【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

雑誌編集者からの転職を成功させるためには?志望動機はどうする?おすすめの転職先は?

私は美大卒業後、雑誌編集者として働き始めました。

雑誌編集の仕事は過酷でしたが、やり甲斐のあるものでした。

しかし、相次ぐ廃刊・出版不況の煽りを受けて、私の勤め先も苦しい状況が続きました。

毎月発行していた雑誌が隔月ペース発行になり、その分仕事も減って収入も減りました。

ですので、私は副業のアルバイトもこなし、なんとか生活費をやりくりしていました。

その頃はまだ20代前半でしたので「忙しくてもいいので、もっと編集経験を積みたい!」と燃えていた私にとって、本業の時間が減るのは耐え難いものでした。

そうしたこともあり、私は20代前半で「転職」を強く意識することになりました。

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

雑誌編集の経験を転職に活かすためには?

転職をする際に、私が一番強く感じた「私の経歴や経験でいい職場が見つかるのかなあ?」という不安でした。

編集者と言っても、実際にこなした仕事はアルバイトレベルの雑務が多かったからです。

最初は原稿や書類の送付や整理、カメラ撮影の補助など、全然雑誌編集関係ありませんでしたからね。

勤務半年ほどして、ようやく校正などのDTPや紙面レイアウトに携われるようになりました。

半年間、雑誌編集やデザインなどとはまるで無縁の雑務ばかりをこなしていたため、その鬱憤を晴らすがごとく、私は紙面編集の仕事に打ち込みました。

そして、1年も経つ頃には、編集・校正の末端の仕事は一人前にこなせるようになりました。

しかし、その頃と同時に、冒頭に紹介したような隔月発行が決定し、一気に仕事量が減ってしまったのです。

転職活動する前には「うーん、今の私のレベルで転職先なんて見つかるのかなあ…」とすごく不安でした。

しかし、転職を成功させた今だから言えます。

下積み時代の経験でも、しっかり評価してくれる会社はたくさんあります。

とくに私が転職活動の際に強みに出来た、雑誌編集の経験・技術は

  • 文字原稿の校正・校閲の実務経験
  • Illustrator・Photoshop・In Designの実務使用経歴
  • 紙面データのレイアウト構成
  • 入稿データの確認
  • その他、現場や取引先との報連相など、実務コミュニケーションスキル

…など、私が「雑務レベル」と感じていたような、雑誌編集現場での仕事でした。

雑務レベルですが、基礎であることは間違いありません。

雑誌編集業に携わっていると「すごい人」をたくさん見かけるため、自信を失いがちですが、先輩方も下積み時代はあったはずです。下積み時代の基礎は、どこの現場でも必ず活きてくることになるのだと、転職活動の中で実感しました。

雑誌編集者の転職先の探し方のコツ

雑誌編集の実務経験を活かして転職する際は、あまり自分の可能性を狭めた転職先探しをしないように気をつけるべきだと感じました。

というのも、私は最初「ファッション雑誌」「女性向け雑誌」とかなり幅を狭めて転職先を見つけていたのです。

今だからこそわかるのですが、私の勤めていた同業者なのですから、どこも出版不況の煽りを受けて、採用の余裕のない職場が多かったのですから、いい転職先が見つかるはずもありませんでした。

また、業界にとっては同業者内の転職はあまり歓迎されない傾向にあります。職場にはそれぞれ社風や独自のルールがあり、あまりに近しい仕事からの転職だと、かえって前職の経験が邪魔だと判断され、採用を見送られる傾向があるからです。

ですので、転職先業界や職種など、自分の判断で絞らないようにするべきです。

雑誌・書籍編集と言っても、大手の有名雑誌から無料配布の冊子、果ては社内報の仕事まで、様々な可能性があります。そして、最近では、Webメディアでも雑誌編集経験のある方が歓迎されたり、電子書籍の編集・校正作業の求人も増えています。

最初から「自分にはこれしかない!」というのは、意外な適性のある仕事を見落としてしまう結果にしかならないのです。

転職先を探す際は、自分の可能性を自分で潰さないように、どんな求人もくまなくチェックし、まずは面接を受けてみるべきだと感じました。

雑誌編集者が転職先を決定する際のポイント

雑誌編集者が転職する際には、いい意味で妥協が必要です。

業界経験者ならわかりますが、雑誌・書籍編集は忙しく徹夜作業も必要な根性の必要な仕事です

職場によっては「納期前も定時に帰れる」という場合もありますが、それはかなり余裕のある会社です。

優先するべき項目として「自分は仕事で何を一番大事にしたいか?」を考えて、徹底的に自己分析しておく必要があります。これがないと、転職先の面接官にも疑いの目で見られ、魅力的な人材として評価されません。

  1. とにかく実務経験を積んで、バリバリ仕事をこなしたい(残業もどんとこい!)
  2. 経験や仕事内容に応じて、しっかり昇給・待遇アップをしてくれる会社
  3. 仕事の幅が広い会社。将来のキャリアアップのために、新しい仕事にも挑戦したい
  4. 労働時間は、法律守っておけばとくに気にしません

私が転職活動した際に、自分の中で決めた転職先の優先順位でした。

「実務経験も積みたい」
「すごい仕事もしたい」
「だけど残業も休日出勤も嫌」

…なんてわがままは、編集者の仕事では絶対に通じませんし、そんな理想論ばかりの人材は誰も採用したがらないことでしょう。そういう方は、前向きに編集者以外の仕事を見つけたほうが、向いていると思います。

自分の目的や志望動機がはっきりしていれば、あとは若さ=成長性を見込まれ、採用される確率も高まります。

20代なんて、誰もまだ経験不足な段階なのですから、経験のなさは根性ややる気でもカバーできます。

編集関係の方は転職支援サービスを有効活用しよう

とはいえ、雑誌編集の仕事はかなり特殊な環境の仕事とも言えるので、ハローワークや大手求人サイトではなかなかいい求人に巡り会えません。

そこで私はクリエイター向けの転職支援サービスを利用して、専門のキャリアコンサルタントに適性を診断してもらい、自分に向いている転職先を紹介してもらい、転職を成功させました。

今思えば、初めから転職の専門家に相談しておけばスムーズに進められたのに…と、反省しています。自分で一から求人を探していても、時間もかかり、応募しても落とされることが多いですからね。

ですので、転職を考えている雑誌編集経験者は、最初から転職支援サービスに登録して面談を受け、プロのアドバイスを受けることを強く推奨します。

以下に、弊サイトで厳選したオススメの転職エージェントをご紹介していきます。

  • LHH転職エージェントオススメNo.1!
    世界60カ国に展開する外資系企業アデコの運営する転職エージェント。360度式コンサルティングで担当者のレベルが高く本物のプロの転職サポートが受けられる。自分に合った求人だけ紹介してもらうことで無駄のない転職活動を進められる。担当者の交渉力も高く年収アップにも期待できる。
    →LHH転職エージェントの紹介記事はこちら
  • ポジウィルキャリア人生設計レベルでキャリアサポート!
    転職エージェントではサポート範囲外となる「転職しないで現職で成功する方法」「自己分析」からフリーランス・起業など、人生設計レベルでキャリア形成の支援を行ってくれるキャリアコーチングサービス。本格的なキャリアアップ転職を志すなら利用価値大。
  • WorX(ワークス)異業種へ転職したい方必見!
    「適職診断→適職に就くためのキャリアプラン作成→適職に就くためのスキルアップ講座」を行うことで、未経験からでも異業種へ転職して年収アップを実現することを可能とした、次世代型エージェント。キャリア支援・スキルアップ講座ともに空いた時間にできるため、長期間での転職活動確実な年収アップ希望する職種への転職成功を目指したい人向け
    →WorX(ワークス)の紹介記事はこちら

いずれのサービスも登録無料で使え、登録自体もすぐ終わるものが多いので、少しでも転職活動に興味があったり、自分に合った求人が閲覧したい人は登録してみてください。

また、初回面談を済ませることで他では見られない非公開求人も紹介してもらえるため、最初のメール対応や面談対応を確実に行っておくだけで有利に転職活動を進められます。

以下に、より詳しくオススメの転職エージェントについて解説していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

なお、LHH転職エージェントの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

その他、オススメの転職エージェント

ここで紹介した転職エージェント以外にも多数のエージェントがありますので、広く使い分けたい方は以下の記事も参考にしてみてください。

その他、転職エージェントに関する疑問点は以下の記事にまとめていますので、気になる方はこちらも合わせてチェックしてみてください。

 

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました