ニートがやる気を出すための方法!少しずつでもいいから前に進んでみよう!

編集長
元既卒ニートの
スコシテン編集長だァ!!

「ニートだけど、まったくやる気がない」
「このままじゃいけないとわかってるんだけど、体が…」
「行動したいんだけど、行動できない」

こういう若者は多いと思う。

俗に言う「新型うつ病」ってヤツだな。

関連:若者が抱える「新型うつ病」の正体。時代の閉塞感を克服するためのヒントとは?

読者は多分、やる気のないニートだと思う。

過去のオレも実はそうだった。

…いや、今でも人生の8割ぐらいの時間は「やる気がない状態」だと言ってもいい。

こんなイカれた先行きの見えねェ日本で、
やる気が湧くワケもねェよなァ!?

だが、安心して欲しい。

やる気は湧くものではない。

無理やり絞り出すものだ。

今回はやる気のないニートたちに、やる気をひねり出す方法を教えるぜ!!

少しづつでいいから 強くなりたいの
涙を流すたびに 優しくもなれる

桜/堀江由衣

ニートがやる気アップする条件とは?

かつてニート生活してた頃、オレも「どうすればやる気が出るのか?」と悩みに悩んでいた。

そして「なぜ、あいつらはあんなにやる気が維持できるのか?」と研究もした。

そうしてわかったことは、以下のような条件が必要だということだ。

  • 必死になれる環境に飛び込む(家はぬるま湯)
  • トラウマを克服する(就活の失敗、仕事を辞めた…など)
  • 「誰かのために頑張る」(恋人をつくるなど)
  • やり甲斐や生きがいを見つけ出す(向いている仕事、天職と出会う)
  • 目標をつくる(貯金1000万円など)

どうやら、これらの条件が「やる気」「モチベーション」につながるらしい。

でも、こんなもんがすぐに見つかったらわざわざ悩みはしねェよな。

「一体、自分は何のために生まれて、何のために生きているのだ?」

すべてが無意味に思える。
何をしても失敗するイメージしか湧かない。
頑張る理由なんてない。
成し遂げたい夢も目標もない。

まるで心の中が、空っぽになった感覚だ。

残念ながら、ニートがやる気を出す方法なんてない。

やる気など、待っていても湧いてくるもんではないのだ。

やる気がないなら「自分はライオン」だと思え

やる気がないニートにいいことを一つ教えるぞ。

お 前 は ラ イ オ ン だ 。

自分をライオンだと思え。

中途半端にやるなよ。

「オレがライオンなら次はどう動くか?」
「自分がライオンならあいつはシマウマだな」
「ライオンなら親を見捨てて自分が生き残るべきだよな…」

徹底的にライオンになったつもりで考えろ。

そして、ライオンになったつもりで動け。

ニートはサバンナに投げ出されたことがない、ライオンの赤ちゃんだ。

だったらやることはカンタンだ。

爪を研げ。
牙を剥き出せ。
敵を睨め。
獲物を探せ。
機が来たら飛びかかれ。

本気で「生き残りたい!」と思える環境が、お前にはお似合いだ。

やる気やモチベーションがどうだとか次元じゃねェんだ。

人生とは己の生き残りを賭けた戦いってことだ。

生き残りたい
生き残りたい
まだ生きていたくなる

ライオン/マクロスF OP

「あるがまま」を受け入れよう

ニートがやる気を出すためには「あるがまま」を受け入れることが大事だ。

「あるがまま」とは決して「ありのままの自分(笑)」「本当の自分(笑)」なんて甘いものではない。

わかりやすく説明しよう。

今、スマホかPCで誰が書いたかもわからねェ文章に救いを求めているのが「あるがままの自分」ってヤツだ。

もうわかってんだろ?

お前はロックスターにはなれない。
特別な存在にもなれないどころか、普通にすらなれない。
誰にも感謝されないし、求められもしない。
白馬の王子様は訪れないし、奇跡も起こらない。
ある日突然、謎の力が湧いてきてやる気がみなぎることもない。

それが、あるがままのお前だ。

お前は特別でもないし、大した才能もない、普通以下のゴミクズだ。

でも、それでいいじゃねェか。

「自分はすごい!」と自惚れて、テレビに出て粋がってるヤツらよりは、ずっとマシだ。

「あるがまま」の自分を受け入れろ。

世界一無能でグズで、何の取り柄も成功体験も自信もない、誰からも必要とされない、あるがままの自分を、な。

そして、世界に向けて一言言ってやれ。

「笑いたきゃ、笑えよ。これがあるがままの自分だ」

自分自身をよく知らなければ、他人も社会も正しく理解できるわけがないからな。

失敗など恐れる必要はまったくない

ニートがやる気が湧かないのは、失敗が怖いからだろう。

失敗は怖い。

気持ちはわかる。

オレも常に、何かに怯えるように生きている。

失敗すれば、他人に怒られる。
失敗すれば、他人に迷惑がかかる。
失敗すれば、他人から批判される。
失敗すれば、他人から笑われる。
失敗すれば、他人から愛想尽かされる。

そう、失敗は許されないのだ。

しかし、実はそんなものはウソだ。

なぜなら、失敗すればするほど、人は成長できるからだ。

失敗したら、笑えばいい。

なぜなら、お前が成長できるチャンスが一つ増えたからだ。

失敗するのが怖いのであれば、失敗することを楽しめばいい。

失敗を楽しむ心こそが、お前にやる気を与える。

…少なからず、そこで「絶対に失敗しない生き方」なんて考えて悩むよりは、よっぽどマシだ。

ニートがやる気を出すなら必死になれ

いかがだったかな?

やる気やモチベーションが心の内に湧いてきただろ?

あとは必死になれる環境に飛び込めば、あとは流れでどうにかなる。

「必死」というのは「必ず死ぬ」という意味だな。

失敗すれば必ず死ぬレベルの環境に飛び込まなきゃ「必死」とは言えねえよな?

残念ながら、日本人には「明日自分が死ぬ」と思って生きている奴は少ない。

ただ漠然と「老後不安だな…」と思って年金払ってる奴や「事故にあったら困る」と考えて保険に加入している程度だ。

そんなんだから、社会人は必死になれねェんだよ!!!

そして、そんな社会人ばかりを参考にしているから、ニートも必死になろうとは思えないわけだ。

つまり、やる気が出ないニートは参考にする人間が間違っているというわけだ。

言っておくが、割と普通の社会人もニート並にやる気のないヤツばっかりだ。

イスに座ってダラダラ仕事して金もらってる中高年も多いからな。

そういう仕事を舐めた社会人どもをブチのめすために、お前が立ち上がるんだよ!!!!

経歴や学歴や社会経験では社会人には勝てないかもしれないが、ニートなら気持ちややる気だけなら勝つチャンスはある。

「やる気がない」なんて言ってねェで、無理でもやる気を絞り出すんだよ!!

進んで進んで進み続けろ、倒れる時は前のめりだ。

それしか、ニートがやる気を持続する方法なんてねェ!

止まるんじゃねえ、常に動き続けろ。

それが「やる気」ってヤツだ!

やる気が出ないなら他人に引き出してもらおう

やる気が湧かない?

なら、他人に引き出してもらうまでだ。

オススメは就職支援サービスで、プロのアドバイザーからカウンセリングを受けることだ。

キャリアアドバイザーは他人のやる気をじゃぶじゃぶ煽る、モチベーション維持のプロだ。

やる気のないニートでも無料で使えて、仕事に対して前向きになれるチャンス!

やる気のないニートは「他人は信じられない」「就職支援サービスなんてどうせ自分は対応してもらえない…」と考えているかもしれないが、それは違う。

お前は自分を悲劇のヒロインか何かと勘違いしているかもしれねぇが、お前だけじゃなくてみんな通ってきている道だよ。

つまり、お前みたいにやる気なくニートしてる奴も、なんとか立ち直って社会に出ているというわけだ。

就職支援サービスではそういった事例がたくさんあるので、やる気のないニートでもすぐに就職先が見つかると言ってもいい。

やる気が湧かないニートは、他人に引き出してもらうまで。

自分の内に眠る底知れないやる気と出会うためにも、ぜひ就職支援サービスを使っておくがよいぞ。