや多いようだ。
一方で、年齢が上がれば「運命の仕事」を見つけた人が増えるかといえばそうではないようで、「時間が経てば必ず見つかる」とはいえなさそうだ。

出典:「運命の仕事と出会えてますか?」白書2012/リクナビNEXT[転職サイト]

上は、登録して待つだけでオファーやスカウトが来る「リクナビNEXT」での調査結果ですが、やはり「待っているだけで運命に出会える!」というほど、人生は甘くない。

関連:「リクナビNEXT」は登録しておくだけで転職の可能性が無限大に広がる!受け身な人は絶対使っておこう!

そして着目したいのが、男性の方が「”運命の仕事”に出会えていない」と感じているところ。

「運命」という言葉を聞くと、つい女性が多いかと思ってしまいますが、それは間違い。

「男は根はロマンチスト」とはよく言いますが、まったくもってその通り。

実は男性ほど「運命の仕事と出会いたい」と内心では感じているんです。

ただし、運命の仕事に出会った人は一部の職場にのみ集中する

上の結果を見て、計算の早い方は「4人に1人が運命の仕事に出会っている」と感じているはずです。

しかし、ここで「平均」「統計」の性質を理解していない人は「自分の周りの4人のうち、1人が”運命の仕事”に出会っている」と想像してしまう。

その考え方は、非常に危ういですよ。

違うんです。

あなたの職場で働く人間は全員73.4%の「運命の仕事に出会えていない人」に含まれるんです。

もっとわかりやすく言いましょうか。

73.4%の会社が”運命の仕事”とは言えないやり甲斐も希望もない仕事を押しつけられ、逆に26.6%の会社が”運命の仕事”と言えるような、やり甲斐も希望もある仕事を担当できるんです。

つまり、あなたが今働く会社は7割以上の「運命とは言えない仕事」だと言えるわけですね。

試しに、上司や同僚の姿や言動を思い出してみてくださいよ。

毎日、仕事や上司、あるいは会社の愚痴ばっかり言ってませんか?
あるいは、ダラダラめんどくさそうにして、無駄な残業をしてませんか?
それとも、上司のストレス発散で職場が嫌な雰囲気になってませんか?

もしそうだとしたら、それは7割以上の”運命とはほど遠い仕事”です。

逆に”運命の仕事”をこなせる仕事では、効率的かつ精神的に豊かに仕事ができるんですよ。

なぜなら、仕事の質も高くやり甲斐があり、それでいて給料や待遇もいい。

今、働き方改革が進んでますが、先進的な会社はガンガンIT技術を導入して仕事が効率化し、待遇も給料も従業員満足度も良くなっています。

そして、そういう会社で働く人は私生活も充実しているんですよ。

「人間は誰もが平等ではない」
「嫌な仕事は他人に押しつける」

これは社会法則すれば、当たり前の考え方ですよね。

実は”運命の仕事”に出会う鍵も、そこにあるんです。

今、あなたが仕事に不満を感じているのであれば、それは「嫌なことを押しつけられる側」だからなんですよ。

関連:嫌な仕事を続けた結果…。好きなじゃないことを仕事にし続けるとこんなにも胸が苦しくて毎日がつらい…

「運命の仕事に出会った瞬間」の2つの法則

さて、話が逸れましたが本題に入りましょうか。

「運命の仕事に出会う人の”ある共通点”」

それは、以下の2つが大きな引き金となります。

  • 誰かに必要とされる
  • 難しい仕事を与えられる

リクナビNEXTの特集を見ていても、以下のような調査結果が出ています。

画像出典:「運命の仕事と出会えてますか?」白書2012/リクナビNEXT[転職サイト]

以上の結果からもわかる通り「難易度の高い仕事をやり切った経験」「仕事で関わる人から期待された経験」の2つが、運命の仕事と出会うきっかけになるんですよ。

しかし、冷静に考えてみてください。

今のあなたの職場では、難易度の高い達成感あるやり甲斐ある仕事も、仕事で関わる人から期待されることもないんじゃないんですか?

私にはわかります。

「そんなこと出来て当然だ」
「君は仕事が出来なくてガッカリだ」
「何、勝手なことやってるんだ!」

このようなことを言われて、つらい思いをしてませんか?
せっかく、工夫して出した成果も、気づかれないまま終わった経験はありませんか?

であれば、それはあなたにとっては”運命の仕事”ではありません。

職場の人間に”あなただけの強みや良さ”を見抜く、観察眼や洞察力がないだけの話です。

運命の仕事に出会えない人の2つの共通点とは?

さて、これまでは「運命の仕事に出会える人の”共通点”」をご紹介してきました。

しかし、まだこれだけではあなたの「運命の仕事に出会えない”理由”」がわかりませんよね。

では、言いますよ。

覚悟してください。

中には傷つく人もいるかもしれません。

ですが、大丈夫です。

最後まで読めば、あなたも”運命の仕事”に必ず出会えるようになります。

では、言いますよ。

あなたが運命の仕事に出会えない理由。

「”行動”しないから」
「インターネットで情報を集めてばかりだから」

以上の、シンプルな2つだけの理由なんです。

運命の仕事に出会えない人は決まって「行動しない」

運命の仕事に出会えない人は、決まって行動しません。

これは、あらゆる成功法則でも語られています。

現状に不満があるのに、言い訳ばかりで行動しない。

実は、レベルの低い職場や下級階層に留まり続ける人は、ただ「行動しない」だけなんです。

周りの人間を見てみてくださいよ。

何か職場に不満があっても、先陣を切って行動しない人ばかりなんじゃないですか?

することと言えば、飲み屋で愚痴大会。

関連:「飲み屋のグチはおおむね正しい」を読んだ感想。仕事の愚痴の解決方法はだいたい書いてある。

最近の子はSNSや匿名掲示板で愚痴レス。

なぜ、そんなことになるのか?

答えは簡単ですよ。

周りに自分と同じような人がいると気持ちいいから。

こんな惨めな思いをしているのは、自分だけじゃないんだ…」と、とても安心できちゃいます。

その気持ち、わかりますよ。

私もかつては自分の不幸な境遇・つまらない人生を慰め合うかのように、場末の安い居酒屋でボロい服着た冴えないおっさんたちと語り合っていました。

しかし、心の奥底では「歳をとっても、こいつらみてえになりたくねえな」という見下した思いもありました。

ですが、ある日気づいたんです。

何歳になっても、まったく変わらない自分の惨めさに。

でもね、すべての理由は「行動しなかったから」なんです。

毎日、満員電車に揺られなが出社。
思わぬ残業にイライラしながら帰宅。
帰って趣味にあてる時間もなく睡眠。
休日はダラダラ自宅でスマホかゲームかパソコン。

こんなにみじめな人生はありません。

一方で、同級生の友人は結婚・出世、中には有名人になった奴すらいます。

彼らと私の差はなんだったのでしょうか?

答えはカンタン。

”行動”なんですよ。

行動しない人に運が転がってくるほど、世の中甘くはないようですね。

運命の仕事に出会えない人は「インターネットで情報」を集める

そして、私がもうひとつ気づいた「運命の仕事と出会えない人の共通点」は、意外なところにあります。

それは、インターネットで情報を集めているというところです。

意外に思われるかも知れませんが、スマホやパソコンで情報を集めている人って、運命と絶対に出会えないんですよ。

そりゃあ、Google検索は便利ですし、SNSや匿名掲示板には”神”もいます。

ですが、今一度考えてみてください。

スマホやパソコンで”すごい情報”読んだところで、何か人生変わったことありますか?

…私はないです。

せいぜい、SNSで「いいね!」をちょっともらえるぐらいで、何の人生の足しにもなりませんでしたよ。

無料情報では人生を変えられない

私が気づいたことは「無料の情報では人生を変えることなどできない」という事実です。

最近の若い子は「無料でなんでも手に入る」という経験に慣れているので、ちょっとこれはわかりにくいかなぁ…。

たとえば「NAVERまとめ」ってありますけど、あれの編集してるの誰か想像したことありますか?

生活保護者やアルバイトなど、ネットで人生の鬱憤を晴らしているような、俗にいう”底辺”ってヤツなんですよ。

私も過去に仕事でしたことがありますが、1記事10万アクセスしても100円にもならない、クソみたいな仕事でしたよ。

しかも、間違った情報も多い。

というのも、知識も教養もない連中が、インターネットで集めた情報を切り貼りしているだけなんで、そりゃあレベルが低くて当然ってヤツですよ。

…昔はインターネットは知識人の遊び場だったんですけど(ネットをするにはたくさんのお金が必要で、富裕層の娯楽だった)、2010年のスマホ普及以降から本当に質の低い情報ばかりになったんですよね。

私はインターネット黎明期から修羅の情報群をくぐり抜けているからわかりますが、今のネットにはお宝情報は全体の1割にも満たない。

たとえば、転職に関する情報も求人がクソばっかりですけど、なんでかわかりますか?

答えは簡単ですよね。

企業は行動しない奴には、優良求人を見せたくないから。

つまり、スマホで検索して無料情報見てばかりの奴らに、世の中はチャンスを一切与えたくないってことです。

…そりゃあ、いつまで経っても「運命の仕事」には出会えませんよ。

スマホ・PCの電波には「運気を吸い取る効果」がある

ちなみに、スマホやPCの電波は体に悪影響を及ぼすことで有名です。

電子レンジに生き物を入れると破裂するという、グロい話は知っていることかと思います。

あれと同じです。

スマホ・PCのの電波は、脳や肉体に悪影響を及ぼし、人の運気を吸い取ります。

試しに、街のレストランやカフェで他人を観察してみてください。

不機嫌そうな顔した奴は、だいたいスマホ触ってますから。

逆に、運気に満ちあふれた人ほど、楽しそうに他人と会話している。

そう、スマホを触り続けると運気が吸い取られるんです。

しかし、残念ながら科学的根拠はありません。

だからこそ、ちょっと頭のいい人は「科学で証明していないからウソハッタリ!」と主張しちゃう。

世の中には、科学で証明できていない事実もたくさんあるんですよ。

しかし、勉強がちょっと出来る人ほど、教科書通りの考え方しかできない。

たとえば、毎晩SNSを見てしまったり、わからないことをすぐ検索する人は、人生充実していません。

しかし、これは別に学校教育でも「悪いこと」とは教えられていないから「ちょっとぐらいならいいや」と思っちゃう。

…そういうのがダメなんですよね。

タバコや麻薬は悪いって教えられてるからみんなやらないけど、スマホはそうじゃないから熱中しちゃう人多数。

あなたも、きっとそうなんじゃないですか?

何かあったらすぐにスマホいじっちゃう、俗にいう”スマホ中毒”ってヤツ。

「運命の仕事に出会えない」って、そういうことなんですよ。

他人と出会って話してみて、新しい”生の情報”を得る。

これが出来ないから、いつまで経っても「運命の仕事」に出会えないんです。

運命の仕事には行動するだけで簡単に出会える。

しかし、くじける必要はありませんよ。

「運命の仕事」には誰もが出会いたいもの。

そして、企業や社会も「国民ひとりひとりが、やり甲斐を持って働ける社会」は望んでいるものです。

俗にいう”一億総活躍社会”ってヤツね。

私もあなたを責めたいのではなく、むしろ励ましたいんですよ。

誰もが”運命の仕事”に出会い、活躍できる時代が来たんだって。

その証拠となるのが、自分に合った仕事を紹介してくれる「キャリアコンサルタント」の国家資格化。

キャリアコンサルタントとは、自分に合った仕事を教えてくれる人のことで、占いや統計学の技術も学んでいるので、あなたに合った天職を探し出してくれます。

今後、キャリアコンサルタントは増々増えると予測され、誰もが”運命の仕事”に出会える時代が近づいてきています。

画像出典:キャリアコンサルタントとは?|キャリア開発のパイオニア 日本マンパワー

ネット情報ばかり見て、他人のアドバイスを受けない人は、今後ドンドン置いていかれるということですね。

関連:転職成功の秘訣は”相談する”こと!無料でキャリアカウンセリング受けられるオススメの業者や施設は?

転職エージェントで”運命の仕事”に出会う人多数

キャリアコンサルタントの登場に先駆けて、多くの転職サービスでは「転職エージェント」制で、プロからオススメしてもらった転職先で”運命の仕事”に出会うことが当たり前になってきています。

就活生の時はリクナビで「数打てば当たる式」しか経験したことないからわからないでしょうが、今や転職業界では「プロからアドバイスをもらって転職先を決めてもらう」というのは欧米では当たり前に行われていることです。

日本人は時代遅れですが、ようやく転職エージェント制も広まってきていますね。

転職エージェントは、自分に合った転職先を教えてもらう以外にも、以下のメリットもあります。

  • 履歴書・職務記述書の作成を指導してもらえる
  • 面談の日程調整は全部代わりにしてもらえる
  • 求人探しも全部エージェントがしてくれる
  • 年収・待遇の交渉も全部してもらえる
  • 退社手続き・入社手続きからアフターフォローも

しかも、全部無料でしてもらえます。

しかし、こういった有用な情報は、なぜかみんな知らないんですよね。

なぜなら、多くの人が「転職なんてどうせ上手く行くはずがない」と思い込んでいるから。

逆に頭のいい人ほど、まずは行動して試してみる。

そして、いち早く「転職なんてカンタンだ!」と気づく。

なぜ、このような重大な情報を無償で提供するかと言うと、実際に行動しない人が多いからなんですよ。

多分、この記事読み終わって行動するのも、全体の1%ぐらい。

運命の仕事と出会って人生を変えられない人は、だいたい下のような感じ。

「なんか転職エージェントって怪しい…」
「無料で利用できるなんてだまされそう…」
「面談に行くなんてめんどくさい、スマホを読むだけで人生変えたい」
「待っていれば、いつか”運命の仕事”に巡り会える…」

あなたも、身に覚えがあるんじゃないですか?

でしたら、嘆くことはありません。

かつての私もそうでしたから。

でも、ある日、気づいたんです。

行動するだけで、人生はカンタンに変わるんだと。

そして、その行動とは単純。

成功している人や企業に出会うこと。

これだけで、人生は驚くほどに変わります。

転職エージェントでは、プロのアドバイザー自体が転職経験者の成功者であり、紹介される求人もかなりレベルの高いものばかり。

一方で、レベルの低いネガティブな人が集まる職場は、世間知らずな新卒生をだまして入社させたり、ハローワークで費用をケチって人を集めるものです。

逆に転職エージェントでは、採用にコストを惜しまない優良企業ばかりが集まっているので、ここで転職するだけで成功者に近づくんです。

そして、転職エージェントは無料

これは法律で義務付けられていることが理由です。

インターネットの無料情報ばかり見ている人は、こういった社会知識も知らない。こういう細かいところで、人生の差がつくんですよ。

そもそも、転職エージェントは知る人ぞのみ知るサービスで、しかも実際に使って行動する人が少ないので、無料でもまったく問題ないんです。

かつて、ネットがない時代は、転職エージェント制は完全紹介制で、選ばれし者しか利用できないサービスでした。

しかし、今やネットとスマホの普及で、誰もが利用できるサービスとなりました。

ですが、やはり”行動しない人”が多い。

そこで私は、選ばれた者のみが転職エージェントを利用できるように、インターネットを使って一人でも多くの人に”運命の仕事”に出会ってもらえるようにしました。

最後までお読みいただいたのは嬉しい限りですが、ここで満足せずに、今すぐ行動してみてください。

今あなたが悩んでいるうちに、レベルの高い人は成功者同士で語り合ってさらなる高みを目指し、私生活が充実している人はパートナーと幸せな時間を過ごしています。

スマホで無料情報を読んでいる暇なんてありません。

本当に運命の仕事に出会いたければ、今すぐ転職エージェントに申し込んで、運命の仕事を紹介してもらいましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ