【ぐう聖】ホワイト上司の特徴。人望の得られる理想の上司はこんな人!

「上司=クソ」というのは社会人の共通認識です。

関連:「上司死ね!」死んでもいいクソ上司の特徴と対策。みんなの恨みを喰らえ!

しかし、中には「上司がいい人」「上司が人格者」という声もまれによく聞きますね。

果たして、そんな聖人君子のようなホワイト上司はいるのでしょうか?

…もちろんいます。

仕事は上司との相性が9割ですが、出来れば理想のホワイト上司と仕事したいものですよね。

そこで今回は私が遭遇した、あまりにも聖人すぎるホワイト上司の特徴をご紹介していきます!

関連:ブラック上司に共通する特徴。ブラック企業のバカ上司は「自分の頭で考えない」「人の心を読めない」

ホワイトすぎる聖人上司の特徴

否定をしないで肯定的で部下を褒めるのが上手い

ホワイト上司の特徴は、否定的ではなく部下に対して肯定的なところ。

部下を叱って叩き上げるのはもはや昭和で終わり、今は「褒めて伸ばす」時代ですからね。

やっぱり、否定されると自信もなくなって、自分を否定された気になって、どんどん仕事に対するモチベーションが下がっちゃいますしね。

ホワイト上司はそれがわかっているので、とにかく部下を褒めて励まし、肯定的な存在として頼もしく感じます。

一方でブラック上司は「それ、本当に出来るの?」「部下がエラソーに意見すんな!」という感じで、否定&否定の嵐。

そんな環境じゃあ、仕事を続ける気も失せるというもの。

とくに最近の若者は「褒められ伸びるタイプ」が多いので、肯定的なホワイト上司と働きたい人も多いことでしょう。

常に明るく、難しい顔をしない

ホワイト上司の特徴といえば、常に明るく難しい顔をしないタイプ。

やっぱり人間誰しも、ムードメーカーでコミュニケーションしやすい、笑顔の耐えない上司と仕事したいものですからね。

逆にダメなのが「いつも気難しそうに険しい顔をしている」頑固親父タイプ。

「話しかけないで」
「そんなこと自分でやれ」
「無駄な会話はNG」

こういう上司は職場の雰囲気を悪くするし、口を開けば罵倒か叱責などネガティブな言葉ばかり。

感じの悪~いブラック上司ですよね。

自分に出来ないことは他人にやらせない

ホワイト上司は、決して自分に出来ないことは部下にやらせません。

まずは自分でやってみてから、部下の仕事を理解する」という前向きな考え方を持っているので、部下の苦労をよくわかっています。

まさに先陣を切る、リーダーの鑑。

ところが、日本の老害上司どもはどうでしょうか?

「ITやパソコンは若者に任せておけばOK」
「英語は若者に任せておけばOK」
「全部若者に押しつけておけ!」

こんな感じで、自分に出来もしないことを平然と部下や若者に押しつけてくるので、説得力ゼロですよね。

関連:職場の老害の特徴。会社の害悪老人がうざいと感じるなら読んでおこう!

部下に新しい仕事をガンガン覚えさせてやり甲斐を感じさせる

ホワイト上司は、部下にガンガン仕事を覚えさせて、じゃぶじゃぶやる気を煽ってモチベーションを高めます。

逆にダメなブラック上司は、部下にもったいぶって新しい仕事を任せず、ひどい場合には自分一人で何もかも背負い込みます。

しかも、部下が手伝おうとすると平然と助けをはねのけるので、一切部下は成長しません。

そんなんでは、部下のモチベーションも下がってしまいますよね。

ホワイト上司は自分に自信があり、部下にもそれを分け与えることができます。

やはり、出来る人間とは自分一人だけで完結せず、協調性の高い人間となるものなのです。

部下の失敗の責任をしっかり負う

ホワイト上司は部下の失敗も自分の失敗だと親身になって考え、しっかり責任をとる上司の鑑です。

逆にブラック上司は「自分の失敗は部下の責任」と考え、少しのミスでも陰湿に責めて部下を潰します。

部下の失敗にもドーンと構えていられない上司は、リーダーとしての器が欠けているので、言うことを聞きたくなくなりますよね。

責任感のない上司は、いつの時代も部下に逃げられるものです。

部下に頭を下げることに抵抗がない

ホワイト上司はプライドが高くなく謙虚なので、部下に頭を下げることに抵抗がありません。

逆にブラック上司はプライドの塊ですので、素直に頭を下げて部下に頼み込んだり、謝ることすらできません。

これは大人としてもみっともなく、謙虚さが欠けている証拠です。

あなたの上司が一度たりとも頭を下げたことがないなら、内心見下しておきましょう。

どんな時代においても、頭を下げられないやつには誠意が足りていないのです。

関連:謝っても許してくれない上司は人間のクズ!反抗期のガキ!器のない人間は指導者の資格なし!

感謝の気持ちを忘れない

ホワイト上司は感謝の気持ちを決して忘れはしません。

部下の細かい気遣いや仕事に対しても惜しみなくねぎらいの声をかけ、日頃の感謝を素直に伝えます。

そのため、部下の求心力を得て、職場のムードも良くなります。

一方で、ブラックな上司はどうでしょうか?

「そんなことは出来て当たり前だ!!」
「そういう無駄な仕事しなくていいから…」
「お前は褒められるために仕事してんのか!!!」

こういう感じで、部下の仕事をさも「出来て当たり前」と無下に扱います。

こんなんじゃ、仕事する気も失せちゃいますよね。

感謝の気持ちが欠けている上司は、人の上に立つ資格はないのです。

ホワイト上司と仕事したいなら転職活動は必須

今回紹介したようなホワイト上司は、意外と身近に潜んでいます。

転職活動を経験するとわかるのですが、仕事選びって恋愛や結婚と似たようなものなんですよ。

理想のホワイト上司のもとで仕事できると、毎日が充実して幸せな気持ちで仕事できる。

逆に感じの悪いクソ上司や、劣悪な人間関係で仕事すると、ドンドンモチベーションも下がって意欲も低下し、プライベートも上手くいかなくなる。

「理想のホワイト上司」と出会うと、本当に人生が変わりますよ。

今の職場環境に満足できていない方は、ぜひ転職活動に踏み切ってくださいね!

転職エージェントを使ってホワイト上司を見つけ出そう!

ホワイト上司のもとで働きたいのであれば、転職エージェントでプロに相談するのが一番です。

転職エージェントは自分に合った転職先を紹介してくれるサービスのことで、無料で使えます。

転職エージェントは紹介先企業の実態調査をしっかりしているので、ブラック企業と出会うリスクはないですし、その上「社風」「職場の人間関係」も教えてくれるので、今回紹介したようなホワイト上司と一緒に働ける可能性がグッと高くなります。

関連:社風が合わないなら今すぐ転職してOK!職場の雰囲気が合っていないと仕事のパフォーマンスが下がるだけ

「上司を理由に転職してはいけない…」と思い込んでいる人は多いですが、実は転職の決め手に「上司・経営者」を選んでいる人が多いことは知っておくべきでしょう。

関連:転職先は「上司や社長」を理由に選んでもOK。「誰のもとで働くか」で仕事と人生は決まると知っておこう!

もし、今の企業のダメな上司にうんざりしている方は、転職エージェントを使ってみてくださいね。

タグ:仕事辞めたい

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ