【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

ワーキングプアを抜け出せない時はどうするべき?自己責任論は間違い?

現在、日本では「ワーキングプア」と呼ばれる人々が増えてきています。おそらく、この記事にたどり着いたあなたも大なり小なり「いくら働いていても貧しい生活を送っていて未来が見えない…」と考えているはずです。

ワーキングプアが生まれる原因には、様々な要因が有識者によって語られています。

「政治家が悪い」
「社会が悪い」
「実家が貧乏で大学に進学できなかったせい」
「就活時に不況だった」
「小泉政権下の派遣労働法が諸悪の根源」
「アベノミクス政権が悪い」

これらの理由は、一見すると的を射ていて、正論を言っているように思えます。事実、社会の変化や経済的な変化が、ワーキングプアを生み出していることは間違いないでしょう。

ですので、あえて言っておきましょう。

 

寝ぼけたこと言ってんじゃねーぞ。

 

政治家が悪いのであれば、政治家になればいい。立候補なんて日本国民なら誰でも出来る。
社会が悪いと思うなら、社会を変えるためにボランティア参加からでも始めて見ればいい。それも嫌なら、さっさと他の国に逃げればいい。
実家が貧乏なら、奨学金借りてでも大学に行けばいい。大学なんて何歳からだって行ける。
就活時に不況だったのなら、前年の就活生の何倍も面接受ければいい。それでもダメなら、卒業した後も何社も受けまくれば、一社ぐらいはいい会社が見つかる。
派遣労働法が悪い?派遣労働法が通らなかったら、正社員雇用で企業の負担が増えて、今よりもっと職にありつけない人が増えていたはずだ。
アベノミクス政権が悪い?大学無償化の方針も進んでいるし、労働法改善にもだいぶ譲歩している。少なからず、正しい方向性で頑張ったやつは救われるように出来ている。じゃなきゃ、誰も努力なんかしねーよ。

…ここまで言えば、ワーキングプアが生まれる原因は社会や政治家のせいではないことはわかるでしょう。政治や社会はあなたを助けてくれるほど、お人好しではありません。

冒頭から厳しい物言いになってしまいましたが、私自身過去に「自分が貧しいのは社会や他人が悪い」と思っていたからこそ、あえて書かせていただきました。

ハッキリと言っておきます。

いつまで経ってもワーキングプアから抜け出せない奴は、自分自身に責任がある。

この事実を理解できなければ、何歳になってもワープアから抜け出せませんし、老後も苦しんで「政治が悪い」「社会が悪い」とグチグチ言うだけのみにくい人生を歩み道しか待っていません。

この記事では場末の酒場やネットの匿名コミュニティで「国が悪い!」「社会が悪い!」なんて、しょーもない慰めなんかする気はありません。本当に今の自分をどうにかしたい人だけ、最後までお読みください。

転職で成功する方法

外資系運営「LHH転職エージェント」をご存知ですか?
他とはひと味違う高い交渉力求人提案力年収アップを実現
当サイト限定でその秘密を紹介しています。

→もっと詳しく

自分の過ちに気づけないワーキングプアはいつまでも貧しいまま

なぜ、ワーキングプアがいつまで経ってもワーキングプアから抜け出せないのか?

答えは簡単。

全部、自分が悪いからですよ。

頑張っているつもりで、努力の方向性が間違っている。
あるいは、そもそも努力していない。
人に頼ってばかりで、自分で活路を開けない。
いつまで経っても政治や社会がどうにかしてくれると信じ込んでいる。

そんなんだから、いつまで経ってもワーキングプアのままなんですよ。私も20代後半ぐらいまではフリーターや派遣社員を転々として「正社員よりも仕事しているのになぜこんなに給料安いんだ?」と苛立ってましたよ。そりゃあ、社会や政治のせいにもしてました。

でも、そのうち気づいちゃったんですよ。いえ、最初から知ってたんです。ただ認めたくなかったんです。

自分がワープアなのは、すべて自分の責任だって。

この事実に気づくのには、多くの勇気が必要です。なぜなら、今までの自分をすべて否定しなければいけないから。普通の人間なら耐え難いものですよ。”普通の人間”なら。

残念ながら、ワーキングプアと呼ばれて暗い気持ちになる人は”普通以下の人間”なんです。だから、普通に仕事して、普通に給料もらって、普通に結婚して、普通に家庭をもつ生活すら許されない。

「そんなことない、自分はいつか出来る特別な人間だ!」

…と考えている人もいるでしょうが、特別であってもそれは”普通以下”なんです。この事実を理解できなければ、いつまで経っても「自分は出来る人間だ!」という意識を捨てられず、他人に負い目を感じて負け犬のような人生を歩むしかありませんよ。

”ワーキングプア”とは個人の心の問題である

誤解を恐れずに言えば”ワーキングプア”とは心の病気です。

仮にワーキングプアと呼ばれても仕方のないような低賃金で生活している人であっても、人間関係に恵まれていたり、あるいは家庭を持って夫婦共働きで毎日を幸せに生きていれば、それはワーキングプアではありません。少なからず、本人たちは「自分たちは貧しい」なんて微塵も思っていないことでしょう。

なぜ、低賃金でもやり甲斐を持って働き、充実した人生を歩めているかわかるでしょうか?

簡単ですよ。

それは”毎日、必死で生きているから”です。

おそらく、ワーキングプアの人は低賃金で必死に働いている人を見て「何あいつは必死になって働いているんだ?」と笑うでしょう。あるいは、今の職場で自分と同じ賃金で働いているにも関わらず、自分の倍以上働いている人がいれば「余計なことするな、自分達の仕事が増やされるじゃねえか」と邪険に思うかもしれません。

もしそうであれば、根本的にその仕事を舐めた態度が、あなたの心を貧しくする原因と言えるでしょう。派遣だろうがアルバイトだろうが低賃金だろうが、仕事は仕事。どんなにポテンシャルを秘めた人材であっても、最大限に力を発揮できないのであれば、いつまで経っても評価されるわけがありません。

「ピーターの法則」という、社会学で有名な法則があります。これは「階層社会において、人間は能力の限界まで出世する」という法則のことです。会社も社会もバカではないので、能力のある人は日々最大限に力を発揮していれば、必ず行き着くところまで登り着くようにできています。

参考:ピーターの法則|Wikipedia

もし、あなたがワーキングプアとして不当に扱われていると感じているのであれば、もはや理由は明白です。

能力を限界まで発揮していないから、いつまで経ってもワーキングプアから抜け出せないのです。

「自分は最大限頑張っているのに、いつまで経ってもワーキングプアのままだ!」

…と言われる方もいることでしょうが、それは「頑張っているつもり」でしかありません。

割り振られる仕事以上の仕事をこなしていますか?
今の職場以外での努力も怠っていませんか?
頑張っても評価されなかったとして、今度は新しい方法を試していますか?
あるいは、頑張っているところを他人にしっかりアピールしていますか?

自分の中で「頑張っているつもり」であっても、評価してほしい人に伝わらなければ、それは何の意味もありません。自宅で天才的な発明をしてみても、世間に好評して認めてもらわなければ、それはただの引きこもりでしかありませんからね。

まあ、厳しい言い方をすると、

お前の努力なんか誰も見てねえ。
お前なんかに誰も興味ねえよ。

…ということですね。そりゃあ、必死に生きてない人間なんて、誰も見向きもしませんよ。

個人で出来るワーキングプア対策

まずは”努力”。話はそれから

まずは”努力”し続けましょう。

「今まで頑張ったから、あとは楽は出来る…」なんて余裕、これから先ずっとありません。「定年退職したらあとは楽が出来る」なんて大嘘、すでに多くの国民がわかっているはずなのに、なぜか「楽になりたい」なんて寝ぼけたことを言い続けていますからね。

とにかく、今の仕事で「昨日の自分以上のこと」をしなければ、まるでお話になりません。

与えられた仕事なんて、しっかりこなせて当然ですから。

指示されたことをしっかりこなすなんて、小学生が宿題を提出するレベルの次元ですよ。まあ、高度成長期の会社ならそれだけでもどうにかなりました。でも、経済成長頭打ちの日本では、その程度のレベルではどうしようもありません。

明日からすぐに、今日以上の仕事をこなすことを意識しましょう。

ハードル(目標)は高く持とう

ワーキングプアの多くの人は、人生や仕事において目標や目的を持っていません。

なぜなら、目標を持って生きると、途端に人生がつらくなるからです。

たとえば「毎朝早く起きてジョギングする」なんて目標を持てば、ゆっくり眠る時間、あるいは夜更かしして趣味に費やす時間がなくなります。

仕事で言えば「誰よりも早く出社して、周りの倍の仕事をこなす」なんて目標を持つと、周りと同じ給料で自分の仕事量が倍になってしまいますからね。ですので、一見すれば手を抜くのが正しいように思えます。

そんなんだから、いつまで経ってもワーキングプアから抜け出せないんですよ。

仮にあなたが超優秀な社員であっても、手を抜くような人に大きな仕事を任せるほど会社も上司もバカではありません。自分からハードルを高く設定して越えようとする気がない人材なんて、いつまで経っても成長できるわけがありません。

ワーキングプアが今の状況を抜け出せないのは、単にハードルを飛び越える気がないからです。

政治や社会には期待するだけ無駄

政治家や社会には一切期待してはいけません。そもそも、日本には失業保険や生活保護を始め、十分すぎるぐらいの社会保障が整っています。毎日飯食って、テレビやネットで娯楽を楽しめる分だけ、ありがたいもんですよ。

だいたい、政治家が口だけで何もしてくれないことなんて、もう何度も何度も見てきたじゃないですけ?

口だけの政治家が、あなたを助けてくれたことはありますか?
エラソーに立派な公約掲げてる政治家が、あなたにお金を恵んでくれたことはありますか?

…ないですよね。

にも関わらず政治に期待しているのは、学習能力ゼロの証拠です。実際、学習能力ゼロの人間は結構多く、いつも政治家のキレイゴトを信じ切って、おめでたく選挙の度に騒いでます。その証拠に、自分の力で何も出来ない老人ほど選挙に行くしか選択肢がなくなっていますよね。

会社や上司も助けてはくれない

会社や上司は、いちいち全社員に手を差し伸べるほどお人好しではありません。

会社が全社員を正当に評価してくれると思ったら、大間違いですよ。

学校ではえこひいきなんて当たり前、自己アピールの上手い生徒が推薦も受けられる、部活で頑張っている男子・見た目が良くて愛想のいい女子がモテるなんて、もう何度も何度も目の当たりにしてきたじゃないですか。

会社も大して学校と変わりありません。人間はなんだかんだで単純です。いい意味で目立っている人材が高く評価されます。

逆に人の見えないところでどーでもいい努力しているような人間や、効率よく仕事を片付けて後はサボっているような人間は、大して評価されません。

そんな奴ら、会社や上司からすれば存在していないも同然ですから。

効率よく仕事を片付けるだけであれば、それこそ「将来、AIに奪われる仕事」でしかなくなります。人の見えないところで努力している人間は、合格すればいいだけの受験勉強じゃないのですから、しっかりアピールするべきです。

根本的に勘違いしていますが、仕事はスコアを評価する機械や効率を求めるゲーム相手ではないんです。

評価するのは”人間”です。

ワーキングプアを抜け出したいのであれば、プライドやこだわりなんか捨てて、権限のある人に評価してもらえるよう工夫しましょう。じゃなきゃ、いつまで経っても機械相手に作業しているレベルの仕事から抜け出せません。

時には”素直さ”も必要

ワーキングプアに足りないのは”素直さ”です。

「正社員よりも自分は仕事が出来る!」
「なんで自分はこんなに給料が低いんだ…」

…などと考えているようでは、まったくもって素直さが足りていない証拠です。

何度も言いますが、給料が低い・生活が苦しい状態から抜け出せないのは、自分に足りないところがあるからです。頑張っているつもりであっても、評価されなきゃいつまで経ってもワーキングプアのままですからね。

素直に自分の非を認め、改善できないから変われないままなんですよ。

挙句、自分の非を認めたくないばかりに「政治が悪い」「社会が悪い」だの責任転嫁しだす。そんなやつ、政治家が変わったからと言って、何も変わらないので、どんなに素晴らしい政治家が国を良くしても、ずーっと「政治家が悪い!」だの言い続けるに決まっています。現に、老人の多くが自分の過ちに気づけずにそう言ってますからね。

自分の非を認めるなんて、今この瞬間にすぐできます。気持ちを切り替えて、新しい自分になりましょう。

転職を常に意識しておこう

ワーキングプアから抜け出すためには、思い切って転職するのもありですよ。どうせ今の職場の評価なんて最底辺なんですから、一からリセットして、高いハードルを設けて必死になれる職場で働きなおすといいでしょう。

どうせ、ワーキングプアになってしまったからには、転職に失敗しても大した痛手にはなりません。

大企業勤めや公務員であれば、確かに転職するのは握手で経歴にも傷がつくかもしれません。しかし、一度ワーキングプアとして安月給勤めの職場に就いてしまったら最後、どんなに頑張っても報われることはありません。

だったら、失敗覚悟でもっと待遇が良くなりそうな会社に自分を高く売り込んで、もっと必死になれる環境に身を置いたほうがマシとは思いませんか?

もし、思わないのであれば、それはあなたが心の奥で「楽な仕事がしたい」「なんだかんだで今のワープア生活にも満足している」からですね。別に、それで満足であれば、一生そういう生活をし続けるのも、立派な選択肢のひとつです。周りが結婚して幸せになっていき、マスコミに「ワープアの悲惨な生活」と煽られようと、自信を持って「自分は好きで今の生活を選んだんだ!」と言い張れるのであれば、それもひとつの生き方でしょう。

…まあ、私はそんな生き方はもううんざりですけどね。

社会や企業の都合のいいように使われて、周りが成長していく中で、自分だけ何も変わらない惨めさにはもううんざりです。耐えきれません。

転職エージェントに登録して今すぐ行動しよう

ワーキングプアを抜け出すためには、まずは転職エージェントでプロに相談するのが最優先事項です。転職エージェントはビジネスライクに仕事してますので、仮にあなたに転職先を紹介できないのであれば、しっかりと「紹介先はありません」と言ってくれます。

「自分には何が出来ないのか?」ということを、しっかり知っておくことはとても大事ですよ。それも知らずに「自分ならきっといつか成功できる!」なんて期待していても、ただ時間ばかりが過ぎていくだけで、結局何一つ変わらないままです。

現実を突きつけられるのは怖いかもしれません。自分の無力さを知るのは、何歳になっても耐え難いものです。ですが、まずは正しく現状を認識できていなければ、何一つ変えられないままワーキングプアとして生きるしかありません。

少なからず「政治が悪い」「会社が悪い」なんて言って進歩しないより、自分の正確な人材価値を知って、転職の選択肢を知っておくほうが何倍もマシと言えるでしょう。もし転職が厳しいと感じるのであれば、今の仕事でより必死になって、新しい方向性で頑張ればいいだけです。報われなかろうが、何もしないよりはずっとマシですからね。

ワーキングプアと呼ばれる多くの人は「他人が悪い」「そのうち政府がどうにかしてくれる」と期待してばかりですよね。転職についても「転職なんてしてもどうせ何も変わらない」と行動する前から諦めてばかりです。

そんなんじゃ、いつまで経っても何一つ変えられないまま、死ぬだけだぞ。

…まあ、そのままそこで乾いて死んでいくことを望んでいるのであれば、行動しなくてもいいんじゃないでしょうか。そんな人材どこも欲しがりませんし、いつまで経っても給料も上がらず終いです。

今あなたがワーキングプアとして苦しい生活をしているのは、すべて自分が悪いからです。自分自身が選んできた道の上に、今の生活があるわけですからね。

 

いい加減そろそろ、前に進んでみたらどうですか?

会社や政治に流されるまま生き続けても、何一つ変わることはできません。自分の意志で何も選べない人は、大きな成功も失敗もないまま、ただ”社会に生かされている”だけの、まるで重病にかかっても延命処置されている老人のような状態です。

さながら「生きながら死んでいる」ようなもの。それが”ワーキングプア”と揶揄される人の本性なのです。

もし今の自分を変えて、ワーキングプアを抜け出したいのであれば、まずは転職エージェントで正しく転職の可能性を知っておくべきです。少なからず、何もしないまま同じ毎日をダラダラ繰り返すよりかは、ずっとマシですよ。

【厳選】オススメの転職サービス

転職を考えるなら転職サービスを上手く活用するのが鉄則です。

その理由を説明していきます。

キャリア知識がない人からすれば、転職活動は「求人を探して応募するだけのもの」と思われがちです。

しかし、それだけだと

  • 自分に合った求人が見つからない
  • 条件の良い求人が見つからない
  • 求人がイマイチなので行動に移せない
  • 採用されにくい求人ばかり応募してしまう
  • 書類選考や面接通過率が低下する

などの問題が生じやすいです。

結果として、自分に合わない仕事を選んでしまったり、年収や待遇が下がるなど、後悔する人も多いです。

しかし、転職サービスを利用すれば

  • 自分に合った求人を厳選して紹介してもらえる
  • 合わない求人に応募して時間を無駄にせずに済む
  • プロを通すことで採用されやすくなる
  • 経歴やスキルが不十分なら対策もできる

といった、メリットが得られ、失敗する確率を下げられます。

これにより、自分1人で求人を探して応募するよりも、圧倒的に良い情報が得られ、転職にも成功しやすくなります。

プロのサポートを得ることで、本来は内定がもらえないような条件の良い企業にも受かりやすくなるので、使っておくだけ損はありません。

転職サービスって
色々あるけど
結局どれがいいの?

おそらく、多くの人がこう感じてるはず。

先ほど紹介したようなメリットが受けられるかどうかは良い転職サービスを選んで上手く活用する必要があります。

「良い転職サービス」とは「自分の経歴やニーズとサポート内容が合っているサービス」を指します。

なぜなら、自分の経歴やニーズと合ってないサービスを選んでしまうと、転職サービス側とのメリットが一致していないことが原因で、満足いくサポートが受けられないことが多いからです。

なので、重要になるのは「自分に合った転職サービスを選ぶ」こととなります。

当サイトでは独自に調査した上で、読者の悩みにそれぞれ合った「本当に使うべき転職サービス」を厳選して紹介しています。

ぜひ、自分のキャリアの悩みに合ったものを見つけ出してみて、活用してみてください。

外資系企業が運営する
「LHH転職エージェント」

まず初めに紹介したいのは外資系企業が運営する「LHH転職エージェント」です。

LHH転職エージェントは、世界トップクラスの人材会社「アデコ」が運営しています。

知名度は低いかもしれませんが、業績・実績ともに、信頼性はバツグンです。

しかし、オススメする最大の理由は業績ではなく中身にあります。

具体的には「担当者のサポート力が高い」ところがオススメポイントです。

国内企業が運営する大手転職エージェントでよくあるのが「相談する価値や担当者を通す意味を感じない」という不満です。

その原因は「分業制」にあります。

分業制とは、求人情報を集める部署と求職者のサポートを担当する部署が異なる体制を指します。

この分業制は、企業側からすれば大量採用しやすく効率的ですが、利用者側にとってはそうではありません。

むしろ、効率を重視するあまりに「合わない求人が大量に送られてくる」「担当者が応募先企業のことを一切知らない」「ブラックな求人への応募を迫ってくる」ということが起こってしまいます。

その結果、転職サポートが弱くなりがちです。

その点、LHH転職エージェントは外資系らしく、担当者がしっかり企業相手に交渉してくれるので、安心です。

その秘密は「360度式コンサルティング」にあります。

上記の画像のように、担当者となるコンサルタントが紹介先企業としっかり連携を取っているため、満足度の高いマッチングを実現します。

これにより「募前に企業の詳細を聞けるのでリアルな情報を得られる」「担当者が紹介先企業と直接やりとりするため面接前後のフォローが心強い」など、良質なサポートが受けられます。

LHH転職エージェントの登録対象は、全年齢・職種・業種とかなり広めです。

また、新卒後3年内に退職を考える「第二新卒」にも対応してます。

費用は一切かからず、相談から内定まで完全無料で利用可能です。

無料の理由は、紹介手数料を企業側が負担しているからです。

この紹介手数料は転職成功時の年収額で決まります。

年収が上がれば上がるほどエージェント側の利益にもなるので、年収アップに協力的になる仕組みです。

こうしたビジネス的な事情も理解しておけば「話のわかる人だ」と思われ、有利なサポートが受けやすくなります。

また、逆に「自分たちの利益のことしか考えてない」と感じたら、無理に応募しないなどして自分を守ることもできます。

登録して初回面談を受けてみるだけでも「外資系ならではの違い」が実感できることでしょう。

気になった方は、ぜひ、この機会にチェックしてしてみてください。

登録する際のちょっとしたコツですが、登録時の転職希望時期を「3ヶ月~半年」としておくのがオススメです。担当者のサポートの度合いや求人紹介の優先度が高くなるからです、

また、基本中の基本ですが、登録後のメール確認など初期対応は必ず対応しておきましょう。

キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

「本当に転職するべきか?」
「今の仕事は自分に合っているのか?」
「自分に向いてる天職は何か?」

こうした悩みは、実は転職活動を始める前の段階の悩みです。

この状態で転職活動を始めても、

  • どこにに応募すればいいか決め切れない
  • 条件の良い求人を見てもイマイチ魅力を感じない
  • 今の仕事を辞めて後悔するリスクが頭をよぎる

など「転職活動を進める上で必要な思考」が足りず、行動に踏み切れません。

そういった「本当に転職するべきか?」の相談に乗ってくれ成功に導くのが「ポジウィルキャリア」です。

ポジウィルキャリアは、今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれる新たなサービス形態です。

多くの転職サービスでは「経歴があるか、意欲が高くないと十分なサポートを受けられない」のが現状です。

より具体的には、

  • 経歴によって紹介求人が決まってしまう
  • 転職すること前提、現職で活躍する選択肢は提示されない
  • 正社員求人が大半で、他の働き方の選択肢がない
  • 自分がしたいことや適性について見つけ出すサポートは受けられない

といった側面があります。

なので、納得できる求人が見つけられないまま「ただ内定がもらえたから」という消極的な理由で、入りたくもない会社に入社してしまう結果にもなりかねません。

しかし、ポジウィルキャリアでは「転職するべきか?」「今の仕事で活躍するには?」「自分に合った仕事は何か?」といった「根本的なキャリア形成の仕方」「自分自身で満足行く転職を実現する力」を身につけるためのサポートを徹底して行ってくれます。

その結果、以下のような能力が身につきます。

  • 自分に合った求人を見分けられる
  • 今の仕事でキャリアアップする方法がわかる
  • 効果的な職務経歴書を自分で書けるようになる
  • 向いてる仕事に就くために必要なスキルや資格が判断できる
  • 正社員以外のキャリアも前向きに選べるようになる

働き方が多様化する時代、こうした「自分1人でキャリアの正解を決め切る力」が身につくので、キャリアで悩むことがなくなります。

本当に相談するだけで
そこまで変わるの?

日本では、コーチング文化が浸透してないため、そう思われる方も少なくないかと思います。

しかし、本当に実力ある専門家に相談すると、驚くレベルで自分の悩みを特定し、その解決方法を教えてくれます。

そのため、プロに1時間相談するだけで数万円支払う人もいるぐらいです。

それだけ「最適な答えを導き出す相手」に相談することは、価値が高い行為なのです。

ポジウィルキャリアでは、お試し版として初回の相談やLINE相談が無料で受けられます。

本格サポートは有料となりますが、無料のお試し版で効果があるかどうか確かめられるため、一度、利用してみてから検討するといいでしょう。

ポジウィルキャリアを使ってみる
【初回相談無料】

スキルアップして転職
WorX(ワークス)

「今の仕事を続けてもいいのか不安…」
「将来性のある仕事に就きたい…」
「もっと柔軟な働き方を実現したい…」

そう考えてる人にオススメなのが「WroX(ワークス)」です。

理由は、スキルアップ支援を通すことでまったくの異業種への転職を成功させるからです。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとにするので似たような求人ばかり紹介されやすい
  • 業界や職種が変わらないのでブラックな業界からは抜け出しにくい
  • サポートが不十分で未経験職に応募しても受からない
  • 希望の職業に就くための勉強やスキルアップはサポート対象外

といった問題がありました。

しかし、WorX(ワークス)では、適職診断を行った上で、その仕事に就くための「キャリア計画」を立ててくれます。

計画に沿ってスキルアップ支援や定期的な面談を行ってくれるので、経歴がなくても未経験職への転職が成功しやすくなります。

また「スキルアップ」と言っても、動画を見たりオンラインミーティングで学習結果を定期的に報告する流れなので、スマホ一つあれば働きながらスキマ時間で気軽に進められます。

しかも、WorX(ワークス)は登録から面談まで無料、転職先が決まるまで費用は一切かからないです。

その理由は、転職が決まって働き出してから月収の10%ほどが引かれるビジネス形態だからです。

つまり「サポートを受けて転職が決まって始めて、月収から天引きされる形で支払う」ことになります。

逆に言えば「十分なサポートを受けられず転職が決まらなかったら無料」なので「途中で辞めても大丈夫」とも言えます。

継続できる自信がない人でも
安心して利用できそうですね

もし、これが「勉強してから転職しよう」と考えて、スクール系のサービスに通うとしたら、本当に転職するべきかどうかわからないのに数十万~数百万円支払うことになります。

事実「スクール系のサービスに通っても就職できなかった…」と、無駄な投資をしてしまい後悔する人もかなり多いです。

その点、WorX(ワークス)は「転職が決まるまで=本当に効果が得られるまで」は完全無料なので、安心して利用できます。

なお、WorX(ワークス)でサポートしてもらえる職業には「IT/WEB系」が多く、自由な働き方や年収アップも実現しやすいです。

使うだけで、学歴や経歴問わずに将来性の高いキャリアを歩めるきっかけが作れるので、気になったら初回面談で説明だけでも聞いてみましょう。

自己啓発
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました