仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

職場の男がうざい!職場で嫌われる男の特徴6つ!

編集長
今回のテーマはこちら

職場の女がうざい」という記事に対して、こんな問い合わせが来ました。

職場の男もうざいです
どうすればいいですか?
20代前半女性

わかりました。

ネットでは女叩きも多いですが、男も平等に叩くのが筋ですよね。

…じゃあ、ぶっちゃけますよ?

どこの職場にもいますよね。

デリカシーもない、口だけのうざい男。

やっぱり、男たるもの背中で語って、女性をやさしくエスコートするのが勤めってヤツですよね~。

ところが、最近の男性はどうでしょうか。

文系・体育会系は口だけ野郎ばっかり。
理系の草食系は貧乏くさい・見た目もだらしないオタクばっか。

こんなんじゃ、女性は恋愛も結婚なんてしたくなくなりますよね~。

男は黙って仕事に励み、女を養う強さを持つべき。

これが世の女性の総意であり、本音なのではないでしょうか。

「オレが貧乏なのは社会が悪い!」
「若者は給料が安いので共働きじゃないと無理ィ~」
「は?女がアプローチするべきでしょ?」

こういう言い訳してる男性とは、出来れば関わりたくないものですよね。

それは恋愛だけでなく、仕事においても同じことが言えます。

やっぱり、頼りない男・配慮の欠ける男って、女性からすれば一緒に仕事しててもテンション下がるんですよ~。

しかも女性は「結婚相手を探すために計算高く仕事している」「職場恋愛で隙あらば結婚相手候補を探す」ために仕事をしに来ているんですよね。

男はもうちょっとそのへん意識して、女の気持ちに配慮して仕事しろっつうの。

そこで今回は、職場でクソうざい男の特徴を超辛口で紹介していきましょう!

職場でうざい男の特徴BEST6

職場でうざい男の特徴、殿堂入りベスト6は以下の通り。

  • 熱血系精神論体育会系
  • 無気力系・草食系
  • 自慢してくる男
  • セクハラ野郎
  • 貧乏くさい男
  • 頼りない男

全女性が「うんうん♪」とうなずくこと間違いなしですので、身近な職場の男性と照らし合わせて考えてみてください!

熱血系精神論野郎はうざい

仕事でうざい男といえば「熱血系精神論野郎」ですね。

これは男からしてもかなりうざい。

「目標は今期成績No.1だ!!」
「やる気ないやつは帰ってもいい、そんな奴はいらない」
「残業こそ、仕事の出来る証拠だ!!!」

こういう上司がいると、もう職場も仕事も最悪。

学校の弱小部活で「全国一になるぞ!!」と1人だけ意識の高い熱血野郎がいたと思いますが、アレが嫌われるのと同じ。

こっちはただ給料のために仕事しにきてやってんのに、余計な仕事増やすなっつうの。

いわゆる「意識高い系」ってヤツですが、職場に一人いるだけで嫌になっちゃいますよ。

しかも、熱血系が変に仕事が出来ると、調子に乗って「パワハラ」「セクハラ」しだすからマジで最悪。

「オレに楯突くとどうなるか、わかるよね?」
「大学の同級生の女の子紹介してよ」
「女は黙ってオレの言うこと聞いておけばいいんだよ!」

仕事が出来る上司には学生時代にモテなかった鬱憤を晴らすようなクズ野郎も結構います。

熱血系と付き合ってるとただただ疲れるどころか、追い込まれてうつ病・過労死につながるリスクもあるので、無理と感じたら逃げましょう。

関連:熱い上司がうざい!他人に干渉してくる上昇志向の熱血系社員は今日日はやらないし…。

無気力系男子もうざい

最近のうざい男の代名詞と言えば「無気力系」「草食系」ですよね。

仕事は淡々とこなすんだけど、頼り甲斐もなくて面白みもない。

おまけに会話がつまんなくて、女性が困ってても助けてくれない。

学校で言えば「勉強は出来るけど、部活は文化部で地味」「運動部だけど、目立ってない」タイプ。

中には恋愛経験皆無なデリカシーのないタイプもいて、見た目も不潔、女性の扱い方も最悪な人が増えてきています。

熱血系と比べると干渉されない分マシですが、一度やさしくすると変にこちらに気があると勘違いするので、熱血系とはまた違ったうざさがあるんですよね~。

高収入・社会的地位のある男性なら無気力系でもいいかもしれませんが、20代の低収入男子とかもうちょっとやる気出して女に気を使えっつうの!

こういう無気力系が集まると、女子力が下がっていい男と関わるチャンスが逃げていくので、うんざりしてるならハイスペック男子の集まる職場に転職しちゃった方がいいですよ~。

関連:意識の低い人と職場の特徴5つ。意識の低い職場で働くデメリットとは?

「オレすごいでしょ?」と自慢してくる男も論外

うざい男の代表格と言えば「自慢してくる男」ですよね。

「オレはこんなに仕事が出来る!」
「オレはこんなに知識も教養もある!」
「オレはこんなに収入もステータスもある!」

…こういうこと、いちいち口にして自慢する男とかマジ最悪。

あと「オレは将来を見据えている」「先見性がある」だの、つまんない話してくる男。

んなこと、どうでもいいっつうの。

しかも、他の女性や社員がいるとこで「オレすごいでしょ?」自慢してくる男とか、どんなに高収入でも幻滅…。

もうちょっと「乙女の気持ちに配慮して!」って感じ。

さらに最悪なのが、こっちが相槌打って「すっごーい!」「素敵♪」なんてお世辞言ってると、勘違いするタイプ。

社交辞令だっつうの、気づけよ、アホ。

自慢してくる男って「女性の立て方」を知らない非モテばっかなので、やっぱりうざいんですよね~。

会社の上司も自慢野郎だと、相手するのも疲れることも多いと思います。

そして一番最悪なのが「人をバカにしてくる男」ですね。

「そんなことも知らないの?」
「こんなことも出来ないの?」
「君、大卒のクセして社会を知らないね★」

こーいう、いちいち人を小馬鹿にしてくる男は、ほんともう最悪~。

「耐えられない!」と感じたら、転職しちゃってもっといい男と仕事しましょう。

セクハラ野郎は死ぬれ!!!!!!

職場でうざい男でも最低最悪のクソ野郎なのが「セクハラ上司」ですよね。

変態クソ野郎・非モテのクズ男は、権力握ると調子に乗ってセクハラ紛いのことを平然と行ってくるんですよ。

「君、彼氏いるの?」
「今夜、2人で飲みに行かない?」
「経験人数何人?」
「女のくせして、愛嬌がないね~」

余計なお世話だっつうの。

ただし、職場のセクハラ上司は訴えても言い逃れしてくるので、女性の立場はまだまだ弱いのも事実。

もし、セクハラ上司に悩んでいる方は、まともに戦っても勝てないので逃げましょう。

よくセクハラ被害者が告訴してますが、今の日本社会では女性がセクハラで訴えてもまず勝てません。

しかも、実名と顔を出して戦っても、勝てないレベルです。

仕事は先に大人になった方が勝ちです。

大人であれば、幼稚なセクハラはスルーするのが常套手段。

それでも無理なら、素直に転職してデリカシーのある上司の多い職場や、女性の働き方に理解のある会社で働くべきです。

貧乏くさい男も魅力なし!

職場でうざいのが貧乏くさい男!

  • 飲み会で「割り勘!」だのケチくさいことを言う
  • よれよれのスーツで出勤、だらしなくて不潔
  • 「コスパ」「節約」など男のくせしてやたらお金にうるさい
  • 見た目がダサく、波動も出てなくて覇気がない

こういう男は、仕事してる中でも「うわープライベートでもケチくさそう…」とちょっと引いちゃいますよね。

仕事だとしても「貧乏くさいのうつるから近寄んないで!」って感じです。

貧乏くさいのにエラソーに「仕事とは…」「これだから女は…」みたいに言う男、うざさが100割増しで、もう見てらんない。

やっぱり、女足るもの波動が出てて運気を上げてくれる男と仕事したいものですからね~。

周りが貧乏くさい男ばっかりだと、金運が逃げていくので、高収入男性が集まる有名企業に転職しちゃうのが一番!

関連:スピリチュアルに転職を決める方法!仕事が決まらないなら運気のあるエージェントからパワーを分けてもらうことが大事!

頼りない男、助けてくれない男もダメ!!

職場でうざい男は「頼りない男」「困った時に助けてくれない男」ですね~。

クレーム対応であたふたしてる時に、サクッと現れて颯爽と問題を解決するのが、仕事の出来る男!

でも、ダメな男は「なんでクレーム対応も自分で出来ないの?」「いい加減、自分で出来るようにしようよ」など、他力本願なことばっかり言ってきます。

働いてやってるだけ、ありがたいと思えや!

こっちが貴重な20代の時間を割いて会社のために頑張って働いているのに、労をねぎらうどころか、恩を仇で返すようなクソうざい男、尽くすだけ労力の無駄無駄。

20代の若い女性は、付き合う男は選び放題です。

困った時に助けてくれない男ばかりの職場は、辞めちゃうのがいいでしょう。

女性を大事に扱ってくれる職場ですと、頼もしい上司や同僚に恵まれ、気持ちよく仕事が出来ます!

周りの男がダメな職場だと女子力も下がる一方!

このサイトでは「いかがでしたか?」といちいち確認して、毒にも薬にもならないことを言っているサイトとは一味違います。

「毒を食らわば皿まで」です。

そして、世の働く女性・キャリアウーマンに伝えたいことがあります。

うざい男と仕事で付き合うと、女子力が低下して運気もドンドン逃げちゃうので、転職を考えたほうがいいということです。

周りの男がうざいなら転職しちゃうのが一番!

もし今の職場で「男がうざすぎて耐えられない!」と感じているのであれば、転職するだけで人生が変わる可能性があります。

・転職することで女性が得られるメリット

  • うざい男との対人ストレスから逃れられるので、キラキラ度5割増し
  • 転職することで高収入男性・イケてる男性と出会うチャンス!
  • 女をバカにする会社では、女性の地位はいつまで経っても向上しない
  • しっかり転職先を選べば、やりたいことが仕事に出来るチャンス!
  • 運が良ければ収入が上がる

日本の会社って、古くさい男優位の価値観がまだまだ残ってるので、女性を大事にしない会社が多いんですよ。

一方で、女性に働き方に理解のある会社は、女性を大事にしてくれるんです。

しかも「女性を大事にする=女心に理解がある」ということなので、イケてる男性や人付き合いのしやすい男性もかなり多め

「仕事もプライベートも充実!」っていうキラキラした人生を送っている女性もいますが、みんないい仕事に恵まれているんですよね。

もし、あなたもキラキラした人生を送りたいなら、若いうちに転職を経験して、いい職場に巡り合うのが一番ですよ!

仕事が変われば人生は確実に変わります!

関連:運命の仕事と出会う人とそうでない人の違い。天職に巡り会うためにみんながこっそり行っていることとは?

女性なら派遣社員で「干渉されない生き方」を選ぶのもあり!

女性なら、あえて「派遣社員」を選ぶのもありですよ。

関連:正社員から派遣社員はもったいない?働き方をしっかり考えれば派遣は必ずしも負け組ではないと知っておこう

派遣社員は2015年の「労働者派遣法改正」で大きく変わってきており、とくに主婦や女性から人気の働き方になっています。

都市部なら未経験からでも月収25万~30万ぐらいは稼げるので、何も正社員にこだわる必要はありません。

派遣社員は、正社員よりも責任を求められないので、うざい熱血上司にガミガミ言われることなく、自分の好きなように働くことも出来ちゃうんです!

関連:あえて派遣社員を選ぶメリット!正社員が嫌なら派遣という働き方もありという事実

しかも、派遣社員なら大企業や外資系企業に働くことも可能で、高収入・エリート男性とも出会えるチャンスもデカイ!

派遣社員はもともと欧米で生まれた働き方ですが、日本ではまだまだ派遣社員の良さが知れ渡っていないのが実情です。

派遣社員として派遣会社に登録すると、キャリアアップ支援や資格取得のサポートも受け放題なので、かしこい女性なら利用を検討しておくといいですよ!

関連:派遣会社の選び方のポイント!評判の悪い派遣会社の避け方・登録方法までまとめてご紹介!

転職エージェントを使ってカンタンに転職を決めちゃおう!

女性なら派遣社員もありですが、経歴がある人なら転職エージェントでよりレベルの高い職場に転職するのもありです。

関連:レベルの高い人仕事の特徴!高みを目指すならこれぐらいの企業には勤めるべき!
関連:震えるような高みを目指すなら利用しておくべき転職エージェントベスト3!ハイレベルな転職サポートで高年収を目指せ!

転職エージェントは転職のプロが自分に合った仕事を紹介してくれる上に、書類作成・面談・日程調整も手伝ってくれるので、忙しい人でも効率よく転職を成功させることが可能ですよ!

しかも、転職エージェントは完全無料で利用でき、内定が決まった後もアフターフォローしてくれます。

個室面談なので、今の職場にバレることは一切ありません。

また、転職のプロはカウンセラーの役割もあるので、今の職場の不満や悩みも相談し放題。

愚痴を言う相手がいないで悩んでいる方は、転職エージェントを使ってみるのも全然あり。

とくに「男がうざい!」という理由で転職エージェントを利用したいのであれば「女性らしく働きたい!」「女性の働き方に理解のある職場に転職したい!」という要望を伝えておくと、いい担当者に巡り合えるチャンスが高くなります。

職場のうざい男にうんざりしている女性は、ぜひ転職エージェントを利用して、人生を変えるチャンスをつかみとってください!

タグ:仕事辞めたい

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ