ウズウズカレッジ・CCNAコースについて徹底解説!CCNAって何?学ぶメリットは?

「未経験からIT業界に転職したい!」
「未経験からのエンジニアになりたい!」

IT人材不足で需要が増える中、このように思われている方も少なくはないと思います。

ネット上には様々なIT人材に関する情報があふれており、最近ではプログラミングスクールも増えてきています。

その中で「IT業界で働くためには何から学べばいいのか?」「本当にIT人材になれば将来を安定するのか?」と不安に感じている方もいらっしゃるはず。

そのような未経験からIT人材になりたい人に向けて運営されているのが、今回紹介する「ウズウズカレッジ」です。
ウズウズカレッジには「CCNAコース」と「プログラミングコース」の2つがありますが、この記事では「CCNAコース」について解説していきます。

また、ウズウズカレッジのCCNAコースを利用する前に知っておきたい、IT業界の内情からCCNA(シスコ技術者検定)の学ぶ意義、就職先の職種となるインフラエンジニアについての解説も交えていますので、IT業界や人材事情にリアルについて知りたい方も、ぜひ最後までお読みいただけると幸いです。

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

2021年現在、転職市場はコロナ明けを見込んで、採用に積極的な企業が増加しています。
最近では、転職も珍しくなくはなくなっていますが、辞めようと悩んでいる方にとって、仕事を辞めるかどうかは、人生の重大な選択であることでしょう。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から、転職手続きのサポートまで、まとめて行ってくれます。

初めに利用しておきたい転職エージェントは、国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でも利用可能なので、登録がまだお済みでない方は、この機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

ウズウズカレッジとは?

ウズウズカレッジとは、2012年創業から人材紹介業として実績のある株式会社UZUZが手がけるサービスで、主に未経験からIT業界へ就職・転職を考えている人に向けに徹底されたカリキュラムを提供しています。

とくに、就職失敗などの挫折経験のある20代の若者向けの就職・転職支援に力を入れており、個別に合わせた相談対応などには定評があります。
会社自体が若手中心でWEBでの情報発信に積極的なのもあり、YouTubeやSNS上での広報に力を入れているのも特徴です。

元々、ウズウズカレッジ運営以前にも株式会社UZUZで様々なキャリア教育支援も行われていましたが、満を持して本格的な教育サービスが運営開始されたという経緯も持ちます。

ITエンジニアの就職支援に特化で最効率の学習が可能

ウズウズカレッジの最大の特徴は、未経験からのITエンジニア就職に特化した教育カリキュラムが用意されているところです。

学習期間も最短1ヶ月~最大3ヶ月の短期サポートを前提としており、未経験からインフラエンジニアとして働くための最低限の基礎知識に焦点を当てて学習していくことになります。

就職サポートまで対応しているので安心

ウズウズカレッジは運営している株式会社UZUZが人材紹介会社ということもあり、受講後の就職・転職支援もしっかりと行ってくれる点も強みのひとつです。

IT業界には、人材会社やプログラミングスクールから未経験者人材が採用されても、業務内容についていけずに早期退職してしまうという問題があります。

その問題に対する解決策として、予め人材会社側で最低限の教育をした上で就職先を斡旋することで、人材の質を上げるというわけです。

これが今までの人材紹介会社サービスであれば、教育を担うことはないので人材の質が下がって紹介先企業もイマイチのものが多くなったり、逆に優秀な人材でなければ選べる求人の幅が狭くなりやすいなどの問題がありました。

今まで20代の若手向けに就職支援を担っていたウズウズでは、より人材のレベルアップおよび紹介先企業の安定性を上げるため、未経験人材に対して就職支援する前に教育段階を設けているという寸法になるわけです。

ウズウズカレッジ・CCNAコースで学ぶ「CCNA」とは?

ウズウズカレッジでは「CCNA」について学ぶことになりますがそもそもCCNAって何?って読者が大半だと思います。

CCNAは「Cisco Certified Network Associate」の略称で、世界最大手のネットワーク関連機器メーカーであるシスコシステムズ社が実施する、ネットワークエンジニアの技能を認定する試験のことで「シスコ技術者検定」と呼ばれることもあります。

CCNAについて学ぶことのメリットとして、基礎的なネットワーク技術 (TCP/IPなど)を持つことの証明にもなり、少なからず、IT業務をするにあたってよく聞く難しい単語や仕組みについての基礎を理解することができます。

また、CCNAは世界共通基準の資格で、ネットワークの世界では最も有名な資格ですので、取得しておけば就職や転職の際には有利になりやすいわけです。

ウズウズカレッジ・CCNAコースでは、この「CCNA(シスコ技術者検定)」取得に向けた学習を行い、後の就職支援も行ってもらうことになります。

CCNAがIT業界への未経験転職で有利になる理由は?

CCNAの他にも、未経験からIT業界へ転職する際に知識やスキルの証明になる資格は以下のようなものがあります。

  • 基本情報技術者試験
  • ITパスポート試験
  • LPIC

未経験からITエンジニアを目指す場合、一番の悩みになるのが「どれぐらい就職・転職の前に勉強時間を割くか?」という問題です。

単純に「国家資格を取得する」という観点で言えば「基本情報技術者試験」を取得するのが一番なのですが、勉強時間目安が「IT未経験者200時間、経験者50時間」と言われており、合格率約20%とやや難関試験でもあるため、就職・転職目的で取るには時間がかかりすぎてしまうという問題があります。
というのも、基本情報技術者試験は情報技術に関して幅広い領域の勉強項目があるため、特定の業界や職種に限った知識やスキルが必要で勉強したい場合には不必要な勉強項目が多いという問題があります。
加えて、実際に働くために国家資格が必須な福祉職や公務員と違い、ITエンジニアは資格なしでも就職可能なので、極論で言えば資格自体は必要ないのが実情です。
そう考えていくと、未経験からIT業界への就職・転職が目的であれば、基本情報技術者試験は明らかにオーバースペックな知識が要されると言えます。

逆に「ITパスポート試験」は合格率約50%前後と比較的簡単な試験ではありますが、専門的な知識よりは浅い部分の知識を広く学ぶ性質が強く、どちらかと言うと「一般企業で活躍したい人が抑えておくべきIT知識」を勉強するための資格という性質があります。
「LPIC」に関して言えば、LinuxというOSに関する知識やスキルを問われる専門的な資格であるため、Linuxに触れる前の段階ではわかりにくい部分も多く、未経験時ではかえって挫折してしまうことにもなりかねません。

以上のような事情から、汎用的かつ基礎的な知識を効率よく身につけてIT業界へ転職(就職)するにはCCNAを学ぶのが一番だと言えるわけです。

ウズカレでCCNAを学べば最短でインフラエンジニアになれる

説明した通り、勉強をした上でIT業界に就職・転職するのであれば「人材需要の高いインフラエンジニアになるためにはCCNAを学ぶ」という選択肢が最短コースになります。
「なぜ、インフラエンジニアなのか?」と疑問に思われている読者もいらっしゃるでしょうが、その理由は単純で、人材が不足している割に就職後の安定性は高い職種がインフラエンジニアだからです。

参考リンク:公務員より安定の職種って?将来性抜群!インフラエンジニアの魅力 | 第二の就活

一言に「プログラマー」「エンジニア」と言っても、下記のように実際の業務範囲や習得すべきスキルは多種多様になります。

このように多様に細分化されたプログラマー・エンジニアの仕事ですが、未経験者からすれば違いがわからず、何から勉強してどの職種を選ぶべきか非常にわかりにくいかと思います。
また、最近では「自由に働ける!」という売り文句でカジュアルに働くプログラマーやエンジニアのイメージが先行しがちですが、それは一部の高度なスキルや経験を持つエンジニアか、営業・マーケティングもできるビジネスの上手い人でなければ、現実的には実現不可能です。
実際、エンジニア業界内では「プログラミング学んだ程度で自由に働けるほど甘くない」という指摘も非常に多いです。

こういった業界事情も踏まえると、需要の高いインフラエンジニアになるために勉強内容を絞った上でIT業界内に未経験から入社した方が、転職成功確率は高くなるわけです。

CCNAを学べばICTやIoT業界での活躍が見込める

CCNAを学んでインフラエンジニアになるメリットとして、ICTやIoTといった次世代の人材需要にも応えられるようになることが挙げられます。

IT
ICT
IoT
正式名称
Information Technology
 (インフォーメーション テクノロジー)
Information and Communication Technology
(インフォーメーション アンド コミュニケーション テクノロジー)
Internet of Things
(インターネット オブ シングス)
意味
情報技術そのもののこと
通信技術を使って人とインターネット、人と人が繋がる技術のこと
人を使わずモノが自動的にインターネットと繋がる技術のこと
活用例
コンピューター、ソフトウェア、アプリケーションなど
メール、チャット、SNSの活用、通信販売の利用、ネット検索など
自動運転、スマート家電など

出典:IT、ICT、IoTとは何ですか?|ネットの知恵袋|フレッツ光公式|NTT西日本

ICTやIoTに取り組んでいるような情報通信企業には大手企業や有名企業も多く、安定した待遇や今後のキャリアアップに期待できる点も大きな魅力です。

逆に、流行りのプログラミング言語を学んでWEBサービスを作れる程度のフロントエンドエンジニアですと、大きな企業の仕事に関わることがしにくいため、将来に不安が残ることにもなりかねません。
そういう意味でも、CCNAを学んでインフラエンジニアになることは、安定したキャリアを歩むために最善の選択だと言えるでしょう。

「IT知識×文系スキル」でキャリアの幅が広がる

CCNAを学ぶメリットとして考えられるのは「必ずしもエンジニア一本に絞ったキャリアを歩む必要はない」という点にもあります。
あくまでCCNAはITに関する基礎知識を学ぶだけであって、プログラミングを実際に使うわけではありません。

ですので、実際の働き方として「自社のサービスを売り込む営業職やコンサルタント」「システムの設計や運用を担当しながら他の仕事も兼任するエンジニア」といったキャリアも選択肢に含まれることとなります。
これがプログラミングスキル一本に絞ると「技術が使えるだけの人」となりがちで、とくに基礎知識がしっかりしてないただのプログラマーであればキャリアで応用が利かず、将来に不安が残ることともなります。

要は「プログラミングを学んで技術者としてIT業界に入るか?」「基礎知識を習得してから文系職もこなせる立場としてIT業界に入るか?」と、その人の歩みたいキャリアの方向性のによって学ぶべきことの優先順序が変わるわけです。

また、「どうしてもプログラミングを学んだ上でIT業界に転職したい!」と考える方であれば、ウズウズカレッではのプログラミングコースも用意しているので、まずは登録後の面談段階で「CCNAコースとプログラミングコースのどちらが向いてるのか?」をアドバイスしてもらうのもいいでしょう。

関連:ウズウズカレッジプログラミングコース

ウズウズカレッジ・CCNAコースの学習内容やサポート体制は信用できる?

ここまでは「CCNAを学ぶことの意義」や「インフラエンジニアの需要が高い」という話をお伝えしてきましたが、肝心のウズウズカレッジのCCNAコースの学習内容やサポート体制に不安がある方も少なくはないかと思います。
そこで、筆者自身が当記事を執筆するにあたり、株式会社UZUZより直接頂いた資料を基に、ウズウズカレッジの学習内容が本当に役に立つかどうか検証していきます。

計画的なオンライン学習カリキュラムと充実したサポートに期待できる

ウズウズカレッジ・CCNAコースで行われる学習内容は、具体的に以下のようなステップになります。

  • 解説動画を見て勉強する
  • 演習問題を解く
  • 体験学習および個別のメンタリング(指導)

解説動画にのみ関して言えば、YouTube上でアップロードされている勉強講座を見てみるとイメージしやすいはずです。

【CCNA動画支持率No.1】未経験からのインフラエンジニア勉強講座【ネットワーク基礎入門 #1】

こういった解説動画を見た上で、実際に演習問題を解いて講師に提出し、個別に指導をもらって勉強を進めていくのが大まかな流れになります。
ここで疑問になるのが「講師の対応や教え方はどうなの?」という問題ですが、その点は教育に特化した講師が在籍しており、実績や経歴も公開されているので安心です。

また、基本的な学習からサポートまですべてオンラインで完結できるのがウズウズカレッジの強みで、自宅にPC環境さえあればすぐにでも受講できます。
筆者自身、ウズウズとはオンライン連絡のみで仕事をしていますが、WEBやITに慣れた会社だからこそできる、スピーディーかつ個別に合わせた対応力は自信を持って読者の方にもオススメできると感じています。

「挫折させない」がウズウズカレッジの方針

ウズウズカレッジのわかりやすい運営方針として「挫折させない」という方針が提示されています。

実際、ウズウズの就職サポートは徹底した相談力やマンツーマン体制が強みであり、会社全体で貫かれている方針です。
筆者自身、仕事のやりとりで迅速な連絡対応、相談対応も気軽に行っていただいております。

未経験からIT業界を目指す際、非常にありがちなのが「自分で調べて学べ!」という態度で教える現役エンジニアにより、初心者が挫折してしまうというケースです。
学習段階ならともかく、入社後にそのような事態にあってしまい、早期退職してしまう事例も珍しくありません。
また、有料のプログラミングスクールでも似たようなことを行っている業者の話もちらほら見かけるため、受講後に挫折しないための工夫が行われているかどうかは最大の争点となります。

極論を言えば、CCNA資格を取ったりプログラミングを学ぶだけなら独学でもできます。
ただ、モチベーションを維持して勉強したり、学習意欲を高めて効率よく学ぶのであれば、良い講師や環境が必要となります。
とくに「IT関連の勉強をしないといけない…」という課題感を持っているにも関わらず、中々踏み切れないでいる人は少なくないかと思います。
そういった方こそ、ウズウズカレッジを利用して挫折しないための学習を受けておく価値はあると言えるでしょう。

学習時間目安は最短1ヶ月、最大3ヶ月

ウズウズカレッジの学習時間ですが、最短1ヶ月でカリキュラムが組まれており、最大で3ヶ月のサポートとなります。

スケジュールは受講者の状況に合わせて組んでもらえるので、安心して利用できます。

これが独学であると、スケジューリングまで自分で行わなければならず、とくに在職中だとスケジュール配分を間違えることで資格合格を逃してしまい、再度勉強し直すという手間が生じるリスクも考えられます。

その点でも、自身のペースに合わせて学習スケジュールまで組んでくれるウズウズカレッジを利用しておけば、安心して勉強に集中できるはずです。

資格取得ができなかった場合の就職サポートも万全

万が一、ウズウズカレッジを利用してCCNAの資格取得ができなかった場合も、株式会社UZUZから「スキル証明書」を発行してもらえますので、勉強したことの証明は可能です。
また、就職支援自体は試験の合格の有無を問わずに行ってくれるため、未経験から就職・転職を考えている方も安心して利用できます。

料金設定は他社と比べると非常に良心的

ウズウズカレッジの利用料金は220,000円(税込)と決して安くはない金額に設定されています。
この料金設定は、他のプログラミングスクールと比べると安めだと言える一方で、無料の業者もあることを思うと安くはないと言えます。

ただ、以下の視点から見れば、ウズウズカレッジの料金設定は「適正価格」だと言えるかもしれません。

  • 無料の講座だとマンツーマンサポートは弱くなるがウズウズカレッジは個別のサポートに強い
  • 他社の有料プログラミングスクールでは実際のスクールまで通う必要があるため場所代が含まれる
  • 受講後の就職・転職サポートも考えると紹介先企業が雇用の安定した優良企業が多め

とくに、集まる人材の質が低くなりがちな無料のプログラミングスクールや、ハローワーク経由でなければ紹介できない縛りのある職業訓練校と比べると、就職・転職先として優良企業が選びやすいのが、ウズウズカレッジを利用する最大のメリットだと言えます。

企業側からすれば、人材採用にかかる研修・教育コストをウズウズ(人材会社)側や求職者側が負担してくれるため、一定以上のスキルや知識のある人材を採用しやすくなり、知識のない未経験者でもなりふり構わず採用するような職場よりは、求職者・企業ともに質の良いマッチングが成立しやすくなるわけです。

また、受講料に関しては2年間で分割払いすることで月額あたり「9,166円(税込)」となり、就職や転職さえ決めてしまえば2年内ですぐに回収できる投資だとも言えます。
料金については利用者の経済観にもよるとは思いますが、確実に未経験からのIT業界への転職を決めたいのであれば、高すぎるということはないはずです。

入社実績からわかる紹介先企業の傾向

ウズウズカレッジの利用を検討している方で、気になるのは「実際の就職・転職先はどうなの?」という点でしょう。
これも紹介先企業の実績から業界・企業分析してみると、安定した企業への紹介が多いことが見えてきます。
ウズウズカレッジの紹介実績として、具体的に以下のような企業名が出されています。

  • 株式会社VSN
  • 株式会社ラクスパートナーズ
  • 株式会社アルテニカ
  • 株式会社ボードルア
  • 株式会社マンパワー
  • 株式会社KSKテクノサポート

株式会社VSNは世界最大規模の人材会社であるAdeccoのグループ会社、株式会社KSKテクノサポートは売上規模で30億円という規模の会社で中小企業の中でも事業規模は大きめの会社です。
その他の企業も、取引先に大手情報通信会社(KDDI、NECなど)が多かったり、従業員数が数百人規模と中小企業の中では大規模の企業が多いため、安定した勤め先だと言えます。

総じて言えば、直接的に有名な大企業へ入社できるわけではないが、大企業に近い領域で仕事できる会社に入社できるという傾向が見えてきます。

IT業界では「二重派遣」など、言わば「下請けの下請けの仕事」で給料が下がるという問題が多いため大手企業から直接仕事を請け負える会社で働けることは、インフラエンジニアとしても安定したキャリアが歩めると言えます。

ウズウズカレッジ・CCNAコースの登録方法と登録後の流れ

最後にウズウズカレッジ・CCNAコースの登録方法と、登録後の実際の流れまで解説していきます。
具体的には、登録から試験および就職支援の流れは以下のようになります。

  1. 登録(個人情報の入力)
  2. オンラインでの事前説明面談→この段階で受講するかどうかを決められる
  3. 学習スタート(解説動画の閲覧、演習問題を解く、体験学習)
  4. 全科目修了証書発行
  5. CCNA試験を受ける
  6. 就職支援(希望者のみ)

登録後のオンライン面談段階では料金を取られることはなく、実際にお金を支払って受講するかどうかを決められますので、話を聞いてみるために登録してみるのも問題はありません。
料金の支払いは口座での一括振込、またはクレジットカードでの一括支払いor分割支払いになるため、事前にネットバンキング口座を開設しておいたり、クレジットカードを準備しておくと支払いがスムーズになります。

また、ウズウズカレッジでは他の部署との連携も強く、キャリア相談から転職支援まで様々なサポートを行っているため「自分が本当にITエンジニアを目指すべきか?」と言った相談も可能で、個別にオススメの就職方法を提案してもらえます。
いずれにしても、ウズウズカレッジを受講できるほどの資金が手元にあり、未経験からIT業界への就職・転職を本気で考えているのであれば、これほど業界実態に則していて安定した紹介先企業に期待できるサービスはないと言えるので、この機会にぜひ利用を検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました