仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

デザイナーの年収は安い?WEBデザイナーで給料が安くて悩んでいる時に知っておきたいこと

クリエイターは搾取業界です。

年収300万円以下のクリエイターは、残念ながら「低収入」という枠組みに含まれます。

入社一年内ならともかく、入社数年経っても年収300万円以下では、将来性がないと言えます。

ただし、挫ける必要はありません。

あなたの年収が低いのは、決してあなたの能力が低いわけではありません。

今回は、クリエイターの年収が低くなる理由と、年収を上げるための具体的な方法や考え方を紹介します。

クリエイターの年収が低い理由

クリエイターの年収が下がるのは、決して本人の能力や仕事量のせいではありません。

クリエイター業に限りませんが、年収が決まるのは本人の能力や頑張りはあまり関係ありません。金回りのいい業界、金払いのいい顧客と仕事できる経済圏にいれば、それだけ給料がインフレしていくという話ですからね。

例えばの話、地方と都会では年収の差がかなりありますがよね。

あれは単純に能力や仕事量に関わらず、経済的な事情で年収が決まるわけです。

安い地方で働けば、どんなに優秀でも都会並の給料は得られないのです。

そのため、クリエイターが年収を上げるために意識したいことは、どれだけ金を持っている企業や顧客に認められるかの一点のみになります。

極端な話、クリエイターの制作物を一点1000万円で買ってくれる人がいれば、それだけで食っていけるわけです。

こういった経済や商売の本質を理解し、市場を意識した仕事をしていかなければ、低賃金買い叩きクリエイターはいつまで経っても貧乏地獄から抜け出せません。

クリエイターが年収を上げるためには?

クリエイターが年収を上げるには、徹底的に「お金の本質」を知る必要があります。

何も「金のためだけに仕事をしろ!」と言いたいわけではありません。

自分の作品がどのように使われ、誰に買われ、自分の賃金がどういった過程で発生しているかを徹底的に考え込む必要があります。

会社に依存しているのは「子供レベル」です

誰かに雇われて、お金をもらっている」程度の認識で仕事していては、実家に養ってもらっている子供レベルです。そして、その子供レベルの仕事で「自立している」と満足している大人もたくさんいるのです。

会社はあなたの親ではありません。

倒産すればその後は一切助けてくれませんからね。

そういったことを認識するためには、自分の賃金がどのように発生し、どういう基準で決められているかを正確に知る必要があるのです。

そうすれば「年収が高い」「年収が低い」といった価値観だけでなく、もっと冷静に自分の仕事の適正値がわかってくることでしょう。

「いい作品」ではなく「金になる作品」を意識しよう

クリエイターがもっとも勘違いしがちな特徴に「いい作品をつくれば金になる」と考えているケースがよくあります。

どんなにいい作品を創ろうが、低賃金買い叩きにあえば、その程度の価値でしかありません。

たとえば音楽で言えば「およげたいやきくん」が大ヒットしたにも関わらず、作曲者は著作権を売り渡していたがために印税が一切入らなかった話は有名ですが、つまりはそういうことです。

どんなにいい作品作って世間的に評価されようが、金が入ってくるとは限らないのです。

そして、多くのクリエイター業の「名も無き誰かが作った作品」であれば、名前が売れることもありません。

ですので、クリエイターが年収を上げて社会的に評価されるためには、明確に「金になる作品」を意識する必要性があります。

漫画家の荒木飛呂彦先生も、デビュー当初は「金になる作品」ということを明確に意識して、逆算してマンガを制作していた話をしていますね。売れる作家は「金になる作品」を明確に意識して、作品作りを行っているのです。

「荒木飛呂彦の漫画術」は、クリエイターが金を稼ぐ=仕事をするにあたって、多くのことを学べる本ですので、一度読んでみるべきです。

金回りのいい業界や顧客と仕事しよう

また、クリエイターが年収を上げるためには、金回りのいい業界や、高額の出資をしてくれる顧客からの仕事を引き受ける必要があります。

低単価で仕事を発注してくる顧客は、要求だけは立派で、現場を苦しめてくるクソ顧客です。

また、顧客の要求レベルが低いと、必然的にクリエイター側の能力も上がりません。

自分の能力を最大限まで出し、成長させてくれる相手とでなければ、いつまで経ってもクリエイターのレベルは低いままですからね。

自分の能力より少し上の要求を求めてくれる相手の希望に答え続けてこそ、クリエイターは年収アップが見込めるようになるのです。

キャリアアップ思考を身につけよう

クリエイターに限らず、正社員終身雇用制度の崩壊した今では、キャリアアップ思考のない社会人はいつまでも搾取され続ける側にいるしかありません

キャリアアップとは「業務遂行能力、経歴、年収・待遇」の向上を目指すことです。

今の職場に限界を感じたら、すぐさま他の職場に転職し、さらに能力の向上をはからなければ、生き残ることは難しい世の中になったのです。

とくに弱肉強食、動向の変わりやすいクリエイティブ業界では、キャリアアップ思考は不可欠のものと言えるでしょう。

「新しいものを生み出すことが仕事」がクリエイターが、現状に満足したら、その時点で「死、あるのみ」なのです。

多くの職場で通用する作品や技術を身につけよう

年収の低いクリエイターにとって致命的な問題は「自分の職場でしか通用しない作品・技術」しか磨いていないことです。

極端な話、自社専門のソフトフェアで得意先の同じような案件ばかり引き受けているクリエイターは、他の職場で通用する可能性が低くなりますからね。

クリエイターに限らず、他の社会人にも言えますが、キャリアアップに必要なのは「適応力」です。

今どき「手に職」という発想では、いつまで経っても搾取され続ける側から抜け出せません。

マルチスキル・適応力がなければ、一つの職場や技術が死んだ瞬間、お先真っ暗ですからね。

マネジメント・管理職思考を身につけよう

また、クリエイターが正社員として年収アップを目指すなら「マネジメント・管理職」といった、一般企業の組織体系を意識する必要があります。

日本では、クリエイターの多くもチームワークでの作業がメインです。

そうなると、必然的に現場をまとめるリーダーや、後進を育成するマネジメント職が必要になってきます。

大企業で管理職が年収が増えていくように、クリエイターも管理職的な仕事がこなせるようになると年収アップが見込めます。

管理職に必要なのは、多くの経験や人間関係構築能力など、多彩なものが求められます。

ひとつの技術や作品にとらわれず、もっと広い視野で「仕事」を捉える能力が必要になってくるわけです。

クリエイターの年収アップに必要なのは「現状認識」

さてさて。

ここまで紹介したのは、あくまで「心構え」…つまり、前提でしかありません。

ここまで読んだクリエイターの方で「自分には無理だ…」と思われている方もいるかもしれませんが、あまり心配する必要はありません。

自分が経験したことのない現場や仕事で成功する確証など、誰にもないわけですからね。

ひとつの職場でしか経験したことのない人間が、いきなり「他の現場で成果を出せるか?」と言われても、自信たっぷりに「はい!出せます」と断言できる人は少ないことでしょう。

そして、出来るかどうかはあなた自身でなく、雇う側や顧客が判断することです。

自分自身で限界を決めてしまうことは、クリエイターの成長余地を潰すことになります。

必要なのは「現実的かつ客観的な今の自分の人材価値」を正確に知ることです。

今の職場や顧客だけの評価ではなく、他の職場や業界全体での自分の能力を知らなければ、適性な年収は判断できませんからね。

卑屈になって「自分なんて…」と思ってはいけませんし、逆に「オレは出来る!」と自信過剰になってもいけません。

大切なのは、客観的な自分の市場価値を把握することです。

転職サービスでクリエイター人材市場の「今」を知ろう

自分のクリエイターとしての能力を正確に把握するためには、転職サービスに登録して、プロの専門家と相談することが一番です。

転職サービスのキャリアコンサルタントは、人材の価値をしっかりと見抜くプロです。ここで聞くのが、間違いありません。

最近ではクリエイター専門の転職サービスも増えているので、より正確に自分の人材価値を知ることが出来ます。

転職サービスに登録してプロからアドバイスをもらう中で、今の職場が不当に低い評価と待遇であることを知り、より活躍できる職場に転職するクリエイターも最近では少なくありません。

転職サービスを利用して人材を集めている会社はお金を払って転職求人を出しています。それだけ企業に余裕もあって、成長性を見込んだ人材募集もしているわけです。

逆に、転職サービスを利用しない企業は、即戦力・使い捨て人材を求めている、クリエイター搾取企業が多めになります。

クリエイターが正社員という立場でキャリアアップを目指すなら、クリエイター向けの転職サービスで自分の今の市場価値を正しく知っておくことは、もはや必須と言ってもいいでしょう。今の職場の評価だけではなく、転職市場での人材市場価値を知らなければ、不当に搾取され続けるだけなのです。

年収300万円以下で搾取され続けているようなクリエイターは、一度転職サービスに登録してプロの方と相談してみるといいでしょう。

とくにオススメの転職エージェントは「マイナビクリエイター」です。

マイナビクリエイターは大手求人サービス「マイナビ」が運営する、Web・ゲーム業界勤務者やクリエイター向けの転職エージェントです。

関連:マイナビクリエイターの特徴と強みを徹底解説!クリエイター向けの総合転職サービスとしては利用しておく価値あり!

大手会社ならではの、Web・ゲーム・クリエイティブ業界情報や有名企業と太いコネを持ち、専門のキャリアコンサルタントが集結しています。

求職者には専門知識を持つ担当がついて、相談者の適性をしっかり診断した上で、より活躍・成長できる転職先を紹介してくれます。また、年収や待遇の向上にもつながったと、利用者の評判もかなり高いです。

とくに、

  • Web業界勤務
  • ゲーム業界勤務
  • デザイナー・イラストレーターなどのクリエイター
  • プログラマーやSEなど技術者

…など、業界に携わっている方は、希望する条件の会社が見つかりやすくなるので、キャリアアップを目指すなら、必ず登録して面談を受けておくべきです。

現在Web・ゲーム・クリエイティブ系の学校に通っている卒業見込者や、フリーターの傍らに創作をしている方、あるいは一般職だけどクリエイティブ業界に強い関心のある方も利用できますので、是非登録してみてください。

マイナビクリエイターは登録から利用まで、完全無料です。

業界の特性上、転職先との相性が大切になるので、じっくり時間をかけて転職希望者が納得いく勤め先が見つかるまで、丁寧に対応してくれます。1年以上かけて転職を成功させた事例も少なくないので、慎重に転職したい人でもしっかり対応してもらえます。

その上で、履歴書・職務経歴書から面談の指導はもちろん、クリエイティブ系の転職者が悩む「ポートフォリオ作成」まで企業受けのいいように指導してもらえるため、コミュニケーション力や自己アピールに自信のないクリエイターの方でも、十分に企業に自分の能力をアピールして正当評価してもらいやすくなりますよ。

超大手の優良求人や、ビッグタイトルの関わるプロジェクトの求人、そして非公開の穴場求人など、思わぬ転職先と出会えるチャンスもたくさんあるので、是非クリエイター職の方は登録して面談を受けてみましょう。

マイナビクリエイターの登録方法(簡単1分)

「マイナビクリエイター」への登録は、公式ホームページから「無料申込」をタップして、必要事項を記入していくだけで完了です。

最後に「今までの経験」とありますが、記入例があるので、それを参考に簡潔にまとめましょう。どうしても思いつかない場合は、クリエイティブ経験・実務経験を箇条書きでもOKです。詳しい来歴や技術は、面談を通してキャリアコンサルタントと考えていくことになるので、簡単な紹介で問題ありません。

Web登録後はそれだけで満足せず、必ず来社登録を済ませておきましょう。

マイナビクリエイターは新宿にありますが、遠方で来社登録できない場合は電話対応もしています。

来社登録を一ヶ月以内に済ませておかないと、エントリー無効で冷やかし登録扱いされるので、有料求人を紹介してもらえるチャンスがなくなってしまいます。

「私はサービスを利用する意志がある」という意志提示のためにも、必ず来社登録は済ませておくべきです。最低でも、登録後の返信メールは早めに対応しておくべきです。

ここでしっかり誠意ある対応をしておかないと、担当のキャリアアドバイザーからも「やる気のない人材」と見られてしまい、優良求人を紹介してもらえるチャンスが減りかねません。キャリアアドバイザーは多数の相談者を抱えていますので、やる気のない人材の対応は後回しにされてしまうことを覚えておきましょう。

転職活動に時間をかける方針であっても、初動の対応は迅速に行っておいた方が、転職を成功させる鍵になります。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。