地味な人に向いてる仕事23選を徹底解説!

世の中には、給料が安くてもいいからとにかく精神的に楽な仕事に就きたいと考えている人も少なくありません。精神的に楽な仕事にはどのような職業があるのでしょうか?また、そのような仕事はどう見つけ出せばいいのでしょうか?

地味な人に向いてる仕事には、派手で目立つのが好きな人向けの仕事が多いと感じるため、自分に合った仕事が見つからずに悩んでいるかもしれません。ですが、世の中には地味であることが有利に働く会社も

正直に言うと地味な人に向いてる仕事には、近づくことや派手なことをしたり、人前に立つことを好まない人が多いです。要するに派手でレアな仕事です。こんな仕事は自分が気取って騒ぐようなタイプの仕事だと思います。

どうして、地味な人に向いてる仕事って存在するのか? それはあなたのように最近就職活動をされた方が一掃していったり、時間でまとまっていく多くの人々が思い切り地味な仕事をしたいと思っているからです。自分に合った仕事じゃないと

本来、人間は集団生活をしてきました。その関係性で人との付き合い方は見直されると言っても過言ではありません。実際に、マズローの欲求やサイモン・ウィルソンの快適社会など、社会的な快適性や基本的なエゴイズムがあり、これら
自分の好きなことが充実しています。

私たちには何千ものキャリアがあります。それぞれの仕事には特定のスキルが必要で、時には退屈になることもあります。しかし、つまらない仕事というものはありません。自分が情熱を持てる仕事や、成長する機会を与えてくれる仕事を見つけることが大切です。

正直に言うと、地味な人に向いてる仕事には近づくことや派手なことをしたり、人前に立つことを好まない人が多いです。要するに派手でレアな仕事です。こんな

正直なところ、一般の人に合った仕事とは、人前に出ることを恥ずかしがり、人と親しくなることやハードな仕事を好まない人です。こういうタイプの仕事はレアな仕事です。そのような仕事は、派手な仕事、豪快な仕事とは感じられない仕事だと思うのです。

地味な仕事とは、自分の考えや経験を発信することが主であるという仕事のことを言います。そして例えば、より多くの人々に経験してき

正直に言いましょう。寡黙なタイプに似合う仕事は、派手さや注目度ではなく、繊細なものです。珍しい仕事です。こういう仕事は、気取りたくないタイプの人に向いていると思います。

実は、控えめな人に向いている仕事は、人の目に触れる仕事や、派手で大きな声を出す仕事です。つまり、珍しい仕事や派手な仕事です。自分が注目されるのが好きな人には、そういう仕事の方が向いていると思います。

一般的に、目立たない仕事は、注目されることや派手なことが嫌いな人に向いています。静かに仕事をしたい人、裏方に徹したい人。これらの仕事は、少し変わった雰囲気を持っていることが多いです。これらの仕事は、職場環境について考えることが好きな人や、より企業的な雰囲気を好む人に最適です。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

地味な人に向いている仕事

地味な人に向いてる仕事は以下の通りです。

  • 動物飼育員
  • グリーンコーディネーター
  • ビオトープ管理士
  • 釣り餌養殖業者
  • 害虫・害獣駆除業者
  • スポーツ用品開発担当者
  • スポーツ選手マネージャー
  • 考古学者
  • 学芸員
  • 司書
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • スタイリスト
  • テーラー
  • 美術品鑑定士
  • 骨董品販売業者
  • 古書店スタッフ
  • 家電修理工
  • 鍵師
  • 土木作業員
  • 漆職人
  • インフラエンジニア
  • マーケティングリサーチャー

「地味」と言うと聞こえは悪いですが、言い換えると「目立たないけど必要な仕事」「陰で社会を支える仕事」とも言えます。これらの仕事は目立たないため、今まで知らなかった人も多数いらっしゃるかと思いますが、この機会に気になる仕事をチェックしてみるといいでしょう。

動物飼育員

グリーンコーディネーター

飲食店やホテルなどの商業施設、公共施設やイベント会場などのさまざまな空間を、観葉植物を用いて装飾・演出するのがグリーンコーディネーターの仕事だ
ガーデニングブームにより、園芸にもファッション感覚やより細かなサービスが求められようになり、専門職として認められ始めた
見る人に美しいと感じてもらったり、心が落ち着くと思ってもらえるよう、美的感覚や空間コーディネートの感覚を研ぎ澄ましておくことも必要とされる
まずは大きなフラワーショップ園芸会社、植物リース会社、インテリア関係会社などに就職しよう
各都道府県の職業能力開発協会が実施する園芸装飾技能士やフラワー装飾技能士の資格を取得しておくと有利だ
関連する仕事として、日本家庭園芸普及協会が実施するクリーンアドバイザーがある
花や植物の育て方やその楽しみ方などを消費者に教えたり、正しい情報を提供したりするのが仕事だ
園芸や植物、用土、肥料に関する深い知識が欠かせない

ビオトープ管理士

ビオトープとは昆虫・魚・野鳥など小動物が生息する空間のことで、池や湿地などのほか、人工的な空間も含まれる。
それをつくり、管理するのがビオトープ管理士の仕事だ。
開発によって失われた自然環境を取り戻し、ビオトープをつくることによって生態系を維持して青少年が学べる機会をつくろうという気運が年々高まっている。
日本生態系協会がビオトープ管理士の資格を認定している。
地域の公園や企業が所有する土地、学校などにおいて、依頼に基づき、ビオトープの設計・造成・管理を行う。
生態系に関する専門的かつ幅広い知識が必要。
企業や地方自治体に勤めながら、ビオトープ管理士として働く人も多い。

釣り餌養殖業者

釣りの餌に使うミミズやイトミミズ、イソメ、ゴカイ、イトメなどを養殖するのが釣り餌養殖業者の仕事だ
土の中に棲むミミズや海底に生息しているイソメなどの動物を捕獲して飼育し、それぞれの性質に合った環境づくりと養殖の技術を駆使してその数を増やし、釣り具店や釣り堀などへ定期的に卸す
水産学校や水産大学などに進学して、川や海に生存する動物の性質を学び、卒業後は釣り餌の製造販売メーカーなどへ就職するのが一般的
そこで養殖の知識と技術を習得してから独立開業を目指そう
すでに釣り餌の養殖をしている人のところへ弟子入りし、養殖に関するすべてのノウハウを直に学ぶという方法もある

害虫・害獣駆除業者

害虫・害獣駆除業者で働くためには、会社に直接連絡して応募するのが近道です。
なぜなら、害虫駆除は汚いイメージのある仕事なため、好き好んで応募してくる人が少ないため、意外と直接応募から採用されるケースが多いからです。
もともと長く続かない人が多い仕事のためか採用ハードルは低く、アルバイトからであれば即日採用もあり得るほどですので、最寄りの害虫駆除業者の連絡先を調べて採用を行っているかどうか聞いてみるといいでしょう。

害虫・害獣駆除業者として働くために必須の資格は存在しませんが、毒物劇物取扱責任者の資格を保有しておくと有利になりやすいため、在職前から資格取得に向けて勉強しておくと良いかもしれません。

また、実際の業務では依頼主の現場にて行うこととなるため、自動車免許も所有していた方が採用の際に有利になりやすいことでしょう。
ただし、都心部であれば電車を利用しての現場集合、地方であっても社内用車での送迎を行っていることもあるため、必ずしも運転免許が必須というわけではありません。

ですので、運転免許を保持していない場合は、入社前に詳しく仕事内容について確認しておくといいでしょう。

スポーツ用品開発担当者

スポーツ用品開発担当者は、スポーツ選手の満足度を上げ、さらには成績が向上することを考慮に入れながら商品の開発をしていく。そのためには、素材に関する知識は当然のこと、新しい技術を取り入れるためのノウハウを身につけなくてはならない。例えば、プロ野球選手が使用する道具を作るバット職人やグラブ職人、プロテニスプレーヤーの使うラケットのガットを張るガット職人などもいる。
商品ができるまでには、企画から始まって、社内での承認、設計作業など、たくさんのプロセスを経ながら、完成までこぎつけなくてはならない。
スポーツ用品を取り扱うスポーツ関連会社に就職すること。ただし、採用においては大学卒業以上を条件としている会社が多い。コンピュータや設計などの得意な分野があると有利。ほかの部門よりも高い能力が必要とされるため、配達された部門で評価を得た人が開発担当部門に抜擢されることが多い。

スポーツ選手マネージャー

スポーツ選手の代わりにテレビ出演やCM契約などの交渉を行ない、場合によっては海外遠征のためのビザ取得なども行う。
スポーツ選手がトレーニングに集中できるように、触れ以外のあらゆる面でサポートするのが仕事だ。
スポーツ選手マネジメント担当者になるには、スポーツ選手のプロモーションなどを手がけているエージェント会社に就職するのが一般的なコースといえる。
日本の場合、スポーツ選手のマネジメントに関してはエージェント会社の社員が担当するケースが多いのが現状だ。
しかし、プロ野球やサッカー界には、米国などのようにチームとの年俸契約などの法的な交渉を行う専門的な知識を持ったスポーツエージェントもいる。
スポーツマネジメント学科やスポーツエージェント養成講座などのある専門学校でスポーツエージェントに関する基本的な知識を身につけよう。

考古学者

考古学とは、遺跡や遺構、遺物などから、過去の文化や当時の環境とそこでの人類の生活様式などを研究する学問です。考古学者は発掘された実物から過去を検証しようとするのが仕事となります。アウトドアでの活動が基本となるのが、文献を中心に研究する歴史学との明確な違いとなります。考古学者は、大学教員のほかに博物館や埋蔵文化財センターの学芸員から、都道府県や市町村の教育委員会の埋没文化財担当職員までと幅広く存在します。また、近年は沈没船や海底に沈んだ都市遺跡を調査する海洋考古学者の存在も注目されています。海外の発掘調査を行なうことも多くなっているため、英語はもちろん、現地の言葉も使えなければなりません。さらに、発掘のためのスポンサーを見つける営業力やバイタリティーが不可欠となります。

考古学者になるためには、まずは考古学の著名な教授や講師がいて、できれば考古学研究室もある大学に入学しましょう。さらに大学院へ進学して、大学教授や博物館などの学芸員になるのが一般的です。なお、日本の考古学を代表とする組織として1948年に『日本考古学協会』が設立されており、春の総会および秋の大会、研究発表会、シンポジウムや講演会の開催、機関紙「日本考古学」の発行、埋蔵文化財の保護、関連学術団体との連携と協力、国際交流などを推進しています。同協会のサイトには考古学関連の講座を持つ大学の一覧も掲載されてるので、進学の際の参考にすると良いでしょう。

学芸員

司書

薬剤師

薬は病気やケガの治療に欠かせないものだが、使い方を間違えると本来の効果が発揮されず、逆に身体に危害をおよぼすこともある。
薬剤師の仕事は、そうした薬の専門家として、処方箋に基づいて医薬品を調剤することだ。さらに、安全上必要な情報を患者や消費者に伝えたり、飲み方の指導をしたりすることも、薬剤師の重要な役割となっている。
近年は多くの施設で、「お薬手帳」という、薬の服用履歴や、既住症、アレルギーなど、医療関係者に必要な情報を記載する手帳が配られ、2016年度からは、お薬手帳を半年以内に同一薬局に持参すると薬局で支払う代金が安くなることになった。薬剤師がお薬手帳で患者が服用している薬をチェックすることで、薬の飲み合わせによる相互作用を防ぐことができるし、無駄な薬の投与をなくすことで、増大する医療費を抑制できると期待されている。
このように、正しく安全に薬を使ってもらうために、医療と患者の架け橋となるのが薬剤師の役割だ。
薬剤師になるには厚生労働省の薬剤師国家試験に合格し、薬剤師としての資格をしなくてはならない。受験資格は、薬学系の大学か、大学の薬学部で6年間学び、卒業することによって得られる。年齢制限はない。
薬剤師の活躍の場は多い。病院の薬局はもちろん、全国のドラッグストアにも不可欠な存在だ。また、民間の製薬会社や大学の研究機関で新薬の開発に関わっている人もいるし、公務員になって保健所などで食品衛生監視員として働いている人や、厚生労働省の麻薬取締官として活躍してる人もいる。
薬剤師国家試験については、厚生労働省のホームページに詳しく掲載されている。

栄養士

スタイリスト

テーラー

オーダーメイドの紳士服を仕立てるのがテーラーの仕事。紳士服 仕立職とも呼ばれている。客からオーダー(注文)を受け、客と相 談しながら、好みの服地・デザイン・価格などを決める。次に採寸 をし、型紙をつくる。その型紙をもとに、服地を裁断し、各パーツ を仮縫いした後、調整をし、本縫いを行なう。縫い上がると、仕上 げプレス、検査を経て紳士服が完成する。
小規模の店では、オーナーが販売と裁断・補正を行ない、本縫い を職人に任せるやり方が一般的だが、中には、全工程を1人でこな すテーラーもいる。
縫製技術とデザインセンスを磨いて、アパレルメーカーの 紳士服製造部門やテーラーに就職しよう。
ほうせい
縫製の技術に加えて、デザインセンスを磨くことや、接客技術を 身に付けることも必要。アパレルメーカーの紳士服製造部門に勤務 するか、テーラーに勤務して経験を積み、独立する人が多い。

美術品鑑定士

骨董品販売業者

古書店スタッフ

本のリサイクルショップも人気だが、ここで取り上げる古書店と は昔ながらの古本屋のことだ。古書店に集まってくる本の中には、 希少価値のある本や貴重な資料となる本も入っている。それらを発 掘し、再び流通させるのも古書店スタッフの大きな役割だ。
一見、価値がなくなったかに見える本の中から、本当の価 値を見いだす眼力が必要!
独自に古書店を開業する場合は、各都道府県の公安委員会から古 物商の許可を受けなければならない。
ちなみに、近年、インターネットを通しての古書の売買も活発に なってきている。ネット上で古本買取を行なう業者がいたり、希少 本をネットオークションにかけたりする業者もいる。また、古書店 の情報を集約したサイトも登場している。この世界でも IT による 変化が進んでいるといえよう。そうした中で、ますます確かな眼力 が求められている。

家電修理工

ユーザーの依頼を受けて、不具合の生じた家電製品を修理する技 術者で、いわゆる「町の電器屋さん」といった存在なのが家電修理 工だ。就職先としては家電販売店やメーカーのサービス部門・修理 部門などで、販売後のアフターケアとして、家庭用の電気機器や電 子機器を修理するのが仕事となるが、ユーザーの誤操作で故障や不 具合が発生するケースも多いので、修理とともに正しい使い方をわ かりやすく説明する能力も必要とされる。
家電メーカーやアフターサービスを行なっている販売会社、 あるいは家電修理会社などに就職しよう。
資格は特に必要とされないが、当然のことながら電気機器や電子 機器の知識と専門技術が求められるため、高校や大学で工学系、特 に電気や電子関連の勉強をしておくと就職には有利だろう。
家電製品自体が高度化・精密化してきているので、就職後も常に 最新の知識と技術を吸収していく姿勢も必要だ。

鍵師

鍵を紛失したりした人の依頼を受けて、錠を開けたり、新しい鍵 に交換したりするのが鍵師の仕事。扱う鍵は、家や金庫、自動車の ものなどさまざまで、鍵に関する幅広い知識が必要になる。また、 セキュリティ意識の高まりなどにより、新しい技術を採用した錠も 増えており、最新の技術にも対応しなければならない。仕事の性格 上、緊急の依頼が飛び込んでくることも多く、24 時間いつでも対 応できるような体力も求められる。
公的な資格はないが、日本鍵師協会が実施している民間資格とし て「鍵師技能検定試験」がある。鍵師技能検定試験資格に準拠した 技能が学べる鍵師養成講座も開設している。技術を身に付けて独立 する人も多いが、鍵のプロとして活躍するには知識や技能を高める ためにそれなりの努力と時間が必要。

土木作業員

土木工事の現場で、実際に作業するのが土木作業員だ。土木作業 といっても、ビルや道路、橋、ダムなど、特性や規模によってさま ざまな違いがあり、現場の責任者の指示に従って作業をする。とき には現場近くに用意された住宅に住み込み、長期間にわたる作業に 従事することもある。近年、高齢化が進み、土木作業員不足は大き な問題となっており、外国人労働者が急増している。
就業先としては建設・電気・ガス・水道会社などがある。雇用形 態は土木建設会社の常勤から短期間の臨時雇用まで幅広い。
ブルドーザーやショベルカーといった重機の運転免許、溶接や玉 掛け作業(クレーンに荷物を吊る作業)といった技能の資格を所持 していれば、その分だけ仕事の幅が広がる。

漆職人

漆器は、木や紙などに漆を塗り重ねてつくる伝統工芸品である。 日本では縄文時代から漆を使った道具などがつくられており、福井 県の鳥浜貝塚からは、「赤色漆塗り櫛」も出土している。
伝統は脈々と受け継がれ、現在でも漆を使って日常品から高級品 までさまざまなものがつくられている。
その漆器の制作にあたる職人を総称して漆職人と呼ぶが、その工 程においては、木地師、塗師、時絵師、沈金師といった職人が、そ れぞれ担当している。素材となる木材を決まった寸法に切り、椀も のや板もの用に材料を加工して素地をつくるのが木地師、下塗りが 施された木地に上塗り漆を塗って仕上げていくのが塗師、上塗りさ れた漆器に美しい飾り絵を描くのが蒔絵師、そして蒔絵に金箔や金 粉などを入れて飾るのが沈金師だ。
事業所への就職(弟子入り)が基本だが、伝統の技術が学 べる施設もある。
漆器の産地は北海道を除く全国に点在しているが、特に福島県の 会津漆器、石川県の山中漆器、福井県の越前漆器、和歌山県の紀州 漆器は四大漆器と呼ばれ、人々に愛用されてきた。
また、漆器は経済産業大臣指定の伝統的工芸品となっており、多 くの名人が伝統工芸士に選ばれている。伝統的工芸品産業振興協会 のホームページで紹介されているので参考にするといいだろう。
漆器の生産業者は全国におよそ400 軒あり、伝統的な弟子入り からの修業で人材を育成しているところが多いが、漆器が特産品と なっている自治体による養成校もある。例えば、輪島塗を特産品と している石川県では、重要無形文化財保持者の技術を伝承する後継 職人の養成と、それに関連した漆芸技術の保存育成、調査研究、資 料収集などの事業を行なうため、石川県立輪島漆芸技術研修所を設 置しており、「素地」「柔漆」「蒔絵」「沈金」など漆職人としての基 礎を学ぶことができる。こうした施設で技術を学んだ上で、事業所 に就職(弟子入り)するのも1つの方法だろう。

インフラエンジニア

インフラエンジニアは、パソコンやネットワーク知識、プログラミングスキルを活かして、大規模なサーバーの保守・管理・点検・運用などを行う仕事です。

IT人材の需要が高まる昨今では「インフラエンジニア」ではなく「ネットワークエンジニア」「システムエンジニア」「バックエンドエンジニア」と呼ばれることもあり、広い意味では「プログラマー」にも含まれます。

関連:プログラマーに向いてる人とそうでない人の違い

インフラエンジニアになるメリットとしては、他のエンジニア職よりも大規模な企業で採用されやすい上に安定性が高く、派手な企画力やアイデア力も試され就職先はベンチャーIT企業の多い「フロントエンドエンジニア」よりは、安定性重視で思慮深い人向けの仕事と言えるでしょう。

関連:バックエンドエンジニアに向いてる人の特徴
関連:フロントエンドエンジニアに向いてる人の特徴

もし、インフラエンジニア(バックエンドエンジニア)を目指したいと考えているのであれば「ウズウズカレッジ CCNAコース」でオンライン講座を受け、基礎知識を固めた上で就職サポートまで行ってもらうのがオススメです。

詳しくは以下の記事でも解説しています。

関連:ウズウズカレッジ・CCNAコースについて徹底解説!CCNAって何?学ぶメリットは?

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーは、企業や団体の依頼を受けて、あ る特定の商品の需要や消費者のニーズ、販売実績や購入者層の分布 といった、ヒット商品を生み出すために必要なデータやマーケット の動きなどを調査・分析するのが仕事である。
業種を問わず、多くの企業は、新製品の開発にあたって、さまざ まな情報を事前に集めて、製品企画や製造量を決める参考にしてい る。また、業界や他社の動きを調べ上げることも必要だ。 ・ マーケティングリサーチャーの多くは、そうした市場調査を企業 や団体から請け負う調査専門会社や、企業のマーケティング部門に 所属して、市場調査にあたるスペシャリストである。
企業によっては、女性による商品開発のためのプロジェクトチー ムを設けているところもある。
短大以上を卒業後、リサーチ専門会社や広告会社などに就 職しよう。理工系学部出身者も歓迎される。
必要な資格は特にないが、短大以上を卒業後、リサーチ専門会社 や広告会社などに就職するのが一般的だ。
パソコンを利用した調査も増えているので、最低限のパソコンス キルは必要だろう。
また、消費者の動向を読み取る鋭い洞察力のある人材が求められ る。例えば、大学では経営学・商学・経営情報学・経済学・マーケ ティング理論・統計学などの関連の学問を学んでおきたい。
また、調査分野によっては、情報工学などを学んだ理工系学部出 身者も歓迎されている。
今や、情報とデータ分析のプロフェッショナルは、多くの企業や 業界で引く手あまただ。

地味な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは地味な人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えていますので、参考にしてみてください。

あえて地味な仕事を選んで希少価値の高い人材を目指す

地味な仕事を選ぶことには、以下のような思わぬメリットがあります。

  • 求人に応募してくる人材が少ないので採用倍率が高い
  • 若手人材が不足しているので企業側の採用基準が低い
  • 身につくスキルや経験の希少価値が高いので転職に有利になることがある
  • 余計な広告費や人件費をかけていないので給料や待遇が良いこともある

いい会社さえ見つけ出せれば、いわゆる「隠れホワイト企業」として安定した待遇や給料にも期待できます。

また、地味な仕事を見つけ出して働くような人は何かしらのこだわりがあってその仕事を選んでいるため、会社にも似たような価値観の人物が集まりやすいものです。
そういう意味でも、派手な人が集まる地味な人に撮って居心地の悪い職場を選ぶよりは、自分に合った地味な仕事を地道に探し出すといいでしょう。

表に立つ仕事よりは裏方の仕事を意識して選ぶ

仕事を選ぼうと思って求人情報を見ると、目立つ仕事や表に立つ仕事ばかりが目につくと感じている人もいるかと思いますが、それは表に立つ仕事は普段目にする機会が多いからだけだったりもします。

たとえば、エンジニアが普段はどんな仕事をしているかは想像しにくいですが、普段の生活で目にする販売員や営業職はイメージしやすいものです。地味な仕事は求人情報として掲載されていても「わかる人にしかわからない」ような情報が書かれているわけです。

この記事で紹介している職種の多くも「表に立つ人を支える裏方の仕事」で、目立たないため存在自体を知らなかった人も多いと思います。地味な裏方の仕事を見つけ出すためには、まずは「その仕事を知ること」から始まるわけです。

ですので、自分に合った裏方の仕事を見つけ出すためには、今まで知らなかった仕事や意識してこなかった求人情報に目を向けてみると意外な適職と出会いやすくなるはずでしょう。

求人サイトの目立つ位置や情報ばかりに気をとられないこと

地味な人が「世の中には派手な仕事ばかり!」だと感じているなら、それは広告費のかかっている求人サイトの情報ばかりを見ているからかもしれません。求人サイトに掲載されている情報は大なり小なり目立つように演出されているため、本当は地味な仕事でも派手に見えるものです。また、求人サイトの目立つ位置にある求人は人気求人が多く、キラキラしたイメージの仕事が目につきやすくもあります。

ですので、地味だけど自分に合っている仕事を見つけたいのであれば、求人サイトをくまなくチェックしてみたり、転職エージェントで非公開求人を定期的に紹介してもらうなど、広告面の強い求人以外の情報も仕入れる努力をしておくといいでしょう。

求人情報の見つからない仕事や会社には直接問い合わせてみる

地味な仕事や地味な会社は、そもそも求人情報を目立つ場所に掲載していないどころか、会社ホームページも存在しないこともあります。そのような場合、直接会社に問い合わせるとすんなり採用してもらえる可能性もあります。

求人サイトに求人情報を掲載するにも広告料や手間がかかるため、本当に地味な仕事は求人情報が人目につかないことも多いぐらいです。

ですので、もし自分に向いてると感じる仕事や挑戦したい仕事の求人が見つからない場合は、思い切って会社に直接問い合わせて採用を行っていないかどうか確認してみるといいでしょう。

地味な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手のリクルートの手がける「リクルートエージェント」は10万件以上の求人を取り扱っているため、自分に向いてる仕事を見つけ出すなら必ず使っておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントは使える?特徴やデメリットは?面談予約から内定までの期間はどれぐらい?

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで求人受取・職務経歴書の添削・メール連絡を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を見つけ出すにはピッタリの転職エージェントだと言えます。

登録して初回面談さえ済ませておけば、仮に転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけ済ませておくといいでしょう。面談は電話面談だけで済むので、外に出ないで転職活動を進めることもできます。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

キャリアコーチングサービス

ここまで紹介したサービスは人材会社が手がけるサービスでしたが、最近ではより個人に対して適職を見つけるために徹底したサポートを行ってくれる「キャリアコーチング」と呼ばれるサービスも登場しております。

キャリアコーチングは他の転職サービスと違って有料ではありますが、以下のメリットがあります。

  • 転職エージェント以上のキャリア相談対応やきめ細かいサポートに期待できる
  • 心理学やキャリア理論の専門家が多数在籍しており高度な適職診断をしてもらえる
  • 目先の転職成功だけではなく長期的な視野でのキャリアプランを提示してもらえる

転職して年収を上げたり、異業種・異職種へ転職したい場合、一般の転職エージェントだと今までの経歴に左右されがちなので、選択肢が狭まりやすい難点があるのですが、キャリアコーチングを受けることで思わぬ転職への道が拓けることもあります。

キャリアコーチングサービスはまだ登場したものが多く評判は固まっていませんが、当サイトの管理人が企業の担当者から直接話を聞いた上でのオススメは「metors」と「ポジウィルキャリア」の2つがオススメです。

mentorsは定額制で利用でき、自己分析や企業分析から転職を成功させるまでの目標設定まで、徹底した転職サポートをマンツーマンで行ってくれるのが特徴です。

mentorsの利用はこちら

ポジウィルキャリアは「キャリア版のライザップ」と呼ばれるほどの徹底サポートが特徴で、キャリア理論や心理学に則った本格的なサポートを行っているのが強みです。利用者にはハイキャリア層も多く、本気で自分のキャリアに悩んでいる人にはとくにオススメできます。

ポジウィルキャリアの利用はこちら

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました