野生動物調査員(鳥獣被害対策コーディネーター)になるには?向いてる人や必要な資格を徹底解説!

▼仕事を辞めたいと悩んでる方へ

2021年現在、転職市場はコロナ明けを見込んで、採用に積極的な企業が増加しています。
最近では、転職も珍しくなくはなくなっていますが、辞めようと悩んでいる方にとって、仕事を辞めるかどうかは、人生の重大な選択であることでしょう。

そこでオススメしたいのが、転職エージェントと呼ばれるサービスを利用して、仕事を辞めるべきかどうか相談してみることです。転職エージェントは無料で利用でき、オススメの求人紹介から、転職手続きのサポートまで、まとめて行ってくれます。

初めに利用しておきたい転職エージェントは、国内No.1の「リクルートエージェント」です。リクルートエージェントは国内最大の求人数を誇り、電話やオンラインでの相談も可能、総合的な転職支援を無料で行ってくれます。

「まだ辞める気はないけど、どんな転職先があるのか知りたい…」という場合でも利用可能なので、登録がまだお済みでない方は、この機会にぜひ活用してみてください。

→リクルートエージェントに無料相談してみる

野生動物調査員ってどんな仕事?

野生動物と人間との共存を考えるには野生動物の生息地域の調査、外来種による在来種動物の被害の実態調査、野生動物が農作物に与える影響の調査などが必要不可欠となります。
そうした野生動物の具体的な状況を調査するのが野生動物調査員の仕事です。
主に、野生動物の種類別の分布や数の集計、生息環境や繁殖状況、現状の食生などの調査を行います。
近年、野生動物による農業被害が全国的に広がり、人間と野生動物の共存が大きなテーマとなっていることもあり野生動物調査委員の活動はますます重要なものとなっています。

野生動物調査員ってになるには?

現在は環境省の外郭団体である自然環境研究センターやNPOなどの自然保護関係団体、民間の調査会社の一部が野生動物の調査を行っています。
ですので、そういった団体で野生動物調査員の人材募集を行っていないかどうか確認して、応募してみるといいでしょう。
また、野生動物保護管理事務所では、鳥獣被害対策コーディネーターと育成研修会も開講をしているので、そういった研修会で勉強してから仕事につなげてみるのも手でしょう。

野生動物調査員に必要な資格やスキル

野生動物調査員になるために必須資格はありませんが、獣医学の資格か、それに相当する知識や動物の生態学の知識を持っていると有利です。

野生動物調査員に向いてる人は?

  • フィールドワークが好きな人
  • 調べること・まとめることが好きな人
  • 動物の生態についての興味関心が高い人

野生動物調査員の仕事は、主にフィールドワークが主体となるため、外での散策が好きな人は適性が高いと言えるでしょう。
また、実際の仕事では集計データをExcelなどでデータをまとめたりすることが予想されるため、デスクワークで情報を調べる・まとめるという作業が好きな方が続く可能性は高くなります。
当然ながら、動物の生態についての興味関心が高く、研究熱心な性格であることも求められる資質のひとつです。

野生動物調査員と関連性の高い仕事は?

野生動物調査員の性質を踏まえると、フィールドワーク全般は関連性が高い仕事だと言えるでしょう。
「調べる→情報を整理してまとめる」という役割については、マーケティングリサーチャーとも近しい部分があり、動物調査員のような希少の職種と比べて全体の求人数が多い点が特徴です。
動物調査員のみに求人を絞ると求人が見つかりにくい難点がありますが、リサーチャー全体で考えれば選択肢はかなり広がるため、動物調査員に興味があるならリサーチャーの仕事についても理解を深めておくといいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました