【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【薄っぺらい】大したことのない人の特徴。マウント、自慢ばかり、底が浅いなど

ネットでうじゃうじゃ湧くようになった「薄っぺらいのに自信満々の人」にうんざりしていませんか?

たとえば、ネットで目につく薄っぺらい人とは以下のような感じ。

  • 誰かの受け売りの自己啓発を口にしてばかり
  • SNSに延々自分の自慢話を書いてばかり
  • 意識だけは高いが、行動が一切伴っていない
  • 成功者と会って得意気に写真を上げているが、仕事では評価されていないので一回っきりの付き合いの模様
  • 人間的な魅力や経験に欠けており、お金の話しか出来ない
  • 会社を辞めた負け犬なのに、その後たまたま成功して調子に乗っている
  • インターネット上で有名になって、天下取った気でいる身の程知らず

目につく限りの「薄っぺらい人」の特徴を挙げると、このような感じです。

かの有名なインフルエンサーもフジに空気読まずにケンカふっかけて負けてムショにぶち込まれた敗北者なのに、ネットでザコ相手に粋がっており、挙げ句にはプライベートで一般人相手にイライラしてツイッターで愚痴を書いちゃう程度の器の小ささを晒しており、薄っぺらいですよねぇ。

それに影響を受けている人たちは、さらに薄っぺらい。

私は世界の経済界や財閥の経営階級の方とも付き合いもあるのですが、正直「ネット業界の奴らなんて、雑魚だから捨て置け」という感じで、アウトオブ眼中なんですよね。

なにせ、NTTとKDDIが回線供給停止すれば、IT・WEB業界の人間なんて全員路頭に迷いますから。

EC事業で大儲けして金ばらまいて悦に浸ってる成功者気取りも、佐川とヤマトとJPが手を組んで取引打ち切れば、即効で倒産します。

一流の成功者は、SNSなんか秘書かゴーストライターに広報だけさせておいて、自分で更新なんてしませんから。

その結果、大したことない成功者が大物ヅラしてさも世の真実を知ったかのようにエラソーに発言し、薄っぺらい人がもてはやされる時代となりました。

この記事にたどり着いたあなたも、ネット上で空気読まずに声だけ大きくなりすぎた「薄っぺらいのに自信満々な人」に、うんざりしているのでは?

…いいでしょうとも。

誰も表立って声に出さなくなった、薄っぺらい人の特徴を痛烈にまで教えてやりましょう。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

薄っぺらいのに自信満々な人の特徴とは?

意識だけは高い

薄っぺらいのに自信満々な人は、とにかく意識だけは高い。

常に精神が肉体を凌駕している状態ですので、意識だけが前のめりです。

正確には「自意識だけが高い」ので周りのことが見えておらず、ともすれば「1人で勝手に盛り上がっている」だけの状態になりがちです。

当サイトの編集長も以下の記事で「自意識を越え、集合無意識をも支配することこそが、本当の意識の高さだ」と語っていますが、まさにその通り。

たとえば、以下のような薄っぺらい人の発言に違和感を覚えませんか?

「これからは、個人の時代。個人の発信力が世界を制する」

私もインターネットを始めた時、まるで自分が世界の中心にいるような感覚を覚え、世界の真相を知った気になりましたよ。

でも、一歩外に出て見ると気づくんですよ。

「自分は世間知らずだし、まったく力なんてない…」ってね。

大いなる自然と組織の力の前に、個人の力などアリンコ以下です。

横文字・MBAなどの意識高い系理論大好き

薄っぺらいのに自信満々な人は、とにかく意識高い系の横文字や、経営階級必須の経典「MBA」が大好きです。

たとえば、以下のような横文字をよく目にしませんか?

  • ロジカルシンキング
  • フェルミ推定
  • PDCAサイクル
  • フレームワーク
  • インプット・アウトプット
  • レバレッジ
  • プレイヤー
  • ポジション

これらは一見すごそうに思えて、仕事していれば自然と出来たり意識できることばかりなので、わざわざ口にすることでもありません。

ちなみに意識高い系は頭がいいだけのバカですので、現実の会社経営がMBAの理論通りに動いていないことに気づいておりません。

しかし、バカで周りと現実が見えていないので、MBAの理論通りに動いて「思った通りに人が動かない!」と騒ぎ立て、その挙げ句に「思い通りに人を動かす」というビジネス書を読み漁り、思い通りに人を動かそうとするのです。

自分の自慢話ばかりしている

薄っぺらい人は、とにかく自分の自慢話が大好き。

自分の自慢話を他人にしないと、自分の成功体験を実感できないので、口を開けば自慢ばかりなのです。

本当に成功体験で満たされている人は、わざわざ他人に自分の武勇伝を語りません。

薄っぺらい人の中でもちょっとかしこい人が使いがちなのが「論点のすり替え」「結果論」ですね。

たとえば、自分が成功した理由にまったく関係ないことまで「これをすれば成功する」「成功するための秘訣は〇〇だ」と、さも世の真実のように語る手口です。

そして、マルチ商法よろしく「君もこれをすれば人生が変わる」と決めれば、洗脳完了。

もちろん、相手の薄っぺらさを見抜いている人からすれば「バカじゃねーの」という感じですが「出る杭は打たれる」「敵を作れば味方も増える」「嫌われる勇気を持て」など、本来の意味と微妙にズレた使い方をすることで、信者を調教できます。

中身がなく、経験もないので金の話しか出来ない

薄っぺらい人の多くは、中身がなく大した人生経験もないので、お金の話しか出来ません。

お金の話は経済学などを学べば大枠は理解できるので、勉強すれば誰でも出来る話です。

また、現実でお金の話をすれば、大抵人間関係をぶっ壊すか、利害関係・打算で争いの火種になるので、まともな感覚があればご法度です。

しかし、そういった社会一般常識が欠けているため、口を開けば「金」なのが、薄っぺらい人によく見られる傾向です。

お金がない弱者に対しては、自分の財力をひけらかす手法は有効ですが、現実で億単位の取引を常日頃から行っているようなレベルの高いビジネスパーソンからは見向きもされません。

現実問題、金融機関における信用度・社会的評価は「正社員として長期間勤務している人>自営業で億稼いでいる人」です。

薄っぺらい成功者はそれをよくわかっており、一般的な社会人が仕事で苦労して培った経験や人脈をどうあがいても手に入れられないからこそ、すべてをお金で解決しようとしてしまうのです。

ちなみに、金持ちのおっさんは青春時代のモテなかった経験を援交でどうにかしようとしがちですが、あれをイメージしてもらえればわかりやすいかと思います。

人間的な深みや魅力、あるいはそれを裏付ける経験は、お金では絶対に買えないのです。

ただし、今や大企業も人員不足や社内の問題を「人件費払っておけば解決するでしょw」「政治家に賄賂送って法律改正すればいいでしょw」という感じで、社会全体が薄っぺらくなっているので、これは致し方ない問題なのかもしれません。

「リスクをとる」と言って大してリスクを負っていない

薄っぺらい意識高い系の大好きな言葉が「リスクをとらなきゃいけない」という、リスクを負うことがさもかっこいいように振る舞うケース。

ネットで「リスクをとる」なんて発言しても、大したリスクなしで出来てしまうので、まったく行動が伴っていませんよね。

本当にリスクをとる気があるのであれば、自分の報酬ゼロで赤字経営してガンガン投資すればいいのですが、それが出来ない時点で本当は臆病者なのがバレバレです。

ちなみに「背水の陣」という言葉がありますが、あれは大将が「これでダメなら後がないぞ」と煽って、必死にさせるための方便です。

薄っぺらい人もそれと同じで、他人にリスクをとらせておいて、自分は安全な場所で眺めるために「リスクをとらなきゃ勝てない」と煽るわけです。

本当にリスクを取るほうが成功する秘訣なのであれば、誰もが大企業に入社せずに学生時代からバンバン起業しまくっているはずです。

しかし、現実ではまったくそうではありません。

地道に努力を重ね、リスクを取らずに安定した道を踏みしめるように歩くことこそ、中身のある人間の選ぶ道なのです。

逆に言えば、大した努力もせずにリスクをとらざるを得ない道に逸れてしまう薄っぺらい人間だからこそ、リスクをとって一発逆転を狙う道しか見えなくなるのです。

他人を下げて自分を上げる

自分を上に見せる方法のひとつに、他人をディスって自分をすごく見せるという方法があります。

とくに自分よりちょっと下の人間をディスって勝ち誇ると、いい感じに自分のすごさをアピールできます。

具体的には「年収500万稼ぐのに、10時間も労働して残業しているの?そんなもん寝ているうちに稼げるわww」と煽ると、自分が多くのサラリーマンよりも優れていることをアピールできます。

逆に自分より明らかに上の人間をディスると「負け惜しみ」「負け犬の遠吠え」と思われるので、薄っぺらい人は絶対に上の人間をディスりません。

また、下げた相手に反論されると自分の薄っぺらさが露呈しますので、基本的には無視するか、そもそも反論すら許さないところで他人を下げます。

たとえば、酒場で「うちの上司は無能だ。オレのほうが有能だ!」とディスるのは、相手に怒られるのが怖いからでなく、自分の方が下だと上司に実力差を見せつけられてしまうのが怖いからです。

ですので、薄っぺらい人は一見すれば”強そう”に見えますが、よく観察してみると「ザコ相手にイキっているだけの、お山のガキ大将」である事実が見えてきます。

ちなみに、これは何も成功者だけでなく、一般正社員も行える手法です。

たとえば「非正規社員は負け犬」「フリーターは将来、不安じゃないの?」と煽り、自分の会社の経営状況には無関心で、なぜか自分が安泰だと信じ切っているから、これはもう笑うしかありません。

薄っぺらい人の対策は?

以上のように、身近にいると厄介な薄っぺらいのに自信満々な人ですが、対策はあるのでしょうか?

もちろん、あります。

以下のような考え方を参考に、薄っぺらい人間をダシに使って、自分の人生を中身や深みのあるものに変えてみてください。

ひたすら持ち上げて調子に乗らせて自滅させる

薄っぺらい人で絶望的にバカな人間は、調子に乗らせておけば勝手に自滅します。

たとえば、同じ会社内に薄っぺらいのに自信満々な人がいたら、

「〇〇さんなら、△△上司よりも仕事出来ますって!」
「〇〇さんが独立したら、自分もついていくっす!」

…と、ひたすら持ち上げましょう。

それで調子に乗って上司にケンカ売って左遷されたり、思い上がって起業すれば、社内の目障りな人間が一人減るのでラッキーです。

また、薄っぺらい人間の効果的な使い方としては「空気の読まなさを利用して、自分では踏みたくない地雷を、そいつに踏ませる」という利用法です。

たとえば、会社の重大な情報を探りたい場面や、明らかに社内に敵を作りかねない意見を出す時は、薄っぺらい人間に「こういう噂があるみたいですよ」「こういう意見を言うといいですよ」と吹き込んで、そいつに言わせればいいのです。

もちろん、あんまりやり過ぎると「あいつは裏切り者だ」「あいつは自分を利用している」などと疑われますので、用意周到に根回しして、薄っぺらい人間が自滅する算段をしっかり立てた上で行いましょう。

ちなみに、ネットにはびこる薄っぺらいのに自信満々な人の信者も9割ぐらいは「あいつ自滅しねえかな…」と期待している人ばかりです。

人間、誰しもが性格の悪さを持っています。

成功した人間が落ちぶれる瞬間が一番安心感を覚えるのです。

ちなみに、私も周りに薄っぺらい人がいると「おっ、カモ発見♪」と喜んで近づき、ひたすら相手を持ち上げて子分面するように心がけております。

本当の成功者とは、影で組織を牛耳り、表舞台には姿を表さないものですから。

関わらない・目につかないようにする

薄っぺらい人間は、とにかく関わらない・目につかないようにするのがいいでしょう。

最近では薄っぺらい人間はネット上のいたるところに現れて声高々に叫び散らしているので、まずはネットはやめてしまうのがいいでしょう。

私ほど人徳が高くなれば、薄っぺらいのに自信満々で意識の高い人はエンターテイメントとして楽しめますが、ネタをネタと割り切れない人にとっては、イライラの原因になるかもしれません。

私からすれば、あのドナルド・トランプですらエンターテイメントにしか見えませんが、それと同じことです。

誰が裏で世界を牛耳っていて、誰が本当の影響力を持っているかを知っているからこそ、ネットで「影響力(笑)」を誇示している人間を笑いながら楽しむことが出来るのです。

本当に影響力を持っている人間はそう安々と口を開きませんから。

ちなみに、影響力を持つ人の影響力を奪う方法は簡単で「誰も相手にしない」ようにすればいいのです。

たとえば、SNSでエラソーに薄っぺらい成功哲学を語っている人間も、10万人のフォロワーがすべて非アクティブユーザーであれば、10万人の前で演説している様に見えて、1人でエラソーにしているだけの雑魚に早変わりです。

少なからず、あなたは何も影響を受けなくなるので、最強の防衛策です。

ちなみに周りに薄っぺらい人がいた場合は、とにかく「無視」「聞き流す」ことが大事です。

あるいは、相手の薄っぺらさがあまりに目につくようであれば、ひたすら揚げ足取りまくって、相手の無知さと人間性の浅さを指摘してやるといいでしょう。

とくに上司や同僚、あるいは他の成功者がいるところで「お前は自分で思っているほど大したことはない」と恥をかかせれば、薄っぺらさが露呈してそいつの居場所はなくなります。

ただし、それを行うと足を引っ張るだけの厄介な敵になる可能性もあるので、やるんなら徹底的にブチのめして再起不能になる準備をしてからにしておきましょう。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

対人関係
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました