【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

【厳選】デスクワーク以外の仕事は何がある?未経験からでも就ける事務以外の職業の種類

突然ですが、デスクワークって退屈じゃないですか?

パソコンの前で長時間も座ったまま仕事するなんて、人間らしさのカケラもないですよね…。

「もっと動きたい!」
「人と話したい!」
「外に出たい!」

そんなあなたの気持ち、めっちゃわかります。

デスクワークなんて、そのうち大半がAIに取って替わる、価値のない仕事ばかりです(笑)

今回は、デスクワーク以外の仕事を探してみました!

オススメの転職サイト【超本格診断ツール多数】

自分に向いてる仕事が見つかる転職サイト「ミイダス」をご存知ですか?
全147種の職種から適性がわかるコンピテンシー診断」は使ってみる価値大です。
適性年収」「上司との相性」「仕事でストレスになる要素」も診断可能。
転職サイトとして企業からスカウトも届く。
登録に個人情報は一切不要完全無料ですべての機能が利用可
診断ツールを駆使して自分に合った天職を見つけたい人なら登録必須!

→ミイダスで診断してみる

事務以外の仕事に転職する理由を抑えておこう

まずは事務以外の仕事に就きたいと考えている人が、どのような理由で退職・転職を考えているか抑えておきましょう。

▼事務職を辞めたい人の主な理由

  • 地味に頭を使う作業ばかりでしんどい
  • デスクワーク続きで目・肩・首に負荷がかかる
  • 閉じこもった職場で人間関係が独特で疲れる
  • 事務以外の仕事も振られてめんどくさい

事務職以外の仕事に就きたい理由として「事務の仕事自体に向いていない人」「事務職自体は向いているが職場の人間関係が理由で辞めたい」という2つのパターンに分かれます。

この両者の違いによって、今後のキャリアプランが大きく変わります。

事務の仕事自体に向いてない→他の職種・職種を探す
事務の仕事には向いているけど職場環境が合ってない→職場を変えて事務の仕事は継続

事務の仕事自体に向いてないと感じている人は、未経験職へ転職する必要があるので転職の難易度が上がる一方で、他の会社に転職して事務の仕事自体は継続する場合はキャリアアップ転職から収入は据え置きで職場を変えるだけ…という形になります。

経歴・年齢・スキルによって、どちらを選んだ方がいいかは変わって来るので、まずは冷静に「事務職自体が嫌いなのか?それとも職場・会社が嫌いなのか?」を見極めておくといいでしょう。

事務職に向いてないと感じている人
以下の記事も参考にしてみてください

また、事務職を辞めたい人に多い理由としては「職場の人間関係が陰湿…」「他の部署から邪険に扱われて辛い…」なども、事務職特有のストレスだと言えます。

事務職の人間関係に疲れている人
以下の記事で職場の問題点を確認しておきましょう

事務以外の仕事は何がある?資格や経歴は何が必要?

もし読者が「事務職の仕事自体が苦手で事務以外の仕事に就きたい」と悩んでいるなら、他の職種・業種への転職を検討しておくべきでしょう。

事務職から未経験職への転職を考える場合、以下のキャリアプランが考えられます。

▼事務以外の仕事で未経験からでも転職しやすい仕事

  • 接客・サービス業・販売員
  • 営業職
  • 広報・企画・マーケティング職
  • プログラマー・WEBデザイナー/IT・WEB業界
  • 工場勤務/製造業
  • 総務・経理などの一般職
  • 福祉系全般 ※要資格取得

それぞれ、具体的に必要な資格や経歴も交え、どうすれば転職可能か解説していきます。

接客・サービス業・販売員への転職は未経験でも受け入れ口が広い

事務以外の仕事で最も転職しやすい職業が、接客・サービス業や販売員などでしょう。

▼接客・サービス業・販売員に向いている人の特徴

  • 見知らぬ他人と関わったり話すことが苦にならない
  • 人間関係は「広く浅く」の方が向いていると思う
  • 自分の好きなものについて勉強したり他人に説明するのが好き
  • ひとつのことに打ち込むよりは同時に作業をこなす方が得意(→ルーチンワークが辛い時は?)
  • 決まった時間に出社して働くよりは土日勤務でも平日ゆっくり休みたい

接客業は他人と関わる必要がありますが、事務職のような閉じこもった職場とは違い、広く浅くのコミュニケーション能力が求められるので、人と深く関わることが苦手な人には向いているかもしれません。

接客業に向いている人の特徴が知りたいなら
以下の記事も参考にどうぞ!

また、接客・サービス業がオススメな理由としては、年齢・性別関わらずに未経験からでも採用される求人がたくさんあるので仕事選びの選択肢が広いからです。

その証拠に、アルバイト雑誌から転職エージェントまで、接客・サービス業(販売/小売)の仕事の選択肢は非常に多いので、事務以外の仕事を見つけるなら第一候補にするといいでしょう。

接客・サービス業(小売/販売)の仕事に転職するなら
大手の転職サイト「リクナビNEXT」を使っておくのがオススメです

接客の仕事を見つけるなら、大手転職サイトのリクナビNEXTは必ず登録しておきたいです。

リクナビNEXTは自分で求人検索も出来ますが、一度登録すれば企業側からスカウト・オファーも届くので、受け身で気軽に使える転職サイトだと言えます。

また、リクナビNEXTを運営するリクルートは国内No.1の人材会社で保有している求人量の多さが段違いなので、とりあえず登録しておいてどんな求人が自分に送られて来るか見ておくだけでも、選択肢の広さがわかるはずです。

リクナビNEXTを見てみる【登録無料】

閉じこもった人間関係が嫌で頭を使う仕事がしたいなら営業職への転職もオススメ

事務以外の仕事から転職する場合、とくにキャリアにこだわるなら営業職もオススメです。

▼営業職に向いている人の特徴

  • 向上心や競争心が強いで負けず嫌い
  • 見知らぬ他人と関わったり話すことが苦にならない
  • 人間関係は「広く浅く」の方が向いていると思う
  • 様々な範囲の仕事や業務に関わりたいと思う
  • 自分一人でハイペースで仕事することが好き

営業職と接客業はどちらも不特定多数の人を相手にする仕事ですが、接客業が「受け・守り」だとするなら、営業職は「攻め」のコミュニケーションが求められる仕事です。

会社によっては自分一人で自由に仕事の時間を割り振ったり、成績によって給料の上乗せもされるので、非常に自由度の高いところが営業職の魅力だと言えます。

また、営業職の仕事は頭の回転の速さや機転が活きる場面も多いので、様々な範囲の仕事や業務に関わって、自分自身の力をフルに活かしてみたい人にとっては、天職とすら感じることもあります。

向いている人にはトコトン向いている仕事が営業職だと言えるので、苦手意識があって敬遠している人は、営業職も選択肢に入れておくといいでしょう。

接客から営業への転職を考えているなら
一から研修してくれる「JAIC」がオススメです

20代向けの就職支援として長い実績を持つJAICは、営業職への紹介に強く、ビジネスマナーなどの研修も行ってくれるので、社会人経験のない方でも安心して利用できます。

また、JAICは全国で定期的に説明会を行っており、地方から研修に参加する場合は交通費の手当てもあるので、接客から正社員の営業職として働きたいなら活用しておくといいでしょう。

JAICを見てみる【完全無料】

クリエイティブな仕事がしたいなら広報・企画・マーケティング職も挑戦の価値あり

事務職と同じデスクワークになりますが、クリエイティブな仕事に挑戦したいなら広報・企画・マーケティング職もオススメです。

広報・企画・マーケティング職って
具体的に何をする仕事ですか?

広報・企画・マーケティング職は、販売・小売店が置いているような商品を企画・開発したり、企業の宣伝や広報を担当する仕事で、実際の業務内容は多岐に渡ります。

決まった作業の多い事務職と違い、広報・企画はクリエイティビティ(工夫・創意)が求められるので、アイデアを出したり挑戦することが好きな人には向いていると言えます。

ちなみに、当サイトの運営者も多くの適性診断で「クリエイティビティ(創造的思考力)」が高いと出ており、実際の仕事内容も広報・企画・マーケティング領域に該当します。

広報・企画に向いているかどうか知りたいなら
ミイダス」の「コンピテンシー(適性)診断」を使ってみましょう!

ミイダスは様々な適性診断の使える転職サイトで、自分に向いている職業が見つけやすくなります。

適性診断以外にも「自分が仕事でストレスに感じる要素」「上司と部下の相性」などの診断結果も出て今後のキャリアの参考になること間違いなしなので、この機会にぜひ登録してみてください。

ミイダスを見てみる【完全無料/登録1分】

IT・WEB業界ならプログラマー・エンジニアとして未経験から働ける

事務以外の仕事がしたい人で柔軟な働き方や将来性を重視するなら、IT・WEB系の仕事(プログラマー・エンジニアなど)も選択肢でしょう。

▼IT・WEB系の仕事に就くメリット

  • 若手なら未経験からでも転職チャンスがデカい
  • 様々な働き方が出来る(在宅ワークなど)
  • スキルを習得すれば将来性が高い
  • 将来的に独立・副業・フリーランスなどのキャリアも考えられる

でもIT・WEB系の会社に入るには
プログミングスキルがないと無理なのでは…?

プログラマー・エンジニアと聞くと、何か特別なスキルがないと就けないと思われがちですが、未経験からでも採用してもらえる会社は意外と多いです。

実際にプログラマーとして働いている人の話を聞いてみても「実際に仕事をする中で覚えた」という人も多く、入社前にはそこまで経歴やスキルを求めない会社も多いです。

もちろん、適性や向き・不向きはありますが、以下のような人にはとくに向いているかもしれません。

▼IT/WEB系のプログラマー・エンジニアに向いている人

  • 人と関わるよりは黙々と細かい作業に打ち込む方が好き
  • 他人にアレコレ指示されるよりは自分で学習していくことにやりがいを感じる
  • 何かを作って動かすことや誰かに見てもらうことが好き
  • 人と遊ぶよりはインターネット・スマホでコンテンツを楽しむ方が好き

もしIT・WEB業界でプログラマーとして働きたいなら
20代向けの就職支援「ウズキャリ」がオススメです

ウズキャリは20代の若手向けの就職・転職支援サービスで、IT・WEB系の会社とも強いコネがあります。プログラミング研修も行っており、向いてない場合は他の職種・業種への紹介も行ってくてるので、スキルや経験がない人でも安心して利用できます。

ウズキャリはカウンセリングにも時間をかける方針で、転職に関する相談にも親身に乗ってくれるので、接客したくない人で他人と話すのが怖い人でも利用しやすい業者さんです。

ウズキャリを見てみる【完全無料】

仕事内容にこだわらないなら工場勤務として働くのもあり

事務以外の仕事がしたいなら、工場勤務として働くのもありでしょう。

▼工場勤務として働くメリット

  • 全国区で求人があるので選択肢が非常に広い
  • 寮ありの仕事や高収入の仕事もある
  • 年齢不問の仕事も多いので年齢層関係なく働ける
  • 学歴・経歴不問で働ける職場も多い
  • 単純作業の仕事が多いので頭を使わなくて済む

工場勤務は、全国区/年齢不問/短期間の単純作業~寮あり高収入の仕事など、選択肢の広さが魅力だと言えるでしょう。

事務職・デスクワークなどと違い、頭を使わない単純作業も多いところも工場勤務の魅力です。

仕事内容自体もマニュアルに沿って作業していくだけの仕事ばかりなので、他人と関わるのが苦手な人にはオススメな仕事だと言えます。

もっと工場勤務のメリットを知りたい人は
以下の記事も参考にしてみてください!

事務以外の一般職/デスクワーク(総務・経理など)を目指してキャリアを積むのもあり

事務以外の仕事に就きたいなら、他の一般職/デスクワーク(総務・経理など)を目指すのもありでしょう。

▼事務職から他の一般職を目指すメリット

  • 他の会社でも汎用性の高いスキルが身につく
  • 事務職の経歴も活かせる
  • キャリアアップ転職なので年収アップも目指せる

▼事務職から他の一般職を目指すデメリット

  • 事務職と似たような仕事内容も多い
  • 企業内の重要な仕事に関わるので人間関係の悩みがつきまとうこともある
  • 中小以下の募集が多いので大手では採用されにくい
  • キャリアアップ転職となるので覚えることや仕事量は増えがち

事務職から他の一般職のデスクワークに転職すればキャリアアップ転職で年収アップに期待できる一方で、仕事量が増えることが多くなる点には注意です。

ただし、今までの事務職としての経歴やスキルの応用が利く分、選べる業種・会社の幅は広がるという点では、一般職内での転職も考えておく価値はあるでしょう。

福祉士系の仕事全般も目指せるが資格取得は必須なので時間がかかる

事務以外の仕事に就きたい方で、とくに女性であれば福祉系の仕事を目指すのもありでしょう。

▼福祉士系の仕事には何がある?

  • 介護士
  • 看護師
  • 保育士
  • 薬剤師(登録販売者)
  • 社会福祉士

ただし、福祉系の仕事は働くのに国家資格が必須なことが多いので、勉強・資格取得に時間がかかる点には注意です。

逆に言えば、一度資格さえ取ってしまえば今後のキャリアでも有利になることが多いので、時間とお金に余裕がある人は、一から勉強して福祉系の仕事に就くのもありかもしれません。

【派遣社員向け】事務以外の仕事で正社員になることは可能か?

読者の中には派遣社員として事務職で働いている方もいらっしゃるかと思います。

その場合、20代であれば今までの経歴関係なく事務以外の仕事でも正社員になれるチャンスなので、早めに行動しておくといいでしょう。

逆に20代のうちに社員としての経歴を作っておかないと、30代以降は未経験職に転職するチャンスが減るので、事務以外の接客しない仕事に就きたいと悩んでいるなら早めに行動しておくべきです。

【厳選】オススメの転職サービス

最後まで読んでくれた方限定で、当サイトで厳選した「本当に使っておくべき転職サービス」を紹介していきます。

サイト運営7年以上、
人材業界の動向にも詳しい運営者
サービス実態市場ニーズも踏まえて
厳選しました!

理想の転職を実現する
「ポジウィルキャリア」

本気で向いてる仕事を探すなら「ポジウィルキャリア」がオススメです。

今までの転職サービスと異なり「キャリアコーチング」と呼ばれるサポートを行ってくれるからです。

▼こんな人にピッタリ

  • 今の仕事を続けるべきか転職するべきか…
  • 自分のキャリアで将来も通じるか不安…
  • 年収アップしたいけど自信がない…
  • スキルアップしたいけど何をすればいいかわからない…
  • 本当にやりたいことがわからなくなった…
  • 自分の適性や才能をもっと活かしたい…

キャリアコーチングでは、転職活動を行う前に必要な

  • 自己分析
  • 目標設定
  • 行動計画
  • 問題解決
  • モチベーション維持

などを徹底的に行います。

これにより、キャリアに関する悩みを解消して、理想のキャリアを目指すサービスです。

「コーチング」という言葉が意味する通り、マンツーマンでプロが自分に合ったサポートを行ってくれます。

スポーツジムでは、プロが筋トレや身体づくりをアドバイスしてくれます。その「キャリアバージョン」のイメージです。

これまでの転職サービスは「自己申告した経歴や希望条件をもとに求人紹介を受ける」ことになります。

なので、自己分析ができておらず経歴をしっかり書けなかったり、希望条件が固まっていないと、良い求人の提案やサポートが受けられないことが多いです。

また「転職サービス側が経歴のある人物を探す」というビジネスモデルなので、企業側が求めてる経歴でないと、中々良いサポートを受けられない実態があります。

一方で、キャリアコーチングは「自分の強みや適性」「自分が本当にやりたかったこと」を見つけ出します。

その上で、自分が向いてる仕事や就くために必要な方法を探っていくので、新たな選択肢が広がります。

また、転職サービスとキャリアコーチングでは「ゴール地点」が異なります。

既存の転職サービスでは「転職先から内定をもらう」ことがゴールです。

なので、入社後に上手くいくかどうかは保証がありません。

悪質な業者であれば「利用者が転職すれば自社の利益になるから」という理由で、強引に転職させようとしてくる場合もあります。

キャリアコーチングはあくまで「理想のキャリアを実現すること」です。

場合によっては「今の職場で活躍する」という選択も提示してくれます。

ポジウィルキャリアは初回相談(カウンセリング)は無料で受けられるため、適職選びで悩んでいるなら相談してみるといいでしょう。

それ以外にも、様々な診断ツールやLINE相談も用意されており、気軽に相談しやすくなっているので、試しに活用してみてください。

今の業界から抜け出し異業種へ
「WorX(ワークス)」

次に異業種への転職を実現させる、次世代型転職エージェント「Worx(ワークス)」の紹介です。

▼こんな人にピッタリ

  • 仕事の将来に期待ができない
  • 別の職業へ転職したい
  • だけど、どの職業が向いてるかわからない…
  • 年収アップしたい
  • 将来性の高い職業に就きたい
  • スキルアップして無理のない転職がしたい

Worx(ワークス)の魅力は、なんと言っても「異業種へ転職できる」こと。

今までの転職サービスだと、

  • 今までの経歴をもとに求人紹介される
  • 異業種転職を希望しても「難しい」と言われる
  • スキルアップはサポート対象外

など、異業種への転職は難しいのが実情です。

しかし、Worx(ワークス)では、

  • どの職業が向いてるか診断してくれる
  • その仕事に就くためのスキルアップ支援もある
  • スキルアップは自宅学習とオンライン面談
  • なので、空いた時間に無理なく転職活動できる

といった、他にはないサポートが用意されています。

これにより、

  • 接客業→大手IT企業
  • ウェディングプランナー→外資系企業
  • 保険営業→インサイドセールス

といった、今までにない転職の選択肢を実現可能となります。

また、Worx(ワークス)は「IT/WEB系」の転職にも強いところが特徴です。

IT/WEB系の企業は、在宅ワークに対応している職場も多く、将来性も高く、年収アップも実現しやすいです。

なので、今の会社から抜け出したい人にとっては大きなチャンスを得られると言えます。

また、今までの転職エージェントでは最短3ヶ月と十分な期間が得られないことが多かったですが、Worx(ワークス)は半年~1年と、計画的で無理のない転職活動ができます。

さらに、スキルアップや業界研究をした上での転職となるので、入社後も業務についていけるようになり、転職に失敗するリスクが減るところも魅力です。

Worx(ワークス)は、相談はもちろんスキルアップから転職支援まで無料で受けられるため、気になった方は試しに使ってみてください。

Worx(ワークス)の登録はこちら
【相談無料/登録1分】

経歴に自信のない20代なら
「UZUZ(ウズウズ)」

仕事に就こうと思っても、

  • 学歴や経歴がない…
  • 短期間で辞めた経歴がある…
  • 正社員としての経歴がない…
  • フリーターやニート期間が長い…
  • 資格やスキルがない…

などのハンデがあると、良い求人が見つからなかったり、書類選考や面接に通らないことも増えます。

そういった方の中でも、20代のうちなら「UZUZ(ウズウズ)」がオススメです。

20代は「若いから」という理由だけでも、未経験職に採用されやすい年齢層となります。

とくに、

  • 既卒:就職しないまま卒業してしまって3年以内
  • 第二新卒:新卒3年以内に短期離職した人

は、圧倒的に就職・転職に有利です。

なぜなら、企業側に国から助成金が出ており、若手の採用に積極的だからです。

また、UZUZ(ウズウズ)では、ブラック企業排除の取り組みも行っており、その証拠に利用者の「定着率(辞めないで会社に居続ける割合)」も高めです。

20代の若手の場合、向いてる仕事を探す以上に「できる仕事」「就ける仕事」を現実的に選び、まずは経験を積んだ方がいいこともあります。

社会人経験が浅かったり、経歴がなく自信がないことで悩んでいるなら、まずはUZUZ(ウズウズ)に相談してみましょう。

もちろん、相談から就職・転職まで完全無料です。

UZUZに相談してみる
【完全無料・登録1分】

仕事一覧/ランキング【特性】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スコシテン
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました