仕事辞めたい新社会人へ
最短3ヶ月の転職可能→リクルートエージェント
履歴書なしで面接可能→ハタラクティブ
社会人版リクナビで次のステージへ→リクナビNEXT
→1年目で辞めようか悩んでいる方が知っておきたい事実はこちら

女性ばかりの職場を辞めたほうがいい理由。男一人の逆ハーレムは現実ではただの地獄です。

女性ばかりの職場って、陰湿でドロドロした関係になりやすいですよね。

誤解を恐れずに言えば、女性とは生態的にも無能な人が多いんです。

女性は年収平均が男性に劣りますが、それは「女性差別」などではなく、単に女性が平均して能力の低い証拠でしかありません。

とくに女性が無能が多いと思う根拠は、

  • 感情的な行動。仕事も感情的で論理性を欠く
  • 変な協調性がありすぎて、職場を乱す
  • 他人を落とすような愚痴ばかりで、職場の足を引っ張る
  • 他人を落として自己肯定ばかりするため、マネジメントには向いていない
  • そのくせして、自分の非は認めない。あるいは変なベクトルに解釈する
  • 泣けば許されると思っている

といった特徴が、統計的に目立つからですね。

もちろん、すべての女性がそうとは言いませんが、あまりにこれらの特徴に当てはまる女性が多すぎます。

こういった女性が主導権を握る職場で働くことは、能力を発揮できずに成長性も阻まれる要因になってしまいます。

「男女差別はいけない」という、弱者利権を盾にフェミニズムを訴える女性もいますが、そういう女性は口だけで、行動力も能力もない女性なので、流されてはいけません。

男女の明確な性格と能力の差は、現実認識として意識しなければならないのです。

女性は感情的で人間関係に毒を持ち込む

女性は、人間関係構築において、とくに仕事に毒になりやすい性質を持っています。

味方やグループを築き上げ、他人の愚痴を言い合うなど、小学生の頃から誰もが経験してきたことでしょう。

そういった感情優先の人間関係を持ち込むことで、職場の士気を下げます。

ひどい場合は、個人の好き嫌いを理由に、報連相を怠り、職場の統率を乱します。

女性が管理職として出世しにくく、平均年収に差がつくのも、こういった感情優先の人間関係構築能力に一因があると言えます。

女性は論理的な思考が出来ない

女性は、論理的思考が出来ない人が多いです。

「〇〇=〇〇」という、短絡的な決めつけを行うため、仕事において因果関係を考えることができません。

これは、とくに問題解決能力においては致命的な欠陥です。

ひどい場合には「私は悪くない」「何もしていない」などとヒステリックを起こし、職場の統率を乱します。

仕事において大切なのは、冷静な分析と判断力ですが、女性にはそれが欠けています。

女性は他人の足を引っ張る生き物

女性は他人の足を引っ張るのが得意生き物です。

他人を褒めることよりも、他人を叩くことで自己正当化する生き物なんです。

旦那の悪口を言って、自分の居場所を保っている主婦など、最たる例でしょう。

職場の人間についても、感情論的な否定を行いやすいため、仕事の足を引っ張りやすい性質を持っています。

その結果、職場ではドロドロした雰囲気が出来上がり、失敗も許されない足を引っ張り合うだけの職場が出来上がるのです。

女性は罪悪感を感じたくない生き物

女性は、自己否定を絶対にしたくない生き物です。

小学生の頃より、泣けばどうにかなるという処世術を身に着けていきますが、これは女性の弱い立場を利用した、姑息な自己正当化の方法です。

また、悲劇のヒロインぶりたい女性も多いですが、この性質を職場で発揮されると、まともな仕事の判断がしづらくなります。

「頑張った私はえらい」と悦に浸る女性もいますが、それがなんら仕事の成果につながっていないことも珍しくはありません。

論理的思考力が欠けていることも重なり、見当違いの方向で努力して「自分は悪くない」と主張する女性も実に多いですね。

自分が「無能な働き者」だと感じた場合の改善方法。無能な働き者がなぜ害悪なのかを解き明かす!』にも書いていますが、とくに無能な働き者は女性に多く見られる傾向です。

女性は愛情と仕事を切り分けられない

女性は母性本能、つまり愛情においてはこと優秀ですが、それを仕事と切り分けることが出来ません。そのため「愛情がこもっていればいい」と、勘違いして明後日の方向に努力することもあります。

愛情と企業の利益には、なんら因果関係がありませんからね。

ただし、愛情自体が仕事に求められる業種の場合は、女性の方が適職となりやすくもあります。たとえば保育士や介護士などですね。ただし、言うまでもなく業界全体で低賃金の傾向です。

本質的に、女性は資本主義社会の競争原理に向いていないのです。

女性だらけの職場は辞めるべきです

このように、女性が平均年収が低いのは、決して差別などではなく、社会に求められる能力が欠けているせいでもあるのです。

逆に、女性しか出来ないような男の甲斐性にすがるような職業や、男性にも負けないほどの自立心と競争心で成り上がっている女性は、高収入で出世も出来ます。

現実問題として、女性は平均的に社会的能力が低いんです。

そのため、女性ばかりの職場で働いていては、女性の無能さに引きづられてしまい、成長するきっかけを失ってしまうことになります。

とくに男性は、自分よりも優秀な男性に出会うことで、爆発的に成長していくことのできる生き物です。

足を引っ張り合うだけの無能でドロドロした女性だらけの職場は、早々に見切りをつけることをおすすめします。男が女性に媚びても、何一ついいことはありませんからね。

女性だらけの職場から脱出するなら転職エージェントを使おう

女性だらけの職場は早いうちに辞めて、男女比の多い職場へ転職した方が、将来のためになります。

何度も言いますが、男性が女性に媚びてもいいことはありません。女性の都合のいい男にしかなれません。恋愛においても、都合のいいだけの男はモテません。

男性が社会人としての能力を上げていくには、男との付き合いを経験するべきなんです。

女性だらけの職場から転職するなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職理由は「女性だらけの職場の人間関係にうんざりした」という理由でもOKです。

転職エージェントでは、自分に合った仕事を紹介してくれるため、よりよい職場に就けます。

また、女性だらけの職場よりも、待遇も年収もいい職場も簡単に見つけ出すこともできます。もともと、女性の多い職場や業界は低賃金ですからね。希望先の社風や人間関係も教えてもらえるので、女性だらけの職場に就くリスクも避けられます。

転職エージェントを上手く活用して、女性に足を引っ張られない職場に転職しましょう。

転職コラム

とくに当サイトが自信を持ってオススメできる転職エージェントは以下の3つです。

これらの転職エージェントは、大手転職エージェントとして以下のような特徴があります。

  • 全て完全無料で利用できる(採用企業側が費用を負担しているため)
  • 全国各地に拠点があるため、面談に参加しやすい(電話だけの面談もOK)
  • 全職種・全業界・全年齢層対応のため、どんな経歴の人でも利用可能
  • プロのアドバイザーが多数在籍しているので、自分と相性の良い担当者を見つけやすい
  • 大手でサービスの質が安定しているので、転職成功から退職・入社続きまでしっかりサポートしてもらえる
  • 大手企業が運営しているので、紹介先企業も信用できる企業ばかり
  • 事前調査をしているためブラック企業はない
  • 効率重視なので、早ければ最短3ヶ月での転職も可能
  • 逆に「転職する気がないけど、相談だけでも…」という人でも利用できる
  • 転職サイトとしての機能もあるので、メールで求人情報を受け取る使い方も可能
  • 担当者がサポートしてくれるので、専門知識やコミュニケーション能力がなくても、安心して転職活動を進められる

転職エージェントに登録しておけば、非公開の最新求人をメールで教えてもらえたり、プロのアドバイスが無料で受けられます。

確実に転職を成功させたいなら、登録しておくだけ損はありません。

しかし、これだけメリットだらけですと「なんでそこまでしてくれるの?」「強引に転職を迫られたりしない?」と不安の方もいるかと思います。

ですが、安心してください。

転職エージェントはいつでも利用を停止できるため、思ってたのと違ったり、転職する気がなくなった場合も、強引に転職を迫られることはありません。

むしろ、転職エージェントでは公式サイト内で「他の転職エージェントと併用してもOK」と書いているぐらい、利用者に寄り添ったアドバイスをしてくれることがほとんどです。

転職に自信がなかったり、初めてで何もわからない人でも、面談で様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなりますよ。

転職エージェントは時期や運によって、紹介してくれる求人や面談に呼ばれるかどうかが変わってくるので、この機会にすぐ登録だけでも済ませておくといいでしょう。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからでもすぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要です。

とくに今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿ってカンタンな職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

登録後は電話がかかってきたり、メールで非公開求人が送られてくるなど、エージェントや担当者によって対応が変わってくるので、以下の記事などを参考にして柔軟に対応しておきましょう。

基本的には、折り返しのメールや電話連絡通りに従って面談までたどり着けば、あとはエージェント側で案内してくれるので、不安な方もぜひ登録して試してみてください。

面談は都市部の拠点に参加する以外にも、地方在住の方や忙しい方は電話面談だけでもOKですので、日程が組めそうにない方もこの機会に転職エージェントを使って転職活動を始めるきっかけにしてみてください。

→リクルートエージェントのオススメポイント

→リクルートエージェントの登録方法から面談の流れについて

→ハタラクティブのオススメポイント

→Spring転職エージェントのオススメポイント

転職しようかまだ迷っている方にオススメの転職サイト

「転職には興味あるけど面談参加するほどではない」
「スマホ・PCでゆっくり転職先を見つけたい」
「忙しいのでスキマ時間に求人情報を見たい」

転職エージェントをまだ使う気が起きない方は、転職サイトのご利用がオススメです。

最近の転職サイトは非常によく出来ていて、登録するだけで企業側から「オファー」「スカウト」という形で自分に合った求人が届きます。

また、適職診断・業界情報・年収に関する情報も非常に充実しているので、早めに使って転職に関する知識を蓄えておく使い方も出来ます。

とくにオススメの転職サイトは、以下の2つです。

リクナビNEXT業界No.1転職サイト…リクルートの手がける転職サイト。企業側からオファーが届いたり、他社エージェントからスカウトが届くなど、受け身で使える。性格診断である「グッドポイント診断」も好評。→リクナビNEXTの紹介記事

MIIDAS(ミイダス)年収が一目でわかる…国内第2位のパーソルグループ運営。企業から直接面接のオファーが届くため、気になる企業があったらスピーディーに応募できる。また、適職診断が非常に精度が高く、自分に合った職種を見つけやすい点がオススメ。→ミイダスの紹介記事

これらの転職サイトを使ってみるとわかりますが、企業の人事側も頻繁にチェックしているため、SNS感覚で企業との出会いの場としても利用可能です。

気になるオファー求人に即レスすれば、スムーズに面談日程を組んでもらえるため、スピーディーに行動すればそれだけチャンスも広がります。

もちろん、届いた求人を閲覧してじっくり選ぶことも可能なので、この機会にぜひとも登録だけでも済ませてみてください。

→リクナビNEXTの解説記事はこちら

→ミイダスの解説記事はこちら

関連コンテンツ
スシテンコちゃん

転職Vtuberスシテンコちゃんのご案内【当サイトプロデュース】

他の転職アフィリエイトサイトや、人材会社の公式サイトの転職ノウハウ・面接方法の記事のレベルがあまりに低くてムカついていたので、ついカッとなって動画投稿を始めました。

リクルートやマイナビも書けない、悪魔の転職戦略

あまりにエグすぎて人材会社の中の人も書けない、人事が嫌がるけどYESと言わざるを得ない、悪魔の転職戦略を知りたい方は以下の動画をご参考に。


中途採用で、年収上げるための内定取りたければ、こんぐらいやれよ、三下どもが。

就活生の頭の悪さがわかる、就職四季報から学ぶ企業研究のやり方

業界分析・企業研究が出来てないでブラック企業につかまるアホ就活生があまりに多すぎるので、これぐらいは「データから読めよ」という実践例。


ゴミみたいな人材会社の公式情報を参考にするバカと差をつけたけりゃ、これぐらいの工夫はしましょう。