地味な仕事23選!目立たないけどやり甲斐があって稼げる仕事の条件とは?

地味な人にとって、この世には派手で目立つ人でないと就けない仕事や人前に立たなければならない仕事ばかりだと感じ、自分の適性が活かせる仕事が少ないと悩んでいるのかもしれません。

ですが、世の中には地味な性格の方が向いてると言える仕事はたくさんあります。たとえば、静かに仕事をしたい人や裏方に徹したい人は事務職を始めとしたデスクワークが向いてるかもしれません。こういった裏方仕事は表に出ないため、存在自体知られていなかったり、どんな仕事内容かがそもそも広く伝わっていないことも多いのです。

そこで当記事では、地味な人に向いてる適職やその仕事内容をご紹介した上で、実際に見つけ出すためのコツや方法まで、合わせてご紹介していきます。

▼向いてる仕事で悩んでる方へ

「今の仕事が向いてない…」
「向いてる仕事が見つからない…」

そう悩んでいるのであれば、必ず使っておきたい転職サイト「ミイダス」の紹介です。
ミイダスはただの転職サイトではなく、適職診断ツールが無料で使えるため、向いてる仕事を見つけるためには必ず使っておきたい転職ツールの一つだと言えます。

中でも、全147職種の職業から自分に適性の高い/低い職種を10段階評価で診断してくれる「コンピテンシー診断」は、自分に向いてる仕事を知る機会にできるのでオススメです。
また、職業適性以外にも「性格傾向」「仕事でストレスと感じやすい要素」「上司と部下の相性」もスコア形式で診断してくれるため、自己分析ができ、理想の職場を見つけ出すためのきっかけにすることも可能な点もオススメの理由です。

その他にも、ミイダスでは希望条件に合わせて求人情報が送られてきたり、求人企業の情報もスコア形式で詳しく閲覧できるため、本当に自分に合った仕事を見つけ出す上では、非常に心強いツールになってくれるでしょう。
ミイダスは無料で登録でき、登録後に設定をしっかりしておけばスカウト求人も届くため、向いてる仕事を見つけたい方は、この機会にぜひ登録してみてください。

→ミイダスに無料登録してみる

地味な人に向いている仕事

地味な人に向いてる仕事は以下の通りです。

  • 動物飼育員
  • グリーンコーディネーター
  • ビオトープ管理士
  • 釣り餌養殖業者
  • 害虫・害獣駆除業者
  • スポーツ用品開発担当者
  • スポーツ選手マネージャー
  • 考古学者
  • 学芸員
  • 司書
  • 薬剤師
  • 栄養士
  • スタイリスト
  • テーラー
  • 美術品鑑定士
  • 骨董品販売業者
  • 古書店スタッフ
  • 家電修理工
  • 鍵師
  • 土木作業員
  • 漆職人
  • インフラエンジニア
  • マーケティングリサーチャー

「地味」と言うと聞こえは悪いですが、言い換えると「目立たないけど必要な仕事」「陰で社会を支える仕事」とも言えます。これらの仕事は目立たないため、今まで知らなかった人も多数いらっしゃるかと思いますが、この機会に気になる仕事をチェックしてみるといいでしょう。

動物飼育員

動物飼育員とは動物園にいる動物の世話や施設の維持管理、来園者へのサービスや飼育動物の繁殖の研究などが主な仕事です。

動物飼育員に求められる資質は

基本的に休日もシフト交代で仕事ができる
夜間や早朝勤務にも対応できる

これらが重要になります。

動物飼育員になるには、民間の動物園なら採用を試験を受け合格することが条件となります。公立の動物園で働く場合は公務員として採用された上で動物園の飼育係に配属されるか「指定管理者制度」を利用していくつかの動物園の一括採用で配属される必要があります。

動物の世話は1日たりとも欠かすことができませんので、まじめに毎日コツコツと同じ作業を続けられる地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

グリーンコーディネーター

飲食店やホテルなどの商業施設、公共施設やイベント会場などのさまざまな空間を観葉植物を用いて装飾し、演出するのがグリーンコーディネーターの仕事です。

グリーンコーディネーターに必要な資質は

見る人に美しいと感じてもらえる美的感覚
心が落ち着ける空間コーディネートのセンス

これらがあると望ましいでしょう。

グリーンコーディネーターになるには、大きなフラワーショップや園芸会社、植物リース会社やインテリア関係会社などに就職しましょう。各都道府県の職業能力開発協会が実施する『園芸装飾技能士』や『フラワー装飾技能士』の資格を取得しておくと就職に有利です。

繊細な観葉植物も管理できるしっかりとした責任感を持った地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

ビオトープ管理士

ビオトープとは昆虫・魚・野鳥など小動物が生息する空間のことで、池や湿地などのほか、人工的な空間も含まれる。このような空間をつくり、管理するのがビオトープ管理士の仕事です。失われた自然環境を取り戻し、ビオトープをつくることによって生態系を維持して青少年が学べる機会をつくろうという傾向が年々高まっています。

ビオトープ管理士には自然環境の生態系に関する専門的かつ幅広い知識が必要です。「日本生態系協会」の資格試験を受け、合格することが必須となります。自然環境を学べる大学や専門学校などで学習してから試験に臨むのが一般的です。

自然環境や生物の生態系に興味があれば、地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

釣り餌養殖業者

釣りの餌に使うミミズやイトミミズ、イソメ、ゴカイ、イトメなどを養殖するのが釣り餌養殖業者の仕事です。土のなかに棲むミミズや海底に生息しているイソメなどの動物を捕獲して飼育し、それぞれの性質に合った環境づくりと養殖の技術を駆使して、その数を増やし、釣り具店や釣り堀などへ定期的に卸します。

水産学校や水産大学などに進学して、川や海に生存する動物の性質を学び、卒業後は釣り餌の製造販売メーカーなどへ就職するのが一般的です。また、すでに釣り餌の養殖をしている人のところへ弟子入りし、養殖に関するすべてのノウハウを直に学ぶという方法もあります。養殖の知識と技術を習得できたら独立開業も可能です。

毎日コツコツと養殖作業ができる地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

害虫・害獣駆除業者

害虫・害獣駆除業者は、人々に害を及ぼしたり、疫病の感染ルートになったりする害虫や害獣を駆除するのが仕事です。駆除後もできるだけ害虫や害獣を出さないように、定期的にメンテナンスをすることも業務の一環となります。

害虫・害獣駆除業者として働くためには、会社に直接連絡して応募するのが近道でしょう。アルバイトからであれば採用のハードルはさほど高くないようですので、最寄りの害虫駆除業者へ連絡して採用を行なっているかどうか聞いてみましょう。

人が嫌がる仕事でも真面目に取り組める地味な人にも向いている職業と言えるでしょう。

スポーツ用品開発担当者

スポーツ用品開発担当者は、スポーツ選手の満足度を上げ、さらには成績が向上することを考慮に入れながら商品の開発するのが仕事です。商品ができるまでには、企画から始まって、社内での承認や設計作業など、たくさんのプロセスを経ながら完成までこぎつけなくてはなりません。

スポーツ用品開発担当者になるには、スポーツ関連会社に就職します。ただし、採用には大学卒業以上を条件としている会社が多いようです。スポーツ用品の開発には、コンピューターや設計など高い能力が必要とされるため、配属された部門で高い評価を得た人が開発担当部門に抜擢されるようです。

スポーツ用品に興味があり、地道に設計や開発に携われる地味にな人にも向いている職業といえるでしょう。

スポーツ選手マネージャー

スポーツ選手マネージャーは、選手がトレーニングに集中できるように、テレビ出演やCM契約などの交渉をしたり、海外遠征のためのビザ取得なども行なうなど、プレー以外のあらゆる面でサポートするのが仕事です。

スポーツ選手マネジメント担当者になるには、選手のプロモーションなどを手がけているエージェント会社に就職するのが一般的です。プロ野球やサッカー界には、米国などのようにチームとの年俸契約などの法的な交渉を行なう専門的な知識を持ったスポーツエージェントも存在するため、スポーツマネジメント学科やスポーツエージェント養成講座などのある専門学校でスポーツエージェントに関する知識を身につけておきましょう。

スポーツ選手を陰で支える責任感のある地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

考古学者

考古学者は遺跡や遺構、遺物などから発掘された実物から人類の過去生活様式などを検証するのが仕事となります。アウトドアでの活動が基本となるのが、文献を中心に研究する歴史学との明確な違いとなります。考古学者は、大学教員のほかに博物館や埋蔵文化財センターの学芸員から、都道府県や市町村の教育委員会の埋没文化財担当職員までと幅広く存在します。また、近年は沈没船や海底に沈んだ都市遺跡を調査する海洋考古学者の存在も注目されています。

考古学者に必要な資質は

英語はもちろん、発掘先の言葉も使える言語力
発掘のためのスポンサーを見つける営業力とバイタリティ

これらが重要となるでしょう。

考古学者になるためには、まずは考古学の著名な教授がいて考古学研究室もある大学に入学しましょう。さらに大学院へ進学して、大学教授や博物館などの学芸員になるのが一般的です。

遺跡の発掘作業や検証は繊細でたいへん時間の掛かるものなので、それに耐えられる地味な人にも向いている職業だといえるでしょう。

学芸員

学芸員の仕事は博物館や美術館、動物園といった文化施設において、資料の収集と保管や展示、調査研究のほか、イベントや特別展の企画と運営、施設利用者に対する資料の解説、さらに講演活動まで業務は多岐にわたります。分野も美術から自然科学まで幅広くあります。

博物館に関する科目がある大学や短大で、該当する科目の単位を取得して卒業することで文部科学省認定による学芸員の資格が取得できるほか、資格認定試験に合格することや論文などの審査で認められることでも取得できます。なお、試験合格による取得の場合、実務経験がないと学芸員補として1年以上従事しなければなりません。

貴重な資料の管理や調査研究といった地道なことも苦にならない地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

司書

自治体や教育機関などの図書館に勤務し、収蔵されている図書や資料の管理をしたり、図書館の利用者が求めている情報を探すための補助をしたりするのが司書の仕事です。ジャンル別に書架を整理するなど、利用者が使いやすいように施設を整備したりするほか、図書館でのイベントなどの企画や運営に携わることもあります。

司書になるには、大学で司書養成課程を専攻するか、2~3カ月程度の司書講習を受講しておく必要がります。公立図書館であれば専門試験に合格したのち図書館に採用される方法と地方公務員行政職の試験を受けて採用されたのち、図書館に配属される方法があります。

本や資料の管理といった繊細で地道な作業も苦にならない地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

薬剤師

薬剤師の仕事は、薬の専門家として処方箋に基づいて医薬品を調剤するのをはじめ、安全上必要な情報を患者や消費者に伝えたり、飲みかたの指導をしたりすることが仕事です。また、「お薬手帳」から患者が服用している薬を確認し、飲み合わせによる副作用などを防ぐことも重要な役目です。

薬剤師になるには厚生労働省の薬剤師国家試験に合格し、薬剤師としての資格が必要となります。受験資格は薬科大学か大学の薬学部で6年間学び、卒業することによって得られます。勤務先は病院の薬局やドラッグストア、調剤薬局のほか、民間の製薬会社や大学の研究機関で新薬の開発に携わったり、公務員となって保健所などで食品衛生監視員として働いている人や厚生労働省の麻薬取締官として活躍してる人もいます。

調剤や飲み合わせのチェックなど細かなことにも気がつく地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

栄養士

栄養士は、学校や病院、給食センターや社員食堂などで、栄養バランスの取れた献立を提案して作成します。また、栄養が偏っていたり食生活が乱れていたりする人に対して、食生活改善のための栄養指導にあたることも重要な仕事です。ほかにも、健康食品メーカーやスポーツ関連企業で栄養価の計算をしたり、栄養に関する広報や調査を行なったりする人もおり、その職域は多岐にわたっています。

栄養士になるには、大学の家政学科や生活科学科、厚生労働大臣指定の栄養専門学校などの栄養士養成施設で学び、卒業することで栄養士の資格を取得できます。その後、学校や病院などに就業するのが一般的です。その後1~3年の実務経験を積むと、就業年数に応じて、栄養士の上級資格である「管理栄養士」の資格試験を受験できます。管理栄養士となれば傷病者に対して療養のために必要な栄養の指導が行なえるなど、栄養士よりも活躍の幅が広がります。

栄養素のバランスを踏まえて毎日の献立を考えるといった地道なことも責任感を持って行なえる地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

スタイリスト

モデルやタレント、俳優や歌手などが、広告やテレビ番組、映画やコンサートなどに出演するときや雑誌のファッションページ用の写真を撮る際に身に着ける衣装を調達し、コーディネートするのがスタイリストの仕事です。洋服のほかにアクセサリーやバッグ、靴や小物などを組み合わせて魅力的に演出します。

スタイリストになるには、一般的にスタイリストを養成する専門学校などで基礎を学び、卒業後はスタイリストのアシスタントや事務所に所属することから始めます。そのほか、結婚式場などに勤務して、新郎と新婦の衣装やアクセサリー、メイクなどをコーディネートするブライダルスタイリストとして活躍している人も存在します。

華やかな舞台の裏で活躍することにやりがいを感じる地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

テーラー

オーダーメイドの紳士服を仕立てるのがテーラーの仕事で、「紳士服仕立職」とも呼ばれています。客からオーダー(注文)を受け、客と相談しながら、好みの服地やデザイン、価格などを決めます。次に採寸をし、型紙をつくり、それをもとに服地を裁断し、各パーツを仮縫いした後、調整をして本縫いを行ないます。縫い上がったら、仕上げプレスと検査を経て紳士服の完成です。小規模の店では、オーナーが販売と裁断・補正を行ない、本縫いを職人に任せるのが一般的ですが、なかには全工程をひとりでこなすテーラーもいます。

テーラーになるには、縫製の技術に加えて、デザインセンスを磨くことや接客技術を身に付けることも必要です。アパレルメーカーの紳士服製造部門に勤務するか、テーラーに勤めて経験を積んだ後に独立する人も多いようです。

すべて手作業でスーツを仕上げることに誇りを持てる職人気質の地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

美術品鑑定士

絵画や書画、陶磁器、骨董などの美術品が本物かどうかを見分け、その時代の相場に合った価値を判断し、商品として売れそうな美術品を見抜くのが美術品鑑定士の仕事です。通常は鑑定する専門ジャンルを持っている人が多く、ある意味、文化を伝承していく仕事とも言えるでしょう。

美術品鑑定士になるには国家資格制度などはなく、美術館や画廊、古美術商などで働くか、自分で店を経営するのが一般的です。美術品に関する知識やその歴史的背景といった幅広い見識、さらには経験と実績から生まれる美術品を見る鑑識眼も必要となります。

美術品とそれに関する文化や歴史などに興味のある地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

骨董品販売業者

骨董品販売業者は、古くから伝わる焼き物やアンティーク家具、古美術などを扱います。骨董品についての知識を駆使して逸品を発見し、売買することが仕事ですが、著名な作者の作品だけでなく、生活雑貨品のなかにも良さを見いだし、後世に残す役割の一端を担っています。

骨董品の価値を見定める目利きをするのには確かな眼力が必要で、一朝一夕でなれる職業ではありません。まずは骨董店に入社し、修業を積みながら独立を目指しましょう。独立して開業するのにあたっては各都道府県の公安委員会から古物商の許可を受ける必要があります。

骨董品とその時代背景に興味がある地味な人には向いている職業といえるでしょう。

古書店スタッフ

ここで取り上げる古書店とは昔ながらの古本屋になります。古書店に集まってくる本のなかには、希少価値のある本や貴重な資料となる本も入ってきます。それらを発掘し、再び流通させるのも古書店スタッフの大きな役割です。近年はインターネットを通しての古書の売買も活発になっており、ネット上で古本買取を行なったり、希少本をネットオークションにかけたりする業者もいる。

古書店スタッフになるには、価値がなくなったかに見える本のなかから本当の価値を見いだす眼力が必要です。独自に古書店を開業する場合は、各都道府県の公安委員会から古物商の許可が必要となってきます。

本を大切に扱い、その価値に興味を持てる地味な人にも向いている職種だといえるでしょう。

家電修理工

家電修理工は、ユーザーの依頼を受けて、不具合の生じた家電製品を修理する技術者のことです。家電販売店やメーカーのサービス部門・修理部門などで、販売後のアフターケアとして、家庭用の電気機器や電子機器を修理するのが仕事となります。また、ユーザーの誤操作で故障や不具合が発生するケースも多く、修理とともに正しい使いかたをわかりやすく説明します。

資格は必要ではありませんが、電気機器や電子機器の知識と専門技術が求められるため、高校や大学で工学系、とくに電気や電子関連の勉強をしておくと就職に有利です。近年は家電製品自体が高度化・精密化してきているため、就職後も常に最新の知識と技術を吸収していく姿勢も必要となります。

電子機器の修理という精密さが必要とされる地道な作業が苦にならない地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

鍵師

鍵を紛失した人の依頼を受けて、錠を開けたり、新しい鍵に交換したりするのが鍵師の仕事です。扱う鍵は、家や金庫、自動車のものなどさまざまで、鍵に関する幅広い知識が必要となります。また、セキュリティ意識の高まりなどによって、新しい技術を採用した錠も近年増えており、最新の技術にも対応しなければなりません。緊急の依頼が飛び込んでくることが多く、24時間いつでも対応できるような体力も求めらます。

鍵師になるには、日本鍵師協会が実施している民間資格として「鍵師技能検定試験」があり、鍵師技能検定試験資格に準拠した技能が学べる鍵師養成講座も開設しているので、それを受講するとよいでしょう。

複雑な鍵に関する知識に興味のある地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

土木作業員

土木工事の現場で実際に作業するのが土木作業員です。土木作業といっても、ビルや道路、橋やダムなど特性や規模によってさまざまな違いがあり、現場の責任者の指示に従って作業をします。ときには現場近くに用意された住宅に住み込み、長期間にわたる作業に従事することもあります。

土木作業員の就業先は、建設をはじめ、電気やガス、水道会社などがあり、雇用形態は土木建設会社の常勤から短期間の臨時雇用までと幅広くあります。ブルドーザーやショベルカーといった重機の運転免許、溶接や玉掛け(クレーンに荷物を吊る)作業といった技能の資格を所持していれば、その分だけできる仕事の幅が広がります。

人知れずライフラインをつかさどる重要な仕事ですので、地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

漆職人

漆器は、木や紙などに漆を塗り重ねてつくる伝統工芸品です。現在でも漆を使って日常品から高級品 までさまざまなものがつくられています。その漆器の制作にあたる職人を総称して漆職人と呼ぶが、その工程において、木地師、塗師、時絵師、沈金師といった職人がそれぞれの作業を担当しています。

木地師(素材となる木材を決まった寸法に切り、椀も のや板もの用に材料を加工して素地をつくる)
塗師(下塗りが 施された木地に上塗り漆を塗って仕上げていく)
沈金師(上塗りさ れた漆器に美しい飾り絵を描くのが蒔絵師、そして蒔絵に金箔や金 粉などを入れて飾る)

漆器は経済産業大臣指定の伝統的工芸品となっており、多くの名人が伝統工芸士に選ばれています。

漆器の生産業者は全国におよそ400軒あり、伝統的な弟子入りからの修業で人材を育成しているところが多いようですが、漆器が特産品となっている自治体による養成校も存在します。こうした施設で技術を学んだ上で、製作所に就職するのもひとつの方法でしょう。

日本の伝統工芸を受け継いでいくことに興味のある地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

ネットワークエンジニア

ネットワークエンジニアは、コンピュータを通信機器で接続して、安定したネットワーク通信を可能にするのが仕事です。情報処理サービス産業に従事するネットワークエンジニアは、顧客の要望に従ってネットワーク通信システムの設計や構築を行ない、必要に応じて運営や保守業務もすることもあります。最近では、情報処理産業以外の企業が社員としてネットワークエンジニアを雇う機会が増えており、メールやWebなど各種サーバ管理や、セキュリティの保護などを行なうのがおもな仕事になります。

ネットワークエンジニアになるために必須な学歴や資格はとくにありませんが、理工系の大学などで学校内のネットワークの運用に携わっていた人は就職に有利でしょう。資格は経済産業省管轄の「ネットワークスペシャリスト試験」があります。

組織のインフラを支える地道な作業になりますので地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

マーケティングリサーチャー

マーケティングリサーチャーは、企業や団体から依頼を受けて特定の商品の需要や消費者のニーズ、販売実績や購入者層の分布といったヒット商品を生み出すために必要なデータやマーケットの動きなどを調査や分析するのが仕事です。

マーケティングリサーチャーに必要な資質は
・エクセルなどを使える最低限のパソコンスキル
・消費者の動向を読み取る鋭い洞察力
などになります。

マーケティングリサーチャーになるための必要な資格はとくにありませんが、短大以上を卒業後、リサーチ専門会社や広告会社などに就職するのが一般的です。なお、大学では経営学・商学・経営情報学・経済学・マーケティング理論・統計学などの関連の学問を学んでおきましょう。また、調査分野によっては、情報工学などを学んだ理工系学部出身者も歓迎されているようです。

情報とデータ分析に興味のある地味な人にも向いている職業といえるでしょう。

地味な人が自分に合った仕事を見つけ出すコツ

ここからは地味な人が自分に合った仕事を見つけるために意識しておくことをご紹介していきます。
面接時のアピールや求人選びの際に参考になる情報も交えていますので、参考にしてみてください。

あえて地味な仕事を選んで希少価値の高い人材を目指す

地味な仕事を選ぶことには、以下のような思わぬメリットがあります。

  • 求人に応募してくる人材が少ないので採用倍率が高い
  • 若手人材が不足しているので企業側の採用基準が低い
  • 身につくスキルや経験の希少価値が高いので転職に有利になることがある
  • 余計な広告費や人件費をかけていないので給料や待遇が良いこともある

いい会社さえ見つけ出せれば、いわゆる「隠れホワイト企業」として安定した待遇や給料にも期待できます。

また、地味な仕事を見つけ出して働くような人は何かしらのこだわりがあってその仕事を選んでいるため、会社にも似たような価値観の人物が集まりやすいものです。
そういう意味でも、派手な人が集まる地味な人に撮って居心地の悪い職場を選ぶよりは、自分に合った地味な仕事を地道に探し出すといいでしょう。

表に立つ仕事よりは裏方の仕事を意識して選ぶ

仕事を選ぼうと思って求人情報を見ると、目立つ仕事や表に立つ仕事ばかりが目につくと感じている人もいるかと思いますが、それは表に立つ仕事は普段目にする機会が多いからだけだったりもします。

たとえば、エンジニアが普段はどんな仕事をしているかは想像しにくいですが、普段の生活で目にする販売員や営業職はイメージしやすいものです。地味な仕事は求人情報として掲載されていても「わかる人にしかわからない」ような情報が書かれているわけです。

この記事で紹介している職種の多くも「表に立つ人を支える裏方の仕事」で、目立たないため存在自体を知らなかった人も多いと思います。地味な裏方の仕事を見つけ出すためには、まずは「その仕事を知ること」から始まるわけです。

ですので、自分に合った裏方の仕事を見つけ出すためには、今まで知らなかった仕事や意識してこなかった求人情報に目を向けてみると意外な適職と出会いやすくなるはずでしょう。

求人サイトの目立つ位置や情報ばかりに気をとられないこと

地味な人が「世の中には派手な仕事ばかり!」だと感じているなら、それは広告費のかかっている求人サイトの情報ばかりを見ているからかもしれません。求人サイトに掲載されている情報は大なり小なり目立つように演出されているため、本当は地味な仕事でも派手に見えるものです。また、求人サイトの目立つ位置にある求人は人気求人が多く、キラキラしたイメージの仕事が目につきやすくもあります。

ですので、地味だけど自分に合っている仕事を見つけたいのであれば、求人サイトをくまなくチェックしてみたり、転職エージェントで非公開求人を定期的に紹介してもらうなど、広告面の強い求人以外の情報も仕入れる努力をしておくといいでしょう。

求人情報の見つからない仕事や会社には直接問い合わせてみる

地味な仕事や地味な会社は、そもそも求人情報を目立つ場所に掲載していないどころか、会社ホームページも存在しないこともあります。そのような場合、直接会社に問い合わせるとすんなり採用してもらえる可能性もあります。

求人サイトに求人情報を掲載するにも広告料や手間がかかるため、本当に地味な仕事は求人情報が人目につかないことも多いぐらいです。

ですので、もし自分に向いてると感じる仕事や挑戦したい仕事の求人が見つからない場合は、思い切って会社に直接問い合わせて採用を行っていないかどうか確認してみるといいでしょう。

地味な人に向いている仕事が見つかる転職サービス

最後に自分に向いている仕事を見つけ出すために、使っておくべきオススメの転職サービスについて紹介していきます。

ここで紹介するサービスは完全無料で使えるものも多く(※キャリアコーチングサービスのみ有料)、登録しておくと非公開求人の紹介もしてもらえるため、自分に向いてる仕事を見つける上では必ず使っておきたいです。

また、いずれも使いこなせば心強い転職ツールではありますが、自分のキャリア段階や要望に合わせて向き・不向きが変わってくるので、いくつかのサービスを併用して活用することも重要です。

それぞれのサービスの特徴も紹介しているので、自分に合ったものを選んでご活用ください。

リクルートエージェント

業界最大手の「リクルートエージェント」は20万件以上の求人を取り扱っており、自分の経歴や希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえるため、向いてる仕事を探してる人は必ず利用しておきたいです。

詳しい解説はこちらリクルートエージェントをオススメする理由|初心者でも使いこなすための全知識を徹底解説!

リクルートエージェントを利用するメリットは以下の通り。

  • 登録から面談案内までの連絡がスピーディー
  • 大手・有名企業の求人紹介多数
  • 自分の希望条件に合わせた求人を厳選して紹介してもらえる
  • スマホアプリで転職に関する情報を一括管理可能

リクルートは圧倒的求人数と効率の良いサポート体制が確立されているため、膨大な求人情報から自分に向いてる仕事を絞り込むには最適な転職エージェントだと言えます。今回、この記事で紹介したような仕事も非公開求人として多数紹介されているため、具体的な求人内容を知っておく意味でも登録しておくだけ損はありません。

転職意欲がそこまでなくても自分のペースで利用可能なので、この機会に登録だけでも済ませておくといいでしょう。

リクルートエージェントの登録はこちら【完全無料】

ウズキャリ

20代なら若手中心の株式会社UZUZの手がける「ウズキャリ」もオススメです。

詳しい解説はこちらウズキャリの特徴と強みを徹底解説!既卒・第二新卒目線に迫ったベンチャー企業の実力はいかに!?

ウズキャリは主に「第二新卒(就職後3年以内に離職を考えている人)」「既卒(就職先が決まらずに卒業した人)を対象にしているサービスですが、20代であれば誰でも使えます。

ウズキャリを利用するメリットは以下の通り。

  • 面談に平均20時間かけるほど親身な対応に力を入れている
  • 社長や従業員の多くが第二新卒・既卒経験者なので利用者目線の相談対応に期待できる
  • 職務経歴書なしでも気軽に登録できる
  • ネット経由での連絡・サポート体制に強くLINE連絡・オンライン面談など利用者に合わせた柔軟な対応をしてくれる

また、ウズキャリを運営する株式会社UZUZはネットでの情報発信にも積極的で、社内に内向的な人材が集まっているため、商売っ気の多い他の人材業者よりも合っていると感じる人も多いかもしれません。登録から面談までは約1週間で行われオンライン面談にも対応しているため、気になった方はこの機会に利用してみるといいでしょう。

ウズキャリの登録はこちら【完全無料】

ミイダス

高精度な適職診断や年収査定が用意されており、適職を見つけ出すのに心強いツールが「ミイダス」です。

詳しい解説はこちらミイダスの仕組みと特徴。登録してみた評価と感想は?

ミイダスを利用するメリットは以下の通り。

  • 適職診断ツールが無料とは思えないほど高精度で便利
  • 性格診断も用意されており自分に向いている会社環境や相性の良い上司も判断しやすくなる
  • 求人情報も社風などの情報がスコア化されてわかりやすい
  • 企業から直接オファー求人が届き人事と直接連絡できる

他の転職エージェントとは違って面談対応などはありませんが、その分、自分で調べたり直接企業とやりとりしたい時には心強いツールとも言えます。

とくに「コンピテンシー診断」では全147種の職種から自分に向いてる仕事がスコア式で表示されるため、自分に向いてる仕事を見つけたい人にとっては使っておくべき価値大です。

詳しい解説はこちらミイダス適性チェックを無料で使ってみた感想と評価。仕組みや活用方法も合わせてご紹介!

ミイダスは完全無料で様々な診断ツールが使える上に、スマホアプリも用意されていて隙間時間の求人チェックから転職活動まで行いやすくなるので、興味のある方はこの機会にぜひ活用してみてください。

ミイダスの登録はこちら【完全無料】

向いてる仕事【性格】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク


スコシテン
タイトルとURLをコピーしました