仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

仕事辞めたいゆとり世代必見!ゆとり世代が仕事をやめるのは当たり前の選択肢だと判明!

「ゆとり世代がどうこう…」

…と、価値観・生きてきた時代の違いを考えず、好き勝手言っている自称:大人は多いですが、だまされてはいけません。

本当に有能な人事や管理職は、ゆとりがどうこう愚痴を垂れる前に、ゆとりをどう育成して活かすか、しっかり考えて仕事していますからね。

愚痴をたれる前に、現実的解決策を実行していくのが、社会人の原則ですからね。

未だに「ゆとりがどうこう~」言い訳している上司は、現実を受け入れられないバカです。

言い換えれば「部下が思う通りに動いてくれない!」と駄々こねてるだけのガキです。

これでは、どちらがゆとりかわかりませんね。

もし、あなたがゆとり世代差別が原因で職場をやめたいなら、今すぐ職場をやめるべきです。

だいたい、ゆとりがどうこう見苦しい言い訳ばかりして、ゆとり教育実行した責任を追わずに、好き勝手自分の時代のやり方を主張しているのは、無責任な大人たちです。社会人足るもの、社会政策の責任を背負うのは当たり前の義務ですからね。だいたい、ゆとり教育の実施が決定した時の政治家や有権者は、今は無責任に悠々年金生活送ってますからね。

はっきりしていることはひとつだけです、

ゆとり世代がどうこう好き勝手言っている大人は、あなたが将来社会を担う立場になった時、一切責任をとってくれません。

もはや、仕事をやめるべき理由は明確ですね。

責任も取れない責任者の下で仕事するなど、いい大人のするべきことではありません。

社会人とは、大人になった方が勝ちです。

そして、大人になるとは、現状に不満を言わずに具体的対策を実行できる人間になることです。

ゆとり世代の新人に困っている方はこの記事をどうぞ↓

やる気のない社員の特徴。クズな部下や同僚の対処法とは?
やる気のない、真面目系クズ社員に頭を悩ませている社会人の方は多いことでしょう。 真面目系クズには以下の特徴があります。 ...

https://sukoshiten.com/shokuba-nayami/

ゆとり世代を使いこなせない無能な上司が多い

人を指導する立場というのは「与えられたカードをどう使うか」ということを考えなければなりません。

部下が上司を選べないように、上司も部下を選べません。

どんな無能ややる気のない人間がいたとしても、与えられた人員で仕事をこなすしかありません。

この事実を理解していないバカは実に多いんです。

「言われたとおりにしか仕事しない」ことがゆとり世代の特徴として挙げられますね。

ところが「ゆとりが~」などと無能な言い訳をしている上司も「過去に自分が言われた・指示されたこと」でしか、新人教育できないわけです。もはや、同じ穴のムジナ、どちらもゆとり丸出しですね。

時代が変われば人の価値観も言葉の意味することも変わります。

自分と同じ時代のルールが通用しないことでグダグダ抜かしている上司こそ、まさに「自分が言われた・やってきたことしか出来ない」という、真のゆとり世代じゃないですか!

そもそも個人の能力とゆとり世代には、なんの因果関係もありません

そもそもが、ゆとり世代と個人の能力や仕事に対する姿勢の違いは、なんの因果関係もありません。

「部下のゆとりが仕事できない!」と言い訳している人間の本音はこうですよ。

何も指示しないで仕事バリバリこなしてくれる超有能新人が欲しい!

はい。バカです。

勝手な理想を、責任転嫁で部下に押しつけてるだけです。

そんな都合のいい新人が来るわけないじゃないですか。

いつまで子供みたいなこと言ってるんですか?

どちらがゆとりかわかりませんね。

また、因果関係をしっかり考えられない社会人は、致命的欠陥を抱えています。

何か問題が起きた時に「〇〇が悪い!」なんて決めつけることは、もはや社会人としてまともな思考能力がないと自白しているようなものです。

常識のある大人であれば「〇〇が悪いと仮定して改善策を~」という風に、勝手な憶測で決めつけをせず、現実的な解決策を打ち出していきますからね。

無能な上司は部下をつぶします

さてさて。

いかに「ゆとりがどうこう~」言い訳している上司が、無責任かおわかりいただけたかと思います。

こういう上司は基本的に「教えるの面倒だから自分で成長してくれ!」という無責任なスタンスなので、ゆとり世代の部下は伸びるものも伸びずに、つぶされる可能性が高いです。

たとえば「ゆとり 仕事できない」という検索ワードで上位に表示される「仕事ができない?ゆとり世代の存在と大成するタイプの扱い方!」という記事を見てみましょう。

3年経って、部署異動後に新しい環境で、ようやく愚かさに気がついた時には、大成するタイプとの距離は、すでに埋められなくなっているぐらい差が出ています。

今までも小手先だけで仕事をしていただけに、それらの仕事の中に入れば小手先だけしか集まらない職場環境で自分の存在価値が見出せなくなります。

大方のゆとり世代というのは、大成しない不向きのゆとり世代が歩むコースだと思います。

はい。

自分の部下を「愚か」と言って、大成する・しないを現場判断で勝手に決めつけ、自分の仕事をしない言い訳を巧妙に並べ立てています。

そもそも、大成する・しないなんて結果論ですし、その判断や計画は企業人事が担うべき仕事ですからね。それを勝手に現場判断で邪推し、人材育成に力をいれないのはまさに「無能な上司」の言い分そのものです。

まあ、要は言葉のブーメランですね。

自分の価値基準で他人を大成しないと決めつける人間は大成するはずもありません。

そんな大成出来なかった上司の下では、伸びるべきものも伸びるはずがありませんからね。

ちなみにこの「愚かな」言い分に関しては、ゆとり世代でなくあらゆる大人に言えることですね。プライドだけ無駄に高い人間なんて、どの世代にもいることは、まともな社会経験があれば誰でもわかる事実です。

関連記事:

中高年ヤンキーはさっさと社会から退場すべき!百害あって一利なしの老害ヤンキー上司の特徴とは?
「ヤンキー」と言うと、不良・DQNなど、中学校時代に盗んだバイクで走り出したり、校舎の窓ガラス壊して回るような奴らのことを思い出すで...

ゆとり世代を言い訳に叩かれている若者は転職しよう!

はい。

いかに「ゆとりが~」だの見苦しい言い訳している奴らが、自分が仕事出来ない・したくない言い訳で、無責任にゆとりを叩いているかおわかりいただけたことでしょう。

まともな判断力のある上司なら、ゆとりがどうこう言い訳せず、一人前の社員として活躍できるように教育しますからね。その方が、自分のためにも会社のためにもなると、常識的に考えればわかりますからね。

そんな言い訳上司の下で働いていても、能力は伸びないどころか、潰される恐れすらあります。

そんなバカ上司どもの多い日本の職場環境を憂いて、最近では「転職エージェント」という、しっかりお互いの能力を伸ばし合える職場を紹介するサービスが人気です。

まとまな企業なら「ゆとりは使えない!」なんて言う前に「ゆとりを一人前に育て上げる!」と、普通は思いますからね。

転職エージェントでは、そういったゆとり世代に理解を示して、しっかり人材育成にも力を入れている優良企業が多く集まっているサービスです。非公開求人では、職安や無料求人サイトの質の低い求人とは違い、しっかり社員を育ててくれる企業が圧倒的に多いです。

「ゆとりがどうこう~」言っている器の小さい会社はさっさとやめて、自分が成長できる企業に転職しましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。