【景品表示法に基づく記載】当サイトでは、広告/プロモーションとして、第三事業者が提供するサービスの紹介を行うことがあります。 →広告掲載ポリシー

眼鏡屋辞めたい…Zoff、眼鏡市場、jins、オンデーズなどのメガネショップを辞めたいと悩む人のための全知識

メガネストアで働くことは、多くの人にとって魅力的な仕事の一つです。

しかし、時にはその環境や仕事内容に疲れや不満を感じることもあるでしょう。特に、知名度の高いメガネチェーンである「zoff(ゾフ)」「ジンズ(JINS)」「メガネスーパー」「オプティバル」「アイシティ」「OWNDAYS」などの有名店舗で働いている方々にとって、辞めたいと思う瞬間が訪れることもあるかもしれません。

zoff(ゾフ)は、日本を中心に展開しているメガネ専門店チェーンです。zoffは、比較的手頃な価格でトレンド感のあるメガネやサングラスを提供することで知られています。店舗内ではフレームの試着や視力測定などのサービスを提供し、幅広い顧客層に向けてメガネを販売しています。zoffは他のメガネブランドと比べてリーズナブルな価格帯であるため、多くの人々に利用されています。

この記事では、zoffや他のメガネストアで働く方々が抱える辛さや悩みを探っていきます。また、辞めたいと思った時に取るべき具体的な行動やキャリアアップの選択肢についても考えてみましょう。メガネストアで働く方々や、将来を考える方々にとって有益な情報をお届けします。

  1. メガネストアで働く辛さは? 辞めたくなる理由や向いてない人の特徴とは?
    1. 長時間の立ち仕事と肉体的負荷
    2. クレーム対応や困難な顧客との接客
    3. 売上ノルマと人材評価の厳しさ
    4. 店長やエリアマネージャーとの確執や方向性の違い
    5. フレキシブルなシフトとワークライフバランスの調整の難しさ
    6. 賞与(ボーナス)の少なさ、平均年収の低さ
    7. メガネ業界の苛烈な競争に対し将来性に不安が残る
  2. メガネストアに向いてない人の特徴は?辞めてよかったと後悔しない人は?
    1. 顧客一人一人に満足行く対応がしたい人
    2. 本社勤めの出世コースが限られていること
  3. メガネストアの労働環境の実態とは? 将来性や業界課題は?
    1. 高い接客負荷と忙しい営業スケジュール
    2. 変動する需要と商品知識の要求
    3. 技術の進化と継続的なスキルアップ
    4. 競争の激化と価格競争の影響
    5. デジタル化とオンラインショッピングの浸透
  4. メガネストアから転職するには?転職先の例
    1. メガネストアでのキャリア限界とステップアップの難しさ
    2. 関連業界への転職の可能性
    3. メガネ業界以外の新たなキャリア選択肢
  5. メガネストアを辞めたい時はどうする?退職方法から転職を成功させるためのポイント
    1. 自己評価と目標設定
    2. 転職先の情報収集
    3. スキルの習得とブラッシュアップ
    4. ネットワークの活用とコネクション作り
    5. 転職活動の実施と面接対策
    6. 転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

▼3人に2人が年収アップ転職を実現
LHH転職エージェント」の紹介

外資系企業ならではのレベルの高いプロに相談できる転職エージェント。
登録から転職が決まるまで完全無料で徹底サポート。
全職種・業種対応、5万件以上の求人保有。
経歴のある方はもちろん、卒業後3年以内の早期離職を考える「第二新卒」にも対応。
不満の多い現状の職場から抜け出し、理想の転職を成功させたいなら一見の価値あり。

→詳細はこちら

メガネストアで働く辛さは? 辞めたくなる理由や向いてない人の特徴とは?

長時間の立ち仕事と肉体的負荷

メガネストアでは長時間立ちっぱなしの仕事が主なため、足や腰への負担が大きくなることがあります。また、重いメガネフレームや機材の取り扱いも必要となるため、肉体的な負荷がかかることもあります。

クレーム対応や困難な顧客との接客

メガネは個人の視力に関わる重要なアイテムであり、顧客の期待や要求も高まります。そのため、クレームの対応や難しい顧客との接客にストレスを感じることがあります。忍耐力やコミュニケーション能力が求められます。

売上ノルマと人材評価の厳しさ

メガネストアの社員として勤めることは、ただ接客や販売を行うだけでなく、明確に会社の売上に貢献しなければなりません。

一般的な小売店としての人材評価のモデルケースとしては、

一般スタッフの場合:評価の一次審査を店長が、二次審査をエリアマネージャーが担当
店長の場合:評価の一次審査をエリアマネージャーが、二次審査を営業部長が担当

という体系になっていることが多く、アルバイトや契約社員である一般スタッフ

評価項目は、定量・定性的な指標、自由設定の項目が含まれ、年始に店長やエリアマネージャーとの面談を通じて目標や評価基準が設定される。

店長の場合、5つの責任者項目(例:売上達成率、ロス率、棚卸誤差など)が追加されます。また、VOC(Voice of Customer)評価が導入されており、最低のD評価が2回連続で付けられると、降格の措置が取られることもあります。

こういった明確な評価項目や体系が重く感じたり、思うように評価を上げられないことが、辛いと感じる要因となるかもしれません。

店長やエリアマネージャーとの確執や方向性の違い

企業内でのチームの協力や一体感は、業務遂行の効率性や結果を左右する要因となります。

特に、小売業界などの場面において、店長やエリアマネージャーとスタッフとの連携は極めて重要です。

しかし、実際には、ビジョンや業務方針に関する考え方の違いから、確執や意見の不一致が生じることがあると報告されています。

店長やエリアマネージャーは、企業やエリアの目標達成を最優先に考えるポジションにあり、それに伴い、特定の業務方針や戦略を採用することが求められます。

一方、スタッフは日常の業務を通じて、具体的な顧客のニーズや問題点を直接感じ取る立場にあるため、場合によっては方向性に違いが生じることが考えられます。

フレキシブルなシフトとワークライフバランスの調整の難しさ

メガネストアは営業時間が長く、週末や夜間にも勤務が必要な場合があります。そのため、シフトの調整や休暇の取得など、ワークライフバランスの調整が難しいことがあります。

賞与(ボーナス)の少なさ、平均年収の低さ

大手メガネストアの店長クラスの給与明細データに基づいて見てみると、年収は408万円で、その内訳は基本給が月27万円、残業代が月3万円、年間の賞与が15万円、その他の給与が年間4万円となっており、人によっては忙しさの割に合わないと感じる額だと言えるでしょう。

とくに、賞与(ボーナス)が業績連動となっている点であり、業績の良し悪しによって支給されるか否かが変わる上に、業績や給与の良い会社では1~2ヶ月分の給与額がボーナスとして支給されることもあるため、物足りなく感じるかもしれません。

メガネ業界の苛烈な競争に対し将来性に不安が残る

メガネストアは競争が激しく、多くの格安店舗が 「早い、安い、高品質」を目指すデフレ競争になりやすいです。

そのため、以下のような状態が生じやすくなります。

▼メガネチェーンに価格競争で生じる問題

  • 低価格競争による求められるサービス負担の増加
    「ブルーライトカットの費用を0円」「ゲーム・アニメとの多様なコラボレーション」など販売施策頻度が上がり、現場の負担が増加する
  • サービス負担増加に伴う接客の質の低下
    サービス負担の増加や慢性的な人手不足の影響で接客の質が落ちる
  • 接客の質の低下による顧客や人材離れ
    接客の質や価格競争による顧客離れ、現場の消耗や負担が給与に反映されない不満から従業員離れが起こる

また、オンラインストアなどの新しい販売チャネル確立による、リアル店舗の需要の低下も向かい風です。医療面で見れば「視力矯正手術の普及」によって産業構造や需要が変化する可能性もあります。

メガネストアに向いてない人の特徴は?辞めてよかったと後悔しない人は?

顧客一人一人に満足行く対応がしたい人

眼鏡業界は外から見れば穏やかに思われるかもしれません。

しかし、とくに「JINS」「Zoff」「OWNDAYS」「AOKI Optical 」などのメガネチェーンは、薄利多売がビジネスモデルとなる格安メーカーであり、接客の時間が非常に限られています。

当然のことながら、顧客一人一人とじっくりと向き合い、きめ細やかなサービスを提供することは簡単ではありません。

実際、企業の方針として速さや効率が前面に押し出されており、その一方で売上や顧客満足度の向上を求められるのです。このジレンマは、特に土日祝の繁忙時には明らかとなり、接客が流れ作業のようになりがちです。

また、個人としてのスキルや経験を積んで接客力を上げても、チーム全体としての接客レベルが一定でないと、顧客の期待を上手く満たすのは難しくなります。

良いスタッフが次々と他の職種へ流れてしまう現状も、この問題をより難解にしています。

そのため、真心で顧客一人一人に寄り添い、深い信頼関係を築きたいと願うスタッフにとっては、この環境が物足りなく感じることがあるでしょう。

本社勤めの出世コースが限られていること

多くの人にとって本社での勤務は1つの憧れであり、昇進や昇給など様々な待遇向上のために目指したい到達点でもあると言えます。

しかし、本社配属を希望する者には一定の実務経験が求められることが一般的です。

一例として、本社勤務への展望が1年以内とされていたが、実際には3年の実務経験が求められることが観察されます。

また、企業文化の一環として、新しい意見や提案には開かれているものの、その実行に移るまでのスピード感が不足していることが確認されます。このような文化は、革新的な動きを求める職員にとっては制約となる可能性が考えられます。

さらに、現状の職種において、求められるスキルセットやキャリアパスが限定的であるとの分析結果も出ています。このような背景から、本社勤務や特定の職種でのキャリアアップが困難となる要因がいくつか存在していると言えるでしょう。

メガネストアの労働環境の実態とは? 将来性や業界課題は?

高い接客負荷と忙しい営業スケジュール

メガネストアでは接客が中心の業務であり、顧客の要望に応えるために高い接客負荷が求められます。また、特にピーク時や休日など、営業スケジュールが忙しくなることもあります。

変動する需要と商品知識の要求

メガネの需要は流行や時期によって変動するため、常に最新の商品知識を持つ必要があります。新しいフレームやレンズの情報を把握し、顧客に適切な提案をすることが求められます。

技術の進化と継続的なスキルアップ

メガネストアではレンズ加工やフィッティングなどの技術も必要となります。レンズの種類や特徴、測定機器の使い方など、継続的なスキルアップが求められます。

競争の激化と価格競争の影響

メガネストア業界は競争が激しく、他のメガネストアやオンライン販売との競争が日々進行しています。価格競争の影響もあり、利益率が下がることがあるため、業界全体の収益性に課題があります。

デジタル化とオンラインショッピングの浸透

近年ではメガネのオンラインショッピングが増加しており、デジタル化の進展も業界に影響を与えています。オンライン競争力の強化やデジタルマーケティングの活用が求められるなど、業界の課題となっています。

メガネストアから転職するには?転職先の例

メガネストアでのキャリア限界とステップアップの難しさ

メガネストアでのキャリアは、一部の管理職やトップセールスとして昇進することが一般的ですが、それ以外のステップアップの機会は限られています。長期的なキャリアプランや成長の見通しに制約があると感じることもあります。

関連業界への転職の可能性

メガネストアで培った接客スキルや販売経験は、関連する業界での転職に活かすことができます。例えば、アパレル、化粧品、健康食品などの小売業や、顧客サービス業界への転職が考えられます。

メガネ業界以外の新たなキャリア選択肢

メガネストアでの経験を生かし、他の業界への転職も可能性の一つです。例えば、営業、カスタマーサポート、マーケティングなど、幅広い業界や職種において、顧客対応や販売スキルを活かせる場があります。

メガネストアを辞めたい時はどうする?退職方法から転職を成功させるためのポイント

自己評価と目標設定

まずは自己評価を行い、自身のスキル、関心、適性を把握しましょう。その上で、将来の目標やキャリアパスを設定します。自身の希望や適性に合った新たな職種や業界を見つけることが重要です。

転職先の情報収集

興味のある職種や業界について詳しく調査しましょう。インターネットや書籍、業界関連のイベントやセミナーなどを活用して、転職先の情報を集めます。求人情報サイトやキャリアコンサルタントの利用も有益です。

スキルの習得とブラッシュアップ

転職先で求められるスキルや知識を習得するために、必要な資格や専門知識の取得を目指しましょう。また、現職でのスキルをさらに磨くための研修や勉強会に参加することも有効です。

ネットワークの活用とコネクション作り

業界や職種の専門家や関係者とのつながりを築くことは転職活動において重要です。LinkedInなどのSNSや業界団体のイベントなどを通じて、自身のネットワークを広げましょう。

転職活動の実施と面接対策

転職活動を実施する際には、職務経歴書や自己PR、面接対策などを準備しましょう。自身の経験やスキルをアピールする方法を考え、自信を持って面接に臨むことが大切です。

転職サービスを利用してプロのサポートを受ける

ここまで解説したように「メガネショップを辞めたい…」と悩んでいる人に、一概に「これをすべき」という正解はありません。

自分の状況や経歴を踏まえ、それに合わせて情報を取捨選択し、最適な行動を見極める必要があります。

それを在職中の考える余裕がないうちに行うのは、かなりハードです。

なのでオススメしたいのが、転職サービスでプロに相談してサポートを得るという方法です。

わざわざプロに相談しなくても
転職サイトで求人検索すればいいのでは?

このように思われる方も多いでしょうから、まずは「プロに相談した方が間違いのない転職ができる理由」について説明させてください。

多くの転職サービスでは、紹介される求人情報は「登録時に記入した情報やアップロードした職務経歴で決まる仕組み」になっています。

そのため、職務経歴書を作り込まないと今の職場と似たような待遇や年収の求人紹介ばかりされがちという問題があります。ですので「今の職場環境と違う待遇や条件で働きたい」と思っても、似たような魅力のない求人ばかり紹介されて、結局転職できず…という方も少なくないです。

運良く高年収の求人を紹介してもらえたとしても、多くの転職サイトでは「実際の年収よりも高い額を提示することで応募数を増やしているため、内定後に年収が下がるリスクがある」「そもそも、求人票を作っているのが、実際に働く現場ではなく、人事部門や人材会社が作成している。そのため、実態に近い情報が得られない」などの罠が潜んでいます。

これらを、何の転職知識もない人が求人情報だけで判断して見抜くのは難しいです。

利用者目線からは「求人を選べる」ように見えて

・受かる見込みのない求人ばかり見てる
・受かりやすい求人ばかり見て年収アップの可能性を閉ざしてる

など、自分では気づかない「転職失敗の罠」も多いぞ

また、そうでなくても、転職活動を行うにあたり、下記のような「面倒事」が発生します。

▼転職活動で生じる負担の例

  • 求人探しから応募までの手続き
  • 応募求人が受かるかどうか悩む負担
  • 履歴書や職務経歴書の作成
  • 応募企業に合わせた職務経歴書の添削
  • 応募企業に受かるための企業研究や面接対策
  • 面接~内定後のスケジュール調整などの細かな連絡
  • 受からない場合のスキルアップや資格取得
  • 今の会社の退職手続き

こういった面倒事を、在職中のまま行うのは負担がかなり大きいです。

また、忙しくて考えがまとまらないうちや、しっかりとしたキャリアに関する情報収集を行わないうちに、無理に転職してしまうと、失敗してしまうリスクも上がります。

なので、早いうちに転職サービスでプロに相談して、

  • 受かる見込みの高い求人に絞って紹介してもらう
  • 履歴書や職務経歴書の作成のアドバイスをもらう
  • 面接対策や面接後のフォロー、年収交渉をしてもらう
  • 今の経歴で理想の転職が難しい際のスキルアップ方法などを教えてもらう

といったサポートを受けた方が、後悔のない転職を実現しやすくなるわけです。

幸い、ほとんどの転職サービスは無料で相談できる上に、サポートに満足できなかったらいつでも利用を停止できるので、少しでも転職に興味があるなら気軽に相談してみるだけ得です。

転職してキャリアアップしてる人は

プロのサポートを得ながら

転職を成功させてるんですね…

もし、この記事をきっかけに「本格的に転職したい」「今の仕事を前向きに辞めたい」と思った方は、決断するための第一歩として、計画的に転職サービスを活用してみてください。

以下に、当サイトで厳選した「本当にオススメできる転職サービス」を紹介していきます。

LHH転職エージェント

まず多くの方にオススメしたいのが、世界第2位の業績を誇る外資系企業アデコの運営する「LHH転職エージェント(旧:Spring転職エージェント)」です。

LHH転職エージェントをオススメする理由は、全業種・職種対応取り扱い求人数も多いことや、求人選びから面談の対応・転職活動のサポートを行ってくれる担当コンサルタントのレベルが高いからです。

というのも、LHH転職エージェントは国内大手転職エージェントと違い、下記の画像のような360度式コンサルティングという形式で運営されています。

このことから、応募したい企業の詳細な情報を提供してもらったり、面接などのスケジュール調整から内定後の年収交渉まで、きめ細かなサポートに期待できます。

また、担当コンサルタントが直接応募先企業とやりとりしているため、受かる見込みのない無駄な応募の手間が減ることや面接前の対策から根回しまで行ってくれることで、そもそもの採用確率が高まることもオススメできる理由です。

これが国内の大手エージェントですと、大量の求人情報が送られてくるだけ担当コンサルタントのサポートが雑なことも多く、十分な転職サポートが得られないと感じている方も非常に多いです。

それだけでなく、大量の求人情報の閲覧に時間を取られて頭を悩ませることになったり、受かる見込みの低い求人への応募で無駄に転職活動に時間を費やしがちになるなど、限られた時間の中で転職活動を効率良く進めたい人にとって、国内大手エージェントは求人閲覧するだけで終わり…ということも多いです。

その点、LHH転職エージェントは自分の要望や経歴に合わせて厳選した求人のみを抽出して紹介してくれるため、最初から最短・最善の方法で転職活動できると言ってもいいぐらい、エージェントとしてのサービス価値が徹底されています。

ただ、中には「アデコという会社もLHH転職エージェントというサービス名も聞いたことない…怪しい…」とご不安に感じる方もいるでしょうが、それは大量の広告費を使って社名/サービス名の知名度を高める方針のリクルートやマイナビと違い、LHH転職エージェントは無駄な広告費を削ることで「本当に自社サービスの価値がわかる人」のみに利用を絞っているからです。

転職サポートの実力で言えばLHH転職エージェントは本物と言え、担当者個人のレベルも高いため、多くの方が満足行くサポートを受けられるかと思います。

ぜひ、気になった方はこの機会に登録してみて、外資系ならではのプロの転職サポートを体験してみてください。

WorX(ワークス)

最後にご紹介したいのが、未経験からの異業種転職を手厚くサポートする「WroX(ワークス)」です。

多くの転職エージェントでは、今までの経歴が転職市場で高いものでなければ良い求人を紹介してもらえないことが多く、とくに未経験の異業種への転職は成功しにくいというものがあります。

ですので、現在地点で需要の高い経歴やスキルを持っているでもなければ、異業種への転職や年収アップを目指すには利用者側のスキルアップや業界・企業研究など求職者側の努力が必須なのが実情です。

その点、WorXはスキルアップ支援キャリア支援を通して未経験からの異業種転職を成功に導くところが最大の強みだと言えます。

また、登録後すぐに適職診断が実施されているため「転職したいけど就きたい職業がわからない…」「転職先にどういった企業を選ぶべきか判断できない…」と悩んでいる人でも、自分に向いている仕事を見つけた上で転職活動が始められるため安心です。

なお、登録対象者としては20代~30代中盤までの若手が対象となります。

また、大手転職サービスでは十分にサポートしてもらいにくい年収200~300万円台の層の転職支援実績が多数なところも、今の仕事を辞めたいけど転職先についてのイメージが固まってない方にとって、理想の転職が実現できる可能性が高いと考え、ご紹介しております。。

なお、転職先の業種・職種傾向としては高年収・在宅ワークが実現しやすいIT/WEB系の仕事が多めです。IT・WEB系人材は需要が高く、今後のキャリアでも困ることはないので、将来性の高い業界に転職したいなら使ってみる価値は高いと言えます。

WorX(ワークス)が気になった方は、ぜひ、この機会に確認してみてください。

なお、WorXの運営実態から信頼性の調査、登録後の流れから上手く使いこなす方法については、下記のサービス紹介ページでも解説していますので、より詳しく知りたい方は合わせてお読みいただければ幸いです。

本格キャリアコーチングサービス
「ポジウィルキャリア」

人生100年時代、転職が前提のキャリア意識が求められる現代では本質的な転職スキルやキャリア戦略が必要な時代になったと言えます。

そのため、

「ただ転職すればいい」
「年収さえ上がればいい」
「会社の知名度が高ければ安泰」
「職種の安定性があれば将来に不安はない」

という考えだけでは、キャリアに不安が残り、仕事に対する満足度も高くなりません。

一つの会社で働き続けるだけの
時代遅れの考え方じゃ
将来が不安かも…

「いつでも転職できるように備えたい」
「より自分が適性を発揮できる仕事に就きたい」
「キャリアを見直して年収アップや待遇向上を目指したい」
「スキルアップして未経験職にチャレンジしたい」
「将来のキャリアアップ計画を持って人生設計したい」

もし、このようにお考えなら根本的な転職の思考法人生設計レベルでのキャリア計画が必要となります。

なので、単に「転職サイトに登録して良い求人を見つけて応募するだけ」「転職エージェントの言う通りに転職活動するだけ」では、理想の転職を成功させにくいのが実情です。

転職したいけど
どのサービスを使えばいいか
どういう基準で
転職先を選べばいいか
わからないかも…

そうお悩みの方にオススメしたいのが「ポジウィルキャリア」に相談してみるという選択肢です。

ポジウィルキャリアは、これまでの転職エージェントと異なり「キャリア・コーチングサービス」「パーソナルトレーニング」と呼ばれるサービスです。

キャリア・コーチングサービスとは、キャリアに関する悩みや課題を抱える人を対象に、キャリアカウンセラーやキャリアコンサルタントなどの専門家が、一人ひとりの状況やニーズに合わせて、キャリアの方向性や目標設定、キャリアプランの策定、転職支援などをサポートするサービスです。

ポジウィルキャリアの最大の特徴は「今の仕事を辞めるべきか?続けるべきか?」といった転職しない選択肢にもサポートを行ってくれるところにあります。

転職することが前提の
エージェント系サービスと違い
より利用者個人に合わせた
本格的なキャリアサポートが受けられます

逆にエージェント系のサービスは
転職の方針が明確に定まってないと
良質なサポートを受けにくいという欠点があるぞ

ポジウィルキャリアは以下のような方にオススメできます。

●ポジウィルキャリアはこんな方にオススメ!

  • 今の仕事が向いているかどうか自信がない
  • 今の会社を辞めるべきか転職するべきか迷っている
  • 年収を上げたいけどスキルや経歴に自信がない
  • 人生計画やキャリア設計に悩んでいる
  • 転職の選択肢が多すぎて決め切れない
  • 転職サービスを利用しても良い求人が見つからない
  • 職務経歴書の書き方がわからないで通過率も低い
  • 転職エージェントのサポートが不十分と感じている

転職しようかどうか

漠然と悩んでいるなら

使ってみる価値ありです!

転職は人生の大きな決断となります。

しかし、流されるままに妥協して転職してしまったり、事前の準備が不十分で、転職して後悔する方も少なくありません。

そのため、現職を続けるべきかどうか、転職するべきかどうかから決めたい人にとっては、転職エージェント利用前にキャリアコーチングサービスを使うほうが間違いのないキャリアを歩めることでしょう。

うーん…
でもイマイチ使った後のイメージが
湧かないかも…

本当にキャリアコーチングで
相談する価値ってあるんですか?

キャリアコーチングはマンツーマンのサービスとなるため、一概にすべての人が同じ成果を得られるとは限りません。

しかし、適切に使いこなすことで、以下のような未来に期待できます。

●ポジウィルキャリアを使うとどうなる?

  • キャリアに関する悩みを話して自分を客観視できる
  • 未経験転職で年収アップを実現可能
  • 現状の課題や人生の目標が見えてきてキャリアが明確になる
  • 自己分析を通して自分の強み・弱み、スキルの価値が見えてくる
  • 企業分析から職務経歴書作成まで転職を有利にするスキルが身につく
  • 転職だけでなく今の仕事で成功する方法まで見つかる

他の転職エージェントとの最大の違いは、現職に留まったりフリーランスや起業などの選択も取り入れることで、根本的なキャリア設計や転職スキルが身につく点です。

そのため、転職という決断に対して正確な判断がしやすくなることでしょう。

自分自身が納得できるまで

キャリアについて
深く考えるサポートをしてもらえるぞ!

LINEで無料相談できるから
試しに使ってみようかな…

今の仕事や将来に悩みや不安があって、転職しようかどうか、キャリアに悩んでいるなら、ぜひ一度ポジウィルキャリアに相談してみて、新時代のキャリアサポートを体験してみてください。

ポジウィルキャリア公式サイトはこちら
【相談無料】

仕事辞めたい【業種・職種】
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
sukoshiten
error: 当サイト掲載コンテンツの著作権はsukoshiten.com管理者に帰属します。「著作権法 第32条第1項」の引用要件外での掲載文章のコピー利用はお控えください。
タイトルとURLをコピーしました