【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者の提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →詳細は広告掲載ポリシーにて

辞めた方がいい会社の特徴!見切りをつけるべきかどうかの判断基準はどうする?

「今の会社、辞めた方がいいのかな?」
「うちの会社おかしい…。辞めるべき?」

そう悩んでいませんか?

世の中にはまともな会社もあれば、変な会社もたくさんあります。

そういった会社に入社してまった場合に、多くの人が考えることは、

「この会社、辞めた方がいいのかな?」

…という悩みでしょう。

せっかく入社してしまった会社を辞めるのはもったいないですし、転職活動は時間と労力がかかりますよね。

ただ、世の中には客観的に見て「辞めた方がいい会社」も確実に存在していて、それには以下のような特徴があります。

▼辞めた方がいい会社の特徴

  • プライベートの時間が確保できない会社
  • 人間関係の悪い会社
  • 周りの向上心や意識の低い会社
  • 給料が低い会社
  • 将来性を感じない会社

もし、読者の職場の中で当てはまる部分が多いと感じるのであれば、今後のキャリアを見直すきっかけにしてみてください。

【必見】仕事を辞めようか悩んでる方へ

「今の仕事が自分に合ってないように感じる…」
「仕事を辞めたいけど辞めていいかわからない…」
「辞めたいけど次の転職先を見つける自信がない…」

このようにお悩みではありませんか?

一つの会社を長く続けることが正解でなくなったこの時代、合ってない仕事に見切りをつけて辞めたり、より自分が働きやすい職場環境を見つけることは、当たり前の価値観だと言えます。

合わない仕事を
無理に続ける必要は
ありません

しかし、だからと言って無計画で辞めていいわけではなく、辞めるかどうかの冷静な判断や計画は必要です。

どうやって辞めればいいか?
転職先はどう見つけるか?
…がわからないかも

このようにお悩みの方も多いはず。

そんな人に向けて、退職から転職をスムーズに進めるため今すぐ登録しておきたい転職サービスとその効果的な活用法を本文前にご紹介します。

まず初めにオススメしたいのが、世界最大規模の人材会社「アデコ」が運営する「LHH転職エージェント」です。

聞いたことないサービスだけど
本当に信用できるの?

知名度は低いものの
以下のようなメリットがあり
実力派の転職サービスと言えるぞ

▼LHH転職エージェントを利用するメリット

  • 幅広い年齢層がサポート対象
  • 多くの業種・職種に対応
  • 担当者の提案力や交渉力が高め
  • 紹介先企業のリアルな情報提供に期待できる
  • 広告色少なめの求人情報
  • オンライン面談可能

これだけだと
LHH転職エージェントの
魅力がまだわからないなぁ…

国内大手エージェントと比べてみると
わかりやすいかもしれないぞ!

国内大手エージェントLHH転職エージェント
紹介求人大量の求人紹介
スパムのような大量の求人メール
求人情報の詳細や精度に欠ける
質重視の求人紹介
利用者に合わせて厳選された求人メール
求人情報の詳細や精度が高い
求人
応募
事務的
大量の求人に応募
数撃てば当たる方針
コンサル的
見込みある求人に絞って応募
採用率を高める方針
担当者分業型
紹介先企業と直接やりとしていない
受付しかしない事務的な担当者
両面型
紹介先企業と直接やりとりしている
提案や調整も行う交渉力ある担当者

国内大手エージェントでは、

  • 登録後に大量の求人情報を送りつけてくる
  • 受かる見込みのない求人への応募も強引に薦めてくる
  • 担当者がまるで話が通じない

など、利用者側の「情報の取捨選択能力」や「判断する負担が大きくなる」など、企業側の都合の押し付けが目立つ運営体制が目立ちます。

考える手間や
連絡の負担が増えて
転職する意欲がなくなるかも…

対して、LHH転職エージェントでは、担当者となるキャリアアドバイザーが「利用者-紹介先企業」の両者間を担当している、真の意味での「エージェント(仲介者)」となります。

そのため、

  • より実態に則した求人情報~企業内情の情報提供
  • 紹介先企業に合わせた職務経歴書作成~面接対策
  • 内定後の細かなスケジューリング~年収交渉

など、よりきめ細やかな転職サポートに期待でき、満足度の高い転職につなげられると言えます。

外資系企業が運営しているので

運営体制から違いがあります

知名度の高い「doda」「リクルート」と違い、聞き馴染みのないサービスかもしれません。

しかし、転職エージェントとしての実力や実績は本物なので、転職活動に興味があるなら試しに相談してみましょう。

登録はすぐ終わりますので
公式サイトでも
チェックしてみてください!

LHH転職エージェントの詳細や
登録後の流れ/活用のコツは
以下の記事でも詳しく解説してます!

紹介が長くなりましたが
本文をお楽しみください!

プライベートの時間が確保できない会社は辞めた方がいい

プライベートの時間が確保できない会社は、辞めた方がいいかもしれません。

理由は単純に、仕事以外の生活や趣味、恋愛や家庭に時間を割けない会社で働いていても、人生が充実しないからです。

具体的には、以下の項目に思い当たる節があったら注意。

  • 休みが極端に少ない(週1、有給消化できない)
  • 残業が多すぎる(サービス残業強要など)
  • 勤務時間外の拘束時間が長い(飲み会、交流会、セミナー参加など)

もし、自分の会社の勤務時間・仕事に関する拘束時間が長いかどうか出来ない場合は、国が定めている過労死ラインを参考にしておきたいです。

発症前2か月間ないし6か月間にわたって、1か月当たりおおむね80時間を超える時間外労働(1日8時間勤務で1か月の労働日を20日として月160時間の労働とする。1日4時間の時間外労働をして、1日12時間勤務が続く状態。又は労働日の20日各2時間の時間外労働と、1日10時間勤務で4日の法定外休日出勤という1日10時間勤務が続く状態、1ヶ月の総労働時間が240時間)が認められる場合。

出典過労死ライン – Wikipedia

また、残業時間の限度時間に関しては「36(サブロク)協定」が目安となります。

この36協定の規定によると、一般的に限度とされている残業時間は「月45時間」と設定されています。※条件によって例外あり

36協定とは、正式には「時間外・休日労働に関する協定届」といいます。 労働基準法第36条により、会社は法定労働時間(1日8時間、週40時間)を超える時間外労働及び休日勤務などを命じる場合、労組などと書面による協定を結び労働基準監督署に届け出ることが義務付けられているため、一般的に「36協定」という名称で呼ばれています。

<労働時間を延長できる限度>

期間一般の労働者1年単位の変形労働時間制の対象者
1ヶ月45時間42時間
1年間360時間320時間

実はこの上限設定には例外措置があります。例えばシステムの大規模改修の時期や受注が集中する時期には、上記の限度時間を超えた残業や休日出勤が発生してしまうことがあると思います。

出典「知らなかった」では済まされない!36協定の基礎知識|働き方改革研究所

もし、この36協定で定められている残業時間(時間外労働)を越えている場合、以下のような可能性が考えられるので注意が必要です。

  • 職種・業種自体が36協定の例外措置の適応を受けやすい
  • 36協定を無視して残業を行っている(タイムカード改竄などで監査を潜り抜けている)
  • そもそも、36協定の届出を労働基準監督署に提出していない

とくに後者二つに関しては、明らかに法令違反に加担している企業です。

もし思い当たる節があるなら、社内規定やコンプライアンス(法令遵守)を確認して、然るべき手順で処置を取り、それでも改善が期待できなそうなら転職を考えておくといいでしょう。

休めない会社の特徴
以下の記事でも解説しています

人間関係の悪い会社も辞めた方がいい

人間関係が悪い会社も、辞めた方がいいかもしれません。

人間関係の悪い職場の具体的な特徴は、以下の通り。

  • 常に職場がギスギスしている
  • ハラスメント行為が横行している
  • 職場の雰囲気が暗く活気がない

詳しくは以下の記事をご参考ください。

仕事である以上、多少は人間関係の悪さを我慢しなければならないことはあるでしょうが、あまりに酷い場合は辞めることを考えておくべきでしょう。

なぜなら、人間関係の悪い職場には企業や職場自体に問題があることも多いからです。

その理由については、以下のツイートでも指摘されてます。

筆者自身が集めた職場環境の情報、転職に関する情報、あるいは知人の仕事の悩みや愚痴を照らし合わせてみても、人間関係の悪い職場は企業自体に問題があることが多く感じられます。

さらに加えて言えば、職場の人間関係が悪くなる原因が解決不能な状態になっているため、誰かが辞めることでしか解決できないケースも十分に考えられます。

そのような職場環境では、優秀な人材や人格者ほど改善が期待できないで辞めていくケースも多いので、残る人の質も悪くなりがちです。

人が辞めていく会社の特徴は以下の記事にまとめてます。

周りの社員の向上心や意識が低い職場も辞めた方がいい

周りの向上心が低かったり、職場全体での意識が低い職場も、辞めた方がいいかもしれません。

それには、以下のような理由があるからです。

  • 周りが適当な仕事をしていると働き者が損する
  • 成長意識が弱くなり、転職で役に立つスキルが身につかない
  • 仕事に対する価値観や目的意識が薄くなる
  • 目標にしたい上司や先輩がいないので、学ぶことが出来ない

わかりやすく「今の職場に人として尊敬できる人物はいるか?」を考えてみて、パッと思い浮かぶ人物がいないのであれば、それは職場全体で意識が低い証拠かもしれません。

目標とする人物が社内にいたり、周りから刺激を受けてモチベーションを高めることも、仕事で上手く行くかどうかに大きく関わってくるので、辞めるべきかどうかの目安にしておきましょう。

周りの向上心や意識が低い、いわば「レベルの低い職場」については、以下の記事でご紹介しております。

給料が低い会社も辞めた方がいい

給料が低い会社も、辞めた方がいい会社かもしれません。

…と言っても、給料・年収に関しては「相場」が関わってくるので、一概にどれぐらいあれば良いかは人によって判断が別れるはずです。

また、年収が高い仕事はそれ相応に経歴やスキルが求められ、仕事での拘束時間も多くなりがちです。

目安としては、都市部の相場で言えば「年収400万~600万」が転職市場のボリューム層ですので、これよりも下の年収の方は、自分の給料が適正かどうか確認しておく意味でも、一度しっかりと転職活動しておくべきでしょう。

とくに若いうちは、しっかり転職活動すれば年収が上がりやすい傾向にあるので、自分の給料が低すぎないかどうか確認しておく意味でも、転職活動しておく価値は十分あります。

将来性を感じない会社も辞めた方がいい

将来性を感じない会社も、辞めた方がいい会社かもしれません。

会社の将来性を見極めるのは難しいことですが、以下の要素が判断基準になってきます。

  • 会社の業績は好調か?
  • 赤字の場合、対策は考えているか?
  • 業績が好調でも、社員を酷使して職場環境が劣悪ではないか?
  • 事業内容は将来性のあるものか?
  • 収入源が一部の取引先に依存してないか?

もっとも、上記のような要素を見なくとも、将来性のない会社は職場の雰囲気が悪かったり、活気がないなど、現場単位でネガティブなムードが漂いがちですので、体感でも判断できるかもしれません。

将来性のない会社を見極めたい方は、以下の記事などもご参考ください。

いずれにせよ、転職が盛んになっている現代の日本では、会社の将来性についてもしっかり考えておく必要があるのは間違いありません。

また、職種・業種単位で業績が上がっているかどうか判断することも、転職の際には大事になってきます。

たとえば「成長業界」と呼ばれる業種では、業績も上伸び傾向にあり、給料も高い上に人材の募集も精力的です。

逆に「斜陽産業」と呼ばれる業種は、時代の変化についていけず、有名企業でも業績が悪化していることも珍しくありません。

今や、終身雇用制度が崩壊し、大企業や公務員でも安定とは程遠い時代です。

労働者は今の会社に将来性があるかどうかをしっかり判断し、転職を心がけておかなければ、生き残れない時代になってきています。

そういう言う意味でも、この記事にたどり着いている方は、しっかりと危機感を持っている証拠ですので、この機会に今の会社の将来性について考えてみてください。

辞めた方がいい会社から辞めたい時はどうするべきか?

ここからは、辞めた方がいい会社から実際に辞める際にどうするべきかをご紹介していきます。

今の会社の状況をしっかり把握しておく

辞めた方がいい会社を辞めようと考えるのであれば、まずは今の会社の状況をしっかり把握しておくといいでしょう。

この記事で紹介した内容も、あくまで辞めた方がいい会社を見極める一つの判断材料でしかないので、本当に辞めるべきかどうかは読者自身で判断する必要があります。

たとえば、以下のような理由で、今の環境が異常なだけで、会社全体で見れば恵まれている可能性もあります。

  • 有給申請などを活用すれば、しっかり休みが取れる職場かもしれない
  • 職場の上司に問題があるだけで、会社全体で見ればかなり恵まれた環境である
  • 自分の経歴やスキルが足りずに、今は苦しい期間なだけ
  • 会社全体の業績は好調なので、出世すれば年収が上がるかもしれない

以下の記事などでも書いてありますが、辞める前にまずは自分が職場内で抱えている問題を相談することで、今の環境が変えられるかもしれません。

辞めるべきかどうかを判断するのは、今の職場でやるべきことをやってからでも遅くはないでしょう。

次の仕事(転職先)は出来る限り決めて退職する

辞めた方がいい会社に勤めていたとしても、しっかりと次の転職先を見つけて辞めるに越したことはありません。

まずは転職先候補の待遇や条件を把握しておき、自分の経歴でも通用するかどうかを知っておかなければ、また今の職場と似たような会社に流れ着くだけの結果にもなりかねないからです。

詳しくは以下の記事にまとめてますので、ご参考ください。

転職エージェントを利用して相談しておく

辞めた方がいい会社かどうか正しく判断し、しっかりとした転職先を見つけ出したいのであれば、転職エージェントは必ず活用しておくべきでしょう。

転職エージェントとは、プロのアドバイザーに転職に関する相談ができ、自分の経歴に合わせた求人を紹介してくれるサービスで、完全無料で利用できます。

以下の記事などにも書いてますが、転職活動は失敗しないように慎重に行うべきですので、転職エージェントに相談して客観的意見を集めておくだけで、より正確な判断が可能となります。

ただし、転職エージェントはビジネスで営業されている手前、すべてが正しいというわけでもないので、複数社活用してみたり、数人の担当者の意見を聞いておくなどして、冷静に活用しておくと間違いなく済むはずでしょう。

しっかりと転職エージェントを活用すれば、今の会社が本当に辞めた方がいい会社なのかどうか判断出来るようになるので、ぜひともこの機会に登録だけでも済ませてみてください。

以下に、弊サイトで厳選したオススメの転職エージェントをご紹介していきます。

  • LHH転職エージェントオススメNo.1!
    世界60カ国に展開する外資系企業アデコの運営する転職エージェント。360度式コンサルティングで担当者のレベルが高く本物のプロの転職サポートが受けられる。自分に合った求人だけ紹介してもらうことで無駄のない転職活動を進められる。担当者の交渉力も高く年収アップにも期待できる。
    →LHH転職エージェントの紹介記事はこちら
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス)異業種へ転職したい方必見!
    「適職診断→適職に就くためのキャリアプラン作成→適職に就くためのスキルアップ講座」を行うことで、未経験からでも異業種へ転職して年収アップを実現することを可能とした、次世代型エージェント。キャリア支援・スキルアップ講座ともに空いた時間にできるため、長期間での転職活動確実な年収アップ希望する職種への転職成功を目指したい人向け
    →WorX(ワークス)の紹介記事はこちら

いずれのサービスも登録無料で使え、登録自体もすぐ終わるものが多いので、少しでも転職活動に興味があったり、自分に合った求人が閲覧したい人は登録してみてください。

また、初回面談を済ませることで他では見られない非公開求人も紹介してもらえるため、最初のメール対応や面談対応を確実に行っておくだけで有利に転職活動を進められます。

以下に、より詳しくオススメの転職エージェントについて解説していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

その他、オススメの転職エージェント

ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はこちらも合わせてチェックしてみてください。

 

仕事辞めたい【悩み別】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
タイトルとURLをコピーしました