VRMの使い方や対応アプリまとめ|実際に使ってみた感想あり

今回解説したいのは、VTuber用として注目されている、3Dポリゴン・アバターの次世代規格「VRM」について。

このVRMの重要性や今後の展望については、以下の記事にまとめております。

このVRM規格の普及具合と現状で出来ることの確認、自作アバターを作って、色々と遊んで試してみたので、各ソフトの使用感から対応ハードウェア、利用して感じた今後の課題などをまとめて参ります。

※技術要件に関してはまったくの素人ですので、各リンク先や配布先の公式サイトなどで各自お確かめください。

VRM規格とは?

Vtuberが爆発的に普及した理由としては「VRM」という、3Dキャラクター用の共通の拡張子が生まれたことが挙げられます。

「VRM」はVRアプリケーション向けの人型3Dアバター(3Dモデル)データを扱うためのファイルフォーマットです。glTF2.0をベースとしており、誰でも自由に利用することができます。また、Unity向けのVRMファイルの読み書きを行うC#による標準実装(UniVRM)がオープンソースで提供されます。

出典:VRM – dwango on GitHub

この「VRM」の何がすごいかは、以下のブログ記事にてわかりやすくご紹介されております。

わかりやすく言えば「3Dポリゴンの拡張子を統一することで、色んなプラットフォームで手軽にキャラを動かせるような仕様になって、融通が利くようになった」ということです。

逆に言うと、VRMでない3Dポリゴンは、キャラ制作から動作のプログラミングまですべて各会社毎に規格を設定しないといけないことになり、他のプラットフォームでの互換がないということです。

ちなみにあの任天堂もVRM規格普及に参加表明しており、今後のコンテンツ業界のスタンダード規格になることに期待できそうですね。

※解凍ソフト「zip,lzh」画像データ「jpg,png,tif」音声データ「mp3,wav,flac(可逆圧縮)」あたりの互換性不統一時代に悩んだ経験がある方は、この「vrm」がいかに便利かはおわかり頂けるはず。

VRMを動かせるアプリ一覧(使ってみた感想あり)

以上のように、今後の普及が期待されるVRMですが、無料で手軽に使えるアプリも続々と登場しております。

ただ、どのアプリも現状では試作段階+個人制作者多めなので、まだまだ試行錯誤の段階と言った感じで、使いこなすには知識や工夫、そして各アプリに合わせてVR機器やWEBカメラなどの入力機器が必要です。

少なからず「対応機器を買って、ソフトをインストールして、何も設定せずにすぐにVTuber!」みたいな状況ではないので、まだまだ参入障壁は高め…という事情を理解した上でご参考ください。

Clarie【VR対応】

私が実際にVR機器とVRMの3Dアバターを使ってみて「これはすごい!」と感じたのが「Clarie」というアプリ。

以下のツイートと動画のように、VR空間内での動きをそのまま撮影できるため、VR空間がまるで撮影ブースのような感覚を味わえ、実際にそういう使い方も可能です。

※動画だけだとわかりにくいのですが、VR空間内で自分自身が3Dアバターになっており、パネルやカメラを掴んで操作しております。

ただ、VR機器必須(HTC Vive/Oculus Rift/Windows MR)という点で、やや利用ハードルは高めです。

Clarie対応VR機器

ですが、VR環境+VRMでの3Dアバター制作可能という条件さえ揃えば、自分で作ったキャラクターになってVR空間でのコミュニケーション・動画撮影が可能という点では、非常にポテンシャルの高いアプリだと言えるでしょう。

ちなみに上のツイートではネタで「VR会議」などと言ってますが、VR空間内にプレゼン資料などを設置できるなどすればガチで仮想空間内で会議出来る…という使い方なども出来ますので、将来的にはかなり発展性のあるツールになりそうです。

※同コンセプトで言えば、すでに「NEUTRANS BIZ」という法人・ビジネス向けのVR会議ツールも出ています。

3tene【VR一部対応】

個人で手軽にVTuberを目指すのであれば「3tene」が使いやすさの面で一番でしょう。

3teneの使い方・動画の撮り方に関しては、以下の記事が非常にわかりやすいです。(現役VR法人所属の方の記事)

また、WEBカメラさえあればVR機器なしでも自分の動きと連動して3Dモデルが動いてくれるので、導入ハードルが低めなのが魅力。

初期アバターとして「東北ずん子」も使えるので、VRM形式の3Dアバターを制作せずとも、手軽にVTuber用のキャラクターを動かす体験が出来る点で、非常に使いやすいツールだと言えます。

ちなみに「LeapMotion」というモーションコントローラーを使えば、腕や指の動きは連動可能。

LiveAvator【VR対応】

VR機器対応+WEBカメラ対応で、なおかつテキストファイルによる音声読み込み可能なアプリが「LiveAvator」です。

挙動が若干不安定ですので、似たような用途(表情読み取り+手の動き連動)では「3tene」の方が使いやすいと感じました。

※他の方の動画を見た限りは、しっかり調整すれば挙動も安定するかとは思いますが…。

バーチャルモーションキャプチャー

自由度の高さと動きの連動性の高さにこだわるなら「バーチャルモーションキャプチャー」がVRM導入環境の最終的な到達点。

ただし、使いこなすには緻密な設定と複数のトラッカーが要求されるので、現状ではかなりの上級者向けといった印象。

※これも他の方の動画を見る限り、環境と設定さえ整えればかなり自由度の高いツールだと感じますので、本格的にVTuberを目指すなら仕様をチェックしておくといいでしょう。