【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

感覚派に向いてる仕事5選!直感を活かして無双できる適職はこれだ!

自分、割と「感覚派」の人間なんすよ。

言い換えるなら「右脳派」「天才肌」って感じかな?

大半の物事は、他人がやってるの見て、自分でやってみれば、直感で理解できる。

なので、一から理論を勉強しないと物事がわからない人間の気持ち、まったく理解できません(笑)

だってそうでしょ?

直感やフィーリングで理解できちゃうんだもん。
無駄な勉強とか必要ない。

でも、こういう考え方だと、理屈っぽい人からムカつかれるんですよ~。

「言われた通りにやれ」
「マニュアル通りにやれ」

…ってね。

そういった経験をしてきて、一つだけわかったことがあります。

感覚派の人間は、自分の直感を信じ抜くのが成功する秘訣。

逆に、理屈っぽい人のやり方とか教えとか、真に受けるだけ自分の才能を潰すだけなので聞くだけ無駄です。

そこらへんのセンスのない雑魚が考えた「感覚派に向いてる仕事」とか信じる必要なし。

この記事で紹介する「ガチで感覚派の人が自分の才能を発揮して無双できる仕事」を参考にすべき!

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

感覚派の弱みや短所:仕事ができないと感じやすい欠点

感覚派の人は、直感や感情に基づいて物事を判断する傾向があります。

しかし、この特徴にはいくつかの短所や欠点が存在します。

向いてる仕事を見極めるためには、自分の欠点を理解しておくことが重要です。

感覚派の人には、以下のような欠点があります。

  • 感覚や経験でどうにかするため、他人に説明したり教えることが苦手
  • 感覚的に理解できないことを習得するのに時間がかかる
  • 専門的な知識や技術が求められる仕事に弱い
  • 感覚や直感を重視し理論やルールを無視する
  • 計画性や戦略性に欠けることがある

こういった短所がマイナス評価されやすい仕事では、活躍の機会を得られないかもしれません。

もし、自分の欠点がマイナスになりやすい職場で働くことになったら、

  • 自分の欠点を上司によく指摘されるのでモチベーションが維持しにくい
  • 価値観や性格がマイナス印象となり正当に評価されない
  • 欠点が目立つため能力を発揮できずに仕事が長く働き続けられない

など、自分の能力や才能を上手く発揮できずに、思うように評価も得られなくなります。

まずは自分の弱みを知っておき
相性の悪い職場を避ける考え方
習得しておきましょう
自分の弱みがマイナスになりやすい
向いてない可能性の高い仕事
記事後半で紹介していきますよ!
自分の弱み・強みをよく知って
本当に適性のある仕事を
見つけ出すヒントにしてください!

論理的思考が弱くビジネスシーンで不利になる場面がある

感覚派の人は、論理的思考よりも直感に頼る傾向があります。そのため、ビジネスシーンで論理的な判断が求められる場面では不利になることがあります。

例えば、プレゼンテーションの際に論理的な説明やデータを用いる必要がある場合、感覚派の人は説得力を欠いてしまうかもしれません。

細かい作業や複雑な頭脳労働に苦手意識を感じる

感覚派の人は、細かい作業や複雑な頭脳労働に苦手意識を感じることがあります。彼らは直感的な思考を得意とするため、細かい作業や複雑な問題解決に時間がかかることがあります。

例えば、データの分析やプログラミングなど、細かい作業や複雑な頭脳労働が必要な仕事において、感覚派の人は苦手意識を感じるかもしれません。

計画的な仕事の進行が苦手で目の前ことに右往左往しがち

感覚派の人は、計画的な仕事の進行が苦手で、目の前のことに右往左往する傾向があります。彼らは直感的な思考を重視するため、計画を立てて進めることが苦手です。

例えば、プロジェクトの進行管理やスケジュールの管理など、計画的な仕事において、感覚派の人は苦手意識を感じるかもしれません。

現実逃避の傾向があり、実用的でないアイデアやスキルに惹かれがち

感覚派の人は、現実逃避の傾向があります。彼らは実用的でないアイデアやスキルに惹かれることがあります。

例えば、新しい技術やトレンドに興味を持ち、それに時間を費やすことがあります。しかし、それが仕事に直結しない場合、他の人からは無駄な時間を費やしていると思われるかもしれません。

感覚派に向いてる仕事や業界

「向いてる仕事」の定義は様々ですが、

  • 適性や才能を発揮できる
  • 興味関心が持てる
  • 熱中できる
  • 今までの経験が活かせる

といった仕事は、長く続いて活躍できる可能性が上がります。

そのためには、まず自分を知っておく必要があります。

周りと比べて自分の欠点を気にすることはありません。

自分の強みや長所を活かせる仕事こそが「本当に向いてる仕事=適職」です。

感覚派・右脳派な人は、以下の隠れた才能を秘めています。

▼感覚派な人が持つ意外な適性

  • 直感的
    創造力がある、芸術性がある、五感で覚える、知識より経験、理論より閃き、天才肌、洞察力がある、勘が良い、センスを磨く
  • 感受性
    他人の感情の機微を見抜く、常識に縛れない、矛盾を見抜く、表現力が高い

こういった素質を自覚し意識的に伸ばすことで、キャリアでも活躍できる可能性が高まることでしょう。

以下に、このような適性を発揮したり、開花させることができる職業の数々を紹介していきます。

CADオペレーター

設計技師やデザイナーが制作した設計図をCAD(コンピューター支援設計)と呼ばれる製図ソフトを使って、パソコン上で清書するのがCADオペレーターの仕事です。主な就職先は建設会社やCAD専門会社などになります。

CADオペレーターになるためには、製図技術やCADソフト使用スキルを求められるため、中央職業能力開発協会が実施するCADトレース技能審査を受験して資格を取得しておきましょう。または職業訓練校のCADコースなどでスキルを習得してから就職先を探すといいでしょう。

空間を把握する想像力に優れた感覚派な人に向いている職業といえるでしょう。

DTPオペレーター

DTPとはデスクトップ・パブ リッシングの略で、DTPオペレーターの仕事は、雑誌や新聞、ポスターやカタログ、折り込みチラシなどを印刷するためのデータを、パソコン上で作成することです。デザイナーが作成した基本フォーマットをもとに、「InDesign」 や「Illustrator」といった専用ソフトを使いながら、文章や写真、イラストを配置していきます。

デザインやレイアウトに興味がある人はDTPオペレーターに向いているでしょう。パソコ ンの専門学校や短大、大学で学んだ後、印刷会社に就職するのが一般的です。DTPの技術を高めて経験を積めば独立の道もあります。

デザインやレイアウトなど感覚的な作業になるため、感覚派な人に向いている職業といえるでしょう。

WEBコーダー

WEBサイトのデザインだけでなく、その構造、使いやすさや見やすさ、アクセスしやすさをも考慮して、デザイン後にWEBサイトがきちんと表示され、そして更新されるよう、設計するプログラマー的な技術者がWEBコーダーです。

WEBディレクターやWEBデザイナーが作った設計書通りにプログラミングコードを書いていく作業が多いため、指示通りに仕事を進めたいといった人に適した仕事といえるでしょう。

WEBコーダーが扱うhtmlやCSSといったプログラミング言語は感覚的に扱えるため、感覚派な人に向いている職業といえるでしょう。

グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーは伝えたいメッセージを色使いや構図でより効果的に表現し、チラシやDMのハガキから、新聞や雑誌の広告、雑誌の誌面や商品パッケージのデザインなど、おもに印刷物の紙面をデザインするのが仕事です。依頼者からの要望に応じて、見る人へ的確に伝えるためのデザイン的な工夫をします。

グラフィックデザイナーになるために必要な資質は「常に柔軟な発想を保った創造力とデザイン力」「パソコン上で作業するためのデザイン用ソフトを使いこなすスキル」となります。

デザイン会社などに勤務している場合には、作業を統括するアートディレクターが指揮をとり、各デザイナーがそれぞれの得意分野を仕上げていくケースが多く、一方、フリーランスで活動している場合は、クライアントとの打ち合わせから作品を完成させるまでのすべての工程に携わります。デザイン力を高めるだけでなく、仕事のスケジュール管理はもちろん、関わるすべての人と意見のすり合わせをするコミュニケーション力と総合的なマネジメント能力が求められます。

想像力はもちろん、デザイン感覚や直感的なひらめきを求められるため、感覚派な人に向いている職業といえるでしょう。

ドッグトレーナー

ドッグトレーナーは、犬を訓練したり、しつけをするのが仕事です。トイレのしつけや吠え癖・噛み癖、そのほか犬が問題行動を起こさないよう、犬に人間社会と共存していくためのマナーを教えます。犬を預かってトレーニングを行なうこともあれば、家庭に出向くこともあります。

より専門性の高いドッグトレーナーとして「警察犬訓練士」「災害救助犬訓練士」「盲導犬訓練士」「聴導犬訓練士」「介助犬訓練士」「セラピードッグ訓練士」など職業犬の訓練士という仕事も存在します。

ドッグトレーナーになるには、犬のしつけや訓練を行なうための専門的な知識と経験が不可欠です。どちらも独学での習得は難しいため、専門学校や通信講座を利用して学んでおきましょう。

犬が好きで直感的に臨機応変な対応ができる感覚派の人にも向いている職業だといえるでしょう。

スポーツトレーナー

スポーツトレーナーは、スポーツチーム、フィットネスクラブなどに所属して、ケガの予防や応急処置、トレーニングの始動などを行ないます。

フィットネスクラブに所属した場合は、利用者一人ひとりの年齢や性別、運動能力などを的確に判断し、適切な練習メニューをつくって、健康管理のサポートもします。スポーツチーム所属の場合は、選手のケガを予防するために、テーピングやマッサージなど選手に施したり、選手に日常生活のアドバイスする役割を担います。

身体の仕組みや栄養知識などの高度な専門知識が求められるため、大学の体育学部や体育会系の専門学校などで学び、就職につなげましょう。さらに、はり、きゅう、マッサージなどの技術を習得すると仕事の幅がいっそう広がります。

筋肉や骨の動きなどから効果的な練習メニューを考案したりアドバイスができる想像力を持った感覚派の人にも向いている職業だといえるでしょう。

セラピスト

セラピストとは直訳すると「治療・療法を行う人」という意味になりますが、実際の仕事を指す言葉としては「身体的または精神的な症状を癒やす人、またはその総称」という意味合いで使われます。

近年、セラピストは様々な分野で登場しており、その需要が高まって注目されている職業の一つです。

具体的には、以下のような例のセラピストが職業として成り立っています。

アロマセラピスト アロマセラピストの仕事は、花や薬草などから得られる香りのエッセンスを抽出した精油を混ぜたオイルで、マッサージやアロマバスを施すことにより、さまざまな病気の治療予防を促す自然療法を利用し、患者や利用者の心や精神を元気にし、より健康に近づけること。また、アロママッサージを通して全身のコリや疲れを癒しリフレッシュさせることも行う。
カラーセラピスト 人の心と体に深く働きかける色彩の効果を用いて安らぎを与えたり、心身のバランスを整えたりする。メンタルな部分を色を使って分析する。
心理学で研究されつつあり、専任は増加傾向。パーソナルカラー診断(個々に似合う色調を提示し、魅力を引き出す)は若者に人気。
アートセラピスト 絵を描いたり物を作ったり、芸術的創作活動を通して心の問題や悩みを回復に導くアートセラピー(芸術療法)を行う。精神科医や心理カウンセラーが治療の一環として行っていることが多い。専任も若干増えている。セラピー機関、病院、老人福祉施設などで非常勤として働く。
園芸セラピスト 園芸やガーデニングを通して地域の人々とつながり、高齢者や障害者らの心を癒す。公的資格はなく、就業者数は不明。医師や療法士が治療の一環として行うことが多い。講座を修了しただけのものが名乗る場合もある。福祉施設や園芸系に勤務かボランティアとして活動。
森林セラピスト 森の樹木や香りなどを通して、心身ともにリラックス効果をもたらす森林セラピーを行う。資格主催の国土緑化推進機構が公的資格をめざしている一方、同機構指定、全国60の森林セラピー基地・ロードにてそれぞれの基準で養成しているところもある。
アニマルセラピスト 動物との触れ合いを利用して、人間の身体的、精神的障害を和らげる効果を期 した治療療法を行う。公的認定資格がないので、就業者数は不明。ペットショツプ、動物病院等に勤務する。
フットセラピスト ツボ療法とリフレクソロジーを取り入れた、足裏健康法により、深いリラクゼーション効果と自然治癒力を回復させる足の専門家。サロン、施術院、医療・福祉関係などに勤務する。
フーレセラピスト 足の裏全体を使って、全身の筋肉やツボを刺激する美容健康法を施術する人。 女性が多い。就業者数は増加傾向。 エステティックサロン、整体院など美容・健康関係の仕事に従事。

セラピストになるためには、所定の講座を受けて修了過程を得たり、資格を取得する必要があります。また、医療関連機関で働く場合は「福祉士」「療法士」「心理士」の資格が勤務条件となることもあるので、事前に必要な知識・資格を調べておくといいでしょう。

料理人

料理人や調理師、シェフも美味しさの追求はもちろんのこと、それに加えて食品の栄養に関する幅広い知識と調理法についての高い技術を持っていなければなりません。また、料理をつくるだけでなく、衛生管理や防火に関しての知識もしっかりと身に付ける必要があります。

料理人や調理師になるためにには、まずは調理の専門学校で基礎を学びましょう。高校卒業後、1年以上の専門学校や短大を卒業、あるいは調理科のある高校を卒業すると登録申請だけで調理師免許を取得できます。また、調理員として2年以上の経験を積むと、調理技術技能センターか各都道府県が実施する調理師試験を受験できるようになります。

美味しい料理を生み出す想像力とたしかな味覚を持つ感覚派の人にも向いている職業だといえるでしょう。

食品製造職人

食べ物や飲料などの食品製造を行う仕事の中でも、微妙な製造法や味の違いを追求する職人的な仕事も世の中には存在します。

具体的には、「パン職人」「チーズ職人」「和菓子職人」「コーヒー焙煎職人」「豆腐職人」「塩職人」「醤油職人」「味噌職人」「日本酒製造工」「ウイスキー製造工」「ワイン製造工」「ビール製造工」「そば職人」「寿司職人」など、調味料から食材の職人もいれば、酒造品の職人、和食の職人など、様々な食品製造のプロがいることがわかってくるはずです。

食品製造職人となるには、以下のようなキャリアが考えられます。

  • 現役の職人に弟子入りして働く
  • 料理店・食品販売店で働いてスキルを習得する
  • 食品製造メーカーで働いて食品開発に携わる
  • 食品製造工場で働いてキャリアアップを図る

現役職人のもとで働いて「技術を見て盗む」という方法が一般的ですが、大量生産が前提のメーカー食品であれば、食品メーカーで働いた上で食品開発に携わるという選択肢も考えられます。また、中小規模の食品製造工場であれば経営階級や職人とも距離感が近いため、職人感覚が必要な業務工程に携わる機会も訪れるかもしれません。

いずれにしても、職人になるには一般的で安定したキャリアコースがある職業というわけではないので、関連する職業や現役で働くプロを見つけ出して、仕事を通して関われるようにするのが一番の近道と言えるでしょう。

ソムリエ

ワイン全般に関する専門知識を駆使して、客の好みに合わせたワインに関するサービスを行なう専門家を「ソムリエ」、女性の場合は「ソムリエール」と呼びます。活躍の場としては、一流ホテルや高級フランス料理店、イタリア料理店などがあります。ソムリエは客にワインをサービスするだけでなく、ワインリストをつくったり、ワインを仕入れたり、ワインセラー(貯蔵庫)を管理と維持したりもするのが仕事です。ワインと料理の知識に加え、洗練された言葉使い、テーブルマナー、立ち居振る舞いといった総合的な接客マナーも求められます。

ソムリエになるためには、ワインを扱うホテルや高級レストランで働きながら、ワインについての専門知識を身に付けていきましょう。国家資格ではないものの、ワインに関する資格として「日本ソムリエ協会」が実施する「ソムリエ/シニアソムリエ呼称資格認定試験』があり、合格すればその肩書を名乗ることができるようになり、ソムリエとしての活躍に有利となるでしょう。

味覚や嗅覚といった感覚を研ぎ澄ませる必要があるため、右脳派の人にも向いている職業だといえるでしょう。

スタントマン

「スタントマン」は、出演している俳優に代わって危険なシーンの撮影に臨むのが仕事です。海に飛び込んだり、ビルからビルに飛び移ったり、高速で走る車を横転させたりするアクションシーンをこなす体力が必要であり、かつ危険な仕事でもあります。一歩間違えば大怪我をすることもあるため、優れた運動神経と鋭い反射神経を持っている必要があります。シーンによっては俳優の代わりに演じなければならないこともあるので、ある程度の演技力も持ち合わせていなければなりません。

報酬は出演するシーンの難易度や危険度によって幅広く設定されており、収入も仕事の内容によって大きく異なります。より危険なアクションを行なう人ほど報酬は多くなるため、スポーツ選手同様、体力と技術、経験が伴った30代でもっとも高収入となり、その後の収入は減っていくのが一般的なようです。そのため、40代以降になると、スタントマンの管理や撮影のアドバイスをするマネジメント業務にシフトチェンジする人も多くいます。

スタントマンになるためには、最近ではスタントマンやアクションタレントの養成所へ入学して実践的なスタントの技術や専門知識を身に付けるのが一般的となっています。養成所で学んだ後に、スタントマン専門のプロダクションか芸能プロダクションなどと契約して、プロのスタントマンとして仕事を受けるケースがほとんどです。また、スタントマン専門のプロダクションのスタッフとなって、初歩的な仕事をしながらアクションの勉強を続け、プロのスタントマンになっている人もいます。

体力や身体の柔軟性に自信があり、運動感覚に優れた右脳派の人にも向いている職業といえるでしょう。

テクニカルイラストレーター

テクニカルイラストとは、工業製品や人体、植物などを、立体的に描いた精密なイラストのことで、家電製品などの取扱説明書に描かれている部品の説明図やプラモデルの組立説明図などが挙げられます。テクニカルイラストレーターは、CAD(コンピューター支援設計)などを使ってイラストを描くのが仕事で、対象物の構造や特性を正確かつわかりやすく表現することが求められます。

テクニカルイラストレーターになるには、各都道府県の職業能力開発協会が実施する国家検定資格の「テクニカルイラストレーション技能士」を取得すると就職などに有利となるため、専門学校などで資格検定のために学習しておくとよいでしょう。現在はどのような分野もデジタル化が進んでおり、CADを使うケースが増えているため、デザインや描画のセンスだけでなくCADプログラムやコンピューターの知識も必要となります。就職先は電機メーカーのデザイン室や技術資料作成の部署、取扱説明書の制作を行なっている会社などがあります。

立体物を把握する感覚に優れた右脳派な人に向いている職業といえるでしょう。

化粧品調香師(パフューマー)

化粧品調香師は、化粧品や香水など、さまざまな製品に使われる 香料をつくり出す香りの専門家。パフューマーとも呼ばれており、製品のコンセプトに合わせて、数々の香りのなかから最適な香りを選び出し、調合していくのが基本的な仕事となります。主な活躍の場は香料会社や化粧品会社、アロマ関連のショップなどになりますが、国内では募集求人が少なく、化粧品調香師として就職するのは狭き門となっているようです。

パフューマーになるためには、まずは調香師養成を専門とする養成学校で香料について学ぶとよいでしょう。調香師には必要資格がないため、調香師養成校で知識と実践的なスキルを習得した後、香料会社への入社を目指しましょう。

良い香りを作り出す嗅覚に優れた右脳派の人にも向いている職業だといえるでしょう。

コンシェルジュ

コンシェルジュとは、一流ホテルなどで宿泊客をもてなすスタッフのことです。客のリクエストに応じて観光名所の案内をしたり、旅のプランづくりやレストランの紹介と予約、各種チケットの手配など、その仕事の内容は幅広くなります。法律や道徳上の問題にならないかぎり、宿泊客の要望に応えるために全力をつくし、ホテルの印象を左右する重要な役割です。

コンシェルジュになるためには、まずは一流ホテルに入社しホテルマンとして接客業務などを行ないながらサービス業のノウハウを吸収します。世界各国から宿泊客が訪れるのため、日常会話以上の英語力は不可欠となります。

英語力に自信があり、人の気持ちを察する直観にすぐれた右脳派の人にも向いている職業だといえるでしょう。

占い師

占い師は手相やタロット、四柱推命や姓名判断、風水などを通じて相談者の悩みや未来を占います。どうすれば相談者がより前向きな人生を送れるのかをアドバイスする人生相談としての役割も担っています。

働く場所は、各地の「占い専門館」や百貨店の「占いコーナー」、街角や相談者の自宅、インターネットの「占いサイト」などで、まさに一対一の接客業ともいえる。占いの知識とともにカウンセリングの技術も身に付けておくとよいでしょう。

占い師になるのに特別な資格は必要ではありません。占い師養成講座で学んだり、有名占い師に弟子入りしたり、専門書を読んで独学で学ぶといった道を経て占い師になるのが一般的です。実績を積み、雑誌などの占いコーナーの原稿を執筆したり、占いの本の筆者として活躍している人も存在します。

相談者の悩みに対して想像力をもって解決に導く右脳派の人に向いている職業といえるでしょう。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

感覚派な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事は避ける

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を知っておくことです。

▼感覚派な人に向いてない仕事の例

  • 高度な分析能力を要求される仕事
    例:データアナリスト、統計学者、ファイナンシャルプランナー、研究開発、システムエンジニア
    向いてない理由:複雑なデータや情報を分析し結果を導き出す能力が求められ、感覚だけではできない
  • 詳細にわたるルーチンワークが中心の仕事
    例:会計士、文書管理職、品質管理監査員、システム管理者、資料管理職
    向いてない理由:ルールや形式に沿って計算したり書面をチェックするなど、左脳を使う業務範囲が多い
  • 緻密な計画や組織の必要な仕事
    例:プロジェクトマネージャー、建築家、製造ラインマネージャー、都市計画家、イベントコーディネーター
    向いてない理由:細かいスケジュールや計画を立てる必要があり、柔軟性や創造性を発揮する機会が少ない

こういった「向いてない可能性の高い業界や職業」と「向いてないと言える理由や根拠」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/商品など

様々な情報から判断しましょう

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました