WEB(デジタル)マーケティングに向いてる人の性格7選!WEBマーケターに必要な能力とは?

「WEBマーケティングに向いてるかどうかわからない…」
「未経験からWEBマーケティング職に就きたいけど続くか不安…」

このようにお悩みではありませんか?

WEBマーケティングの仕事を続けていく上で、向き・不向きを知っておき、自分に合った職種や会社を選ぶことは重要です。

WEBマーケティングに該当する職種は幅広く、自分自身の性格傾向やWEBマーケターの仕事全般を理解しておくことで、自分の適性を発揮できる仕事が見つけられる可能性はグッと上がります。

当記事ではWEBマーケティングに向いてる人の特徴や性格について紹介した上で、さらに未経験からでもWEBマーケティング関係の仕事に転職できる具体的な方法をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

WEBマーケティングに向いている人の特徴は?

WEBマーケティングに向いてる人の性格は、主に以下のとおり。

  • 発見したりアイデアを出すのが好き
  • 情報を見て考察したり分析するのが得意
  • 人とコミュニケーションするよりは作業に集中する方が好き
  • 外出の多い仕事よりは内に籠もって仕事する方がいい
  • パソコンやインターネットについて詳しい
  • 論理的思考ができて理屈で動く性格である
  • 単純作業よりはクリエイティブな作業の方が好き

それぞれ、詳しく解説していきます。

発見したりアイデアを出すのが好き

何かを発見したりアイデアを出すのが好きなら、WEBマーケティングに向いてるかもしれません。

というのも、WEBマーケティングではクライアントに提案したり、細かい情報をチェックして課題や伸び代を発見する必要があるからです。

逆に言えば、アイデアを出す必要がないルーチンワークやマニュアル作業が好きな人は、あまり向いてないとも言えるかもしれません。

情報を見て考察したり分析するのが得意

WEBマーケティングの中でも「データアナリスト」に該当する業務では、解析データや売上などの数字とにらめっこして、考察・分析する必要が出てきます。

ですので、常日頃から考察するクセがあったり、情報を見て分析することが得意なら向いてることでしょう。

人とコミュニケーションするよりは作業に集中する方が好き

人とコミュニケーションするよりも作業に没頭するほうが好きな性格なら、WEBマーケティングに向いてると言えるでしょう。

WEBマーケティングの主な仕事はPCやデータ相手に仕事している時間が大半であり、極論、社外の人と関わらずとも仕事できることも可能です。

ただ、プログラマーや事務職などと比べると、クライアントと打ち合わせや会議、プレゼンする機会もありますので、コミュニケーション能力があった方が有利になる場面もあります。

関連誰とも関わりたくない…仕事で極力人と関わらずに済むためにすべきこととは?

外出の多い仕事よりは内に籠もって仕事する方がいい

WEBマーケティングは、一般企業や広告代理店でのマーケティング職よりは外出が控えめで、社内に籠もって仕事することが多くなります。
最近では、コロナの影響で在宅ワークに移行している会社も少なくなく、WEBマーケティングもその恩恵を受けている職種の一つです。
ですので、大手の広告代理店や営業職のような、飲み会などの付き合いも重要となる仕事が苦手ならWEBマーケティングは向いてると言えるでしょう。

パソコンやインターネットについて詳しい

WEBマーケティングの仕事を行う上で、パソコンが使えたりインターネット全体に詳しいほうが有利になることは言うまでもありません。

ただ、プログラマーやエンジニアと違い「パソコンがどう動いているのか?」といった基礎理論よりは「WEB広告はこのような場所で出稿されている」という、表側に出ている情報について浅く広く知っておくことが重要となります。

ですので、学生時代からネットサーフィンが好きだったり、常日頃からスマホやPCでインターネットを閲覧しているのであれば、最低限のWEBマーケティング適性は満たしていると言えるでしょう。

関連スマホ普及で増加中!?パソコンが使えない人の特徴〇選

論理的思考ができて理屈で動く性格である

WEBマーケティングの仕事は「ロジック」が大事になることも多いため、論理的思考のできる理屈っぽい性格の方が向いてるかもしれません。

少なからず、WEBマーケティングをする上で誰かを説得する際「なんとなく」で通じる場面は少ないため、理屈を説明できるに越したことはありません。

さらに詳しく言うと、

  • ロジカルシンキング
  • ラフテルシンキング
  • クリティカルシンキング

など、様々な思考法を身につけて、判断力や説明能力を磨き上げるとWEBマーケターとして活躍できる可能性は上がるはずです。

逆に「論理的思考法ができない」「感情や直感だけで動くので自分の行動原理を説明できない」という人は、あまりマーケティングに向いてないと言えるかもしれません。

関連ビジネスで役立つ!論理的思考ができる人とそうでない人の特徴〇選!

単純作業よりはクリエイティブな作業の方が好き

単純作業よりかはクリエイティブな作業が好きな方がWEBマーケティングには向いていると言えます。

アイデアを出したりマーケティング戦略を立案するなどの必要があるため、単純作業が嫌いな人にとっては天職になるかもしれません。

また、WEBデザインなどのクリエイティブな仕事に関わることもあるため、クリエイター志向なら活躍の幅が広まります。

逆に単純作業しかできない場合は、WEBマーケティングの仕事の中でもExcelを使った単純作業やデータ収集などのリサーチャー相当の仕事しかこなせないためキャリアアップしにくいかもしれません。

関連単純作業が苦痛!ルーチンワークが苦手な人が知っておくべき〇つの事実

マーケティングに向いているか知りたい人にオススメの適職診断ツール

自分に向いている仕事を見つけたい方にオススメの転職アプリ「ミイダス」の紹介です。

ミイダスは高精度な適職診断ツールが無料で使え、全147職種から自分に合った職種がわかります。

画像の詳細はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

性格診断から「相性の良い上司・部下」「自分に合った職場環境」もわかるため、今後の転職活動を有利に進める上で非常に役に立つツールです。

転職アプリとしての機能も充実しており、企業からのスカウト求人が届いたり、企業の社風がわかる詳しい求人情報も閲覧できます。

ミイダスは完全無料、登録段階では職務経歴の記入もなく1分ほどで終わるので、気になる方はこの機会に登録を済ませておきましょう。

WEBマーケターになるには?

ここからは具体的にWEBマーケティングの仕事に就くためのステップについて紹介していきます。

EBマーケティングの仕事領域は「デジタルマーケティング」と重なる部分も非常に多く、WEBマーケティング・デジタルマーケティングに携わる人をそれぞれ「WEBマーケター」「デジタルマーケター」と呼ぶこともあります。

また、WEBマーケターの役割は企画や広報と被ることもあり、求人情報によっては「WEBマーケティング(デジタルマーケティング)」「WEBマーケター(デジタルマーケティング)」と明記されていないこともあります。

そのため、業界・企業分析をしっかり行っておき、WEBマーケティングの仕事ができる求人を見極めることも大事になってきます。そのような業界内情も踏まえた上で、自分の適性が発揮できて活躍できそうな職場を見つけ出してみてください。

基本的なWEB知識やスキルを習得しておく

WEBマーケターになるには、WEB全般の知識やスキルを習得しておくことが大事になってきます。

なからず、PCやスマホを使いこなせる程度のITリテラシー、最新のWEB環境を広く知っておく情報感度がある方が実際に就職した後に続く可能性は高いです。

また、以下のような具体的なスキル(使用経験)があれば、未経験からでもWEBマーケターになりやすくなります。

  • Microsoft Office(Word,Excel,Power Point)
  • WEBコーティングスキル(html,CSSなど)
  • デザインスキル(Illustrator,Photoshop,Dreamweaverなど)
  • 解析ツール利用スキル(Google Analytics,ヒートマップ)

必ずしも上記のスキルが必須なわけではありませんが、完全にゼロだと実際の仕事で一から習得する必要があり、慣れるまでに時間がかかるかもしれません。

特定の業界の知識や経験があるとやや有利

これも必須というわけではありませんが、特定の業界知識や経験があるとWEBマーケターとしての転職も有利になるかもしれません。

というのも、WEBマーケターだからと言って実際にWEBの仕事だけを行うことは少なく、多くの場合はクライアントの商品の販促を行う必要があるからです。

そのため、特定の業種や市場に理解があることが、思わぬ形で活きることも少なくはありません。

たとえば、接客業・販売業として働いた経験があれば現場で培った販売スキルをWEBマーケティングに応用できますし、営業経験があれば実際に現場で聞いた顧客のニーズをWEBマーケの施策で活かせるかもしれません。

WEBマーケターとしてWEBツールを使いこなすことは大事ですが、それと同じぐらいに顧客に売る力も大事になるので、WEB経験が浅い場合は基本的なビジネススキルを強みとして活かす戦略で仕事を見つけ出すといいでしょう。

未経験からの採用を行っているWEBマーケ求人に積極的に応募しておく

WEBマーケターは人材不足の影響もあって、未経験者募集求人も決して少なくはありません。その場合、以下のようなワードを使っている求人に注目です。

  • デジタルマーケティング
  • WEBマーケティング
  • WEB担当(EC運用、WEBサイト運用)
  • プランナー
  • 広告/企画/営業

上記のワードを利用している求人は広めの人物像を想定しているため、未経験からでも採用される可能性は高めで、実際に「未経験可」と記載されていることも多いです。

逆に、専門用語や具体的なスキルが記載されていればいるほど、求められる人物像が経験者寄りになりがちで、未経験から採用される可能性は減ります。

少なからず、WEB・デジタルマーケティング求人に記載されていて意味のわからない単語はすべて調べておき理解しておくだけでも、WEBマーケティングを行う上で求められるスキルや実際の仕事内容が見えてくることでしょう。

オンラインスクールで基礎的なWEBマーケスキルを身につけておくと安心

未経験からWEBマーケターを目指すのであれば、オンラインスクールで先にスキルを身につけておくのもひとつの手です。

とくにデジタルマーケティング分野ではスキルが重視されやすいので、基礎的な知識やスキルは身につけておいても損はありません。

最近ではWEBマーケティング人材が不足している事情もあり、スクールにさえ通えばマーケティング職に転職できる可能性がグッと上がります。

オススメのマーケティングスクールは「マケキャンbyDMM」です。

マケキャンではWEBマーケティングに必要な基礎知識の勉強から、実務を想定したディスカッションまで行えるため、未経験からでも実践級の人材となってマーケティング職へ転職することが可能となります。

また、スクール修了後の転職サポート体制まで万全ですので、勉強した時間や費用が無駄になることはありません。

料金は月あたり2.9万円(税抜)と決して安くはないですが、未経験からWEBマーケターへ転職して年収が上がれば回収できる投資額でもあります。

学ぶ内容も、実務を通さなければ身につかない高度な知識が多めで、グループディスカッションなどを体験できる点も大きいので、本気でWEBマーケターになりたいと考えている人は無料相談でも受けておくといいでしょう。

マケキャンbyDMMの登録はこちら【相談無料】

大手転職エージェントに登録しておきマーケティング求人を受け取っておく

大手転職エージェントに登録しておき、マーケティング関連の求人を常日頃から受け取っておくのもオススメです。

最大手の「リクルートエージェント」は約20万件の求人を取り扱っており、未経験でも大手企業の求人が届くので登録しておくだけ損はありません。

リクルートエージェントでは大手企業の求人取り扱いは多いものの、応募締め切りが早いという欠点もあるので、常日頃から優良求人を見逃さない意味でも早めに登録して活用しておきたいところです。

オンラインスクールと違い、登録からキャリア相談、転職が決まるまでのサポートまですべて無料ですので、マーケティングに関する優良求人に応募するチャンスを逃したくない方は今のうちに登録しておきましょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

【20代向け】就職支援サービスで未経験からの就職支援を行ってもらう

20代の若手で未経験からマーケティング関連の仕事に就きたいと考えているなら、20代向けの就職支援サービスの活用もオススメです。

20代向けの就職支援は大手転職エージェントと違い、面談に時間をかけて手厚いサポートを行ってくれるところが特徴で、登録から初回面談段階では職務経歴書も不要なので経歴がなくても利用可能です。

オススメの就職支援サービスは「ウズキャリ」です。

ウズキャリは若手人材が多めの会社で若者の感覚に近いアドバイスがもらえ、WEB・IT系の企業への紹介にも強いです。

紹介先は中堅企業が多めですが、その分、人柄重視の採用やより自分の性格や適性に合わせた求人紹介に期待できるので、大手以外にも興味があるなら使っておく価値は大きいと言えます。

まとめ

マーケティング人材は年々需要が高まり、大きな会社から小さな会社、フリーランスから地方創生まで需要が非常に高くなっております。

マーケターとしてキャリアアップしていくには、様々な能力が必要になるため大変な仕事ではありますが、その分、向いてる人にとってはやりがいも感じられるはずです。

とくにデジタルマーケティング・WEBマーケティング領域は今後も需要が伸び続けていく成長産業でもあるので、転職を考えているなら計画的にキャリアを練っていくといいでしょう。

向いてる仕事【職業】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました