女性ばかりの職場を辞めたほうがいい理由。女性は無能が多いという事実を前向きに受け入れよう

女性ばかりの職場って、陰湿でドロドロした関係になりやすいですよね。

誤解を恐れずに言えば、女性とは生態的にも無能な人が多いんです。

女性は年収平均が男性に劣りますが、それは「女性差別」などではなく、単に女性が平均して能力の低い証拠でしかありません。

とくに女性が無能が多いと思う根拠は、

  • 感情的な行動。仕事も感情的で論理性を欠く
  • 変な協調性がありすぎて、職場を乱す
  • 他人を落とすような愚痴ばかりで、職場の足を引っ張る
  • 他人を落として自己肯定ばかりするため、マネジメントには向いていない
  • そのくせして、自分の非は認めない。あるいは変なベクトルに解釈する
  • 泣けば許されると思っている

といった特徴が、統計的に目立つからですね。

もちろん、すべての女性がそうとは言いませんが、あまりにこれらの特徴に当てはまる女性が多すぎます。

こういった女性が主導権を握る職場で働くことは、能力を発揮できずに成長性も阻まれる要因になってしまいます。

「男女差別はいけない」という、弱者利権を盾にフェミニズムを訴える女性もいますが、そういう女性は口だけで、行動力も能力もない女性なので、流されてはいけません。

男女の明確な性格と能力の差は、現実認識として意識しなければならないのです。

女性は感情的で人間関係に毒を持ち込む

女性は、人間関係構築において、とくに仕事に毒になりやすい性質を持っています。

味方やグループを築き上げ、他人の愚痴を言い合うなど、小学生の頃から誰もが経験してきたことでしょう。

そういった感情優先の人間関係を持ち込むことで、職場の士気を下げます。

ひどい場合は、個人の好き嫌いを理由に、報連相を怠り、職場の統率を乱します。

女性が管理職として出世しにくく、平均年収に差がつくのも、こういった感情優先の人間関係構築能力に一因があると言えます。

女性は論理的な思考が出来ない

女性は、論理的思考が出来ない人が多いです。

「〇〇=〇〇」という、短絡的な決めつけを行うため、仕事において因果関係を考えることができません。

これは、とくに問題解決能力においては致命的な欠陥です。

ひどい場合には「私は悪くない」「何もしていない」などとヒステリックを起こし、職場の統率を乱します。

仕事において大切なのは、冷静な分析と判断力ですが、女性にはそれが欠けています。

女性は他人の足を引っ張る生き物

女性は他人の足を引っ張るのが得意生き物です。

他人を褒めることよりも、他人を叩くことで自己正当化する生き物なんです。

旦那の悪口を言って、自分の居場所を保っている主婦など、最たる例でしょう。

職場の人間についても、感情論的な否定を行いやすいため、仕事の足を引っ張りやすい性質を持っています。

その結果、職場ではドロドロした雰囲気が出来上がり、失敗も許されない足を引っ張り合うだけの職場が出来上がるのです。

女性は罪悪感を感じたくない生き物

女性は、自己否定を絶対にしたくない生き物です。

小学生の頃より、泣けばどうにかなるという処世術を身に着けていきますが、これは女性の弱い立場を利用した、姑息な自己正当化の方法です。

また、悲劇のヒロインぶりたい女性も多いですが、この性質を職場で発揮されると、まともな仕事の判断がしづらくなります。

「頑張った私はえらい」と悦に浸る女性もいますが、それがなんら仕事の成果につながっていないことも珍しくはありません。

論理的思考力が欠けていることも重なり、見当違いの方向で努力して「自分は悪くない」と主張する女性も実に多いですね。

自分が「無能な働き者」だと感じた場合の改善方法。無能な働き者がなぜ害悪なのかを解き明かす!』にも書いていますが、とくに無能な働き者は女性に多く見られる傾向です。

女性は愛情と仕事を切り分けられない

女性は母性本能、つまり愛情においてはこと優秀ですが、それを仕事と切り分けることが出来ません。そのため「愛情がこもっていればいい」と、勘違いして明後日の方向に努力することもあります。

愛情と企業の利益には、なんら因果関係がありませんからね。

ただし、愛情自体が仕事に求められる業種の場合は、女性の方が適職となりやすくもあります。たとえば保育士や介護士などですね。ただし、言うまでもなく業界全体で低賃金の傾向です。

本質的に、女性は資本主義社会の競争原理に向いていないのです。

女性だらけの職場は辞めるべきです

このように、女性が平均年収が低いのは、決して差別などではなく、社会に求められる能力が欠けているせいでもあるのです。

逆に、女性しか出来ないような男の甲斐性にすがるような職業や、男性にも負けないほどの自立心と競争心で成り上がっている女性は、高収入で出世も出来ます。

現実問題として、女性は平均的に社会的能力が低いんです。

そのため、女性ばかりの職場で働いていては、女性の無能さに引きづられてしまい、成長するきっかけを失ってしまうことになります。

とくに男性は、自分よりも優秀な男性に出会うことで、爆発的に成長していくことのできる生き物です。

足を引っ張り合うだけの無能でドロドロした女性だらけの職場は、早々に見切りをつけることをおすすめします。男が女性に媚びても、何一ついいことはありませんからね。

女性だらけの職場から脱出するなら転職エージェントを使おう

女性だらけの職場は早いうちに辞めて、男女比の多い職場へ転職した方が、将来のためになります。

何度も言いますが、男性が女性に媚びてもいいことはありません。女性の都合のいい男にしかなれません。恋愛においても、都合のいいだけの男はモテません。

男性が社会人としての能力を上げていくには、男との付き合いを経験するべきなんです。

女性だらけの職場から転職するなら、転職エージェントを利用することをおすすめします。

転職理由は「女性だらけの職場の人間関係にうんざりした」という理由でもOKです。

転職エージェントでは、自分に合った仕事を紹介してくれるため、よりよい職場に就けます。

また、女性だらけの職場よりも、待遇も年収もいい職場も簡単に見つけ出すこともできます。もともと、女性の多い職場や業界は低賃金ですからね。希望先の社風や人間関係も教えてもらえるので、女性だらけの職場に就くリスクも避けられます。

転職エージェントを上手く活用して、女性に足を引っ張られない職場に転職しましょう。

転職コラム

とくにオススメの転職エージェントは「リクルートエージェント」と「DODA(デューダ)」です。

→リクルートエージェントをオススメする理由の詳細はこちら
→DODAをオススメする理由の詳細はこちら

なぜふたつもすすめるのかと言うと、転職エージェントは登録しても必ずしもキャリアカウンセリングが受けられるとは限らないからです。

しかし、大手である「リクルートエージェント」と「DODA」は全国に面談拠点があり、プロのアドバイザーも多数在籍していますので、経歴問わずにキャリアカウンセリング(面談)の予約を受けられる可能性が高めです。

確実に転職を成功させたいなら両方とも登録しておくのが間違いありません。

キャリアアドバイザーとの面談まで行き着けば、様々なサポートを受けられるので、自信のない方でも転職を成功させやすくなります。

転職エージェントは紹介先の企業が費用を負担しているので、転職希望者は最後まで完全無料でサービスを受けられます

ちなみに、転職サービスは法律で無料利用が義務づけられているので、途中で料金を請求されるようなことは一切ありません。

大手二社の転職エージェントは非常に効率よく転職を成功させやすいと評判で、求人数は10万件以上・転職者成功実績も数十万人と、実績もバツグンです。

しかも、3ヶ月間もあれば転職先から内定をもらえるので、今仕事を辞めたい方ならスムーズに転職することも夢ではありません。もちろん、腰を据えて自分のペースで転職活動することも可能で、相談だけでも利用可能です。

転職エージェントは国内でも400以上ものサービスが存在し、選ぶのが大変になってきています。

それぞれにメリットやデメリットがありますので、興味のある方は当サイトの情報を参考にしてみてください。

転職エージェントの登録方法

転職エージェントの登録はスマホ・PCからですぐに手続きが完了するので、興味があるなら今すぐ登録しておきましょう。

転職はタイミングが重要ですが今は景気がよいおかげで優良求人多め・転職が成功しやすいので行動は早めにしておくべきです。

転職エージェントの登録は個人情報の入力の他に、フォームに沿って簡単な職務経歴を記入していくだけですので、5分もあれば登録は完了します。

後日、面談の日程についての連絡が来るので、スムーズに対応しておきましょう。

転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニック

最後までお読みいただいている方に、転職エージェントを上手く活用するマル秘テクニックを少しだけご紹介しておきます。

・転職エージェントでより優遇されやすくなるコツ

  • 登録段階で「すぐに・3ヶ月以内に転職したい」と入力して意欲を見せておく
  • 職務経歴などの個人情報をこまめに記入しておくと、優良求人の案内を受けやすくなる
  • 気になる求人に応募だけでもしておくと、スカウトされる確率が高くなる
  • 登録後にサイトにログインしたりメールの求人をクリックして閲覧するだけでも、キャリアカウンセリングを受けやすくなる

転職エージェントは無料で誰でも登録できる分、冷やかしや意欲の低い人もたくさん登録しているため、必ずしも面談の招待を受けられるとは限りません。

とくに「登録して後は待つだけ」という人は、連絡が来ない可能性もあります

しかし、転職エージェントの仕組みや事情をよく理解した上で、上記のコツを試せば、より有利な条件を引き出しやすくなるのは間違いないので、本気で転職を成功させたい方は登録して試してみてください。

詳しくは以下の記事にもまとめていますので、もし数日以内に面談の案内が来ない場合は参考にしてみてください。

転職エージェントの面談に呼ばれやすくなるためには?→転職エージェントから面談の案内が来ない原因と見直すべきポイント

今の仕事に不満のある方は、転職エージェントをかしこく活用し、より良い転職を成功させてください。

関連コンテンツ