ワークライフバランスを転職理由にするのはあり?ワークライフバランスのとれる仕事を見つけ出すコツとは?

「ワークライフバランスのとれる仕事を見つけたい」と思っていませんか?

日本の労働環境がひどくなり、ブラック企業が減らない情勢の中、誰もが「仕事とプライベート生活をバランス良く両立させたい…」と望んでいるはずです。

そういった事情もあって、政府が提唱したのが「ワークライフバランス」という概念です。

多様な選択肢を可能とする仕事と生活の調和の必要性

いま、我々に求められているのは、国民一人ひとりの仕事と生活を調和させたいという願いを実現するとともに、少子化の流れを変え、人口減少下でも多様な人材が仕事に就けるようにし、我が国の社会を持続可能で確かなものとする取組である。

働き方や生き方に関するこれまでの考え方や制度の改革に挑戦し、個々人の生き方や子育て期、中高年期といった人生の各段階に応じて多様な働き方の選択を可能とする仕事と生活の調和を実現しなければならない。

出典:仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章|内閣府ホームページ

誰もがやりがいや充実感を感じながら働き、仕事上の責任を果たす一方で、子育て・介護の時間や、家庭、地域、自己啓発等にかかる個人の時間を持てる健康で豊かな生活ができるよう、今こそ、社会全体で仕事と生活の双方の調和の実現を希求していかなければならない。

出典:仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章 – 「仕事と生活の調和」推進サイト – 内閣府男女共同参画局

ただ、残念ながらライフワークバランスが社会に浸透しているかと言えば、中々浸透していないのが現状です。

ただ、しっかりと転職活動してライフワークバランスの実現に前向きな企業や働き方を見つければ、理想の働き方を実現できるかもしれません。

当記事では、転職でライフワークバランスを実現するための考え方をご紹介していきます。

スポンサーリンク

ワークライフバランスを転職理由にするのは印象がよくない

一般論として、ワークライフバランスを転職理由にするのはあまり企業側に印象がよくないのが実情です。

そんな!
これだけ「ワークライフバランス」が叫ばれているのに
転職理由にするだけで印象が悪くなるなんて!

「ワークライフバランス」を
転職理由にするのは
企業側にあまり好まれないんだよ…

というのも、ワークライフバランスの実現について、日本の企業では以下のような考え方が根強く残るからです。

  • 正社員はプライベートを犠牲にしてでも仕事に尽くせ
  • プライベートを優先したいなら派遣社員やアルバイトでいい
  • 女性は結婚・出産で辞めるので正社員として長く働かせるには不向き

採用する企業側にはまだまだこういった古風な考え方があり、採用の際の転職理由としてワークライフバランス」を強調されることは、あまりよく思わないのが実情です。

また、採用する企業側だけでなく、一般的な働き方をする社員もワークライフバランスについて否定的な意見を持っていることが多くあります。

少子化でどんどん学費収入は減っていくばかりだし、事務職はIT化で合理化されていずれ消滅する運命だし、将来性は皆無でしょうね。。
ワークライフバランス・・・ お子様育てていらっしゃる主婦の方でしょうかね?
民間で派遣とかパートとかで都合に合った適職探すしかないでしょうね。現状。
日本は欧米に比べればそのへんはまだまだ後進国なんです。

出典:https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q11220299166?__ysp=44Ov44O844Kv44Op44Kk44OV44OQ44Op44Oz44K5

どーしても
「ワークライフバランスが最優先」だと思うなら
派遣社員制を活用して柔軟な働き方を選ぶといいぞ!

ワークライフバランスのとれる仕事を見つけ出すためには?

「ワークライフバランス」を実現するためには、しっかりとした目標意識や将来設計のもとに、キャリアプランニングをしていく必要があります。

「なんとなく、今より上を目指したい…」
「いい仕事ないかなあ…」

こういった漠然とした感覚で仕事していては、いつまで経っても与えられる環境から抜け出すことができません。

しかし、漠然とした感覚や願望があるのであれば、あとは具体的にしていくだけですので、スタートラインに立っていることはたしかです。

自分の理想をハッキリさせておこう

ワークライフバランスを実現するためには、まずは自分の理想や願望をハッキリさせていく必要があります。

「楽な仕事がしたい…」
「もっと自分に向いている仕事がしたい…」
「やりがいのある仕事がしたい…」

こういった漠然とした願望は誰もが抱いているものです。

しかしながら、それだけではいけません。

なぜなら、まだまだ受け身の姿勢だからです。

企業や上司、あるいは転職先の人事からすれば、

「あなたにとって”楽”とはなんですか?」
「自分に向いている仕事とは具体的にはどのような業務ですか?」
「あなたはどんな仕事に”やりがい”を感じるのですか?」

…と、あなたの実現したい理想や願望がわからない状態なわけですね。

そうなると、企業側にあなたの自己実現の達成の手助けをさせる気があったとしても、企業側からしても「何をすれば労働者が満足するのかわからない」状態になるため、働き方に対しても齟齬が発生してしまうわけです。

「何が一番大事か?」をハッキリさせよう

ワークライフバランスの実現に関わらず、仕事においては「何が一番大切か?」という優先順位・判断能力です。

「あれもこれも…」という優柔不断な態度では、ワークライフバランスを実現することは難しいです。

楽でやりがいもあって、自分に向いていて、育休みもとれて、残業もない…なんて会社はなかなかないですからね。

まずは「自分は仕事に何を求めているのか?」ということを、明確にしておきましょう。

行動力や自発性も大切です

当然ながら、ワークライフバランスの実現のためには、行動力や自発性も大切です。

与えられるがままに仕事しているだけの社員は、ハッキリ言ってアルバイトレベルの人材でしかありませんからね。

自分の目標や自己実現に向けて、時として上司や会社に通すべき意見や主張を通さなければ、いつまで経っても受け身で仕事し続けるしかありません。

和を以て貴しとなす」ということわざもありますが、これも本来は「お互いの主義・主張をはっきりさせた上で”調和”をなす」という意味であり、決して「わがまま言わずに我慢しよう」「自分勝手なことは言わないようにしよう」という意味が”和”ではないのです。

また、今の会社でワークライフバランスの実現が無理だと感じたら、転職を前向きに考える必要があります。

最近では多様な働き方・ワークライフバランスの実現に向けての転職も活発的なので、転職をしっかり考えておくといいでしょう。

ワークライフバランス実現のためには「仕事をしっかり選ぶこと」が大事

こうして考えてみるとわかりますが、ワークライフバランスを実現するためには、決して「我慢して嫌々仕事を続ける」「自分の主張は押し殺して働く」必要はないのです。

これからの時代、自分の主張のない社員は、一生都合よく使われるだけのアルバイトレベルの人生しか過ごせません。

ワークライフバランスを重視して理想の働き方を実現するのであれば、仕事は思いっきり選ぶべきです。

「仕事は選ぶな」「嫌でも働け」なんていうレベルの低い言葉に惑わされずに、しっかり自分の理想に近づけるよう、仕事は思いっきり選びましょう。

転職エージェントを活用してワークライフバランスのとれる会社を見つけよう

今回紹介した「ワークライフバランスの実現」に強い関心のある方は、転職について知っておくといいですよ。

とくに転職エージェントというサービスでは、担当のキャリアコンサルタントがカウンセリングを行った上で、本当に自分に合った転職先候補を紹介してくれるため、ワークライフバランスの実現が達成しやすい職場を見つけられます。

また、自分の理想の働き方について曖昧であっても、プロの方と相談することで、しっかりとした目標が見えてくるので、転職も成功しやすくなります。

さらに、転職エージェントでは転職先の「社風」「人間関係」「勤務実態」などの情報もしっかり教えてもらえるので、自分で転職活動するよりも失敗するリスクが格段に減ります。

自分に合ったワークライフバランスを実現したい方は、一度転職エージェントでしっかり相談しておきましょう。

タイトルとURLをコピーしました