右脳派な人に向いてる仕事15選

右脳優位の人は、世の中には実際よりも左脳的な仕事が多いと感じているかもしれません。そのため、自分の好みや才能に合った仕事を探すのに苦労しているかもしれません。しかし、右脳優位の強みを活かした右脳型企業は数多く存在します。自分に合った仕事を見つけるためには、自分の性質を十分に理解し、自分が輝ける職場を見つける必要があります。このページでは、あなたのような人に向いている右脳型の仕事を紹介していきます。

あなたに合った仕事はありますか? そういう方は多いのでしょう。結構気になって、自分に向いている仕事というのはどんなものかを考えませんか。これに対して、あなたに合った仕事として思っ出すのは、左脳派と言われる仕事だけではありま

右脳に偏っている人は、まるで左脳的な仕事が世の中の大半を占めているかのように感じることがあります。堅苦しさが批判されているようで、自分の興味に沿った仕事が見つからないと訴えます。しかし実際には、右脳的な性格の人のほうが有利な会社や分野があります。本当に自分に合った仕事をするためには、自分の特性をよく理解し、自分を活かす仕事を選ぶことが必要です。

周りには右脳優位の人がかなり多く、自分の仕事の性質に世の中が対応していないと感じている人は、不満を感じているかもしれません。しかし、右脳優位の人にはたくさんの仕事のチャンスがあるのは事実です。自分の性質に合った仕事を見つけて働きたいのであれば、自分の性格をもっとよく知って、自分の能力を発揮できる場所を探すべきです。この記事では、右脳優位の人に向いている仕事をいくつか紹介します。

左脳が支配的であるため、右脳で考える人のための仕事はほとんどないと感じている人も多いでしょう。このような人たちにとって、自分のニーズに合った仕事を見つけ、無駄に働いているように感じさせないようにするのは難しいかもしれません。社会が左脳型(レフトブレイン)の思考を好む傾向にあるため、こうした右脳型の仕事を見つけるのは難しいかもしれません。自分にぴったりの仕事を見つけるためには、自分自身をよく知り、どんな仕事が自分に合っているのか、ただ時間を無駄にしているだけだと感じさせないような仕事を知る必要があります。以下に、あなたにぴったりの右脳系の仕事をご紹介します。

僕自身が右脳派です。何かを考えるときは思い浮かばないことがなく、物事を積み重ねて考察していくのが早いしヒット率も高いのでよく「見極めが早い」と言われます。右脳派な人たちにとって、左脳派の人々には理

自分の個性に合った仕事を見つけるのが難しいと感じているのは、あなただけではありません。世の中には左脳的な仕事がたくさんあり、自分の好みに合うものを探すのに苦労しているのかもしれません。自分を理解し、自分がどこにフィットするかを知り、自分のスキルを活かせる種類の仕事を見つける必要があります。この記事では、右脳型の人に適した仕事の例をいくつかご紹介します。

しかし、右脳が支配的であるため、右脳の機能を必要とする仕事はほとんどありません。自分のニーズに合った仕事がない」「時間を無駄にしている」と感じている人にとって、自分のニーズに合った、無駄を感じさせない右脳的な仕事を知ることは難しい。社会は左脳的な機能(ラテラル・シンキング)を好む思考習慣を持っているので、右脳的な仕事を見つけるのは難しいかもしれません。まで。

よく「右脳派の仕事がない」という話を耳にします。実際のところ、右脳派の自分に合った仕事を探そうとすると、なかなか難しいものがあります。社会は左脳優位の考え方を好むので、自分に合った仕事を見つけるのは難しいのです。

左脳を使う仕事が多いため、右脳を使う仕事は一般的には非常に少ないようです。自分の能力を活かしつつ、時間を無駄にしないような仕事を探すのは難しいかもしれません。社会は左脳的な思考を重んじる傾向にあるので、自分に合った仕事を見つけるのは難しいかもしれません。自分に合った仕事を見つけるためには、自分のことをよく知り、どんな仕事が自分に合っているのかを知る必要があります。そのために必要なスキルを紹介します。

しかし、右脳が支配的であるため、右脳の機能を必要とする仕事はあまりありません。自分が必要としている仕事を見つけるためには、どのようなアイデアが右脳を必要とするほどクリエイティブなのかを知ることが難しいかもしれません。社会化された思考は直線的(論理的)に考える傾向があるので、右脳で創造的なことを知るのも難しいかもしれません。

残念ながら、IQの高さを必要とする仕事はあまりありません。時間を無駄にしていると感じている人にとっては、自分のニーズに合った仕事を見つけるのは難しいかもしれません。社会が既成概念にとらわれないことを重視する傾向にあるため、「右脳的」な仕事を見つけるのは難しいかもしれません。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

右脳派は人に向いてる仕事

右脳派に向いてる仕事は、以下の通りです。

  • CADオペレーター
  • DTPオペレーター
  • WEBコーダー
  • グラフィックデザイナー
  • ドッグトレーナー
  • スポーツトレーナー
  • セラピスト
  • 料理人
  • 食品製造職人
  • ソムリエ
  • スタントマン
  • テクニカルイラストレーター
  • 化粧品調香師(パフューマー)
  • コンシェルジュ
  • 占い師

ここで紹介する仕事の多くは、高い感受性や共感能力、アナログな経験の積み重ねが大事になってくる仕事ですので、右脳派向きだと言えます。

CADオペレーター

設計技師やデザイナーが制作した設計図をCAD(コンピューター支援設計)と呼ばれる製図ソフトを使って、パソコン上で清書するのがCADオペレーターの仕事です。主な就職先は建設会社やCAD専門会社などになります。

CADオペレーターには製図技術やCADソフト使用スキルを求められるため、中央職業能力開発協会が実施するCADトレース技能審査を受験して資格を取得しておきましょう。または職業訓練校のCADコースなどでスキルを習得してから就職先を探すといいでしょう。

DTPオペレーター

DTPとはデスクトップ・パブ リッシングの略で、DTPオペレーターの仕事は、雑誌や新聞、ポスターやカタログ、折り込みチラシなどを印刷するためのデータを、パソコン上で作成することです。デザイナーが作成した基本フォーマットをもとに、「InDesign」 や「Illustrator」といった専用ソフトを使いながら、文章や写真、イラストを配置していきます。

デザインやレイアウトに興味がある人はDTPオペレーターに向いているでしょう。パソコ ンの専門学校や短大、大学で学んだ後、印刷会社に就職するのが一般的です。DTPの技術を高めて経験を積めば独立の道もあります。

CADオペレーター

設計技師やデザイナーが制作した設計図をCAD(コンピューター支援設計)と呼ばれる製図ソフトを使って、パソコン上で清書するのがCADオペレーターの仕事です。主な就職先は建設会社やCAD専門会社などになります。

CADオペレーターには製図技術やCADソフト使用スキルを求められるため、中央職業能力開発協会が実施するCADトレース技能審査を受験して資格を取得しておきましょう。または職業訓練校のCADコースなどでスキルを習得してから就職先を探すといいでしょう。

WEBコーダー

WEBサイトのデザインだけでなく、その構造、使いやすさや見やすさ、アクセスしやすさをも考慮して、デザイン後にWEBサイトがきちんと表示され、そして更新されるよう、設計するプログラマー的な技術者がWEBコーダーです。
WEBディレクターやWEBデザイナーが作った設計書通りにプログラミングコードを書いていく作業が多いため、指示通りに仕事を進めたいといった人に適した仕事といえるでしょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは伝えたいメッセージを色使いや構図でより効果的に表現し、おもに印刷物の紙面をデザインするのが仕事です。チラシやDMのハガキから、新聞や雑誌の広告、雑誌の誌面や商品パッケージのデザインなど、人が目にするあらゆるものがグラフィックデザイナーによる仕事です。具体的には、依頼者からの伝えたいメッセージを要望に応じて、見る人に的確に伝えるためのデザイン的な工夫をすることです。依頼者の企画意図を汲み取ってしっかりと理解し、それを目に見える形にしていく仕事です。そのため常に柔軟な発想を保ちながら創造力とデザイン力をしっかり身に付けておくことが必須となります。最近はパソコン上で作業を行なうことが多くなっているため、デザイン用のソフトを使いこなすスキルも必要となっています。

デザイン会社などに勤務して仕事をする場合には、一連の作業を統括するアートディレクターが指揮をとり、デザインをいくつかの部分に分け、各デザイナーがそれぞれの得意分野を仕上げていくケースが多く、関わるすべての人と意見のすり合わせをしながら仕事を進める必要があります。一方、フリーランスで活動している場合には、クライアントとの打ち合わせから作品を完成させるまでのすべての工程に携わることが多いようです。独立を目指すならば、デザイン力を高めるだけでなく、仕事のスケジュール管理はもちろん、総合的なマネジメント能力も求められます。

ドッグトレーナー

犬を訓練したり、しつけするドッグトレーナーという職業です。
ペットとして犬を飼う人が増えるにつれて、その需要が増えています。
ペットとして飼い始めたのはいいものの、トイレのしつけ、吠え癖・噛み癖、その他の問題行動で困っている飼い主は少なくありません。
そのため、飼い主に人間社会で共存していくためのマナーを教えるという仕事の需要が増えているわけです。
トレーニングは、犬を預かって行うこともあれば、家庭に出向いて行うこともあります。
より専門性の高いドッグトレーナーとして、家庭犬のトレーナーではなく「警察犬訓練士」「災害救助犬訓練士」「 盲導犬訓練士」「 聴導犬訓練士」「 介助犬訓練士」「 セラピードッグ訓練士」など、職業犬の訓練士という仕事も存在します。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、スポーツチーム、フィットネスクラブなどに所属して、ケガの予防や応急処置、トレーニングの始動などを行ないます。

フィットネスクラブに所属する場合は、利用者一人ひとりの年齢や性別、運動能力などを的確に判断し、適切な練習メニューをつくって、健康管理のサポートもします。
チーム所属の場合は、選手のケガを予防するために、テーピングやマッサージなど選手に施したり、選手に日常生活のアドバイスする役割を担います。

身体の仕組みや栄養知識などの高度な専門知識が求められるため、大学の体育学部や体育会系の専門学校などで学び、就職につなげましょう。さらに、はり、きゅう、マッサージなどの技術を習得すると仕事の幅がいっそう広がります。

セラピスト

料理人

料理人や調理師、シェフも、おいしさの追求はもちろんのこと、それに加えて食品の栄養に関する幅広い知識と調理法についての高い技術を持っていなければなりません。また、料理をつくるだけでなく、衛生管理や防火に関しての知識もしっかりと身に付ける必要があります。

料理人や調理師を目指すには、まずは調理の専門学校で基礎を学びましょう。高校卒業後、1年以上の専門学校や短大を卒業、あるいは調理科のある高校を卒業すると登録申請だけで調理師免許を取得できます。必須ではありませんが国家資格である調理師免許を持っていると就職の際に有利となるでしょう。また、調理員として2年以上の経験を積むと、調理技術技能センターか各都道府県が実施する調理師試験を受験することができるようになります。

食品製造職人

ソムリエ

ワイン全般に関する専門知識を駆使して、客の好みに合わせたワインに関するサービスを行なう専門家をソムリエ、女性の場合はソムリエールと呼びます。活躍の場としては、一流ホテルや高級フランス料理店、イタリア料理店などがあります。ソムリエは客にワインをサービスするだけでなく、ワインリストをつくったり、ワインを仕入れたり、ワインセラー(貯蔵庫)を管理と維持したりもするのが仕事です。ワインと料理の知識に加え、洗練された言葉使い、テーブルマナー、立ち居振る舞いといった総合的な接客マナーも求められます。

ソムリエになるなら、ワインを扱うホテルや高級レストランで働きながら、ワインについての専門知識を身に付けていきましょう。国家資格ではないものの、ワインに関する資格として『日本ソムリエ協会』が実施する『ソムリエ/シニアソムリエ呼称資格認定試験』があり、合格すればその肩書を名乗ることができるようになり、ソムリエとしての活躍に有利となるでしょう。

スタントマン

「スタントマン」は、出演している俳優に代わって、危険なシーンの撮影に臨むのが仕事です。海に飛び込んだり、ビルからビルに飛び移ったり、高速で走る車を横転させたりするアクションシーンをこなす体力が必要であり、かつ危険な仕事でもあります。一歩間違えば大怪我をすることもあるため、優れた運動神経と鋭い反射神経を持っている必要があります。シーンによっては俳優の代わりに演じなければならないこともあるので、ある程度の演技力も持ち合わせていなければなりません。普段からスタミナや身体の柔軟性、筋力を鍛えておくことが必要で、地道な鍛錬があってこそカメラの前で輝くことができる。
報酬は出演するシーンの難易度や危険度によって幅広く設定されており、収入も仕事の内容によって大きく異なります。より危険なスタントを行なう人ほど報酬は多くなるため、スポーツ選手同様、体力と技術、経験が伴った30代でもっとも高収入となり、その後の収入は減っていくのが一般的なようです。そのため、40代以降になると、スタントマンの管理や撮影のアドバイスをするマネジメント業務にシフトチェンジする人も多くいます。

スタントマンにもっとも必要なものは、なんといっても優れた運動能力です。それを磨くために体育科のある大学、スポーツ系の専門学校へ進学するのもひとつの手段といえますが、運動神経以外にも演技力が必要となるため、最近ではスタントマンやアクションタレントの養成所へ入学して実践的なスタントの技術や専門知識を身に付けるのが一般的となっています。

養成所で学んだ後に、スタントマン専門のプロダクションか芸能プロダクションなどと契約して、プロのスタントマンとして仕事を受けるケースがほとんどでしょう。一方、そうした養成所に通わず、スタントマン専門のプロダクションのスタッフとなって、初歩的な仕事をしながらスタントの勉強を続け、プロのスタントマンになっている人もいます。

テクニカルイラストレーター

テクニカルイラストとは、工業製品や人体、植物などを、立体的に描いた精密なイラストのことで、家電製品などの取扱説明書に描かれている部品の説明図やプラモデルの組立説明図などが挙げられます。テクニカルイラストレーターは、CAD(コンピューター支援設計)などを使ってイラストを描くのが仕事で、対象物の構造や特性を正確かつわかりやすく表現することが求められます。

テクニカルイラストレーターになるには、各都道府県の職業能力開発協会が実施する国家検定資格の『テクニカルイラストレーション技能士』を取得すると就職などに有利となるため、専門学校などで資格検定のために学んでおきましょう。現在はどのような分野もデジタル化が進んでおり、CADを使うケースが増えているため、デザインや描画のセンスだけでなくCADプログラムやコンピューターの知識も必要となります。就職先は電機メーカーのデザイン室や技術資料作成の部署、取扱説明書の制作を行なっている会社などがあります。

化粧品調香師(パフューマー)

化粧品調香師は、化粧品や香水など、さまざまな製品に使われる 香料をつくり出す香りの専門家。パフューマーとも呼ばれている。 ちなみに、食品のフレーバー(香味)用の香料を調香するフレーバ リスト(食品調香師)という職業もある。
化粧品調香師は、製品のコンセプトに合わせて、数々の香りの中 から最適な香りを選び出し、調合していくのが基本的な仕事だ。主 な活躍の場は、香料会社や化粧品会社、アロマ関連のショップなど。 ただし、国内では募集求人が少なく、化粧品調香師として就職する のは狭き門となっている。
香料会社の入社を目指そう。調香師養成を専門とする養成 学校もある。
まずは、調香師養成を専門とする養成学校で学ぶとよい。調香師 には資格がないため、調香師養成校で知識と実践的なスキルを習得 した後、香料会社への入社を目指そう。

コンシェルジュ

コンシェルジュとは、一流ホテルなどで宿泊客をもてなすスタッ フのこと。仕事の内容は幅広く、客のリクエストに応じて、観光名 所の案内をしたり、旅のプランづくりやレストランの紹介・予約、 各種チケットの手配までさまざまだ。
法律や道徳上の問題にならないかぎり、宿泊客の要望に応えるた め、全力をつくす。ホテルの印象を左右する「ホテルの顔」ともい える職業である。
英語力を磨き、希望するホテルへ就職。接客業務からスタ ハートしよう。
コンシェルジュのいる一流ホテルに入社することが前提。まずは、 ホテルマンとして接客業務などを行ないながらサービス業のノウハ ウを吸収しよう。一流ホテルでは、世界各国から宿泊客が訪れるの で、日常会話以上の英語力は不可欠だ。

占い師

占い師は、省堂術や手相、勇学、タロット占い、四柱推命、姓 名判断、風水などを通じて相談者の未来を占う。どうすれば相談者 がより前向きな人生を送れるのかをアドバイスする人生相談として の役割も担う。
働く場所は、各地の「占い専門館」や百貨店の「占いコーナー」、 街角、自宅、インターネットの「占いサイト」などで、まさに一対 一の接客業ともいえる。 「占いの知識とともに、カウンセリングの技術も身に付けて
おくとよい。
占い師になるのに特別な資格は必要ない。1占い師養成講座に通 う、2有名占い師に弟子入りする、3専門書を読み独学で学ぶ、と いった道を経て占い師になるのが一般的だ。
相談者の中には、深い悩みを抱えている人もいるので、カウンセ リングの技術を身に付けておくとよい。
また、実績を積み、雑誌などの占いコーナーの原稿を執筆したり、 占いの本の筆者として活躍している人もいる。

右脳派な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました