ニートが自衛隊に転職するのは可能なのか?自衛官は職のパラダイスでした

自衛隊と言うと、ガチムチ体育会系の屈強そうな男が就く仕事という印象が強いですよね。

文系やITオタク、あるいはクリエイター思考、そして家で軟弱な生活をしているニートなんかには縁のない仕事に思えますよね。

しかし、実はそんなことはありません。

自衛隊は条件さえ満たしておけば入隊可能です。

具体的には、

  • 日本国籍
  • 30歳以下(場合によっては27歳以下)
  • 職種によっては各種資格・学歴など

という感じですね。職種や募集要項によって、詳細は変わります。

自衛隊と言っても基地はまるでひとつの街なわけですから、中にはステレオタイプな兵隊タイプの仕事だけでなく、実際には後方支援の仕事が多数存在するわけですね。

私の親戚は自衛隊基地内のコンビニで働いて、ちゃっかり男掴んで結婚してました。

実際、それぐらい、自衛隊というのは身近な職業なんです。

スポンサーリンク

自衛官に入隊するメリット

自衛官は公務員です。

公務員=安定=モテる。

はい、最強。

自衛官というとどうしても肉体労働のイメージがつきまといますが、事務職レベルになると一切訓練もしたことない、迷彩服も着たこともない…という、バリバリのデスクワーカーもいるぐらいです。

また医者や調理師、音楽隊から広報まで、幅広い職種があるので、適性のない人を探し出すことのほうが難しいレベルで職のパラダイスと言えますね。

資格取得・退職後のサポートもあり

よく「自衛官は辞めた後の仕事に困る」と聞きますが、それに応えてか、最近では将来設計に向けた資格取得への支援や、退職後の再就職支援も行われています。

退職自衛官の再就職援護業務

自衛隊は、任務の性格上、精強性を維持するため、一般公務員や企業と異なり、50歳代半ば(若年定年制)あるいは20歳代(任期制)で退職する任用制度を採っています。隊員が退職後の心配をすることなく任務に邁進できるようにするため、退職後の生活基盤確保のため就職援護の支援を実施しています。

出典:http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/chihon/aboutchihon.html

自衛官との結婚を求める女性も多い

また、自衛官はとにかくモテます。

最近では大企業クラスの正社員か公務員ぐらいしか、安定的で前時代のような家庭生活を送れないため、とくにたくましい印象のある自衛官男性は女性からもかなりモテるんです。

それだけ、自衛官男性と結婚願望を抱く女性が多いわけです。

将来、結婚して平均的な家庭生活を送りたい方は、自衛官という選択肢も十分ありですよ。

自衛官に入隊するデメリット

自衛官になると、無慈悲な転属や規律ある生活を強いられることになります。

もっとも、だらけきったニートやフリーターは一から根性叩き直すという意味でも、いい荒療治になるかもしれませんね。

また、憲法改正問題で荒れていますが、国の一大事には命を賭して戦うリスクがあるわけです。

まあもっとも、今どき人がドンパチやって戦争するなんていう時代でもありませんし、好き好んで戦争する国もありませんので、あくまで可能性だけの話です。

戦争になって戦死するよりも、大企業で過労死するリスクのほうが100倍高いですからね。

流石に自衛官は体が資本ですので、ブラック企業みたいな命を使いつぶすような人材管理はしません。

あなたの自衛官としての適性は?

自衛隊ぐらいの規模になると、むしろ適性のない仕事を見つけるほうが難しいレベルです。

ちなみに自衛官募集ホームページ内に適職検査という、フラッシュ動画があるんですが、私は下のような結果でした。

出典:http://www.mod.go.jp/gsdf/jieikanbosyu/

「スピード出世」とかおだてて、じゃぶしゃぶやる気を煽ってくる、なかなか愉快な適職診断なので、興味のある方は試してみてください。

私の友人には、一回も迷彩服を来たことのないスーツ服姿で自衛官をしている事務職や、コミケで無線技術でサバイバル行動する通信班、そして元プロボクサーなど、なかなか愉快なお友達揃いです。

そういえば艦これ絡みで宮城地本自衛隊のtwitter広報なんかも、もろにオタクネタ全開でしたからね。

参考リンク:自衛隊宮城地方協力本部|ニコニコ大百科

本当に色んな方が携わっています。

自衛官に転職(就職)するためには?

自衛官に就職するには、まず”チホン”こと「地元協力本部」に問い合わせるのが一番でしょう。

公式ホームページがかなりわかりやすいので、近くのチホンに問い合わせてみるといいでしょう。

未経験者でも歓迎しているので、ニートでもフリーターでもやる気があれば、入隊の可能性は十分ありますよ。

他業種からの入隊は転職エージェントを使うのもあり

自衛官の募集は、大手の求人・転職サイトで常に行われています。

とくに転職エージェントを使って自衛隊に転職を希望すれば、

  • 履歴書を書く手間なし
  • 面接の指導
  • 面接先への根回し

…など、色々なサポートが無料で受けられますので、確実に自衛隊に転職したいのであれば、使っておくといいでしょう。

とくに自衛官は機密事項も多く、欲しい情報も手に入りにくい職業ですので、転職エージェントを通して、自分の希望の通る職場を見つけるべきでしょう。

なんだかんだで、公務員という安定性は魅力的ですからね。

情報・通信技術から、医師・調理師、果ては広報まで、多彩な職種が求められているので、必ずあなたの適職が見つかるはずですよ。転職エージェントで自衛官の仕事を紹介してもらいましょう。

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職コラム
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク



スコシテン
タイトルとURLをコピーしました