【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

やりたい仕事が見つからない人が向いてる仕事を探すための考え方、興味のある仕事がないのは〇〇が原因

突然ですが、やりたい仕事が見つからないって感じたことありませんか?

何をしてもピンとこないし、本当に自分に合った仕事が見つかるのか不安になりますよね。

そんなあなたに、やりたい仕事が見つかるヒントやインスピレーションを与える職業を集めてみました!

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

やりたい仕事がないのは当たり前

現代社会では、

「やりたいことを仕事に」
「好きなことを仕事に」
「なりたい自分になろう」
「夢を追うことは素晴らしい」

という、耳ざわりの良い言葉があふれています。

そこでは、キラキラと笑顔で活躍する人物が映し出されます。

しかし、そういった理想論に違和感を覚える方も多いのではないでしょうか?

なぜなら、それは「やりたいことが見つからない」「興味のある仕事がない」が明確でない人にとって、迫観念じみた重い負担となり、自らを苦しめる結果にしかならないからです。

逆に言えば、

「金のために仕事する」
「出来るからやってるだけ」
「たまたま採用されて続いてるだけ」
「仕事に何の思い入れも誇りもない」

という価値観で仕事を選ぶことは「タブー」「意欲が低い」と思われている節すらあります。

しかし、実際にはそういう「やりたい仕事がない」「興味のある仕事がない」という人の方が大半です。

人間は、自分の脳にもウソをつける生き物です。

「やりたくもない仕事を笑顔でやり続ける」「嫌いな上司や取引先に愛想笑い」「合わない会社でも居心地が良いのでダラダラ働き続ける」など、自分の本心や欲求を推し殺し続けてるうちに、自分を見失う人も多いです。

人はそれを「大人になった」「諦めた」などと形容しますが、果たしてそれは本当なのでしょうか?

「やりたい仕事がない」「興味のある仕事がない」という課題を自覚している人は、その点、諦めてしまっている大人よりも「実は本当はやりたい仕事がある」可能性が高いです。

なぜなら、本当にやりたい仕事がないなら、適当に就職してダラダラ働き続ければいいだけだからです。

「やりたい仕事がない」と悩んでいる時点で「やりたい仕事に就かないといけない」という無意識が存在する証拠です。

やりたい仕事がない人の弱みや短所:仕事ができないと思われやすいデメリット

私たちの弱みや短所が仕事場での苦悩やトラブルの原因となることは少なくありません。それらの特徴を知り、自覚することで対策を講じることが可能となります。以下で、それらの特徴を詳しく探ることで、適切な対処の一助としたいと思います。

自発性がなく流されやすい部分がある

自発性が低いとは、主体的な行動がとれない状態を指します。

この特性を持つ人は、自分から積極的に行動することが難しく、指示待ちの状態になりがちです。

仕事においては、新しい取り組みや改善提案の機会を逃す結果となり、キャリアアップのチャンスを失う可能性があります。

人生や仕事に目的がなく達成感が希薄

目的意識が希薄であることは、具体的なゴールやビジョンが欠けている状態を意味します。

何のために行動しているのか、どんな成果を目指しているのかが不明確な状態と言えます。

仕事では、プロジェクトの方向性がブレやすく、最終的な成果が期待通りでない場合が多く、他のメンバーとの摩擦の原因となることも。

自己分析が不十分で自分の適性を理解していない

自己分析が不十分とは、自分の強みや弱み、適性を正しく理解していない状態を指します。

自分の得意分野や適性を的確に把握することができないため、不適切な役割やタスクに挑戦することになるかもしれません。

仕事上、スキルや適性と合わない業務に時間を取られることで、効率的な業務遂行が困難になるリスクがあります。

学歴や過去の経歴にとらわれている

多くの人が「やりたいこと」を見つけ、それを継続することは難しく感じることがあります。特に、日本の教育や社会の文化においては、学歴や経歴が重要視されがちです。そのため、以下のような弱みや短所、欠点が現れることが考えられます。

  1. 既存の価値観に縛られる: 「学歴や経歴に従った仕事を選ぶべき」という社会の価値観や圧力に縛られ、自分本来の興味や適性とは異なる仕事を選択してしまうことがある。
  2. 自由な選択が難しい: 「学校に通ったのだから、その分野で就職しなければならない」という考えにとらわれると、真の興味や適性とは異なる方向に進むことがある。
  3. 資格や学歴の「もったいない」ジレンマ: 「資格を持っているのだから、それを活かさないともったいない」という思考が、本当にやりたいことや自分の適性を見失わせることがある。
  4. プレッシャーとの戦い: 選んだ道が本当に自分に合っているのかどうか、常に疑問を感じながらも「せっかくの学歴や経歴を無駄にしてはいけない」というプレッシャーに苦しむことがある。
  5. 過去の成功体験に囚われる: 「高倍率の競争に勝ち取った」という過去の成功体験が、新しい挑戦や変化を恐れる原因となることがある。

このような特徴は、日本の教育課程が職業選択の教育を社会状況に合わせて更新していない結果であると言えるでしょう。多くの人が、自分らしいキャリアを築くためには、過去の学歴や経歴にとらわれず、真の興味や適性を追求することが重要です。

情報過多で取捨選択ができない

情報過多とは、多くの情報に触れることで、何が真実か判断が難しくなる現象を示しています。
現代社会は情報があふれており、その中で重要な情報を選択する能力が求められます。
仕事場では、必要な情報を見極めることができず、方向性を見失うことや、誤った判断を下す原因となることがあります。

やりたい仕事がない人の特徴【強みや長所】

「私には強みや長所がない」と感じることはありませんか?

しかし、実は多くの人が持つ「見えない強み」があります。

それらの強みは、仕事場で大きなアドバンテージとなる可能性が隠れているのです。以下では、その隠れた才能や資質を明らかにし、あなたのキャリアをさらに輝かせるヒントを探ります。

夢や理想がない分、現実的なキャリア選択ができる

近年、多くの人が仕事選びに「憧れ」や「夢」といった感情を重視していますが、すべての人が同じように夢や憧れをもって職業選択をする必要はないと言えます。夢や理想が特定されていない人々には、以下のような強みや長所があります。

  1. 現実を直視できる: 理想や夢に囚われないため、業界の実情や自身の能力を現実的に見ることができる。
  2. 幻滅リスクが低い: 憧れや夢が強いと、仕事の実際とのギャップによる幻滅を感じやすくなるが、それがない分、持続的に仕事をこなすことができる。
  3. 他者の煽りに挫折しづらい: 憧れる存在や夢に対する期待がないため、他人からの煽りや批評に対しても冷静に対処することができる。
  4. 柔軟な適応力: 一つの道に固執しないため、変わる状況や新しいチャンスに柔軟に適応することができる。
  5. 人間関係のリスクが低い: 憧れる存在や夢を持つと、その人や職業に特定の価値観や期待を持つことが多いが、それがないため、人間関係の摩擦や期待値のギャップを感じにくい。

仕事や競争社会の中で、多くの人が夢や理想を追い求める中、夢や理想が特定されていない人は、他者とは異なる視点やアプローチでキャリアを築くことができるのです。このような独自性は、時に大きな強みとなり得るでしょう。

やるべきことが明確な仕事での集中力や達成意識は高め

明確な指示があると、その業務に対する集中力が高まると言われています。
つまり、具体的なタスクやゴールが設定されることで、その達成に向かって効率的に取り組むことができるのです。
この長所は、短期間でのプロジェクトやタスク達成を求められる業務で非常に価値があり、チームの中で高い生産性を発揮できる要因となります。

固執やエゴが控えめなので協調性や組織適応力は意外と高い

固執しない性格は、他者との協力や共同作業がスムーズに進む要因となります。
これは、自分の意見や考えを強く押し通すことなく、周囲との意見や情報を取り入れながら行動することを示しています。
このような協調性は、チームでの仕事や大規模なプロジェクトにおいて、円滑なコミュニケーションと相互の信頼関係を築く大きな鍵となります。

潜在的には問題意識やリーダーシップが高い場合がある

多くの人が持つ潜在的なリーダーシップは、特定の状況下で突如として現れることがあります。
これは、自分自身が気づいていない間に、他者を導く能力や判断力が培われていることを意味します。
この長所を持つ人は、突然の危機やチャンスの際に、チームや組織を引っ張る存在として活躍する可能性が高まります。

やりたい仕事がない人に向いている職業【適性や才能を発揮できる仕事】

「やりたい仕事に就かなければならない」「やりたくない仕事に就くべきではない」という考え方が正しいとは限りません。

むしろ、転職市場で通用スキルがないうちは「興味がないことでも稼げる仕事や将来性の高い仕事」「やりたくないことや嫌いなことでも適性が高い仕事」を選ぶべきです。

適性や才能とは「嫌いなことで興味もないが、他人が努力しなければできないことも簡単にできる」と感じる部分に表れます。

向いている仕事は、そういった「他人は難しいと感じることややりたくないことが、自分は簡単にできる」といった特性や資質が現れる分野にこそあり、最も能力を発揮できます。適性を発揮するのに情熱や熱意はさほど関係なく、息するように簡単に当たり前にできることこそが、自分の適性のある分野です。

ここでは、いくつか「やりたい仕事や興味のある仕事がない人ほど、適性を発揮できる可能性が高い職業」を紹介していくので、参考になりそうな情報を見つけてみてください。

人に避けられがちな「他人がやりたくない」仕事

「好きなことを仕事に」という理想が多くの人々に浸透していますが、実際には「やりたくないこと」や「嫌いなこと」を仕事にすることで得られる利点も多く存在します。以下のような理由から、「嫌いなこと」や「やりたくないこと」を仕事にすることがおすすめです。

  1. 合理的な選択: 感情や個人的な好みに縛られず、合理的な判断が容易になります。特に「これは自分らしくない」といった先入観が少なくなるため、仕事の選択や方針の決定がスムーズに行えます。
  2. 強い心の持ち主に: 嫌いなことややりたくないことを仕事にしても、感情的な悩みや迷いが少なくなります。そのため、仕事の中で起きる問題や困難にも冷静に対処することができるようになります。
  3. 市場ニーズの理解: 「誰もやりたくない仕事」は必ずと言っていいほど、需要があるため、このような仕事に取り組むことで、確実に収益を上げることができます。
  4. 少ない競争: 誰もがやりたがらない仕事は、競合が少なく、それが待遇や給与に反映されることが多いです。
  5. 職業の選択肢: 職業のイメージや人気に左右されずに、自分にとって最適な仕事を選ぶことができます。特に、「地味で目立たない」仕事は意外と待遇や条件が良いことが多いです。

結論として、やりたい仕事がない、あるいは嫌いな仕事ややりたくない仕事を選ぶことは、意外と多くのメリットを持っています。時には、一般的な価値観や流行に流されず、自分の道を選ぶことで、より良いキャリアを築くことができるでしょう。

成長業界での仕事

これからの時代において、急速に成長している業界で働くことは、キャリアのステップアップや自己成長のチャンスが広がるものです。

  • リモートワーク関連のサービス提供:テレワークの需要増加を背景に、新しいサービスやソリューションの提供が期待されます。
  • AI・機械学習のスペシャリスト:AI技術の進化とともに、様々な業界での導入・活用が進む中、専門家の需要が高まっています。
  • ヘルスケア技術者:医療技術の進展に伴い、新しい治療法や医療機器の開発が進められています。
    グリーンエネルギー関連の技術者: 環境問題の解決を目指し、再生可能エネルギーの研究や開発が加速しています。
  • VR・AR開発者:エンターテインメントからビジネスまで、多岐にわたる用途での利用が拡大しています。

これらの職業に携わることで、新しい技術やトレンドの最前線で活躍することが期待され、大きな達成感や成果を手にすることができます。

高収入が期待できる稼げる職業

「やりたいこと」を仕事にするのは、時には贅沢に思える。確かに情熱を仕事に生かせることは素晴らしい。しかし、仕事を選ぶ際、収入という現実を無視することはできない。特に、やりたいことが明確でない場合、高収入を目指すのは合理的な選択である。

  1. 現実を受け入れる: 「やりたいことを仕事に」は理想的だが、すべての人に合うわけではない。多くの人が、生計を立てるためには高収入が必要であると感じている。
  2. ニーズと供給のバランスを考慮: 高収入の職業は、高い需要と限られた供給のバランスから生まれる。例えば、専門的なスキルや資格を必要とする仕事など、誰もができるわけではない。
  3. リスクとリターン: 高収入を得るためには、時にはリスクを取る必要がある。しかし、そのリスクを冷静に分析し、計画的に取り組むことで成功の確率を上げることができる。
  4. 現実の世界での成功例を学ぶ: アニメやドラマのように、メディアは現実の仕事の厳しさや成功の裏側を描いている。これらを参考にし、自分のキャリアパスを検討するのも良い。
  5. 経済的な安定を求める: 高収入を得ることで、将来的な安定や、自分の欲しいものを手に入れるチャンスが増える。やりたいことが明確でない場合、この経済的な自由を目指すのは一つの方法である。

最後に、高収入を得るためには、専門的なスキルや知識が必要な場合が多い。しかし、それを身につけるための努力や学びを惜しまなければ、高収入を得る道は開ける。現実を直視し、自分の目標や価値観に合わせて仕事を選ぶことが大切である。

高収入を得ることができる職業は、専門的な知識やスキルが求められることが多いです。こうした職業では、専門性や経験を活かすことで大きな報酬を得ることが可能です。

  • 金融アナリスト:株式市場や経済の動向を予測し、投資判断のアドバイスを行う。
  • ITコンサルタント:企業のIT戦略を策定し、最新のテクノロジーを活用したビジネスソリューションを提供する。
  • プラスチック外科医:美容手術や再建手術を行い、患者の希望に応じた治療を提供する。
  • 法律家:個人や企業の法的トラブルを解決するためのアドバイスや代理を行う。
  • 航空パイロット:国内外の飛行ルートを担当し、多くの乗客を安全に目的地へと運ぶ。

これらの職業を通じて、高い専門性やスキルを持つことで社会的な評価や報酬を得ることができます。

転職市場で潰しの効くスキルが身につく仕事

市場のニーズや変化に対応したスキルを身につけることで、多様な業界や職種への転職が容易になります。

  • データサイエンティスト:データを活用して新たなインサイトやビジネスチャンスを発見する。
  • コンテンツクリエーター:SNSやブログ、YouTubeなどでオリジナルのコンテンツを制作し、フォロワーとのコミュニケーションを深化させる。
  • デジタルマーケティングスペシャリスト:オンライン広告やSNSマーケティングを駆使して、ブランドや商品の認知度を上げる。
  • プロジェクトマネージャー:プロジェクトの進行管理やチームのコーディネートを行い、期限内に目標を達成させる。
  • UX/UIデザイナー:ユーザーの使いやすさや満足度を追求し、ウェブサイトやアプリのデザインを行う。

これらのスキルを習得することで、多様な業界での活躍や高い競争力を持つことができます。

起業や事業開発の支援を行う職業

多くの人が独自のビジネスやサービスを提供したいと考える中、以下のようなポジションが起業家としての成功の鍵となります。

  • スタートアップの共同創業者:新しいアイディアやビジネスモデルを元に、企業を立ち上げる。
  • フランチャイズオーナー:既存のブランドやビジネスモデルを採用し、地域での展開を進める。
  • オンラインビジネスオーナー:インターネットを活用したサービスや商品を提供する。
  • プロダクトマネージャー:商品やサービスの開発をリードし、市場での成功を目指す。
  • サービス業の経営者:飲食やエンターテインメントなど、様々なサービスを提供し顧客を魅了する。

これらのポジションでの経験を積むことで、ビジネスの成功と自らの夢の実現が期待できます。

教育関連の仕事

教育は未来を形成する鍵となります。以下の職業は教育の現場で直接、または間接的に影響を与える役割を果たします。

  • キャリアコンサルタント:個人の職業的な道をサポートし、適切なキャリア選択を助ける。
  • オンライン講師:インターネットを活用して、個別指導や学習サポートを行う。
  • ティーチングアシスタント:教員をサポートし、生徒や学生の学びの質を向上させる。
  • 教育コンサルタント:教育機関や企業を対象に、教育プログラムの最適化や効果的な教育方法を提案する。
  • オンライン教育コンテンツクリエーター: 教育的なコンテンツを制作し、オンラインでの学習をサポートする。

これらの職業を通じて、教育の質の向上や次世代の育成に貢献することができます。

社会貢献に関する仕事

社会的な課題を解決し、より良い世界の実現に寄与する仕事は多くの人々から尊敬されるものです。

  • ソーシャルワーカー:個人や家族の生活の質を向上させるためのサポートを提供する。
  • NGOスタッフ:非政府組織で、様々な社会的課題に取り組む。
  • 環境活動家:地球の環境を守るための活動や啓発を行う。
  • コミュニティデベロッパー:地域社会の発展と絆の強化を目指す。
  • ボランティアコーディネーター:ボランティア活動の企画や管理を行う。

これらの職業に従事することで、社会のために直接的な影響を与えることができます。

顧客の成長や成功を支援する仕事

顧客の成功が自らの成功に繋がる仕事です。

  • カウンセラーやセラピスト:人々の心の健康や人生の質をサポートする。
  • HRコンサルタント:企業の人材戦略を最適化し、組織の成長をサポートする。
  • イベントプランナー:イベントの成功を通じて顧客のブランドやビジネスを高める。
  • コミュニティマネージャー:ユーザーや顧客のコミュニティを管理し、成長を促進する。
  • 顧客サポートやカスタマーサクセス:顧客の成功や満足度を直接的にサポートする。

これらの職業に就くことで、顧客とともに成長し、成功の喜びを共有することができます。

この項目のまとめ:自分の特性を理解して適性を活かせる仕事選びを

以上のように、自分の性質を活かした職業を見定め、強みを活かせるキャリアを歩むことが人生の成功には大切です。そのためには、世の中に数多く存在する職種を知ることや、自分の特性を深く理解することが大事です。

もし、より自分の向いてる仕事の選択肢について知りたいなら、自分の経歴や価値観をもとにAIでキャリアの選択肢を可視化してくれる「ASSIGN」という転職アプリがオススメです。

ASSIGNでは、自分の経歴や価値観に合わせて、自分に合った企業や求人まで具体的にわかるため、現実的にキャリアアップすることができます。

また、向いてる企業に就くために必要なキャリアプランまでわかるため、向いてる仕事を知って終わりでなく、具体的なアクションにつなげることもできます。

ASSIGNで適職診断してみて
向いてる職業に近づきましょう!

また、全147種の職種から適性を診断できるコンピテンシー診断を受けられる「ミイダス」もオススメです。

ミイダスでは全147種の職業の適性が
10段階のスコア形式で診断できます

また、ミイダスでは適職診断だけでなく、その他にも数多くの診断ツールが無料で利用できるため、性格診断や向いてる仕事を探している人にとって、非常に役に立つ心強いツールだと言えます。

ミイダスは本格的な診断ツールが
すべて無料で使えて
企業からのスカウト求人も届きます

ミイダスの詳細は
以下の記事でも解説しているぞ!

やりたい仕事がない人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ~就くまでの方法

「向いてる仕事がわかっても求人が見つからない…」
「適性があっても経歴やスキルが足りない…」
「惹かれる求人がを見つかっても受からない…」

向いてる仕事を見つけたとしても、直面するのがこのような問題です。

そこで最後に、本当に自分に合った仕事を見つけ出すコツから実際に就くための方法まで、すぐに行動に移せる実践的なノウハウを紹介していきます。

向いてない仕事を見極める

世の中には数多くの転職サイトや求人があり、選択肢に迷うものです。

その中で、効率良く理想の仕事にたどり着くためには「自分はどの職業に惹かれないか?」「どんな仕事が続かなそうか?」を見極めましょう。

▼やりたい仕事がない人に向いてない仕事の例

  • 使命感の問われる社会的責任の大きい仕事
    例:緊急救命医、消防士、警察官、社会福祉士、法律家(弁護士、裁判官など)、災害救助スタッフ
    向いてない理由:就くまでのハードルが高く、社会的な責任や倫理観も問われるため、やりたい仕事がない人にとってはプレッシャーが大きいと感じやすいため。公のためにプライベートを犠牲にする覚悟も求められる。
  • 就くために長い時間や努力が要される職業
    例:医師、薬剤師、弁護士、大学教授、航空機パイロット
    向いてない理由:やりたいからといって誰でも就けるわけでない。適性や意欲以前に、就くために数年の厳しい努力(大学卒業、国家資格取得など)が必要。
  • 才能と努力が求められる芸能・芸術関係の職業
    例:アーティスト、プロミュージシャン、映画やドラマの脚本家、プロのダンサー、著名なファッションデザイナー
    向いてない理由:「やりたい仕事」の典型的イメージだが、実際は売れない下積み期間や、プロになった後も営業活動やスキルアップなど、強い理想や継続力が求められる。

こういった「向いてない可能性の高い業界や職業」と「向いてないと言える理由や根拠」を知っておくだけでも、迷いが少なくなります。

また、職業そのものだけでなく、

  • 一緒に働く人との相性(社員の価値観や性格傾向、上司の仕事観や方針)
  • 社風(会社の組織風土や企業理念、経営者の考え方)
  • 会社の扱っている商品(サービス内容や製品)

といった要素でも、向き・不向きが変わってくる点に注意です。

そのためには、仕事内容や採用条件以上に、

  • 面接時に、多くの社員とフィーリングが合ったか?
  • 会社の理念やビジョン、経営層の考えに惹かれるか?
  • その会社が扱っている商品に惹かれるか?

といった点も重視して判断するといいでしょう。

「この職業=向いてる」ではなく

会社/人/扱ってる商品やサービスなど

様々な情報から判断しましょう

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました