仕事辞めたいゆとり世代必見!ゆとり世代が仕事をやめるのは当たり前の選択肢だと判明!

「ゆとり世代がどうこう…」

…と、価値観・生きてきた時代の違いを考えず、好き勝手言っている自称:大人は多いですが、だまされてはいけません。

本当に有能な人事や管理職は、ゆとりがどうこう愚痴を垂れる前に、ゆとりをどう育成して活かすか、しっかり考えて仕事していますからね。

愚痴をたれる前に、現実的解決策を実行していくのが、社会人の原則ですからね。

未だに「ゆとりがどうこう~」言い訳している上司は、現実を受け入れられないバカです。

言い換えれば「部下が思う通りに動いてくれない!」と駄々こねてるだけのガキです。

これでは、どちらがゆとりかわかりませんね。

もし、あなたがゆとり世代差別が原因で職場をやめたいなら、今すぐ職場をやめるべきです。

だいたい、ゆとりがどうこう見苦しい言い訳ばかりして、ゆとり教育実行した責任を追わずに、好き勝手自分の時代のやり方を主張しているのは、無責任な大人たちです。社会人足るもの、社会政策の責任を背負うのは当たり前の義務ですからね。だいたい、ゆとり教育の実施が決定した時の政治家や有権者は、今は無責任に悠々年金生活送ってますからね。

はっきりしていることはひとつだけです、

ゆとり世代がどうこう好き勝手言っている大人は、あなたが将来社会を担う立場になった時、一切責任をとってくれません。

もはや、仕事をやめるべき理由は明確ですね。

責任も取れない責任者の下で仕事するなど、いい大人のするべきことではありません。

社会人とは、大人になった方が勝ちです。

そして、大人になるとは、現状に不満を言わずに具体的対策を実行できる人間になることです。

ゆとり世代の新人に困っている方はこの記事をどうぞ↓

やる気のない真面目系クズ社員への対処法。部下や同僚を使いこなせないお前もまた、真面目系クズだ!
やる気のない、真面目系クズ社員に頭を悩ませている社会人の方は多いことでしょう。 真面目系クズには以下の特徴があります。 ...

https://sukoshiten.com/shokuba-nayami/

ゆとり世代を使いこなせない無能な上司が多い

人を指導する立場というのは「与えられたカードをどう使うか」ということを考えなければなりません。

部下が上司を選べないように、上司も部下を選べません。

どんな無能ややる気のない人間がいたとしても、与えられた人員で仕事をこなすしかありません。

この事実を理解していないバカは実に多いんです。

「言われたとおりにしか仕事しない」ことがゆとり世代の特徴として挙げられますね。

ところが「ゆとりが~」などと無能な言い訳をしている上司も「過去に自分が言われた・指示されたこと」でしか、新人教育できないわけです。もはや、同じ穴のムジナ、どちらもゆとり丸出しですね。

時代が変われば人の価値観も言葉の意味することも変わります。

自分と同じ時代のルールが通用しないことでグダグダ抜かしている上司こそ、まさに「自分が言われた・やってきたことしか出来ない」という、真のゆとり世代じゃないですか!

そもそも個人の能力とゆとり世代には、なんの因果関係もありません

そもそもが、ゆとり世代と個人の能力や仕事に対する姿勢の違いは、なんの因果関係もありません。

「部下のゆとりが仕事できない!」と言い訳している人間の本音はこうですよ。

何も指示しないで仕事バリバリこなしてくれる超有能新人が欲しい!

はい。バカです。

勝手な理想を、責任転嫁で部下に押しつけてるだけです。

そんな都合のいい新人が来るわけないじゃないですか。

いつまで子供みたいなこと言ってるんですか?

どちらがゆとりかわかりませんね。

また、因果関係をしっかり考えられない社会人は、致命的欠陥を抱えています。

何か問題が起きた時に「〇〇が悪い!」なんて決めつけることは、もはや社会人としてまともな思考能力がないと自白しているようなものです。

常識のある大人であれば「〇〇が悪いと仮定して改善策を~」という風に、勝手な憶測で決めつけをせず、現実的な解決策を打ち出していきますからね。

無能な上司は部下をつぶします

さてさて。

いかに「ゆとりがどうこう~」言い訳している上司が、無責任かおわかりいただけたかと思います。

こういう上司は基本的に「教えるの面倒だから自分で成長してくれ!」という無責任なスタンスなので、ゆとり世代の部下は伸びるものも伸びずに、つぶされる可能性が高いです。

たとえば「ゆとり 仕事できない」という検索ワードで上位に表示される「仕事ができない?ゆとり世代の存在と大成するタイプの扱い方!」という記事を見てみましょう。

3年経って、部署異動後に新しい環境で、ようやく愚かさに気がついた時には、大成するタイプとの距離は、すでに埋められなくなっているぐらい差が出ています。

今までも小手先だけで仕事をしていただけに、それらの仕事の中に入れば小手先だけしか集まらない職場環境で自分の存在価値が見出せなくなります。

大方のゆとり世代というのは、大成しない不向きのゆとり世代が歩むコースだと思います。

はい。

自分の部下を「愚か」と言って、大成する・しないを現場判断で勝手に決めつけ、自分の仕事をしない言い訳を巧妙に並べ立てています。

そもそも、大成する・しないなんて結果論ですし、その判断や計画は企業人事が担うべき仕事ですからね。それを勝手に現場判断で邪推し、人材育成に力をいれないのはまさに「無能な上司」の言い分そのものです。

まあ、要は言葉のブーメランですね。

自分の価値基準で他人を大成しないと決めつける人間は大成するはずもありません。

そんな大成出来なかった上司の下では、伸びるべきものも伸びるはずがありませんからね。

ちなみにこの「愚かな」言い分に関しては、ゆとり世代でなくあらゆる大人に言えることですね。プライドだけ無駄に高い人間なんて、どの世代にもいることは、まともな社会経験があれば誰でもわかる事実です。

関連記事:

中高年ヤンキーはさっさと社会から退場すべき!百害あって一利なしの老害ヤンキー上司の特徴とは?
「ヤンキー」と言うと、不良・DQNなど、中学校時代に盗んだバイクで走り出したり、校舎の窓ガラス壊して回るような奴らのことを思い出すで...

ゆとり世代を言い訳に叩かれている若者は転職しよう!

はい。

いかに「ゆとりが~」だの見苦しい言い訳している奴らが、自分が仕事出来ない・したくない言い訳で、無責任にゆとりを叩いているかおわかりいただけたことでしょう。

まともな判断力のある上司なら、ゆとりがどうこう言い訳せず、一人前の社員として活躍できるように教育しますからね。その方が、自分のためにも会社のためにもなると、常識的に考えればわかりますからね。

そんな言い訳上司の下で働いていても、能力は伸びないどころか、潰される恐れすらあります。

そんなバカ上司どもの多い日本の職場環境を憂いて、最近では「転職エージェント」という、しっかりお互いの能力を伸ばし合える職場を紹介するサービスが人気です。

まとまな企業なら「ゆとりは使えない!」なんて言う前に「ゆとりを一人前に育て上げる!」と、普通は思いますからね。

転職エージェントでは、そういったゆとり世代に理解を示して、しっかり人材育成にも力を入れている優良企業が多く集まっているサービスです。非公開求人では、職安や無料求人サイトの質の低い求人とは違い、しっかり社員を育ててくれる企業が圧倒的に多いです。

「ゆとりがどうこう~」言っている器の小さい会社はさっさとやめて、自分が成長できる企業に転職しましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ