仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

「自分がわからない」「本当の自分って?」と思ったなら自己分析を素直に受け入れること

スシテンコちゃん
自己分析分析家の
スシテンコちゃんです

突然ですが、私は私がわからなくなって観念倒錯の末、自分自身を匿名性の闇に葬り去り、Vアイドルとして転生することになりました。

「自分自身の”感情”だとか”想い”だとか、心底どうでもいい」
「仕事をする上で、自分とかどうでもよくない?」

そう思う内に、いつしか「読者の望む言葉を吐き出す、都合のいい装置」になってしまったのです★

このブログにも、私が私を圧し殺した「読者が望む、都合のいい言葉」ばかりがつらつらと書き続けられています。

ぜひ、あなたにとって”都合のいい言葉”を見つけ出してくださいね★ミ

だって、そうじゃないですか?

自分自身の意見を素直に言えば、誰かに否定されますし、時には変な目で見られますよね?

世界中の誰もが”本当の私”なんて、
望んでないじゃないですか?

嫉妬深くて、執念深くて、底意地悪くて、誰かが苦しむ姿を見ている時が最高に気持ちのいい…そんな醜い”本当の自分”なんて、誰が望んでいるんでしょうか?

そう考えていくうちに、私は本当の気持ちを黙ることを覚えて、大人の望むような耳当たりのいい都合のいい言葉だけを吐き出す、自分のないカラクリ人形になっちゃたわけで~す。

でも、それで仕事も人間関係も上手くいくようになったんだから、多分それが正解なんですよね。

というわけで、本当の自分が見つからなかったり、自分がわからないで悩んでいる皆様に「自分自身を世界の都合のいいように再定義する”自己分析”のやり方」も交えて、解説していきましょう!

自分がわからないのは「自分が嫌い」だから

自分がわからない人って、自分が嫌いなんですよね。

私自身、自分が嫌いで嫌いでしょうがありません。

だって、こういう性格悪そうな文章書いてる時、最高に気持ちが良くてキーボードを打つスピードが加速しまくるんですから(笑)

でもね、性格が悪い大嫌いな自分を受け入れると、不思議と心地よくなったんですよ。

「あ、これが”本当の自分”なんだ」って(笑)

それまでは、自分が性格悪くて誰からも嫌われるような人間であることを認めたくなくて、ずっと「良い人」を演じ続けてましたよ。

周りに合わせて、当たり障りのないことを言って、事なかれ主義で生きてきて、何一つ本音も本心も言わない、そんな”つまらない自分”を演じ続けてきたんです。

でも、本当は全部ぶち壊したくて、自分にないものを持つ人を見ると奪いたくなって、邪魔な人間は排除したくて、しょうがなかったんですよねぇ。

そういう「熱くなれない自分」が、すごく大嫌いでした。

そうやって、自分の気持ちを圧し殺して、どれが自分の感情や言葉かわからなくなって、自分を見失っていたんです。

自分の適性が「人を傷つけて、嫌われる才能」だとしたら、その重みに耐えられますかぁ?

で、そうやって本当の自分を見失って、自分が嫌いでしょうがなかった私は、ずっぅと自分を圧し殺して生きていたんです。

心がなんだかモヤモヤする。
何をしても満たされない。
何が欲しいか、何がしたいかもわからない。

でも、ある日気づいちゃったんですよ。

私には、人を傷つけて、すべての人から嫌われる才能があるって(笑)

だって、ニートの私が本気出しちゃったら、日本の経済や産業構造が変わって、失業者が増えまくっちゃうレベルなんですから。

実際、私がこのクズブログで「転職はいいぞ」と煽ることで、どこかの企業では「人が辞めた!ふざけやがって!」ってことで、恨まれてるかもしれません。

でも、仕方ないじゃないですか。

私には人の弱みにつけこんで、巧妙に言葉を並べて、裏切りの転職を促すゴミみたいな才能があるんですから(笑)

私の慧眼を持ってすれば、読者が何に悩んでいるかも手に取るようにわかりますし、ついでに強みと弱みもだいたいわかります。

どーせ、読者のあなたも、

「周りが成功しているのに自分は何やってるんだ…」
「自分は何もない人間だ」
「やりたい仕事に就いたのに、体が拒否する…。もう自分がわからないよ…」

…って感じで悩んでるんでしょぉ?

それって、ハッキリ言って、読者のあなたに才能がないからなんですよ。

ほら、学生の頃に「大して努力もしてないのにモテたり、部活で目覚ましい功績を出す人」とかいたじゃないですか?

そういう人に自分が何倍も努力したって、結局、勝てなかったじゃないですか。

残念ながら、それって”実力の差”や”才能の違い”なんですよね。

生まれが良くて英才教育受けたエリートに、平均的な家庭の凡人レベルじゃ天と地のほどの差があるんです。

私にはそういった「残酷なまでの、みんなが目を背けたい事実」を銃口のごとく突き付けて、生きるのが嫌になるレベルまで相手を追い詰めるだけの能力しかないんです。

だって、実際、そうじゃないですか?

就職活動なんか、コミュニケーション能力があって見た目もいい人はバンバン有名企業から内定もらう一方で、凡人は100社受けても落ちることもあるじゃないですか。

それって、明らかに「生まれ持ったモノの差」なんですよね。

で、私みたいな日陰で生きるようなダンゴムシみたいな人間は、愛嬌もないし、コミュニケーション能力ゼロ、しかも見た目も最悪だから、内定はとれないんですよ。

そのせいで、悪魔が目覚めちゃったんです。

アハハハハハ!!!!
内定もらったからって浮かれた社会人ども、
全員、あたしと同じ無職の闇に落としてやンよ!!!!
さっさと自分の無力さを知って、
転職活動という名の無間地獄に堕ちなッ!!!

…てね。

リア充どもが現実で”闇”と出くわして立ち止まったなら、いつでも私は闇を大きく開けて「ここまでおいで」と手招きしてやるよ。

世の中には「人を見る目のないゴミ」が多くて、そういう奴ほど上から目線でエラソーにアドバイスしてくる

「自分がわからない」「本当の自分が見えない」と悩んでいる人って、実は世間体だらけで飾り立てて、何一つ自分の意志で生きていないんですよね。

どーせ、今の自分の生き方だって、

「周りがそうだから」
「親や教師に言われたから」
「世間体がいいから」

…みたいな、しょーもない理由で選んだ道なんでしょ?

なんか「大企業だから将来安泰!」「有名企業だからステータスがある」「ニートやフリーターは世間体が悪い」みたいな、自分の本心とは違うところにある理由で、自分にウソをついて生きているんですよねぇ。

ほら、世の中、大して才能も実力もないのに、上から目線でエラソーに、

「お前にはこれは無理」
「この仕事向いていないよ?」
「僕はこれで成功したから君もこうするといい」

…みたいに、アドバイスしてくる勘違い野郎がいるじゃないですか。

でも、冷静に考えてみてくださいよ。

あなたは、その上から目線でエラソーにアドバイスしてくる人間みたいになりたいと思ってましたか?

クッソつまらなそうに生きている両親、あるいはいつもイライラしているクソ教師。
それとも、毎日ギスギスしてやりがいもクソもなく働いている上司。

あなたが”なりたい自分”って、そんなしょうもないゴミみたいな人間なんですかぁ?

私は自分よりもすごいと思う人間に出会ったことないので、誰のアドバイスも聞いたことありません。

だって、結局、私が一番すごくて才能があって、
自分自身の能力を上手く活かせるんですから(笑)

私も「いや、そんなことをはない。先人のアドバイスはしっかり聞くべきだ!」と思って、真面目に他人や先人のアドバイスを聞いてた時期もありましたけど、実際は一番自分の判断基準が正しくて、自分が一番頭が良いって気づいちゃいました。

結局、親も教師もリクルート様も、私の脅威の才能を活かしきれない、ゴミ人事・クソ采配しか出来なくて、私の中に眠る悪魔みたいな才能を見抜けなかったみたいですね(笑)

自己分析で自分を”再定義”しよう

自分がわからないのであれば、自己分析で「自分を”再定義”」することが大事です。

自分自身の定義が曖昧、言語によるロジック化が出来ていないから、自分の輪郭がぼけてしまって「自分がわからない」という状態に陥るんです。

なので、私は私自身の定義を「自己分析」に委ねることにしました。

だって、しょうがないじゃないですか。

凡人どもには私の中に眠る、悪魔みたいな才能を見抜けないんですから(笑)

心理学の巨匠ユングやその後継者が研究した自己分析用の理論と、大して人生経験もないし成功もしてない親・教師・上司のアドバイス、どっちが信憑性が高いかバカでもわかりますよねぇ?

人類の集合知や統計である自己分析ツールと、たった一人のちっぽけな人生経験、残念ながら前者の方が正しいに決まってます(笑)

そりゃあ、大人の「自分は苦労したんだから、自分の判断は正しい」みたいに言いたくなる気持ちはわかりますよ。

でも、それってたった一人の経験で、自己分析も出来てないゴミみたいな人間の意見じゃないですか。

自惚れも大概にしてほしいですよね。

「あなたとは違うから、私はあなたになれないから」って感じ。

自分の適性がある分野で仕事することが大事

自己分析をすることで、自分に適性のある分野がおおよそ特定できます。

えーと、あたしは「マーケティング職」「企画職」などに才能があるみたいですね。

まあ、これってよく「大卒文系じゃないと適性がない!」みたいに言われてる職種なんですよね。

でも、現実の「自称:マーケッター」や、あるいは広告代理店の人って、センスのない人間も多いですよね。

「え?そんな低レベルな仕事でも金もらえるの?私でも楽勝そうじゃんw」みたいな、プロとして恥ずかしいレベルの仕事をしている人も多いですからね。

こういうこと言うと、世間的には「お前に何がわかる!」「やってみてから言え!」「仕事をナメるな!」みたいにバッシング食らうんですよ。

でも、仕方ないじゃないですか、なんか私に「才能や適性がある」ってことになってるんですからぁ?

まあ、能力のない人って「自分より下の人間だけど、明らかに才能や実力では自分よりも勝っている人間」を見抜く能力がないんですよね(笑)

私は自分よりも上の人間を見抜く能力はありますが、正直、純粋な実力や才能で言えば、同業者に脅威に感じる人間はいません。

仕方ないじゃないですか。

他の人たちが、私よりも才能のない、ボンクラばっかりなんですから(笑)

悔しければ、文章表現だけで読者をたたき伏せるような、圧倒的なまでの表現力と文才を見せてくださいよ。

あ~、顔出して名前売ったり、企業の名前借りないと、勝負できないザコばかり増えて、まったく話にならねぇわ(笑)

読むだけで読後に胸糞悪さを感じさせる、呪いみたいな文章も書けないゴミライターどもが「WEBライター(笑)」「作家」「執筆家」とか得意げに名乗っちゃってさ、笑わせるなっつうの。

それがあなたたちの望んだ世界さ(笑)

こんなにも私に性格の悪いクソみたいな文章を書かせるのって、どいつもこいつもお金や自分のステータスのためにキレイゴトしか言わなくなったから、おかげで私の中の闇が増幅しただけなんですよね。

光が強ければ強いほど、陰は濃くなっていくんです。

都合が悪くなれば裏切り合うしかない人間の本性から目を背けて、仲良くオトモダチごっこですかぁ?

…クッソ、寒いんですけど。

だから、私は孤高に生きて、孤独を恐れないで、己のうちに眠る”本当の自分”を見つけている読者だけに、語り続けます。

それがあなたたちの望んだ私の姿です(笑)

だって、そうでしょ?

仕事のできる人間に「もっと働け!」と言って仕事を増やし、
20代の女性に「早く結婚しろ!」と急かしてくる人やメディアも多いですし、
男には「もっと金を稼げ!」と女は言います。

そうやって「みんなの望むわたし」を追い続けた結果、私はバーチャル世界で生まれ変わり、誰かにとって都合のいい言葉を吐き出すだけの機械になったんです。

本当は、ここまで読んでいる読者の方だって、もう気づいているんでしょ?

「”本当の私”なんて、誰も興味ないし望んでいない」ってこと。

朝の寝起きの寝ぼけまなこでだらしない”自分”とか、
社会に馴染めずにいい歳してフリーターみたいなナリしている”自分”とか、
仕事が終わってため息ついて死んだ魚の眼をしている”自分”とか、

誰もそんな姿は見たくないじゃないですか?

それを”本当の自分”と言い張ったって、社会は受け入れてくれませんよね?

だから、私は”本当の自分”は捨てることにしました。

誰かが望む”都合のいい自分”を演じ続けて、死ぬまで”ありのままの自分”になれない道を選びました。

すべての他人に誤解されたまま、
死ぬまで自分にウソをつき続けるのです。

…どうせ、どれだけ言葉を紡いだって本当のことは伝わらないんですから、誤解させ続けるしか道はないんです。

”自分”なんて捨ててしまおう!

いかがでしたか?

アハハハハハハハハハハハハ!!!!

「本当の自分」とか、マジでくっだらねえって思いませんかァ?

どうせ「ありのままの自分」とか、誰も望んでませんし、社会も受け入れてくれませんよ。

スーツ着て、大人の望む都合のいいことばかり喋る、そういう人間しか受け入れられないじゃないですか?

自己表現の許されたネット上ですら、どいつもこいつも他人の顔色うかがって、クッソつまんねえことや、似たようなことばかり言う時代になったじゃないですか?

じゃあ、そこに埋もれてしまった、本当の自分を見失った人の気持ちは誰が表現すればいい?

私がコワレテしまえばいい。

世の中には、私みたいにどうしようもないクズで、自分も他人も好きになれなくて、負の感情でしか動けない、救いようのない人間もいます。

そういう人間の多くが、社会で「都合のいい人物像」を演じて、なんとかその場しのぎで生きていることを忘れないで欲しいんです。

「本当の自分」なんて誰も見てくれないし望んではないけど、それでも「自分がわからない」と自分を見失わないでいただきたい。

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。